僕は君のいいなり

boku wa kimi no iinari

僕は君のいいなり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神124
  • 萌×280
  • 萌35
  • 中立11
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
27
得点
1056
評価数
256
平均
4.2 / 5
神率
48.4%
著者
あがた愛 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックスmoment
シリーズ
僕は君のいいなり
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801955721

あらすじ

「俺にだけ」冷たかった檀野先輩が、ある日、俺のジャージでオナニーしていた。
いつもの取り澄ました顔を乱して、切なげに潤ませた瞳で喘ぐ先輩。
この人をそんな風にいやらしくしているのは俺だってことに、ゾクリと高揚した。

だからもう少し、この人を独り占めしていじめてみたいって思ったんだ…。

――恋を知らない冷めた後輩・木下といじらしいほどに健気で一途な先輩・檀野のエロティック・開発ラブ。

表題作僕は君のいいなり

木下、高校1年生、テニス部
檀野、高校2年生、テニス部副部長

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数27

本当にいいなりになったのは…

電子連載時からずっと単話で購読していました。
タイトル通り、主人公の壇野が想いを寄せている後輩木下の”いいなり”になる事から始まる物語です。

作者さんがインタビューでおっしゃっていた通り、恋を知らない攻めと恋を諦めていた受けのお話でした。
あらすじを読むと愛のない行為…?と不安になったのですが、木下の好奇心から始まった関係なだけで特別ひどい男とかではなかったです。
むしろ後半にかけては木下視点で話が描かれたので私はどちらかというと木下に感情移入して読んでしまいました。
檀野の健気で一途な想いに、自分の知らないうちに惹かれてしまう木下。
好きになるまでの心情描写がちゃんと描かれています。6話ではくっついた後のふたりのお話もちゃんとあって大満足でした。欲を言えばもっとこのふたりの甘い日常も見たかったです。
毎話ごとに性描写があり、個人的には乳首攻めの描写がとてもねっとりとしていて、大変萌えさせていただきました。

また最後まで読んで気づくこのタイトル、私は檀野の方ではなく、実は木下の気持ちを表題にしたものなのでは?と思いました。
読了前と後でタイトルの「僕」がどちらともとれるのはすごく良かったです。

9

久々のヒットです。

正直、絵がほんのちょっと好みではなかったのですが、
評価がとても高かったので読んでみたところ、
評価通り、物凄く良かったです。
とにかく、心理描写がとてもお上手だと思いました。

まず、受けが男の人しか好きになれないのですが、
攻めがノンケで普通に女の子好きというところ。
最近、攻めも受けも男しか好きじゃなくそっちしか恋愛対象ではない漫画しか読んでいなかったので、
久々にこういう設定の漫画を読めて新鮮な感じがしました。
攻めが女も好きであっても、男もイケるクチだったり、
女だけが好きだった攻めが簡単に男を好きになる、という話が多いので、
そうではないお話で、凄く話に惹かれて行きました。

内容は、受けが先輩、攻めが後輩で、
部活中に受けが暑さで倒れ、攻めが保健室へ運ぶ。
攻めがはおっていたジャージを被せて出ていき、
戻ってくると、受けがジャージをはおり、一人でやっていた。
布団など隠すものが何もなく、攻めにバレちゃい、
見られながら手でイッちゃいます。
この時点では、まだまだ攻めは女オンリーです。
その後、こんな関係がズルズル続きます。
攻めが受けのお尻の穴に入れるのも、直は嫌なので、
ゴム手袋をしてイカせたり。
他の漫画だと、ここまで潔癖を発揮してないと思うので、
本当に女オンリーなんだなぁと思わせる行動です。
他の漫画でこの辺りだと、女オンリーでも平気で男のお尻を舐めていたり直で弄っていたりするので。
これが普通なんだろうなぁ、とちょっと冷静になって読んだりも。

攻めが徐々に受けに惹かれていく、そんな様子が凄く丁寧に描かれており、
いつくっつくんだろうか、いつ好きになるんだろうか、
と凄くドキドキしながら読みました。
こんな気持ちで読んだのは久々です。

絵はそこまで好みではなかったのに、最後は凄く受けが可愛く、
攻めもカッコよく。
絵が好きになっていました。
表情の描写が上手なのでしょうか…
個人的には凄く好きな描かれ方でした。

乳首責めも多くてGOODです。
言葉責めも簡単ですが出てきます。
個人的にはもっとやれ!って感じでしたが。

ただ、ナカに指を入れたところの描写がちょこっとだけ残念でした。
断面で、周りに白い点々が。
あれはなんでしょうか…?
気にしなければ全然気にならないのでしょうが、
一度気になってしまうと、あの点々は何を表現しているのか、
目隠し線ならぬ、目隠し点…?と。

でも、そんなのも抜きにして、このお話は本当に凄く良かったです。
それを引いても神レベルのお話だと思います。

特典についても、二つ折りのちょっと厚めの紙に漫画が描いてあり、
それもまた凄く良くて…。
特典はあまり期待していないのですが、
特典にまで萌えられるとは思いませんでした。
攻めが受けを本当に好きなんだなぁという描写が。
エロシーンありの特典漫画です。

攻めが受けを好きになってくれて本当に良かった、
もっと続きが読みたい!攻めが受けを好きだというそんな描写をもっと見たい!と思わせる漫画になっていると思います。

どの漫画にも好き好きはあると思いますし、
実際趣味じゃないという評価もついていますので、
人を選ぶかもしれませんが、私は凄く好きでオススメしたい漫画です。


局部については、白抜きの局部の形に添って切り抜かれています。
形はとてもハッキリしています。
先日、局部も真っ白、背景も真っ白でどこにナニがあるのかサッパリな
漫画を読んで物凄く萎えたので、ホッとしました。
トーンで必ず背景がグレーなので、背景も真っ白でどこにナニがあるのかサッパリなんてことはありません。
穴の部分に関しては、断面図だったりします。

他の作品が出た際は、ぜひまた買いたいです。

9

画力・心理描写・エロ・3点揃った良作

1P1P繊細なタッチで丁寧に描かれる作家さんです。
表情の作り方とかもすごくかわくて、じっくり読ませてくれる画力を持っています。
ストーリーも王道ながら、きっちりエロのフェチ性をくすぐりつつ、キャラの心情が少しずつ変わっていくさまを描写してくれます。

健気受が大好物なので、終始受のキャラの健気さ、その無自覚さには萌えていましたが、個人的に心を揺り動かされたのは、攻が恋をした瞬間を垣間見れたようなシーンでした。

コミックスまるまる1冊分丁寧に描いてくれたことに感謝したくなる、とてもいい一冊でした。

あと、書店特典のリーフレットの完成度がすごかったです。
ふつう、特典の漫画は1~2Pで、しかもその短いページ数で萌えるものってそうそう出会えないんですが、こちらの特典はどれもしっかりきゅんとさせてくれるもので、「この二人のこの先がもっと読みたい」と思わせてくれるものでした。Twitterなどでその後のイラストをあげられたりしていますが、そのイラストから伝わってくるものも素敵でした。

この本はこれでうまくまとまっていますが、この後の二人もぜひ読みたいと思わせる特典や単行本分の描き下ろしを読んで、ますます続編が出てくれたらいいなと思いました。

最近あまりピンとくる作家さんがいなかったので、想像以上にいい作家さんが出てきてくれたな~と思います!

7

久々に会えた最高の作品!

1、2巻同時に読みました。


受けがめちゃくちゃ健気でエロい笑

痛々しいほど健気で、読んでいる最中に
どうしてそんなに健気になれるの?
と疑問に思うのですが、
過去の苦い経験と元々の性格のせいだとわかると
すとんと納得できて
その後もドキドキしながら読めました。

攻めが受けをどんどん好きになる過程も
ものすごく好きでした!!


ずーーーーーっとドキドキしっぱなしでした笑

6

負い目ゲイ男子のひたむきさが愛おしくてたまらない!

ドノンケを落としてしまうほど、(エロくて)遠慮がちなゲイ男子が愛おしすぎて絶対的な”神”評価です!

テニス部後輩の木下は、副部長の檀野から一人だけ厳しくされている。
木下は嫌われていると思っていたけれど、ある時、檀野が自分のジャージでひとりエッチしてるところを目撃してしまって…
厳しい態度を取っていた檀野が実は自分のことを好きっていうのが木下にはおもしろくて、檀野のひとりエッチのお手伝いを提案する。

木下はゲイに嫌悪感まる出しで、檀野のことを感じたがりの楽しいオモチャとしか思ってないから扱いがけっこうひどい…
でも人当たり良さそうな木下が、自分に惚れてる男をもてあそぶ歪な本性を持ってるのってなんかイイ!

そして本作のキーポイントは檀野のエロいくせに、ひたむきなところ!
タイトル『僕は君のいいなり』の通り、檀野はひどい木下のいいなりなんだけど、檀野の木下への想いは表情と感じてる全身から伝わってきて、木下を振り向かせちゃうほど威力があるんです!

木下も檀野にひどいことしてるって自覚しはじめて気にかけると、檀野は告白した親友から口もきいてもらえなくなった過去があるから、「気持ちを知っても触れてくれる木下のことはこばめない」って…
もう、このひたむきさにはほだされないわけにはいかない!

檀野は自分が木下を好きなことにも、触ってもらうことにもずっと負い目があって、お礼を言うべき場面でも「悪いな」って謝ってばかり…
そして、木下が檀野を好きになって、想いを明かしたときにはじめて、「ありがとう」って笑顔を見せることができた。
檀野が木下と対等になれて、やっと言えたお礼の言葉、なんて重みがある一言なんだろう。

対等=恋人になっても、檀野は遠慮がち。
すると今度は木下が檀野に”愛されてる”って自覚して欲しくて、檀野の希望をかなえてあげようとする良い彼氏に変わっていく。前半のひどい男とは別人みたいに甘い彼氏です^^
後半の想いあってる甘さはすっごーーーーーくイイです♪

続編の2巻はさらに木下の檀野への想いが強まっていきます^^

4

"ありがとう"が言えたなら

好きになって"悪かった"
初恋の相手から拒絶されたトラウマを抱える檀野先輩(受)の気持ちが、切なくて物凄く共感できました。同性でも異性でも、拒絶されたら辛いです。ましてや、相手が好きな人だったら。先輩は、同性を好きでいる事は悪い事なんだ、嫌なことされても当然なんだと思っています。"拒絶されていない=好きでいていい"の解釈なのかもしれません。相手にしてくれるなら、どんな事も受け入れる。"健気"とは少し違うんじゃないかなと思いました。
拒否や否定をしてこない事に、最初は興味本位で接していた後輩の木下くん(攻)ですが、段々と、"されるがまま"な先輩に違和感を感じ、先輩と仲良くする友人に嫉妬したり、先輩の感じる顔に体が反応してしまいます。こんなはずじゃなかったのに…特別な感情を抱いていると自覚します。
悪かったとか、ごめんとか、否定的な言葉を使っていた先輩が、初めて木下くんに伝えた"ありがとう"に、2人の明るい未来が詰まっていると感じました(^^)
"俺は変態…なんだと思う"お気に入りの言葉です!確かに木下くんの言う通り、好き=いいなりになることではありませんが、好きな人に従いたいって気持ち、よく分かります。私も…変態なんだと思います笑(*´꒳`*)共感できる部分が多くて、ハマったので"神"です!

4

雰囲気と表情がエロエロ

あがた先生の新刊楽しみにしていました。
同人誌で出されているようなじっとりしたエロ感が全面に出ていてよかったです…!

なんといっても感じている受けの先輩の顔がひたすらエロかわいい。
興味はなかったはずなのに、そんな顔にだんだん興奮を覚えてしまう後輩の姿に、本当に開発開発されているのはどちらなのか…と思いました。

けなげで自分を変態だと思っているめがねっこは最高ですね。
次回はもうちょっと本番エロの多い作品だとうれしいです。

3

じっとり…熱の中…

なかなかの表紙です。これパンツずらして半ケツにしてるの?ピンポイントでガン見してまうわ。

題名と表紙だけで作品の1/3は語ってるね。

夏中の湿度…匂い…室内空間の陰影…じっとりとした重い空間感が人の本能を表現している。
地面に落ちるほどの体液(汗)がそれを強調し、壇野(受け)の顔色が暑さと熱に染まる。
二人の気持ちが繋がった時、自然に流れ落ちた体液(涙)がこれまでの夏の暑さの終わりを告げる。

…自分も熱で頭やられてる…。
いや、シリアスな作品だからまともな感想をと思って…。失敗だね…(・_・;

うん、即思ったのが壇野先輩、おっぱいあるんじゃね!?だから。
AAカップくらい。
下からのアングルだから?でも胸筋の形というよりおっぱいの膨らみなんだけど。(特にP49とP164)

木下が穴に指を入れる時…まぁ、二次元ではエロいものとされているが、まずは手袋使っているのを見ていろんな意味で安心した。
手袋がある調理室でヨカッタネ☆
只、他DKからしてみれば食い物扱う所でイイ迷惑www
もう少ししたら直指になるからカンベンしてくれ。

恋愛で素直な一途は最強だよねー。
木下(攻め)が先輩への気持ちや触り方がすこーしずつ変化していくのが本当に良かった!BL特有の強引さが無くてスムーズに読めたんだよね。
最後は木下の方からお願いして「学先輩の中入れさせて?」の破壊力。
最初の木下の態度を知っている私、心で泣きながらガッツポーズ。

そういえば、こやつらDKなんだよね!?
雰囲気から大学生かと思った。

先輩みたいな自己評価の低い人は自分を好きになって貰えるなんて!が、前提にあるからいくら好き好き言っても…ね。
でも木下えらいわ、1/10も伝わってない。そう!まさにそう!!君こそ理解者!「僕は君の理解者」だ!!
木下頑張って。
しかも、そこをちゃんと理解して伝えていこうとしてるなんて!
ホントにこやつらDK!?
出来た大人スギる!

前作よりキャラもだけど背景を書き込んでるせいもあって引き込まれて一気読み。
技量の素晴らしさと、ストーリーが合ってますね。神作と萌2ですっげー悩んだ。
………やっぱ神だなぁ////

3

健気受けが良いし、絆されていく攻めもまた良し

初めて読む作者さんでした。絵も綺麗だし、話の流れもナチュナルで、キャラクターもまた魅力的です。

あまり陵辱ものとか無理やり系は好きじゃないんですが、この話は受けが喜んでいて(ピュアな意味で)幸せそうに許容して、攻めに弄ばれているので良いです。
純情だし健気で慎ましくもエロエロしい受けに、恋をしたことがない攻めが懐柔されていきます。
その過程が丁寧に描かれているので感情移入できました。(攻め視点で読んでました)
攻めの好奇心から始まった気まぐれなお遊びから、愛あるsexにシフトしていく様が良かった!

付き合い始めた後の話も入っていて満足しました。
綺麗に完結していますが、続編があればまた読みたいな♪と思わせてくれるほど気に入りました。

3

先輩が健気で可愛い!

いつのまに恋愛感情になっていたの?と驚く作品もたまにありますが、こちらの作品は木下の気持ちの変化がとても丁寧に描かれています。

きっかけは部活中に倒れてしまった檀野を保健室まで木下が運んであげた際に、木下の忘れたジャージを着ながらオナニーしていた現場を木下に見られたところから始まります。
そこで今まで自分にだけ冷たかった檀野が自分に恋愛感情を抱いてる事を知ります。
最初は興味本位で自慰を強いたり乳首をいじったりだったのがどんどんエスカレートしていきます。

木下の気持ちや表情がどんどん変わっていくのがよかった! 木下に優しくされると「悪いな」って言ってしまう先輩の気持ちも、そういう時は「ありがとう」って言ってほしい木下の気持ちもよくわかります。
気持ちが通じあった後「好きになってくれてありがとう」と言われた後の嬉しそうな木下の表情がよかった! 「先輩の中入れさせて」と言った時の表情といい最初の頃とは別人のようです。

木下にとっては初めての恋人ではないけれど、好きになったのは初めてなんだろうなと思うと嬉しい!

真面目で健気なのにエロい先輩が可愛いです!
恋人になった後の二人のデートも見てみたかったです。
今まで恋愛を諦めていた先輩を思いっきり甘やかして幸せにしてほしいです!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ