俺たちナマモノ?です

oretachi namamono desu

俺たちナマモノ?です
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
55
評価数
13
平均
4.3 / 5
神率
53.8%
著者
腰オラつばめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
B.Pilz COMICS
発売日
価格
ISBN

あらすじ

【え…コレ、俺と響きがSEXしてる…!!?】立花累(るい)は国民的アイドル生活5周年を迎えようとしていた。
後輩の新條響(ひびき)は寡黙でやや塩対応なところが人気だが、俺には結構生意気でいつも減らず口ばかり。
けれどマネージャーの吉川さん曰く甘えてるらしい…。
朝の弱い響はいつもの様に泊まりに来ていたのだが
俺の風呂中にこそこそPCで【ひびるい】をエゴサしていて…ダメだとわかりながらも怪しげな個人サイトに行きつく2人…すると目に飛び込んできたのは…目を疑う様な光景!!
漫画の中の俺はエロエロでトロトロ…!?ケツでこんななっちゃうもんなの…?触発されて反応しちゃった俺に響は―――…!?

俺たちナマモノ?です(1) 40ページ
俺たちナマモノ?です(2) 44ページ
俺たちナマモノ?です(3) 36ページ
俺たちナマモノ?です(4) 42ページ
俺たちナマモノ?です(5) 30ページ
俺たちナマモノ?です(5.5) 50ページ
俺たちナマモノ?です(6) 41ページ
俺たちナマモノ?です(6.5) 36ページ

表題作俺たちナマモノ?です

新條響・国民的アイドルユニットの後輩・22歳
立花累・国民的アイドルユニットの先輩・24歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

♯ひびるい推し

面白いです!

5年目のアイドルユニットの響と塁は、高校の先輩後輩コンビ。
明るく爽やかな塁と寡黙でちょっと生意気な響は、『ひびるい』として大人気で、腐女子たちのネタのもと!
ある日、塁がエゴサしていると怪しげな個人サイトにいきつきます。
それは妄想B L漫画のサイトで、そこには2人の恥ずかしい姿が!
初めて見るB Lマンガに興奮する塁…
すると、響がある提案をしてきて…

自分たちをモデルに描かれたB Lマンガに触発されて、2人はHする関係に…
でも、響は昔から塁のことが好きなんですよね。
塁もだんだん響を意識していきます。
好きなのに流れで関係を持ってしまった響は悩みますが、一度触れてしまったらもう手放せない…

ギャグ要素もありつつ、なかなか気持ちを伝えられなかったりして切なくもあります。
Hも可愛くて良かったし、これからの展開に期待します!

0

読んでるこっちまでキュンキュンする。

何っっっじゃこりゃ!!!
もっと早く読んどけば良かったー!!
もうめっちゃくちゃ良かった!
とにかく良かった!
こんなに読んでてキュンキュン出来て幸せな読後感の本も珍しいですよ!

特に攻の響が…最高過ぎる。惚れるわこれは。
クールでいつも塩対応で毒舌。
でも実はものすごく一途で、恋人にはすごく優しい。
好きな人から「好き」と言われて、腰抜かしちゃったり。
好きな人の仕草にときめき過ぎて、グラグラしちゃったり。
私もそんな人と出会いたい…(笑)。
そして仕事をきちんと考えてるのがいいですね。
まあこれは作者さんの焦点の当て方のバランスが良いのですが。
主人公2人が組むアイドルユニットの5周年記念ライブ。
響の挨拶が素晴らしかった。
こんなしっかりした挨拶されたら、そりゃ今後も応援したくなりますよ。
物語を読み進めれば読み進めるほどに、響のカッコ良さ、可愛さ、面白さにもうキュンキュンしちゃって大変でした。

そして受の累。
まあ累に関しては個人的に特筆することはないんてすけど(笑)。
あんまりね~…こういう何ていうかな~、ピュアなのに淫乱ちゃんみたいなキャラは好きではない…。
でもまあ、コメディシーンが面白かったので、累に関しては嫌いではありませんでした。
好きでもないというだけで。

とにかく「好き」が溢れてる。
言葉で「好き」と言ってないシーンでも、目や表情でそれを表現しまくってます。
あ~この二人、ほんとにお互いのことが大好きなんだな~そういう人に出会えたんだな~と、しみじみ思える雰囲気。
絵が上手い訳ではないんですよね。
ちょっと粗削りな絵柄ではある。
でも、ときめきの描き方がすごく上手い。
これ何度も読み返したいんで手元に欲しいんですが、まだ電子だけなんですね~。
早く単行本化して~!!

0

オタクあるあるが笑える、今の空気にマッチした作品

こちらは電子書店限定配信なんですね。なぜ評価少ないんだろう?分かりやすいタイトルですが、ちょっと圧が強いのかな・・・。

2次BLは、存在→見出し→妄想→薄い本等具現化、と進捗していきますが (?)、こちらのお話は完成形(強くて濃い世界観が既に存在)→ご本人バレ→戸惑い→実践→???と、ゴール(?)から現実に落とし込みそしてなぜか実践していくという逆ルートを辿るお話です。最近よく見る「BLあるある」の潮流も感じる、チャレンジングで面白いアイデアだと思いました。

2人のキャラがとってもわかりやすく (やや極端)設定されているので左右固定感が強く、あーハイハイという感じも否めませんが、そのありがち感もまた面白い。特に、先輩の塁くんがバカチョロくて流されやすくて純粋で可愛く、コメディ感を加速させます。同業モブキャラのユンくんがK-POPアイドルのワンコ系マンネだったりと、今の時代の空気にあわせてる設定も、なるほどねーといった感じです。
エロは良いです。響も言葉攻めさんの気があるし、塁は塁で実況系。響の家での一コマ「忘れちゃったから、それ、やって?」の塁の下りは思わず膝を打ってしまいました。

アイドルの時間は有限。そんな限られた濃い時間の中で、一蓮托生な2人の関係は、気持ちは、そして仕事はどう変化していくのか?展開によってはこちらの作品、大化けする可能性あると思います (でもタイトルがなー)。続きが楽しみです。紙の本が出れば購入するのにな。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ