劣情恋鎖

retsujo rensa

劣情恋鎖
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
35
評価数
10
平均
3.6 / 5
神率
30%
著者
釘宮つかさ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
八千代ハル 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
レーベル
プリズム文庫
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784775527696

あらすじ

下町の商店街で老舗の万華鏡店を経営する佳月は、再開発計画のために立ち退きを迫られる。
しかし、祖父から受け継いだ店を手放すつもりはなく、周囲の店が次々に閉店しても、
佳月だけは売却を拒否して店を続けていた。
けれど、店の存続を脅かす出来事が相次いだことで、佳月に残された道はひとつとなった。
都市開発事業本部のトップである男に躰を差し出し好きにさせれば、店を守ってやると言われていて──。

表題作劣情恋鎖

花菱宗也、佳月の開く万華鏡教室の生徒で…?、26
青星佳月、老舗の万華鏡店経営、30

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

予想外な展開!!お薦め!!

前半の話から後半の話へと入っていくと、どんどん前半での話が…そうだったのか!と変わっていくんです!本当に面白かった!!最後の2行まで幸せになれますよ(笑)♡

0

何故その場所に拘るか?って疑問

2018年刊。
下町の商店街で祖父より引き継いだ万華鏡店を経営している佳月(受け)。
抗争マンション建設に向けて周囲の商店が次々と閉店していく中でも頑なに立ち退きを拒み続けていて、開発元の責任者である花菱(攻め)から身体を差し出す事を交換条件にマンション建設を中止してもいいと言われた取引も拒絶していた。
しかし、万華鏡教室の経営を妨害されたり脅しと分かる嫌がらせを受けて、店を存続するには花菱の要求を受け入れるしか方法がないように追い込まれてしまったのだった。

身体を差し出すって経緯から始まったエッチシーンは、道具を使ったり言葉責めがあったりと、花菱のSっ気気質が滲み出るような描写だった。
無理矢理抱いたかと思えば事後は優しかったりするので、脅されているはずの佳月も絆されてしまう。

ただ、読んでいると気になる点が幾つか出てくる。
華菱が高層マンション建設に関わる責任者でありながら、自身の一存で中止にできるなんて公私混合発言は普通有り得ない。
佳月が事故に遭ったせいで周囲に馴染めなくなり、高校を高校を中退せざるを得なくなったという過去も気になった。
中でも一番引っ掛かったのは、場所を変えても祖父の店を残していけるはずなのに、何故昔から住んでいる場所に拘っているのかってところだ。

それらの疑問は中盤まで読み進めていくと明らかになっていき、同時に花菱の過去も明らかになっていくと、彼に抱いていたイメージも切ないものへと変わっていく。
佳月も31歳という年齢の割におぼこい印象が引っ掛かったが、その点も納得がいった。

マンション建設の計画はどうなったかって結果は、話の中に含まれている幾つかの疑問と一緒に手堅くまとまってはいるが、上手く行きすぎだねと感じるところは否めないかな。
佳月の友人・史隆の存在も当て馬ではなく、二人を結び付けるような理解者って位置付けに留まっている。

作者の釘宮さんは受けが窮地に追い込まれるってシチュエ―チョンが好きみたいだが、ハッピーエンド前提で進んでいく話の展開なので、安心して読める点は保証できる。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ