明日、起きたら君は

ashita okitara kimi wa

明日、起きたら君は
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×224
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

75

レビュー数
10
得点
200
評価数
48
平均
4.2 / 5
神率
35.4%
著者
早寝電灯 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥670(税抜)  ¥724(税込)
ISBN
9784796412759

あらすじ

同棲して三カ月。いつもと変わらない爽やかな朝に彼氏が言った――
「今度、睡眠姦していい?」
同じ会社に勤める広典と健斗は、大学の先輩と後輩。学生の頃から付き合い始め、自由気ままな健斗には振り回されてばかりだが、あまりの爆弾発言に広典は返答ができないまま出社する。しかし四六時中「睡眠姦」について考えてしまい……? おまえ、俺をどうしたいんだよ! ?
同棲中リーマンのラブ・クロニクル。

表題作明日、起きたら君は

健斗(同棲して3ヶ月の彼氏・大学の後輩)
広典(同じ会社のリーマン・大学の先輩)

同時収録作品for you and for me

全利(大学の助手) ※受け攻め無し
一誠(カフェ店員) ※受け攻め無し

同時収録作品やがて土より咲く

喜田 巧(庭を発掘したい考古学者)※受け攻め無し
明野 寛治(リーマン・大学の同級生)※受け攻め無し

その他の収録作品

  • bonus track
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

表題作が好き。ちょっとしたすれ違いがもどかしい

紙本
修正…見えない描写
カバー下…なし
カバー折り返し部分…コメント
あとがき…あり

0

心癒される、早寝電灯先生らしさが溢れる作品集

早寝電灯先生のツイッターで
「許可を取る睡眠姦のお話を描いています」というつぶやきを見た時は
「はい?水族館とか植物館じゃなくて!?」とかなり驚いた記憶があります。
先生の作品に「姦」は似合わない…。
一体どこに向かっているの、先生…と若干不安にもなったのですが、今回も心に染みるような、暖かかくてほっと出来る早寝電灯先生独特の物語を3作読むことが出来ました。

【明日、起きたら君は】
同棲して3ヵ月。年下の彼氏・健斗に
「今度、睡眠姦していい?」と聞かれコーヒーを吹き出す主人公・広典。
同じ大学の先輩・後輩で、今は同じ会社に勤める2人。
突拍子もない健斗の行動に振り回されてばかりの広典は、健斗の言った言葉の真意がわからずついつい気にし過ぎてしまい…。

どちらかと言うと真面目で予定調和を崩されたくない広典。
でも、自由奔放な健斗に驚かされるのは好き。
大学での出会いから、真逆の性格の2人が少しずつ魅かれ合っていく姿が描かれ、ほのぼのしつつもきゅんとしたり、切なくなったり…。
と言うのも、広典は中学の時から自分がゲイだと自覚していて、二十歳の誕生日にゲイバーに行こうとずっと心に決めていたから。
偶然ゲイバーに向かう広典を見かけ、泣きながら「好きだ」と告白する健斗が切なかった…。

「睡眠姦していい?」は、健斗の不安の表れだったんです。
一緒に暮らし始めてから新しい変化に不安を抱いていた広典を見て、どこかに行っちゃうんじゃないかと不安だったと。
「好き」だから同時に抱いてしまう「不安」な気持ちを描いたとても優しいお話でした。

【for you and for me】
大学の助手・全利さんと、カフェ店員の一誠君のほのかな恋物語。
全利さんがストローの袋で作る花がモチーフになっていて、大人の純愛?のようなかわいらしくてほっこりできる作品でした。

【やがて土より咲く】
一番泣けたお話でした。
主人公・明野の元にやってきた考古学者の喜田巧。
頑なに発掘調査を断り続ける明野でしたがだんだん喜田に絆されてしまい…。
そんな時、喜田は学生時代明野に出会っていたこと、当時の明野と今の明野の雰囲気が全然違っていることに気付きます。
なぜ明野は変わったのか。明野が穴を掘り探しているものは何なのか。
全ての謎が解けた後の、最後の言葉が大好きでした。

『土の下には記憶がうまっている』
『懐かしい記憶』
『その上に』
『今日も立っている』

普段は気が付かないけれど、ささいな思い出に沢山支えられて人間って生きているんだなとしみじみ考えてしまいました。


もうすぐ平成が終わり令和になろうというのに、早寝先生の作品にはどこか昭和的な懐かしさがすごくいい意味で散りばめられていて、この暖かさや優しい作風はいつまでも変わらないでいて欲しいなと思いながら読みました。
決して派手さはないけれど、心のささくれをとってくれるような、心の傷をそっと癒してくれるようなやさしくて大切な作品ばかりです。

時間があるときにゆったりと読んでみて下さい。

0

優しい愛が溢れてました!!

とある大学から広がるオムニバス。
★大学の元先輩後輩(現リーマン)
★大学の助手と大学近くの喫茶店店主
★大学でグループは違って絡みは無かったが大人になって再会


表題作は、同棲して三ヶ月の同じ会社で働くリーマンカプ。
昔からいろんなところに行くのが好きで一人で遠くに旅行などをしていた自由気ままな恋人の健斗にいつも驚かされてる広典は、いつかどこか行ってしまうんじゃないかという不安を抱えていたけど、健斗もまた同じ様に不安を抱えていて・・・
二人が同じ様に愛し合って、同じ様に不安を抱えているのにとても切なくとてもあたたかくなりました!


個人的には三作目の、家に一人で暮らすサラリーマンの明野の元に「庭で発掘作業をさせて欲しい」と喜田がやってくるお話が特に好きでした!
頑なに庭を掘らせない明野。
喜田が訪ねてきたときに驚いた明野。
ドキドキとワクワクの後にくる切なさはたまりませんでした!

0

心に沁みました

『明日、起きたら君は』
〈睡眠姦〉というざわめくワード。
付き合って3ヶ月のふたり、まず思ったのは
実行する前にそれ聞いちゃう?
しかも体調良さそうな時に…んん?

広典ばりに戸惑いつつ、
過去の回想と現在とが入り混ざり描かれた
ふたりのエピソードを読み進めるうちに
心がぼんぼん温かくなって。
なんってお互いを思い遣っていて
めちゃくちゃ優しいふたりなの〜!!と萌え!

回想の雨の中の健斗の涙(すごく好き…)からの
睡眠姦は行為自体こそライトに感じはしましたが
それ以上に心が盛り上がっており、密かに興奮
していて精神的に満たされる感覚でした。

他2編もそれぞれ思い遣る気持ちが溢れた愛あるお話で。
心情がとても丁寧に描かれていて、
セリフやモノローグが叙情的で素敵です。
作品毎に違う雰囲気なのに全体を纏うかんじか
全てすごく温かいんです…。

一度読み終えて満足〜、と、もちろんなりますが
何度も読み返したくなる、その度に気付かされ、
またじーん…とさせられる作品でした。

1

すい・みん・かん

そうです…睡眠姦。
漢字で見ると恐ろしいかんじですが、すい・みん・かん の響きがゾクッときます。
しかも同棲3か月の恋人から「体調よさそうな時狙って、睡眠姦してもいい?」と聞かれたら…。

言われた時はビックリの健斗だったけど、
恋人からの睡眠姦に備えて、体調を気遣いサプリまで飲んで…けっこう期待しているのか…
なのに、一向にそんな感じでない。
毎日、頭から睡眠姦の言葉が離れない…広典のことばかり考えて、ドキドキ。

そこから、大学での二人の出会いから、先輩後輩としての関係、中学でゲイを自覚した自分、
広典と付き合う経緯など、健斗の回想エピソードで綴られる…

そう、睡眠姦にはなかなかいきつかないのです。
健斗と同じように「なぜ?」と、気付けば広典に振り回されている私。

結局、じれた健斗が広典に聞くと、「していいよって聞いてない」から。
確かに言ってなかった…なんて優しい攻めなんだろう!惚れ直しますよ。
しかも、ずっと自分の事を考えてくれていたと知り、とても嬉しそうな広典がカワイイ。

大好きで大事にしたい相手を想う気持ち、幸せだからこそ失う不安に怯える心情を
回想を交えながら、とても繊細に描いているんです。

20歳の誕生日にゲイバーデビューすると心に決めていた健斗に、
イヤだと泣いて告白する切羽詰まった広典の涙にはキュンとしました。

同棲で健斗が新しい生活に馴染んでいないことに気付いた広典の不安…
いつか大事な人を失うのではないと不安を抱えている想いがせつなくて、
寝ている姿を見ている内に、起きたら困らせてやりたいという気持ちが睡眠姦へ繋がる…。

デリケートな健斗よりも、デリケートな健斗を気遣う広典の方が、本当はやきもきしているみたいです。

睡眠姦、やってはいますが、優しい広典が印象的。
「やっぱり怖いよな、ごめん嫌がらないで」と、
しょんぼりしている広典を包み込む健斗の方が、本当は強いんだろうな~と、
なんだか安心してしまう睡眠姦でした。
でもHシーンはエロかったですよ。広典の背中が思いのほか逞しくて、背骨のラインがステキでした!

同時収録のfor ou,and for meで、カフェ店員 一誠の友人として広典が登場。
好意は感じても怖くて踏み出せない様子の健斗について語り、
後日、一誠が広典に好意を持っていると勘違いした大学助手に
オレの彼氏は繊細なんだから誤解させるようなことはするなと、ビックリして帰ってました。
やっぱり、広典は健斗に告白して逃げられるのを怖がっていたんだなぁと解ります。

こちらもメインの二人の出会いから気持ちを通じ合わせるまで、
四季を通してゆったりした時間でみせてくれます。
誤解の原因となった花の折り紙のストローが本当にステキです。
本当に大事なので失いたくない、告白する事で会えなくなることを怖がり
時間が過ぎていく様子を繊細に描いています。

残念なことに、私は表題作に入り込み過ぎて、こちらの話に乗り切れず終わってしまった。
そう、3話目もです。
表題作のみのレビューになってしまいました…。

2

人を想う気持ちに溢れてるお話ばかり

これ、帯で損してるような気がする……。

早寝電灯さんは作家買いしてるんだけど、「睡眠姦していい?」の帯で、イロモノ路線に変更したのかしら……とかなり戸惑ったんですよね。
腐友さんもこの帯で、え?!と思ったらしいけど、とりあえず読んでみたらとっても愛を感じるお話で良かったよ!と勧めてくれたので、読んでみました。

3CP登場しますが微妙に世界が繋がっていて、どれも勇気を出して現状から一歩先に進もうとする姿がとても良かったし、人を好きになるっていいなーって思えるお話ばかりでした。

【表題作】
これが一番好き。
帯と試し読みだと、睡眠姦に挑戦する同棲カプのエロ奮闘記みたいに思えるけれど、スポットライトが当たってるのはそこじゃないんです。

スポットライトが当たっているのは「愛」。

お互い、相手のことが好きで好きで好きすぎて、相手がいつかいなくなってしまうかもしれないという根拠のない不安に揺れてしまったりする気持ちが、過去と現在の二人の姿を織り交ぜながら描かれています。

「睡眠姦」なんて突拍子もないことを言い出した攻め。
そのせいで受けが困りつつも「ずっとお前のことを考えていたよ」と吐露するんですが、それを聞いた攻めが受けの胸に顔を埋めながら「明日もそうしていてほしい…」と願うシーンがすっごーーく好き。
自由人ぽく見える攻めが恋人の言葉でこんなにも安堵する姿……萌える。

【for you and for me】
カフェ店員と常連客である大学の助手との恋。

「今日もなにか授業をしてくださいよ」と話をせがむ店員に対して、恐竜のことや菌のことなどあれこれ教えてくれる先生(助手ですが)。
そのやり取りについて「あの人が何か教えてくれると世の中がすごくいいもんで埋まってる気がする」と表現するところがすごく好きで、何にも代え難いひととき感、特別感に溢れてます。
(そして、特別姦と変換するようになってしまった私のPC……どうやらレベルが一歩上がってしまったらしい。)

【やがて土より咲く】
庭の発掘調査をさせて欲しいとやってきた考古学者と、その家に住む青年とのお話。
土に埋めたいもの、埋めたと思っていたものが再び日の目を見るまでのお話だけど、彼がいてくれたから……というところが良かった。



4

相手を想う深い愛情に萌える

作家買い。

早寝電灯さんの絵柄ってちょっと独特で、もしかしたら好みが分かれるかも。けれど、この絵柄だからこそ描かれていく世界観が、個人的に途轍もなくツボなのです。

早寝電灯さんはエロいイメージがない作家さまなのですが、今作品の帯にびっくり。

「睡眠姦」。

もしかしてエロに特化した作品なのか?
早寝電灯さんなのに?

と思いつつ手に取りました。

一つの大学を舞台に紡がれていく、3つのオムニバス。
が、大学がメインに据えられた作品ではない。少しずつリンクしている、といった展開。

早寝電灯さん作品の大きな魅力の一つは、登場人物の感情の機微が細やかに描かれていることだと個人的に思っています。ゆえに、序盤、「?」と思うことも多い。が、その伏線を上手に回収していく手法がとにかく秀逸。

いたるところに撒かれた伏線が、読み進めていくうちに一本の線になっていく。

今作品に収録されている3作品に共通しているのは、相手への深い愛情。少しずつ見えてくる彼らの想いに激しく萌えました。

同じ大学を舞台にしているオムニバス作品、でありながら、3作品とも雰囲気が全く異なる。

ゆえに、1冊で3度美味しい。
個人的に短編集ってあまり好きではないのですが、読み込めば読み込むほど味わいのある作品ばかりですごくよかった。

文句なく、神評価です。

0

帯目的で買ったのに、違う部分に見事にやられました。

これは「帯買い」です。
『睡眠姦していい?』これまでそんな宣言あったでしょうか。
睡眠姦って、相手に内緒で、寝てる間にこっそり身体を拝借しちゃうヤツだよねぇ。
それを事前に同棲中の恋人に宣言しちゃうなんて面白い!ムフフ♡…と、帯や私の購入動機はこんな感じでしたが、作品全体は穏やかで優しく、しっかりと早寝電灯先生の世界でした。
エロはほとんどありませんので、ご注意を。

◆表題作
「今度体調良さそうなとき狙って睡眠姦していい?」
穏やかな朝のひととき、同棲中の恋人・健斗から突然そう宣言された広典。
戸惑う広典は、仕事中も「睡眠姦」の文字が頭から離れない。
でもそれを期待する気持ちもあり、いろいろ想像しては赤面してる広典がめちゃくちゃ可愛い!
「体調が良さそうなときに…」という健斗の言葉を意識して、サプリ飲んだりしてるんだもん。
めちゃくちゃ睡眠姦待ってるじゃん!って思うと可愛すぎて萌えまくりでした♡

…と前半はこんな感じで、睡眠姦をエロとして楽しむ作品なのかと思っていたんです。
ところがこれが全く違っていて、2人の出会いの回想から始まり、真面目な恋人同士の愛の話へと展開していくんです。
優しくて、ホロっとくるような、思いもよらなかった感情に持っていかれました。
ちなみに、睡眠姦のほうはあっさり。

◆for you , and for me
カフェ店主・一誠と大学助手・全利(まさとし)の淡いラブストーリー。
健斗たちが大学生の頃の話で、表題作カップルも登場します。
ただただ優しい。時が止まったような2人きりの静かな空間で育まれる恋は、さながら純文学の世界のよう。

◆やがて土より咲く
このお話、すっごく好きです。

明野のもとへ、自宅の庭で考古学の発掘をさせて欲しいと依頼してきた喜田。
実は2人、はっきりとした面識はないものの、同じ大学出身で、当時チャラいグループに属していた明野は、しっかりと自分の世界を持って飄々と生きている喜田に対し、憧れの気持ちを抱いていたのです。

コミカルな場面もありつつ、シリアスな展開もあり。
事故で家族を失った明野が抱える、悲しみや後悔や向き合うことへの恐怖を、喜田が一緒に解き放っていくシーンが素敵でした。
かなりの良作だと思います。

早寝電灯先生、作品に空気感を与えるのが上手いなぁ。

3話とも、男に恋する戸惑いや葛藤を前提に、独特の空気感に包まれた穏やかなラブストーリーが綴られていて、個人的にとても好みでした^ - ^
「早寝先生のエロ?」と思いつつも睡眠姦目的で買ったつもりが、別のところで見事にやられちゃいました。

ただし、描き下ろしの鏡エッチは、エロかった♡

12

【睡眠姦】テーマがこんな優しいストーリーになるなんて!

帯にデカデカと書かれた【睡眠姦】!
受けが寝ている間に、攻めがイタズラしちゃうってシチュエーション大好物です♪
でも早寝電灯先生が【睡眠姦】ってイメージに合わないなって、期待半分・不安半分で読みはじめましたが、このモチーフをこう料理するか!と良い意味で裏切られました。

表題作と、他2つのストーリーが収録されています。


●「明日、起きたら君は」
大学の後輩・健斗と、先輩・広典は、大学の頃から付き合ってる恋人同士。
同じ会社に就職して、同棲3ヶ月目のとある朝、
健斗は「今度、体調良さそうな時を狙って、睡眠姦していい?」ととんでもないことを言い出して…

広典は会社でもそのことを考えちゃうし、体調整えようとサプリ飲んじゃうし、戸惑ってます。
明日は休みだし、来るか―?と期待したのに、何もなかった朝の恥ずかしさったら^^
健斗は広典からOKをもらってないから、勝手にそんなことはしない。
健斗がとんでもないことを言い出したのは、エロ目的じゃない理由があったんです。


健斗は行ったことがないところに憧れ、授業をサボって海外旅行をするような自由人。
対して、広典は真面目タイプで健斗の履修や単位取得を面倒がらずに相談にのってくれる。
二人はタイプは逆だけど、リズムが同じで惹かれ合っているのが伝わってきます。

広典はゲイで健斗に惹かれないようにして、20歳の誕生日にゲイバーに行こうとした。
それを見つけた健斗は泣きながら引き止めて告白する。
雨の中、傘を放り出して気持ちを伝えるのがロマンティックです♪


それから数年付き合って、二人は同棲をはじめたのに、
広典は自由人の健斗がどこかに行ってしまうんじゃないかって不安があって、
健斗は広典が不安になっていることに不安を感じて…
寝ている広典は無防備で、健斗はつい触れたくなる。

だから健斗は【睡眠姦】なんて言い出して、広典を困らせてみたかったんです。
おたがい好きだから、この先もずっと一緒にいられるか不安になってしまう、恋人同士の心の機微を、淡々と丁寧に描かれています。

早寝電灯先生と【睡眠姦】なんて結びつかなかったけれど、読んでみると、早寝電灯先生らしい作品で心があたたかくなります。
【睡眠姦】がこんなやさしいストーリーになるなんて、やられました!


●「for you and for me」
新しいお店に入るのにも勇気がいる不器用な大学助手と、そんな客が店に入ってきてくれたのがうれしいカフェ店員。
ゆっくりと知り合って、おたがいいいなーと思う、恋の始まるところを淡々と描いています。
表題作の健斗が、誤解当て馬としてチラッと登場します。


●「やがて土より咲く」
庭を発掘したい考古学者と、その家の持ち主のお話。
二人は実は同じ大学で、接点は少なかったものの、なんとなく気になっていた存在。
その二人が再会して…
家族を亡くした重い過去を自分の中で整理して、未来に向かっていくお話です。


同時収録の2話はエッチは無しで、淡々とストーリーは進みます。
表題作も含め、大きな事件は起こらず、登場人物はほぼ二人だけで、二人の間の感情を丁寧に描き出している一冊です。
【睡眠姦】の意外性楽しかったです。


(※エロ目的で睡眠姦をご覧になりたい方には、
yoshi先生『先生、あなたに近づきたい』を力いっぱいオススメします♥)

7

♯ほっこりさせてもらえる作品

3編構成の短編集ですが、全て1つの大学に関係するお話です。

表題作、『明日、起きたら君は』
同棲3ヶ月目の広典さんと健斗は、大学の先輩後輩。
学生時代から健斗には驚かされっぱなしの広典さんだが、ある朝健斗から仰天発言が!
「今度体調の良さそうな時狙って睡眠姦していい?」

会社にいてもそのことばかり考えてしまう広典さんだが、悩みつつも体調を整えている描写にクスっとします。

睡眠姦をしたかった理由はそれほど大したものではないのですが、お互いのことが好きなんだという気持ちを再確認できたいいきっかけになりました。
問題の睡眠姦自体もあっさりしていました。
元々、酷いことをしたいわけではないですからね。
健斗は、広典さんが自分の事をたくさん考えていてくれた事が嬉しかったようです。
告白の時の健人の涙、可愛かったなー。


二作目は、『for you, and for me』
喫茶店の店主、一誠さんと大学で助手をしている全利さんとのお話。
コーヒーの香りに誘われて店に入ってきた全利さん。
実は、一誠さんは店の前を早足に通り過ぎる全利さんの事がずっと気になっていました。
ストローの袋で花を咲かせる全利さんに、恋の花を咲かせる一誠さん。
色々な話をするうちに2人は仲を深めていくが、一誠さんは告白するつもりはなくて…。

このお話にも表題作の2人がチラッと登場します。
二人の通う大学の助手をしているのが全利さんで、結果的にこのカップルをきっかけとしてお互いの思いに気付くことができました。
このお話はとても可愛いいのですが、あっさり目ではあります。


最後は、『やがて土より咲く』
私は、このお話が一番好きでした!

ある日、明野の家に庭や畑の発掘調査をさせて欲しいとの電話が入る。
考える余地もなく断る明野だが、勝手に庭にやってきたのは大学の同級生だった喜田で…。
明野には庭を掘り返されたくない理由があり、また喜田には自分の事に気付いて欲しくないと思っています。
明野は、大学時代から自分の知らない世界を知っている喜田に憧れと恋心を抱いています。
庭には、掘り返すのが怖いけど目を反らせない思い出が埋まっていて…

喜田は明野と接するうちに明野の自分への気持ちに気付き、ドキドキします。
この時、もう喜田と明野は両思いなんでしょう。
喜田は明野の支えになり、明野はやっと前を向いて生きていけるのではないか…と思わせるラストでした。
ジワっと胸が熱くなり、良作だったと思います。

表題作の健斗が発掘作業を手伝ったという描写があり、その関係者が喜田なのかな?と思いました。

書き下ろしでは、あの一件以来積極的になってしまった健斗と広典さんが鏡の前で…という展開に!

3作とも少し臆病な人々のお話でした。
勇気を出して一歩を踏み出す、そんな姿が印象的で読み終わると温かい気持ちになります。



9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ