女装男子は愛でられる

josoudanshi wa mederareru

女装男子は愛でられる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
7
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
近藤旭 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
日本文芸社
レーベル
KAREN COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784537137224

あらすじ

借金を抱え、弟と2人きりで暮らしている夏月。 失敗続きでバイトをクビになり、泣きそうになっていると 通りがかりの医者・緑に高額バイトを提案される。 その内容は“泣き顔を見せて緑を癒やす"ことだった!!
ところが幼い頃「男の子だから泣かない」と母に 約束したことがひっかかり、なかなか泣けない夏月。 そこで緑が取り寄せたのは...女性の服!? 「女の子になれば泣けるよ」 女装して男の人の前で泣く...恥ずかしいのに夏月を優しく 甘やかす緑の言葉にずっと我慢していた涙が出てきて――。
泣き顔フェチ×女装男子 涙で癒やしあう2人のラブストーリー!

表題作女装男子は愛でられる

坂本 緑
石原夏月

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

女装を頑張るお兄ちゃん

エロは薄目のあっさりしたかわいらしいお話でした。
女装好きの私の欲を言えば、女装してる姿の全体像がもう少し…いやもっと…あれば嬉しかったかなーと。
書き下ろし性癖的にとても良かったです…どうせなら女医さん(攻め)がナース(受け)に乗っかられるプレイとかになってくれれば…っと妄想が捗りました。
ご馳走様でした。

2

詰め込みすぎな気がする

バイトをクビになってしまい、泣きそうになっていた受けを偶然助けた攻め。
一目惚れだったのだろうと解釈するしかないのだが、ただの通りすがりの受けに対して、攻めの態度が初めからあまりにも優しく、いきなり始まる甘い関係になんだかついていけなかった。
攻めは泣き顔フェチということで、受けを泣かせようとするが、無理矢理襲いかかるようなこともなく、紳士な態度。痛みや恐怖を与えて泣かせたいというような人ではないので、そこは安心して読めるのだけど、受けを女装させる流れがやや唐突に思えた。受けの幼少期のトラウマや、弟を養わなきゃいけないというプレッシャーから解放するために女装させる、というのは…わかるようなわかんないような。

一つのお話の中で「泣き顔フェチ」と「女装エロ」というふたつの要素が混在するせいか、メインがぼやけてしまった感がある。さらにはブラコンの受けの弟まで絡んできて、いきなり受けを押し倒したり…。このあたりの展開も忙しく感じてしまい、もっとじっくり描いてほしかった気も。
個人的には女装は本人の趣味でノリノリでやるより、こんな風に嫌々やらされた方が萌えるので、そこは好みだった。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ