僕は君のいいなり2【BLCD】

boku wa kimi no iinari

僕は君のいいなり2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

30

レビュー数
2
得点
81
評価数
18
平均
4.6 / 5
神率
72.2%
著者
媒体
BLCD
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
シリーズ
僕は君のいいなり
収録時間
枚数
2 枚
ふろく
封入特典:あがた愛先生描き下ろし漫画リーフレット
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4580166732619

あらすじ

〔いいなり〕から〔恋〕に育った二人のその後を2枚組ドラマCD化。

年越しお泊り、電話越し、おねだり…。
溶けるような愛しさに、これまで以上に甘く激しく交わるようになった二人。
そんな日々の中、木下は感じたことのない独占欲に戸惑いながらも、深まっていく情動に向かい合う。
一方檀野は、木下の「普通」を奪ってしまったかもしれないとのわだかまりに、うまく向き合えずにいて…。
独占欲に目覚めたノンケ後輩×淫らで健気すぎるゲイ先輩の蜜月と成長と、ハッピーエンドまで。

表題作 僕は君のいいなり

木下司 → 中澤まさとも

檀野優希 → 田丸篤志

その他キャラ
吉井諄[白井悠介]/ 小松豊[深町寿成]/ 林[土岐隼一]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

1より更に彼ららしく。

原作が好きなので、この機会にCDの1も同時購入しました。
1と2では、檀野先輩と木下の関係性が異なる上、二人ともお互いに影響し合って性格や人柄も若干変化しているので、比べるのは正しくないと思うのですが、2のほうがより檀野先輩らしく、木下らしいと感じられる演技でした。
檀野先輩らしい控えめな可愛さとエロさ、木下らしい淡々としたかっこよさがしっかりと表現されています。

ほとんど原作通りの内容で、丁寧に描かれています。ですが、これは原作を読みながらでないとわかりにくいかなーと感じる部分もありました。ドラマCDを聴き慣れていないせいかもしれませんが。
原作漫画の一部書店特典エピソードがおまけとして収録されていたのは嬉しかったです。読んでいなくても場面が伝わってきました。

収録レポで明かされていた、こだわりのマスク演技。くぐもった音声をしっかり聴かせていただきました。
この場面では、一週間木下に会えなくて寂しさが募っている檀野先輩が誘い受けもしくは襲い受けのように木下を求めるところが見所です。木下の喜びがこちらにまで伝わってくるようです。
夏祭りのエピソードも印象的で好きです。年越しの話も、些細なことで喜ぶ檀野先輩が愛しくなります。

「好きな人が言うことなら全部叶えたくなる」という、檀野先輩が木下のいいなりだった理由を今度は自分の感情として実感していく木下。
そんな木下が自分に求めている「したいこと、してほしいことを言ってほしい」という言葉に繋がる想いをやっと受け入れることができた檀野先輩。
そんな二人を見守る吉井先輩と小松の二人が良いサポーターになっています。特に吉井先輩は声の雰囲気を含め、良い味を出しています。めっちゃ吉井先輩っぽい。
ストーリー上でも2では更に重要なキャラクターですが、声優さんがしらいむだということで全く心配していませんでした。期待通り、出過ぎることなく、控えめになり過ぎることもなく、きっちり吉井先輩でした。

1よりも木下の息遣いが多く吹き込まれ、檀野先輩の可愛さエロさが増している2。
是非、1から通して聴いて、彼らの変化を楽しんでほしいです。

4

ふたりのハッピーエンドを音声でも楽しめました

原作既読です。前回同様、終始落ち着いた雰囲気でとても聴きやすかったです。BGMも程よく好印象でした。

今回中澤さん演じる木下が前作より感情的になるシーンが多く、とても機微な演技をされている印象を受けました。田丸さんは相変わらずこういった健気で真面目なキャラがお上手で…。先輩、今回もとっても可愛かったです…!特に今回は涙声になったり、動揺したりするシーンも多く、グッとくるものが多かったです。
また白井さん演じる吉井は、とても優しくて頼もしく安心して聴けました。最近の白井さんは濡れ場の多い受け役の印象が強かったので、こういった落ち着いた大人なキャラクターを聴いてみたいなと思いました。

濡れ場は前作とは打って変わってかなり甘々で大変満足いたしました。前回は毎トラックに一度ありましたが、今回の濡れ場は一回が長く最後まであります。(4/6回なので少なくはないです)エッチ中のキスが多く濃厚に感じられました。私はアナル舐め回が好きです…。

最後のおまけトラックでは学生らしい爽やかな締めくくりで、思わずほろりとしてしまいました。こちらのお話は電子の特典らしいので後程購入し漫画でも楽しみたいと思います。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ