溺れた純愛

oboreta junai

溺れた純愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
3
平均
3.3 / 5
神率
33.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイデジタルノベルズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

船の上、青年を犯しているのはダイオウイカだった…。行方不明になった幼馴染みを探し一人で海を出た一郎は、そこに現れたダイオウイカに拘束され吸盤で性器を刺激され射精してしまう。身体を嬲られることに悦びを感じてしまった一郎は自分の中に侵入してくるイカ類の生殖器である交接腕を止められず中出しされてしまい…!? より濃厚で刺激的なエッチを詰め込んだ短編読み切り!!

表題作溺れた純愛

ダイオウイカ・イカ・不明、魚依田櫂・漁師・27歳位
海原一郎・町役場の観光課・27歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

是非読んでいただきたい(それしか言えない)

2015年9月刊行の『エロとじ♥悦』掲載作品。イラストが1枚入っています(表紙絵はそれを構成したもの)。

「北斎かよ!」と心中で『キワモノ』と決めつけて読み始めたのですが、ちょっと待って。これ、全然違う!
むしろ、今年の某有名映画賞で作品賞を取った『シェ○プ・オブ・ウォー○ー』を思わせるようなラストに、今日一日、無意識のうちにこの作品のことを考えてしまっていました。完全に心を持って行かれた状態(早朝に目覚めちゃったんで朝読んだのですよ)。

いや、エロいっちゃエロいんですよ。かなり凄い事になってるんですけれども。
でも、心に残ったのはエロではなく『取り返しのつかない人生の哀しさ』。

ええと……
ネタバレなしで読んだ方が面白いと思うのですよ。
上記の紹介に書いてある以上の事を知ってしまうと、最後に来る「ああああああああああー!」という感情が目減りする様な気がします。
なので、書きません。
騙されたと思って読んでください(短いからお値段も安いし、時間だってそんなにかからないし)。

どうしてこういう結果を招いてしまったのか、文字に書かれていない事を考えてしまう作品です。
例えば「海原が暮らす海辺の町で、同性に想いを寄せることがどういう事なのか」とか「海原が27歳になる過程であったであろう様々な事」だとか。

そして何よりも、このラスト。
そうなの?……それとも海原、それはあなたが現実に耐えられず、違う世界に行ってしまったって事なの?

前述の映画がお好きだった方は必見です!
最後にひと言。
ここの所、何度も書いているような気がするのですけれど、
中原さん、すげぇ……(絶句)!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ