決まった相手がいないのなら、私とつきあってみるか?

ストレイ・リング

stray ring

ストレイ・リング
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×28
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
4
得点
78
評価数
20
平均
4 / 5
神率
40%
著者
水壬楓子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
石田惠美 
媒体
小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784796412025

あらすじ

「決まった相手がいないのなら、私とつきあってみるか?」
4年前、大手総合商社に勤める藤近は、
ブランド・マーケティング部の部長である右城に誘われ、彼の“愛人"となった。
妻と娘を持つ右城とは身体だけの関係――そう自分に言い聞かせ、
右城に惹かれながらも割りきってきた藤近。
けれど、悦びと安らぎをくれる男の腕が決して自分のものにならないことに心は痛むばかりで…。
書き下ろしも収録した、年の差アダルトロマンス新装版!

表題作ストレイ・リング

右城操, 大手総合商社部長・妻子持ち, 43歳
藤近徹, 同社人事部社員, 30歳

その他の収録作品

  • ラブ・アフェア
  • 朝寝の楽しみ
  • あとがき 水壬楓子
  • あとがき 石田要

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

ああああ、右城、格好良すぎるーーー!!

永遠の愛を信じられないから、割り切った軽い関係を楽しんでいるふりをし続ける受けに、全て分かってて、見守り続ける攻めー。
って感じのお話になります。

つい最近、関連作である「秘書と野獣」を読んだのですが、そこにこちらの二人が登場してまして。
攻めである右城が、もうすんごい存在感で渋くて格好いいんですよ。
また、受けの藤近が「(別れようと)何度も思ったけど、逃がしてもらえなかった」とか言ってて!!

右城の「いい子にしていたのか?」とか「離さんよ」とか、もうセリフの一つ一つ萌えまくっちゃうんですよ。
ダンディで、包容力があって、ちょっぴりと言うか結構意地悪。
で、透けてみえるかなりの執着!
私が死ぬほど好きなオヤジだよー!!
これは右城の物語を読まねば!と、こちらも購入した次第だったりします。

こういうさあ、鼻っ柱が強くて実は臆病な受けが、めちゃくちゃ器がデカい攻めの手の上で転がされてるみたいな関係が、大好きなんですよねぇ。
全てお見通しで、それでも拗らせてる受けに付き合う攻めが、とにかく格好いいんですよねぇ!
だって、これこそ愛だよ!!

で、ザックリした内容ですが、ひょんなキッカケで知り合い、何となく流されて「愛人」となった主人公・藤近。
この関係が仮初めでしか無いと思い込む藤近は、本気で好きになってしまう前に別れようと決意しー・・・と言ったものです。

実は藤近ですが、幼い頃に母親に捨てられています。
その為、「永遠の愛」と言うものを信じられないんですよね。
なにも、右城が妻子持ち(何年も前から別居してて実質的には破綻してます)だからってだけで、ここまで悲観的なのでは無いのです。

まぁそんなワケで、最初から自分は「愛人」だと予防線を張り、決して深入りしないよう、割り切った関係を楽しむ軽い愛人を演じ続けて来たー。

これな!
「本当に好きになってしまう前に・・・」と思い悩む時点で、もう好きになっちゃってんだよ!
遅いよ!
と、終始この意地っ張りな主人公の視点で進むので、もうもどかしくて仕方ないんですよね。
また、別れを告げればアッサリ受け入れ、自身の妻子との食事会にも平然と呼ぶ攻め・右城!
もうすっごい意地悪なんですよ。
えええーーー!Σ( ̄□ ̄;)
右城って、こんな鈍感で酷い男だったの!?みたいな。

が、この後に分かる、右城の真意。
彼が何も気づいていないふりをして、ここまで藤近を追い詰めた理由ー。
ああああ、右城、格好良すぎると!
そして、うっすら透けて見える、強い執着心に萌えまくってしまう!!
いや、すっごい自信ですよ。
裏を返せば、そこまで相手を信じられるって、凄い精神力と言うか胆力ですよ。
この二人、受けが攻めに執着してるように見えて、実は攻めの方がずっとずっと執着が強いよなぁと。
確かに「逃がしてもらえなかった」だよ!!と。

まぁそんな感じの、とにかく攻めであるオヤジが格好いいお話なんですよね。
実はこの後に、今度は恋人となった二人のエピソードが語られるのですが、ここでも素晴らしい執着を見せてくれるんですよね。
もう、手の上でコロコロ転がされまくりの藤近が、気の毒やら可愛いやら。
でも、藤近くらい臆病で意地っ張りな受けには、右城くらい器の大きい攻めじゃ無いと付き合えないと思うから。
結構意地悪だけど、それもまたオヤジの屈折した愛情表現だから。
愛されまくりだから!!

と、めちゃくちゃ好みで萌え転がっちゃう作品でした。
かなりのオヤジ好きで沢山読み漁ってる私ですが、一~二位を争う素晴らしいオヤジでした。

9

狡いオヤジと何もかもわかっていて手のひらで転がされる若い愛人

「晴れ男の憂鬱 雨男の悦楽」のスピンオフ作品です。
新書版だった「晴れ男の憂鬱 雨男の悦楽」は文庫化されたとき、こちらも引き続き出るかと思っていましたが出されないままでしたが忘れたころに出てきました。

すごくおもしろかたです。
私の萌えツボドンピシャなお話で。

好意を持った人には妻がいてそんな相手との愛人契約、やがてその想いが膨れ上がり今ならまだ間に合うと別れを切り出す。
けれど間に合う時期はとうに通り越していたのでした。
別れを切り出してから買ってもらったマンションから出て行く片付けをしている姿、社内で見かけたときの寂しさ、出世していく姿に手放せてよかったんだと自分に言い聞かせる姿、娘の誕生日妻とともに食卓を囲まなければいけない辛さなど、どのシーンも切なくて辛くて徹の気持ちにシンクロしてしまいました。

指輪のエピソードが切なかったかったです。
決して恋人にはなれない相手なのにペアで買って自分だけ付けているんですから。

前作は大好きな実相寺紫子さんのイラストでした。
とてもよかったのでイメージ違っちゃうの嫌だなと思ったのですが、そんな心配は要りませんでした。主役が違うのもあったかもしれませんが、美形で色っぽくて寂しげな表情がたまりません。

後半の話はあまり好みのお話じゃなかったので残念。
朝起きたら裸で男と寝ていた徹。
浮気しちゃったかもっとオロオロぐるぐるする徹は可愛くてちゃんと懺悔しようとしたのも健気でしたが、相手(?)の大学生が軽すぎて自分の都合で徹を振り回したり脅したりするのが不快でした。
せっかく大人のままならぬ恋心を堪能して、作者のオヤジ好き心を楽しませてもらったのにのに軽いガキンチョに引っかき回されただけな感じです。
でもこれを反省材料に多忙な中で相手のいない時間がさみしくなった二人の仲がちょっと縮まったのかなという気はしました。

4

窮鼠、猫を・・

2004年の作品の文庫化。どうやらおやじ攻めらしいと知って購入。面白かったー、このおやじ、好きなタイプで無条件降伏。あまりに悔しいので神にはしない。どうにかしてこのおやじ、ぎゃふんと言わせたいのだけど、だめだ、絶対負ける・・・年上ねっとりおやじ好きな方にはおススメしたいです(笑)「本編110Pほど+その続き125Pほど+今回の書き下ろし35P+水壬先生のあとがき+石田先生のあとがき」。

お話は、都心のマンションの18階、右城が買ったマンションに住んでいる藤近の部屋で、二人がまったり過ごすシーンから始まります。6年前知り合った二人。部署は違えど同じ会社勤めで、片や精鋭部長、片や人事部ののんびり男。親しく飲むようになり、なぜか体の関係も出来、別居しているとはいえ妻や娘のいる相手にだんだん本気になってきている自分に気がついていて・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は「晴れ男の憂鬱 雨男の悦楽」に出てくるカプ、右城の妻、娘、甥っ子等。娘がなかなか良い働きしてます。

***おやじの好きだったところ

好きなんですよ、最初っから最後までぶれずに藤近のことを。あーだこーだ悩んで、一人きりきりしているのを、ゆーーーーーったり眺めて、しばーらくしたら、もういいか?てな感じで出てくる訳です。
こういうおっさんを、「きー」と腹が立つか、「ああもう、ごめん、やっぱり好きなんだよう」とひれ伏すかによって、このお話の評価は全く分かれるのでは と思います。
私は後者。ダメですね、歯が立たない。いっくら文句いっても好きなものは好きと、側にいつづけますね。藤近もそれで良かったみたいです。後半もハラハラしますが、結局どろんどろんに愛されてますので、お楽しみになさってください。

追い込まれても窮鼠猫を噛むとはならなかったお話でした!あー予想以上に楽しかった。

8

悪い男に引っ掛かっちゃったね

お金も地位もある40代おじさま×意地っ張りゲイ受けの甘~いお話。
なんかもう、この作品に関してはあまり言うこともなく、とにかくおじさま好きな人には間違いなし!という感じ。
私はフィクションと言えど、基本的には「不倫はダメ、ゼッタイ!」と思ってるのに、このお話の愛人という設定には「こんなセクシーでダンディーで、マンションも車も買ってやれて有能でエッチも上手いなら、愛人くらいまあいいか、別に…」ってな気分になってしまう。それくらい素敵なおじさま。

本気になるのが怖くて別れを告げた受けだったけど、実は攻めはちゃんと受けに対して、執着も独占欲もバリバリ抱いていて、敢えて一度突き放して泳がせてから、後で逃げられなくしちゃう、という策士ぶりがすごい。
それも腹黒いっていう感じじゃなく、あくまで、悩んだり焦ったり時には泣いたりする受けを、可愛いなって見守ってるというスタンス。まさに大人の自信と余裕。けど質の悪い男だよ、この人…。

後半は攻めが離婚し、受けが愛人から恋人になった後のお話。忙しくてかまってもらえない受けは、ある晩一人で飲んだあと記憶をなくし、起きたら見知らぬ裸の男がベッドに…という状況。
自分は浮気しちゃったのか!?と焦る受けだけど、その男はじつは攻めの甥。攻めは甥から話を聞いて真相をなにもかも把握してたくせに、浮気疑惑でアタフタしてた受けをニヤニヤしながら見てたっていう…。
それなのに、浮気したかもしれないと懺悔する受けに対して、ネチネチとお仕置きエッチしちゃうんだよこの人は! ほんっと、悪い大人なんだから! いいぞもっとやれ。

攻めが素敵すぎるので、甥の将人くんが当て馬として役不足、ひたすらお邪魔虫って感じで、そこだけ少しイライラしたが、受けに対する攻めの愛の深さと大きさに、激しく萌えました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ