恋チン!

renchin

恋チン!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神58
  • 萌×247
  • 萌18
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
15
得点
536
評価数
130
平均
4.2 / 5
神率
44.6%
著者
カキネ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥628(税抜)  
ISBN
9784799737422

あらすじ

恋を諦めたゲイの加美は、一緒に食べる人もいないのに
今日もたくさん料理を作ってしまう。
「和気が行く! ワキあいあい飯のコーナー! 」
そんな加美の前に突然現れたのは、イケメンアナウンサーの和気だった。
味音痴だけどその食べっぷりと的外れなグルメレポがお茶の間で人気の彼は、
加美の料理を気に入り、職場まで訪ねてくるようになる。
おおらかな和気に次第に加美も心を許していくが、
また傷つくのが怖くて素直になれず…。

表題作恋チン!

和気翔吾,味音痴のイケメンアナウンサー
加美与士郎,恋を諦めたゲイ

その他の収録作品

  • しあわせの朝ごはん

レビュー投稿数15

切ない尽くしの後に

心が…、疲れた…。
何度も目頭が熱くなって、胸が潰れそうになって、感情の揺れがコミックス1冊分で得られる量じゃありませんでしたよ。

『ソフレ部下』の同時収録だった【ファーストバイト】の与士郎の話です。
実は知らずに、食べ物に釣られて購入して、あとがきが知りました。
思わず大急ぎで本棚を漁りに行きました。
前にも読んだのに、涙が止まりませんでしたよ。
ちなみに【ファーストバイト】を読んでいなくても分かる内容ではありますが、読んでいないと佐倉の立ち位置や、逆玉の輿の辺りに「工事現場勤めなのに、何で逆玉?」というそわっとした違和感を覚えるかもしれないので、読んでおくとより与士郎のしあわせを喜べる仕様です。

というわけでこの作品は佐倉が結婚退職したあと、また独りぼっちになって、大きなお弁当を食べる与士郎の姿から始まります。
誰も一緒に食べてくれないお弁当をひとりでは食べきれず、残りを家でレンチンして夜ごはんにする。
そんなルーティーンを掻き乱してきたのは、アナウンサーの和気。
『ワキあいあい飯』というテレビ番組のコーナーの収録でやって来た和気は、与士郎のごはんを食べ尽くし、作り置きまで食べ尽くし…。

誰かに食べさせたい男子と、味覚音痴の大食漢です。
偶然が重なって、一緒にお昼を食べるようになって、火事でマンションに住めなくなった和気をアパートに住ませることになって…という波乱の展開。
その中で味音痴で「腹に溜まりさえすればいい」と思っていた和気が、与士郎の作るごはんは特別だと感じるようになったり、おいしそうに食べてくれる和気に与士郎が心を許しつつあったり。
おいしそうなごはんに、ほのぼのした毎日。
そこにほっこりしていたら、危険です。
途中から胸が張り裂けそうな出来事がいくつも起こるので、張り裂けないように注意が必要です。

和気の何気ない言葉に一喜一憂する与士郎が切ない。
その度に与士郎が壁を作っていくのも切ない。
それに和気が気付かないのも切ない。
切ない尽くしなんですよ。
涙腺弱めの方は、絶対にやわらかいティッシュか、ガーゼのハンカチを用意してください。

紆余曲折あって気持ちが通じ合ったはずなのに、そのあとの与士郎の決断がさらにだめ押しで切ない。
どれだけ切なくなればいいんだ!?と思いながらも、先を急ぐと…。
母子家庭で、ずっと与士郎のしあわせを願って来たお母さまが良いことを言います。

与士郎にとっては小さい頃に男友達に告白してからというもの、「自分は異常」。
周囲のひとたちが「ふつう」に異性を好きになって、結婚して、子供を持つ。
そういう「ふつうのこと」が出来ない自分を、自分が一番責めてきた。
「ふつうでない自分」のせいで嫌な思いや悲しい思いをたくさんしてきたのに、「ふつうでない自分」を「そんなこと」と言った和気に傷付くのもすごく分かる。
その流れがあってからの、お母さんの「そんなこと」発言ですよ。
「結婚して子供を持つ」という、「ふつう」のひとが「ふつう」に望むことを、「そんなこと」と言い切る。
そのひとことで、与士郎のこころを苦しめてきた「ふつう」の呪縛が解けたのを感じました。

切ないです。
切なすぎます。
だからこそ得られるしあわせが嬉しくてあったかい。
このしあわせ、ぜひ味わってみてほしいです。

2

大食いワンコ

作者さんの作品は初読みでした。
2巻が出たタイミングで1巻と同時購入。

食レポの下手なアナウンサー和気×料理上手なゲイ加美のお話。
和気が味音痴な割に大食漢で、加美の作った料理をガツガツ食べる様が爽快でした。
無遠慮にグイグイくるけど、なんだか憎めない可愛さがあるまさに大型ワンコ。

一方加美は過去の失恋から臆病になっているネガティヴゲイです。
1人食べてるお弁当の図…寂し過ぎました。
和気のために毎日お弁当作るのが何とも健気。
和気から好意を向けられても「期待してはいけない」その一心で、心をなかなか開けない。焦れったいし、もどかしい!

てか、和気の「ゲイでも関係ないですよ ニコッ」はさすがに軽過ぎだよ〜、加美がどんだけの思いで…と思いましたね。ノンケならではの無邪気さというか無神経さと言うか…。
これもBLあるあるなのか、よく見る気がします、このシチュ。

電波ジャックで告白はつよい…職を失うのも辞さない構え、かどうかは別としてドラマチックで良かったです。

短編のスピンオフだったようですが、全く問題なく読めました。
本作に出てくる佐倉も良い人だったので、スピンオフ元作品も読みたいと思っています。

0

何度読んでも良いんですよ!

タイトルは軽めですが、食べることと生きる事、恋愛することは深い繋がりでバランス取り合っていると思う作品です。

読むと、なるほど既視感が有る場面のせいかぐいぐい話に引き込まれてしまいます。
既視感、例えばテレビの突撃晩ごはん。
いや、コレ、わかるひとには解る既視感です。

アナウンサーの和気と加美。偶然の突撃晩ごはんロケで繋がった2人が、ほんと好きだ。

味音痴なのに、食リポをする和気は食べながら提供してくれた人の顔や表情、場の雰囲気から味わいを構成してリポートする。

加美は、ひたすら食べてくれる誰かのために手の込んだお弁当を作り続ける。

外部に対する期待される自分を見せて。ひたすら信じられる何かを求めて生きるしかないこと。和気も、加美も飢えているんですね。自分を受け入れてくれる、ひたすら許される存在になること。

いや、深いけど重々しいわけじゃない。食べながら、笑いながら過ごす和気と加美の様子は大変よろしいのです。

加美の辛さも、和気の拠り所ない寂しさも、ちゃんと出会ったことで変わっていくのが、ほんと好きです。

加美の作るごはん。美味しそうで、美味しそうで!丁寧に、誰かと自分のために作るごはんのお話。
続編も有るようですし、2人の暮らしが続くのが明るくて良い余韻です。

読み返して良さに、更に気がつく作品だと思います。

0

尊い…

何回読み返しても泣けるBL

ソフレ部下に収録されている短編『ファーストバイト』
ファースト~は短いながらも号泣(マジ)させられて、あまりにも悲しくて切なくてあああ…とか思っていたらその続編が恋チン!です。

ゲイだけどそれを相手に伝えるコトもなく、ただただ諦めるしかなかった加美。
味オンチだけど食べる事大好きレポーター、和気。
番組撮影で出会った二人がそこから育んでいく、人間味あふれる恋。

ハッキリ言えば短編からの救済BL…でもよかった。
加美さんが幸せになってくれて本当に本当に良かった。
恋チンでも初めから幸せだけではないですが、ちゃんと幸せを掴もうと諦めないコトを覚えた加美さん…最高です。

そして諦めてばかりの加美さんに諦めないことを伝えた和気くんがもう…男前すぎて素晴らしいです。

2

可愛い♡と一緒にお腹もグー!

私が読んで、フ……と忘れていたら、娘が読んで「ナニこれ、めっちゃ可愛い」「夜中に読むとお腹が減ってヤバいぃぃぃ」
と感想を述べておりました。
オヤ、と思いつつもう一度読んで……
確かに可愛いくてお腹が減る~~~。

小学生で既に自分の『愛する対象』を知ってしまい、又それが変な事とも思わずに、酷く傷付いて、それをずっと抱えて孤独に生きてきた『受け』
アナウンサーで有りながら、『突撃隣の晩ごはん』ならぬ『ワキめし云々』で天然ぶりを発揮して、人気上昇中の『攻め』
ひょんな事から知り合い、何故だかどーしてだか、傍から離れられなくなって行く二人のストーリーです。
『攻め』はごくごくふつーの男の人です。

『受け』はとってもお料理が上手。
『攻め』は胃袋を捕まれちゃったのか!
でもないんですよねー。
だって『攻め』はどう言う訳か味が殆ど分からない・・・。
人の味覚の構築から行くと、幼い頃から『手作り品』を食べてないからか・・・まぁその辺は置いといて、その『攻め』の味覚も『受け』の心の傷も、少しづつ少ぉーしづつ、お互いで癒されて行く。
とても優しい優しいお話しです。
そんな二人なので、エロは確かに少ないのですが、もうホントにホントのラストに、「うわぉ♡♡」なシーン&そのまま続いてぇのエロから始まる描き下ろしに繋がります。
今までわりと純情路線で来たもんだから、そやった!これBLでアタシってばエロ好きやん!と思い出したほど、えぇエロどしたえ。
物語に入り込んで、すっかりエロを忘れてただけに、余計にエロが良かったわぁ♡〜٩(´͈︶`͈)۶〜♡。
BLはやっぱファンダジー、ハッピーエンドこそ読みたいもの。
しっかりと叶えてくださいました。

1

料理美味しそう。攻めとしては☆2.5の評価

味音痴の食レポーター×失恋しちゃった料理上手ゲイ 絵も綺麗だし料理も美味しそうだ、 食べてる攻めが可愛いけど味音痴だし鈍いし、でこいつ攻めとしては評価☆5中☆2.5だと思ってたんだけど よく考えたら味音痴なおかげで 料理上手=愛情じゃないってのになるのがストンとした。

受けが過去に同じような男に恋をして失恋したのはわかるけど女々しすぎる まあ誘い受けではじめてのせっせにしちゃ積極的エロスなとこは最高だった エロ場数は多いけど肝心のシーンは結構飛ばされがち絶対に美味しいのになぜ描いてくれないんだっ って思ってしまうけど 読んで後悔はしない。

にしても受けが過去に恋してたの知ってた元攻め役の男、好きだったの知ってて奥さんとかの話するの
あまりに残酷すぎない?こいつよりまあバカでうざいけどレポーター選んだ方が100倍マシ!

表紙負けしないぐらい本編も絵が綺麗でした!

0

ファーストバイト続編

絵は漫画向きで綺麗ですし、スキルのある作家さんかと思うのですが、ストーリーもキャラ設定も残念ながらもやっとするところが多くて引いてしまいました。

以下もやっと点
ロケで家に勝手に入ってきて勝手に温めて食べるって、そんなテレビ番組あるわけない。作品に入り込んでからのリアリティのなさは許せちゃうこともありますが、冒頭からこられると萎えます。終盤の生番組での振る舞いも、 仕事シーンが出てくるのにきちんと働かない漫画はモヤモヤがつのる。
食べっぷりがいい、けど味音痴…そんな人に手間かけたご飯を食べてもらって嬉しいという心理が分からなかった。味音痴要素無かったら納得できたのですが。
田口(加美のことをいじめてた?同僚)のキャラがブレすぎてて謎。
和気と佐倉の描きわけが微妙なので、読みにくい。

2

攻めの人間性

最後まで攻めが好きになれませんでした。

まず番組のアポなし訪問で了承もとらず家に上がりレンジの中のものを勝手にばくばく食べ、おかわり要求。この時点でドン引きです。
このアナウンサーといい、テレビ局といい批判される対象になりますよこれ。

しかも味音痴で腹が膨れたらなんでもいいと、、、。
なんでもいいならずっと塩おにぎり食っとけ。

カミさんの回も放送されてるんだから、
生放送の告白の後に普通に相手特定できちゃいますよね?
ディレクターが「今はなにが受けるかわからない!」と興奮気味で話してるってことはツイッターやらネットやらにアップされ、カミさんのプライバシーは侵害され続けてるって事では?と、裏の裏まで考えてしまいモヤモヤしました。
企画自体はめちゃくちゃローカルっぽいけど東京の話なのだそうで、みてる人はかなりいますよね。

あ、あと食費やばそう。
1ヶ月同居するときも、食費出しますとかお金の話一切出てこなかったけど、どうなってんだろ。
こんだけなにもかも図々しいんんだからやっぱりタダメシかな。
と、またも考えるのでありました。

絵は綺麗で読みやすいのに、
攻めの性格がどうにも。
受けがどんな仕事をしてるのかイマイチ想像できなかった。

2

良かった!

ああ!ソフレ部下を手離した後だった!あの本に収録されてた短編の続きだったなんて。私のバカ!

加美がひたすら切ないです。ゲイ故の孤独と諦め。
職場の同僚もひどいですね。差別して。でもある意味リアリティーがあるのかも。

加美がこれ以上和気を好きにならない、離れるところや、初エッチも和気は何もしなくていいからと全部自分でしたり、初めて好きな人と出来たといったり泣かせます。

和気が加美を好きになって良かった!
佐倉を見てノンケの残酷さを自覚して。
味オンチの和気ですが加美に幸せの味を教えてくれましたね。

中継での告白もいい方に転んで良かったです。めでたしめでたし。

しあわせの朝ごはん
ではラブラブな二人が!同棲して毎朝朝ごはんのいい匂いで目覚めてもらう。加美のささやかな幸せ。

3

実写版BLしてください。笑えて胸キュンできて感動するとか最高ですから

商業BLの中でもダントツでストーリーが面白いです。
実写できそう!演出家のどっかの偉い方、頼みます。
初めて好きな人とえっちできたってあなた・・・どんなだけ萌えさせる気ですか。攻めがとてもずうずうしくて元気で、読んでいてなんだかすがすがしかったです。今は相手にしてくれていても、ゲイである自分がいつか一人になるっていうのが怖い気持ち、すごく共感できました。相手ノンケですもんね。
そしておかず描写が美味しそうでした。飯テロBL。
ラストのエピローグのいちゃこら、まだ続きが見たいな~。二巻出て欲しい!

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う