イヴの逆襲

Eve no gyakushu

イヴの逆襲
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
45
評価数
15
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
本田あき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥638(税抜)  
ISBN
9784796411660

あらすじ

「さっさと中に出せ、クソバカ!」
人類が減少の一途を辿る日本。大学生・田中准世は友人の勧めでとあるバイトに飛びつく。それは、”新人類”(イヴ)とHをすること! 深刻な人口減少を食い止めるべく政府が造り出した新人類は、繁殖能力に特化し、美人揃いと噂されていた。「綺麗なお姉さんとヤれる」と、期待に胸を膨らまる准世。しかし待っていたのは、恐ろしく顔の整った”千島”という…男!!? 口も態度も悪い千島に、「なんなんだこいつ!」と思う准世だが、一生懸命奉仕してくる千島がだんだん可愛く思えてきて――!?

表題作イヴの逆襲

田中准世、とあるバイトに応募した大学生
千島、政府が繁殖用に作り出した新人類「イブ」

同時収録作品ナンバーワンのお気に入り

響、オネエなホスト
青木真司、下戸な貧乏酒屋

その他の収録作品

  • バブの逆襲(描き下ろし)
  • カバー下:こぼればなし、あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

意外や正統派なのです

こちら中編が2作です。
インタビューで気になって購入しました。
表紙といい、あらすじといい、刺激的な作品を想像していましたが、これが意外やキュンとさせてくれる正統派の作品。
帯にある通りエッチでキュートです。

ところで、なかなか凄い表紙ですが、帯がちゃんと仕事してくれています。
が、裏表紙もなかなか凄い上に、その帯自体が恥ずかしい・・・!!
でっかい字で「交尾」とあります。
そんなワケで、余程の猛者で無い限り通販をおすすめしたいです。


「イブの逆襲」
人類が減少した2230年-。
金欠の大学生・田中准世は、政府が人類減少に歯止めをかけるべく造り出した新人類「イブ」と交配するバイトに手を出します。
繁殖能力に長け、美人揃いと言われるイブ。
ところが准世の相手となるイブ・千鳥は、手違いから男性体で-・・・と言うものです。

こちら、受けである千鳥がめちゃくちゃ可愛いんですよ~。
ちなみに新人類とあり耳が尖ってますが、それ以外は普通の人間と変わりません。
准世に対しては、初対面からかなり生意気で強気な態度なんですよね。自信満々に乗っかって来て、イニシアチブを取りと言った感じで。
それが、エッチの最中に准世に反撃されて組み敷かれると、途端に虚勢が崩れちゃうのです。
「俺、まだイッたばっかで・・・」とアタフタしてる表情が、もう可愛すぎるー!!
繁殖がテーマとなってるだけあり、エロが濃厚なのです。
そのエロでの、千鳥の表情がとにかく可愛い上にエロい!!
何だろうな・・・。ギャップ萌えなんです。
准世と過ごす時は生意気で強気なのに、彼が帰った途端に寂しそうな表情を見せたり、「ちゃんと出来たかな・・・」としおらしげな態度を見せたり。
ツンデレ受けが個人的に好きですが、そのツンとデレのバランスが素晴らしくお上手。
う~ん・・・。可愛すぎるぞ。

で、エロばかりかと言うと、その裏にある切ない事情とストーリーに深みがあるのが良い。
施設で生まれ育ち、繁殖する為の「教育」を受けと、実は結構不憫に感じる千鳥の境遇。
そんな彼を外の世界に連れ出しと、二人が心を通わせて行く過程が凄くあたたかい気持ちにさせて貰えるのです。

ラストが、あまりにアッサリ二人の仲が認められと、ちょっぴり都合良すぎ感がございますが・・・。
あの、イブに対する切ない扱いは何だったんだみたいな。
しかし、とても可愛くてキュンとして、ちょっぴり切なくてと凄く好みの作品でした。


「ナンバーワンのお気に入り」
オネエ系ホスト・響とお酒が飲めない酒屋さん・真司の、こちらもエロキュン系作品です。
ホストと酒屋として付き合いのある二人。
真司は仕事で配達に行くたびに、響から口説かれ-・・・と言ったものです。
明るく軽い印象の響ですが、その実、裏で真司の為にとある行動をしていてと、なかなか胸をつかれる内容。
真司の切ない心情にもグッと来ます。
オネエでありながら男前な響の口説き文句にも萌える。
が、ホントに個人的な好みの問題ですが、オネエ攻めには萌えない・・・。
素敵なお話なのですが、何だか申し訳ない・・・。


初コミックスとの事ですが、イラストもとても綺麗ですし、キャラクターの表情だったり、しっかり読ませてくれるキャラクターの心情だったりがとても魅力的でした。
表題作だけなら「萌2」ですが、全体として評価して「萌」で。
次作もとても楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ