続・りんご、木から落ちる

zoku ringo, kikara ochiru

続・りんご、木から落ちる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
28
評価数
6
平均
4.7 / 5
神率
66.7%
作画
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
シトロンコミックス
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「好きってそんなホイホイ言えんよ」
園芸部員・高見清春×学園のアイドル・黒川楓でお贈りする「りんご、木から落ちる」続編登場! はれて両想いになりお付き合いを始めた(?)ものの、どうにもぎこちない楓。理由が分らない清春は不安になり、不器用ながらも気持ちを伝えようとするが…? 初々しい2人がモダモダしまくる表題作他、圧倒的な情動描写でサイコな男・小笠原の初恋を描く「オレは人気者」続編を収録!

表題作続・りんご、木から落ちる

高見清春・高校生・園芸部員
黒川楓・高校生・特進科の王子

同時収録作品ボクは人気者

小笠原洋介・高校生
鈴木五郎・高校生

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

頭を抱える

いつの間にか続編が出てて!?しかも電子!即購入しました。
「りんご、木から落ちる」「オレは人気者」の続編。両方とも私の好きなお話の続編だったので読む前から嬉しい!
楓さま、清春くんとの一件があってからさらに可愛くなってしまって…まだ挿入してなかったとは…大根だから仕方ないのですが…ってことは前作のカバー裏は挿入してなかったってことか。イチャイチャしてるだけでも可愛いのですが恋してる感じが本当に可愛い!楓さま可愛い!りんごヨーグルトが清春くんの顔にかかって、楓さまのアレも清春くんの顔にかかってというのも面白いです、りんごのヨーグルト……暗喩か……
時系列は「りんご、木から~」→「続・りんご、木から~(また明日7時半に)」→「りんご、木から~(第三者の介入)」の順なのでしょうか。出会って、お付き合いし始めて、一緒に登下校し始める流れかなと。青春か…
ゴローくんはもう…学校で、ガムテーププレイとは…しかも脅されてるとはいえ嫌ではない…?でも好きでもないようで…ゴローくんの態度がすごく気になります。洋介くんがゴローくんの鼻水吸ったの凄いと思いました。抱きついちゃうのはクセかもしれないけどキスとかラストのサボテンのポストカードとか、とても意味深…弟の写真しか飾られてない~も単に末っ子が甘やかされてるだけなのか、それとも何か理由があるのか…凄く気になる…ベーコンとアスパラガスも気になる。
授業中でのワンシーンも、3Xと答えてブブー言われてましたが実はゴローくんちゃんと5Xって教えたのでは。だけど洋介くんはあえて間違えて答えたのでは…とか考えてしまいます。
前作では洋介くんが「高校ってのは小学校中学校とは違うんだ~」と話していましたが、本作でゴローくんが「こんなとこ出ちまえば終わり」と語っていて、ゴローくんの精神的な成長も感じられます。それが洋介くんとのあれこれのせいで、というのも皮肉ですが…
あと今作読んでると後ろだけでイケてしまうゴローくんですが、元々男に抱かれていたわけではないゴローくんだから前作から今作の間で開発されてしまったんでしょうね、洋介くんに…はぁ…
前作のカバー裏で洋介は肥料も水もやらないと言っていて、今作で出てきたサボテンのモチーフ。リンクしているのも意味深です…。
もしやゴローくんは水や肥料(優しさとか愛情とか)を与えすぎるとサボテンよろしくダメになってしまうのかな…ドSに調教されてるくらいが良いのか、サボテンだから…マジか…………
清春くんと楓さまの二人と比べると洋介くんとゴローくんは本当に、波乱万丈…どうか幸せになってね…………

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ