大食いコンビ×飯×BL !!!!!! お前のことも食べちゃいたい。

ダッチの胃は宇宙

dacchi no i wa uchuu

ダッチの胃は宇宙
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
142
評価数
34
平均
4.2 / 5
神率
58.8%
著者
笑平 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784829685891

あらすじ

賑やかな5人兄弟の長男として育った
世話焼き気質な犬飼と、
裕福ではあるけど
冷えきった家庭で孤独に育った猿渡。
同い年で大食漢な2人は、
ある大食い大会で偶然出会い、
飯フレとして仲良くなり――
「犬飼くん、そんなに優しくされたら
僕は勘違いしてしまうよ……?」
ご飯もいいけど、君が気になる。
大食いコンビの友情と愛の行方は……!?

表題作ダッチの胃は宇宙

犬飼 三郎(大食いのメシトモ・長男で世話焼き)
猿渡 光(大食いのメシトモ)

その他の収録作品

  • あれからボクたちは

レビュー投稿数3

腹から背中にかけてもきゅもきゅ

大好きな作品
◾️犬飼三郎(世話焼き長男)×猿渡光 大食いメシフレ

隅から隅まで面白い作品です。2杯目の表紙右上で見切れてる雉仲舞くんが怖かったり、街中の広告に笑いどころがいっぱい。店長からのキスはいやだ。

主役2人が心の底から可愛くて、恋に一喜一憂する彼らをずっと見ていたい。
見知らぬ男の子に吐かれても嫌な顔ひとつしない犬飼くんは徳のかたまりみたいな高校生だけど、恋愛については高校生らしくあわてる。でも人格者だけあって「大事にしたい」と「肉欲」でめちゃくちゃ悩む。こんなに素敵な高校生いるかね!!
でも犬飼くんだって誰にも優しいわけじゃなくて舞くんへの「邪魔すっからね」は熱かった。後半の旅行での舞くんへのフォロー含めて熱かった。

こういうタイプでエッチシーンは軽めな作品も多いかもしれないけれど、真っ赤になって好きを語るだけで充分エッチで、そして本番シーンはとろとろで、可愛いんだなまた一層。

1

個性が強いけどグッとくる!

絵柄もエピソードも展開も何もかもが独特なんですが
相当読み応えがあるというか濃さがクセになるというか。
お話は、フードファイター(大食い)同士が仲良くなって
ご飯食べに行く友達?いやなんか性的に好きだな??けどどうしよう???
っていうもだもだ感と
大事にしたい気持ちが絡まりあった内容なのです。

ぷっくりした唇がチャームポイント(?)な犬飼と
黒目がグルグルしてる猿渡、
誰かと美味しいものを食べるというよりは
もう二人で食べるから美味しいレベルなんですねぇ。

猿渡の家庭環境がよろしくないことを
賑やかな家庭で暮らす犬飼が可哀想って思ってしまうのは
私は決して“見下している”とは思えなかったな…。
共通の友人・飛男くんがそれまで色々とフォローしてくれつつ温泉で言ってましたけども。
寄り添いたいのが愛じゃないかな。
どうにか出来ないとしても真剣に向き合うことってやっぱり大事だと思うし
猿渡にその気持ちがしっかり伝わってたものね。
二人きりの部屋で半分以上ムラムラしてたけどww

でも飛男も雉仲舞という金持ちこじらせめんどくさ男といとことか
よく付き合ってあげられるなぁって思っていたんですが
シンプルにラブだったとはね…………。
蓼食う虫も好き好きとまで言っては失礼ですけどそんな感じ。
悪いヤツではなかったですけどね。

いえね、私は猿渡×犬飼かなって予想していたんですが
ああー…逆かぁ……。
予想していたというかあくまでも希望でした。
でもいっそリバってもいいんじゃないでしょうか!?
猿渡も結構積極的ですし。

タイトル、ダッチってダッチワイフみたいな顔した犬飼ってちょっとヤダ。
しかも胃が宇宙というよりは心が、と思ったので
勝手に勿体ないなーなんて思ってしまってすみません。
でも本当に素敵なお話でした。
飛男と雉仲の恋の行方も気になります。
神寄りの萌×2です。

1

フードファイターBL

フードファイターの大会に出ていた大食いのDK同士のカプ。

攻めは、幼い弟妹の面倒をよく見ている、普通の家庭の長男。受けは金持ちだけれど寂しい家庭に育った一人っ子。そんな2人が、大食い大会で出会って、友達になり、その友情がどちらからともなく恋に変化していくお話です。

ドタバタコメディBLですが、キャラクターは可愛らしかったです。タイトルは、攻めの唇がダッチワ〇フに似ているという受けのモノローグが出てくるので、そこから来ているのかな?
大筋のストーリーは王道と言えないこともないのに、なぜ笑平さんが書くとぶっ飛んだ作品になるのか不思議。受けのことを意識しまくっている当て馬キャラ(とその幼なじみ)が出てくるのですが、そちらもまたぶっ飛んだキャラで、余計にドタバタになっていました。
ちゃんとラブはありました。エロもありました。お初のときの受けが本当にエロくて、攻めとともにノックアウトされました。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う