コンサート会場でファンが見た信じられない光景とは…!?

俺たちナマモノ?です 下

oretachi namamono desu

俺たちナマモノ?です 下
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神147
  • 萌×255
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない5

150

レビュー数
22
得点
984
評価数
220
平均
4.5 / 5
神率
66.8%
著者
腰オラつばめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
B.Pilz COMICS
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784861238185

あらすじ

国民的アイドルの立花累(るい)と新條響(ひびき)の特殊な関係が続く中…響の秘められた過去が明らかになる。
別々の仕事が増え、更に(伸びしろ3万メートル)のライバル出現!?
すれ違う時間は増えているはずなのに…考えるのはあいつのことばかり…
そんな中、迎えた5周年DOMEツアー!
コンサート会場でファンが見た信じられない光景とは…!?
関係者閲覧禁止!?腐女子必修科目BL☆

表題作俺たちナマモノ?です 下

新條響,アイドル,中学時代からの後輩
立花累,アイドル,中学時代からの先輩

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下:漫画「フジョ島オタク子日記①・②」

レビュー投稿数22

良かったぁ、ひびるい最高!

昨日に続き今度は下巻です。

こちらは響の過去や響視点が多くて、そうだったのー!?ともだえました。

響と別々の仕事が増え響は榛名さんといつも一緒で榛名さん家に忘れ物までして。
そんな二人の様子にお腹の上がちくちくする塁。
その理由に気がつくのはもう少し先…。

ユン君から告白され好きってどういうことか逆に聞いちゃう塁。それは自分が響に対して感じる事ではなかろうか…?

そしてとうとうめでたくお互い好きって言えて。ラブラブに。やっとだよ!良かったね、泣ける。
響が10年も塁が好きで。そばにいられればと一緒にアイドルになって。でもファンサイトのエロ画像を見たときに抑えていたものが溢れ出し。

響が俺の方がずっと塁を好き、俺には追いつけないって言うのや、塁が追いつきたいとか響を好き好き言うのとか、もう甘ーーーい!
二人とも良かったねぇ。やっぱり公式はひびるいだね!

ユン君ともこじれることなく二人の仲を報告し。ユン君本当に塁が好きでマネージャーに関係なく塁にアプローチしてたんだね。
ひびるいのマネージャーもユン君のマネージャーの戦略を知っててあえて泳がせてたのかな?

みんな悪い人がいなくて平和で良かった。私もファンと一緒に萌え転がりました。ひびるい結婚してー!

0

ハッピーエンド!

上を読み終えてから下はどんな展開になるかなーと思いながら下をよんだら、幸せてんこ盛りなハッピーエンドでよかったです!!!
響はクールで上では何を考えていてどれが本心なのかわからなかったのですが下で過去の話があったり累のことがずっと好きだったことがわかって両思いになれてよかったね!!!!と感動しました。

周りにいるキャラもいい人たちばかりで、ユンに付き合っていると報告しに行った時のユンと響のやりとりがめちゃくちゃ面白くて好きです笑
マネージャーの吉川さんも面白くて好きです!
笑えるシーンが多くて読んでいて楽しかったです。

0

イライラ職人ってそういうことか!

上下巻通してやっと読めました!も〜装丁から何までめちゃくちゃキラキラしてて可愛くて最高でした!

ナマモノ創作をアイドル本人たちが偶然見ちゃってーー!?

というあらすじからエロエロなコメディを想像していましたが、すごくキラキラしたラブストーリーでした。

結構あっさり手を出すので響は累のこと好きなんだろうな〜というのはわりと早い段階で察しがつきます。そこからact.5で中学時代からずっと片思いしていることや、アイドルという職業を通してこの先も累の近くにいられればいいと思っていたことなどが分かって、めちゃくちゃ好きじゃん……!と悶えました。

累の響に対する「好き」は親愛に近いものだと思うのですが、可愛い後輩やグループのメンバーへの「好き」がじわじわと恋愛的な意味に変化していって、戸惑う姿が可愛かったです。

累にガンガンアプローチをする当て馬のユンも、好戦的な態度をとりつつも累のことが好き!という気持ちを真っ直ぐに伝える可愛げのある子なのでよかったです。ひびるいが付き合った報告をユンにしに行くシーンが好きです。累さんが好きなのは俺ですと言わんばかりの響の無言挙手、ジワっとウケました。

ところで腰オラつばめ先生のプロフィールにある「ちんちんイライラ職人」が何なのかずっと分からなかったのですが、累の実況がものすごくてそういうことかー! とものすごか納得しました。思ったこと全部口に出しちゃうんでしょうね。濡れ場での台詞が特徴的で、何度か出てきた「〇〇ってする」という言い回しが可愛くて気に入りました。「とんとんってしちゃだめぇ」とか堪らなかったです。

私はアイドルやアイドルものの作品に疎いのですが、バーンと見開きで始まった5周年コンサートのシーンがすごくキラキラしていて、私も生でひびるい浴びたいなぁ……という気持ちにさせられました。この世界で生活してたら間違いなく関係者閲覧禁止サイトのお世話になっていたと思います。

大どんでん返しがあったりするような作品ではないのですが、メインのひびるいのことを好きになれば間違いなく萌えます。可愛くて幸せでとてもハッピーな良い作品でした! もうすぐ発売される続編も楽しみです!!

全員応募サービスだったらしい『無限快楽メスイキ地獄』、心の底から読みたかったです……

0

「ひびるい」の破壊力はハンパない

『俺たちナマモノ?です 上』の続編です。

2人組アイドルユニット HRの新條 響と立花 累のお話。

前作では、「関係者閲覧禁止」サイトがきっかけで「仕事」として恋人になった2人。
しかし、バラエティ番組の出演したことで「ひびるい」よりも「ひびはる」と「ユンるい」の仕事が増えてしまい…。
今作は、その続きになります。
「ユンるい」の仕事前に、累は〇witterにユンくんとの2ショット写真を投稿されてしまいました。
その投稿を見た響は、1人で累との出会いから初体験までを思い出します(回想シーン)
じつは、中学生の頃から累くんを好きだった響。
累とユンくんの2ショット写真で「心臓がぺちゃんこに潰れそうなんですよ」と、悩み苦しみます。

前作で登場した当て馬のユンくんがとうとうアクションを起こします。
でも、ユンくんって見た目と違ってなかなかの紳士だった(笑)
ユンくんの告白で、累は「好き」の意味を考えます。
そんな中、偶然会った榛名くんからのお願いで響のお家に届け物をすることに…。
前作の「神」はマネージャーの吉川さんですが、今作の「神」は榛名くんでしょう!
個人的には、日本BL商業部アシスト王を授与したい。
この届け物の響の時計がポイントですよ。
響のお家で繰り広げられる感動の瞬間はぜひ作品でご覧ください。
死にそうな響と泣いている累がとても可愛いです。

後半は、HRの5周年ツアーの最終日が拝めます(笑)
いつもの塩対応とは違う「デレ響」の挨拶には、こちらまでジーンとしました。
腐女子には、もはやプロポーズにしか聴こえないセリフとチューで萌えまくります。
〇OKYO DOMEの悲鳴は宇宙にまで轟いていました。
私も最終日のコンサートに行きたかったよ(泣)
カバー下:ツアー最終日の円盤を観た腐女子が羨ましすぎる。

下巻の当て馬は変わらずユンくんです。
最終的にはあっさり身を引きます。
もっとグイグイ迫るかと思ったら、やっぱり紳士だったのね。
他に脇キャラでは、マネージャーの吉川さん、事務所の先輩 榛名くん、ユンくんのマネージャーの九重さんも登場します。
まさか九重さんのスピンオフもあるのか?
腐女子の皆さまも2人に翻弄されるモブで登場していますよ~。

Hシーンは、相変わらずエロい。
ツアー終了後のHは、両想いになっていることもあり可愛さが倍増しています。
累って鈍感だからか無自覚で煽っちゃうんですよね。
実況しちゃう系って恐ろしい(汗)
2人しかいないのに、口に手を当てて「もっかいしよーな」と小声で話すのは反則だぞ!

描き下ろしは、響視点のお話です。
累と両想いになり、忙しいけれど甘くて幸せな毎日。
神様は響推しかもね!

いろいろな意味で「ひびるい」の破壊力はハンパない。
気になっている方は、読まれることをおすすめします。
きっと、2人の魅力にキュンキュンしますよ。
現在、B.Pilzで続編が連載中です。
この先も、イチャイチャ♡ラブラブの2人に会えることを楽しみにしています。

吉川マネージャーの餞別「無限快楽メスイキ地獄 2」が超気になる…。

1

クールな累目線の熱いストーリー

下巻は響目線!(で話が進む)。
上巻との対比が楽しい。

実際読めるインタビューなど現実感感じられるアイテム大好きだから巻頭からすごく嬉しく楽しめた。

顔に出にくいだけでポンポンポンと出世したことに「??????」と戸惑っているのが年相応で可愛い。

ひびるい(天然)の破壊力はやはりすごい。気づいていないけどお互い嫉妬しあってるのが尊い。やっぱり古今東西嫉妬のお話は最高。

ライブMCが臨場感すごくてグッとくる。こんな風に言われたら響ファンみんな天に召されてかけてしまうんじゃないかな。私は召されかけた。累が幼女に人気あるのわかりみがすぎる。

ユンマネージャー(ココってあだ名可愛すぎてときめく)はあんな悪い顔して〇〇〇〇計画を立ててたとか超面白かった。

作中心を掴んで離さない同人誌の新刊が出てきて最後の最後まで腹筋がやられた。

本当に元気が出る素敵な作品。

0

ひびるい推します

深刻な展開にはならず基本ずっとコミカルな感じで物語が進んでいくので、読んでいてとても楽しいし癒されましたね〜!
物語に所々でてくる腐女子さん、ひびるいオタクさんが私の気持ちを代弁してくれているかのような反応、言動をしてくれるので笑いました笑笑 西川マネージャーもなんであんな腐女子の気持ちが分かるんだ!?笑 西川マネージャーもいいキャラしてて好きです笑笑

んで、、受けの累くんは、かっっわいい!これは攻めの響くんが抑えられなくなるのも分かる。個人的に1番( ゚∀゚)・∵. グハッ!!と来たのは、下巻のドームツアー後のエッチシーンで、累くんが出さずにイって体ビクビクしちゃってて、それを見た響くんは頑張って理性を保って優しくギュッてしてあげた時、コソッと小さい声で「落ち着いたらさ、もっかいしよーな、ひびのちんこまだおっきいもんな」って言ってるところですね…笑

で、受けもかわいくて尊!ってなるんですが、攻めの子も可愛いんですよ!笑 下巻で結構響くんの心の内がわかるんですが、無表情な顔の裏でお前こんなこと思ってたんかい!ってなりました笑 結構累くんのこと大好きなのが溢れてて、基本塩な子がデレた時の破壊力を知りました笑

途中で出てくる当て馬くんもいいキャラでしたし、ほんとどのキャラも好きになりました!
そしてひびるい、こんなアイドルいたら私絶対推してる…、理想のアイドルです!
続編もあるとの事で…!!めっちゃ嬉しい!!早く単行本出ないかな〜!

2

ひびるいが三次元にいたら推してたな…

サイコー!!です!!上下巻ともに!
・エロい!
・かわいい!絵がきれい!
・笑える!
もう言うとこなしです!迷わず「神」評価!

上も良かったんだけど、下巻は上巻をさらに超えてきた!!!
商業BLのアイドル物、役者物って(この設定殺してるなー、業界物にする意味あったのかな?)というものが多いと思うんですけど、この作品はアイドルの設定を超生かしてる!!作者さんがアイドル好きなのが伝わってきます!!

クライマックスもアイドルの設定生かしてて、感無量でした…クライマックスの盛り上がりが臨場感あって本当すごいです!

本当に読んでほしい作品!!!

1

全てがツボにはまった!


これが初コミックスとは思えないほどのクオリティで文句なしの神評価です!
アイドルもの、クールな年下攻め×天然おバカな年上受け、攻めの嫉妬などなど自分の大好物ばかりが詰め込まれていて本当に最高でした!

受けの累は、年上だけど本当に明るくて可愛らしい子で正に好みの受けだったし、一見クールに見えて実は受けへの愛が重い年下攻めも本当に好みドンピシャで最高のカップリングでした。
デビュー5年でかつ中学の頃からずっと一緒、というニコイチ感もアイドルもの好きには本当に堪らないし、可愛らしいお話に反してエロも中々にエロいのもかなりポイント高いです。

ユンくんや榛名さんなどの脇キャラも光っていたので、続編ではこの二人の近況も知りたいなあ、なんて思ったり…。

0

テンションも面白さもそのまま持続!

上巻に引き続き、テンション高くて面白さも持続です。

今度は響(攻め)視点。
初めからそういうことだったんだろうな~という、大抵の人が予想する響の心情が表現されており、
ある意味想定内ではありますが、それだけに大満足という…
良質なものを見せていただきました。
当て馬もそれほど食い込んでくることなく、安心感があってのハラハラを楽しめました。
かわいい二人には、大きなこじれは必要ありません!

ファンの女の子たちの掛け合いもいい!
こういうところもすごくポイント高いです。

0

響推し

中学時代のエピソードで「響──…」になりました。
こんなことを作中ファンが知ったら安らかな死が訪れてしまう…。
上巻で累は素直過ぎて物足りないとのたまってしまった私で申し訳ございませんが
響には累でなくては意味がない土壌があったわけですよね。
ああいう優しさが響には新鮮で嬉しかったんだなぁ。
二次創作を見るまでは確立された恋愛感情では無かったにしても
火が付くとあっという間なものでしょうね。
しかもユンというライバルが出て来てしまったし。

中盤の響の本音爆発がもう可愛くてねぇ…………。
更にツアー最終日のセリフ、あの響が!?ってなりましたよ!
言った後に照れて真っ赤になるとこもSUKI…。
ひびるいファンの皆さんおめでとう!!
もちろんひびるいずっとお幸せに!!

やっぱりマネの吉川さんがいい味出してたww
ユンのマネ・九重さんのユンるい計画も笑いましたが
吉川さん×九重さんってどうでしょうか。
なんでもカプにすな!と言われてしまいそうですけど
なかなかお似合いなんじゃないかなぁと…。
カバー裏も面白くて
やっぱり一緒に好きなことを分かち合える仲間って大切だと
改めて思いましたww

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う