森に住む美しき異邦人×無垢で淫らな赤ずきん。官能童話第3弾!

赤ずきん王子

akazuki ouji

赤ずきん王子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×27
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

51

レビュー数
7
得点
119
評価数
36
平均
3.5 / 5
神率
33.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784041072370

あらすじ

ヴァルセント王国の王太子・リルは、母親代わりの祖母の女王から贈られた赤いマントを大切にしていた。そのお礼にお菓子を作るため、森に住む先代の料理長を訪ねるが、その途中で暴漢に陵辱されそうになった所を銀髪の美しい青年・クラウスに助けられる。異質な風貌の彼にも無警戒なリルを窘めるように、唇を奪うクラウス。その官能が忘れられず、リルは度々森を訪ね、逢瀬を交わすように。しかし国を脅かす悪しき狼に捧げる贄として、王族であるリルが選ばれてしまい…!?

表題作赤ずきん王子

クラウス、リルを救った異国の美しい青年で猟師
リル、ヴァルセント王国王太子、16

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

いろいろ(笑)よかったです。

この作品はネタバレしてしまうともったいないので、1番書きたいところを詳しく書けないのがもどかしいのですが、クライマックスにきて、おお〰️っ、こうきたか!と思わせる展開があり、官能童話シリーズの中では1番おもしろかったと思います。

無垢で無知で無邪気さと、忌み嫌われる赤い瞳を持つことで苦しみを併せ持つ王子リルは、言いつけを守らず、寄り道をしたせいで最悪の事態になるところを、今まで見たことのない美しい異国人に既のところで救われ、二人関係は始まるのですが、まぁ〰️無垢な王子様のエロいことエロいこと。いくら好みの相手で、心臓ばくばくしちゃったとしても、なんで初対面の人間にこんなにも発情しちゃうのかなと驚くくらいの乱れっぷり。釣り橋効果なのかなぁ?などと、とぼけたことを考えながら読んでいたのですが、最後まできて「ああぁ~なるほどね」となりました。

一方の美丈夫の異国人クラウスも、リルに惹かれているのが言葉の端々から伝わってくるものの、犬飼作品には珍しく最後の一線を越えることもなく、ずぶずぶとはまるというよりはむしろ突き放し気味。さらには王子としての在り方などを示している姿におや?っというひっかかりを感じながら読み進めることになるのですが、途中で正体はおおよその見当はつくものの、終盤のどんでん返しで立場は変わってきたりと最後まで気を抜けない作品でした。

私としては攻めも受けも好きなものでまとめられていたので、テンションは上がりつつも、欲張りだとは思いますが、せっかくこうきたなら、もうちょっと「もふ」にきりきりと絡み付く姿でもエロエロ楽しみたかったなぁ~(笑)

6

めっちゃ赤ずきんちゃん

童話シリーズ4作目。お話としては「おお」と思ったのですが、特に冒頭、受けさんにイラっとしてしまったので、すいません、萌です。本編230P+あとがきです。

お話は、山脈からひときわ高くつきだした雪の王国ヴァルセントが舞台。年中雪のあるこの国は、ストロベリースノーと呼ばれる紅い雪で結界をはり、魔力をもつ狡猾で巨大な狼から国を守っているという設定。16歳の誕生日を迎えたリルは祖母から新しい夏用の赤いマントをもらって祝ってもらうシーンから始まります。リルを産んだ時から母(第一王位継承者)は病んでしまって会ったことがなく、また真っ赤という特異な目をしているため、唯一愛してくれていると信じられる祖母の事を、リルはとても愛しています。その祖母を喜ばせるプレゼントをしたいと考えたリルは、祖母の大好物であるクッキーの作り方を教わるべく、引退した料理長のところへ・・・。赤ずきんちゃんのお出かけです♡

攻め受け以外の登場人物は
ヴァルセントの女王(リルの祖母)、リルに事実を伝える木こりたちぐらい。ほぼ祖母と攻め受けの3人でお話は進みます。

**素晴らしいと思ったお話とイラっとした受けについて

赤ずきんちゃんのお話を非常に生かしていて、感動でした。今までの童話シリーズの中で、もっとも「おお!」と感じたと思います。ネタばれにならずに読んだ方が絶対面白いと思うので書きませんが、最後に真実が明らかになるところは、「おお、そうきたか!」と驚きで嬉しかったです。

なんだけどー。
赤ずきんちゃんが、どうにもこうにもダメでした。先生のあとがき読んで、「ああ確かに、赤ずきんちゃんのダメっぷりを読んで我が身を振り返るってことだよね」とは思うものの、ダメダメ王子に萌えるかというと、萌えなかったです。
色っぽいシーンはツユだくだく、ねっとりまったりで、その役目(どんな役目だ)を120%以上果たしていると思いますが、いかんせん、受けがすっとこに感じられて最初に躓いてしまったため、最後まで立ち直れず・・・

めちゃくちゃ残念でした・・・お話は最高に面白かったです!

3

赤ずきんちゃんは悪い子

フルール文庫刊のものと合わせて、ルビー文庫でシリーズ化しつつある犬飼さんの官能童話BLも今回で4冊目。
題材にされている童話本来の赤ずきんちゃんの話が残酷なんだかエロいんだかきっちり把握していないままに、さて犬飼さん版赤ずきんちゃんはどんなふうにアレンジされているのかな?…と期待して読んでみた。

読み進めていくと、一目でリルの本質を見抜いた謎の異国人・クラウスの正体や、リルにいい子でいる事を望んでいるおばあ様の真意が物語の鍵になるってのが解ってくると思う。
ちなみに、クライマックスのシーンはスプラッタ―沙汰なので、血とエグい描写が駄目な人はご注意を。

今回の赤ずきんちゃん・リルはとある山脈沿いの小国の王太子となっているが、どうも生まれながらの王子さま気質といったものを感じ取り辛かった。
先天的、というならば<高貴さ>よりも<天性の淫らさ>を重視してったほうがスッキリと割り切れる。
16歳になったばかりで幼さが隠し切れず、それまで知らなかった”悪しき狼”への贄への処遇の改善を求めるくだりはどうも無理があった気がするので、健気受けというにはピンとこない。
王族としての務めよりも一目惚れしたクラウスとの淫猥な逢瀬での妄想を膨らませたり、バターを口に含んでクラウスに舐めてもらうのを待っていたりと、誰も教えていないのにリルが性知識に長けている辺りには驚くが、この淫らさこそが淫乱受け萌えとしてゾクリとくるものがある。

結果としては、期待値以上の官能童話BLに仕上がっていてさすがは犬飼さんだとは感じるものの、今回はちょっと評価に戸惑ってしまう。
自分が一番強く感じたリルの印象って、王子さま気質でも未熟で迂闊な赤ずきんちゃんでもなく、生まれ持った本質を隠す為の『淫らなのは悪い子』って背徳感の植え付けで育ったのに、呆気なくその教えに背いていった子なのだった。

3

バター、おいしそう

凶兆の赤い瞳の王子様は、女王であるおばあ様に愛されて、季節ごと、誕生日ごとに、瞳の色と同じ赤い王族の色のマントをプレゼントされてきました。
そして、16歳の誕生日にもらったのは、今までにない長い裾に、たくさんのルビーや金糸の刺しゅうを施した、フード付きの豪華なマントでした。
赤ずきんちゃんは、ちゃんと王族の自覚と誇りを持った王子様なので、恋をしたら、それがたとえ神に背くような恋だとしても、実に前向きに努力します。
でも、快楽にはめちゃくちゃ弱い。
この「快楽に弱い」と「王族としての自覚と成長」がうまく両立している所が凄い。
これも、ちゃんと理由があってのことなのですが、、、。
それにしても、カバーイラストがエロい。
更に表紙をめくると、カラー口絵がもっとすごい!

5

恋をして、その困難を受け入れて、大人になる

このシリーズは相変わらず面白いですねぇ。
ストーリーだけではなく、童話が持っている残酷さや理不尽さを消さないまま、犬飼さんの新たな解釈を入れていくという点では『パスティーシュの名作』と言っても差し支えないのでは。
タッグを組むのが笠井画伯というのもバッチリ合っています。

今までの官能童話シリーズの中では今作が一番好きです。
私、そもそも『赤ずきん』という童話を「女の子は男に喰われないために細心の注意を払って生きていかなければなりません」という教訓話として読むのが嫌なんです。
「お花畑で寄り道しても良いじゃないの。綺麗なものを愛でることの何が悪い」と思いますし「そもそも、おばあさんの家でおばあさんのベッドに寝ている人(この場合、狼なんですけれど)をおばあさんだと思うのは当たり前じゃん」と思うのです。それをですね、まるで赤ずきんが馬鹿な子の様に伝えるのはおかしいと、それこそ子どものころからずーっと不満に思って来たのです。

このお話の赤ずきんことリルは、そんな不満を軽々と飛び越しちゃうんです。
彼は自分からクラウスに恋をして、精神的にもフィジカルな面でも彼に求められたいと願います。何もできないままただ喰われちゃうんじゃないんです。
このお話、10日間の出来事なんですけれど、たった10日間でリルの成長の著しいことと言ったら!
無垢で素直で『いい子』だった、でも裏返せば『それだけ』だったリルが、恋した相手に認められたいと願い、国のしきたりに進言し、大好きなおばあ様(女王陛下なんですけれど)に秘密を作り、神の言いつけを破ることに恐怖を感じながらも自分の気持ちを貫く勇気を持つなんて、これはとんでもない成長物語です。

それも、全ては恋のなせる業。
うわー、なんてロマンティックなの❣
現代の赤ずきんはこうでなくっちゃっ!(鼻息が荒くなってごめん)

またね、クラウスが見た目だけじゃなく、いい男なんですわ。
リルが一人でやらなければならない部分はちゃんと突き放すし、でも窮地に落ちた時には助けに来るし、何と言っても、一緒に堕ちてくれるんですよ(この辺は本編を読んでくださいね)。
その愛情の深さに、もう……もう……(再び、鼻息が荒くなってごめん)

「大人になるってこういうことだ」と思います。
今作が全般的にエロエロなのも、大人になるお話だから。
その整合性に頭が刺激されるのと同時に、ロマンスを求める乙女な心も満足させてくれる素敵なお話でした。
欲を言えば、変身後のリルのお姿を笠井画伯のイラストで見たかったなぁ(はい、ごめんなさい。欲張りすぎと解っています)。

11

ほの暗い、淫猥な空気感がたまりません

犬飼さん×KADOKAWAの官能童話BLシリーズの4作目。タイトルからも推測できるように「赤ずきんちゃん」をベースに描かれた作品です。

内容はすでに書いてくださっていますので感想を。ネタバレも含んでいますのでご注意ください。







主人公のリルはヴァルセント王国の王子。
母は体調を崩し部屋に閉じこもっていて、父はすでに鬼籍に入っている。母の母親でリルの祖母にあたる女王が、リルの実質的な母親であり、そして国を治めている。
リルは赤い瞳を持っていて、そのために怖がられているが、祖母である女王があふれんばかりの愛情を注ぎ続けてくれたおかげでコンプレックスから脱却しつつある。

そんなリルも、16歳の誕生日を迎え、次期国王になるための準備も始まるが…。


とにかく、ストーリー展開が秀逸。
読み進めるごとに「点」が「線」に繋がり、あっと驚く展開になっています。

このリルという青年が、とにかく可愛い。
次期国王という育ちのためか素直で、そして次期国王になるための強さも持っている。が、温室育ちのためお人好しな面も持ち合わせている。
そして、快楽に弱い(←ここポイント)。
しっかりしている部分と、人を疑うことのない性格、そして快楽に弱い体質。ギャップ萌え、というよりは、つかみどころがない、小悪魔的な人物、といった方が正しいか。が、彼のこの本質が、ストーリーを進めるうえで大きなキモになっていることは間違いない。

そして攻めのクラウス。
彼が非常にミステリアスなんです。
リルを突き放したり、かと思えば快楽を与えたり。けれど人として、大切な「何か」を持っているのが透けて見える。

リル、クラウス、そして女王。とにかく登場人物たちがみんな魅力的。そして、「こうなるのかな」という予想を大きく裏切る結末で、非常に面白かった。

ただ、リルとクラウスが惹かれあった過程が若干甘かった気も。
リルがクラウトと出会ってすぐに身体の接触があるためか、リルがクラウスに恋した理由が、「一目惚れ」と「快楽」だけだった気がしてその点が残念でした。

あと、特筆すべきは笠井さんの挿絵。
とにかく綺麗です。
いや、笠井さんなので、綺麗なのは当たり前。
この作品に漂う世界観とか、登場人物を、実に見事に描き切っています。笠井さんの絵柄で脳内再生される彼らが麗しいのなんのって。

そして、カラーの口絵。
めっちゃエロいです。ドエロです。表紙も淫猥な空気感満載でしたが、こちらはがっつり挿入中のイラストです。
リアル書店でカバーを掛けてもらう派の腐姐さま、注意が必要ですぞ。

が、エロいだけに非ず。
修正の仕方が「赤ずきんちゃん」ならではのニクい描き方で圧倒されました。
誰もいないところで、こっそり、じっくり堪能されてください。

「官能童話BLシリーズ」の名に恥じないエロス満載の作品でしたが、濡れ場が多い理由もきちんと存在しているので読んでいてするんとストーリーに入り込める。この作中に漂う、ほの暗く、淫靡な空気感が非常にツボでした。

このシリーズ、ぜひ続けていってほしいな。
もちろん、笠井さんとのタッグでお願いします。

7

罪深くも美しい!!

官能童話シリーズ第4弾、「赤ずきん王子」になります。
現代版にアレンジされた優しい童話と違い、怖くて残酷な本当の童話の世界。
今回、「赤ずきん」でその残酷さと恐ろしさをまざまざと見せつけていただけました。
背筋に震えが走る程恐ろしいのに、ページをめくる手を止める事が出来ない!!
背徳的でありながら純粋、無垢なのに淫ら、そして誰より罪深いのに穢れを知らない-。
そんな「赤ずきん」をぜひお楽しみ下さい。



内容ですが、官能童話と銘打ってあるシリーズで、今回は「赤ずきん」がモチーフとなります。
シリーズと言いつつ完全に独立したお話なので、今作だけで問題無く読めます。

ヴァルセント王国の王太子・リルは、森に住む元料理長を訪ねる途中で暴漢に陵辱されそうになります。
そこを救ってくれたのは、銀髪の美しい青年で猟師のクラウス。
彼から与えられる官能を忘れられず、リルは森を訪ねては逢瀬を重ねるように・・・。
しかし、赤い月の夜、狼王に捧げる贄としてリルが選ばれてしまいー・・・と言ったものです。

作者さんもあとがきで書かれてますが、原作の赤ずきんちゃんは迂闊で自制の利かない少女です。
そんなワケで、主役である赤ずきん王子・リルですが、迂闊でフワフワした頼りない印象。最初は。
が、このリル。世間知らずなだけで、決して愚鈍では無いんですね。
自分の無知さを恥じ、知らされて無かった現実を知って反省し、また行動を起こす。とても好印象です。

そんな無垢で「いい子」だったリルに、初めて官能と言う罪の味を覚えさせたクラウス。
彼はとても不思議な男でして、傲慢かと思うと面倒見が良い。峻烈かと思うと優しい・・・。
迂闊で無知なリルに対して、言葉は厳しくとも王として成長するように助けを出します。う~ん・・・。とてもいい男です。

で、萌えるのが二人の逢瀬。
同性と交わる事は許されず、神に背く行為です。
期待される「いい子」でありたいのに、どうしようもなくクラウスに触れられたいと欲する身体。
そんなリルの葛藤が丁寧に綴られ、かなり萌えるんですね。
いやもう、クラウスを思うだけで身体を熱くし、同時に自分の罪深さにおののくと言ったリル。
読んでいるこちらも、この背徳感が堪らないんですよ!!
また、最初は罪深さに震えていたリルが、例え神に見捨てられても・・・と心情を変化させていくのに胸が熱くなる。
そう、愛とは罪深いものなのです!!

そんな中、狼王の贄に選ばれるリル。
ここがあっと驚く意外な展開。
こうゆう根底から全てが覆るような、思いもよらない仕掛けがお得意な作家さんだと思うのです。今回もしてやられました。
リルの母親代わりで、優しく聡明な女王の祖母。
彼女がかなり重要な役回りとなる事だけ。
で、この山場ですが、グロあり流血あり暴力ありと、かなり刺激的。
「悪い魔女は・・・」と背筋が凍るストーリー運びです。
苦手な方はお気を付け下さい。


ところでこちら、大人のルビー文庫フェアで官能童話シリーズ。
エロエロです。
背徳感ただよう仄暗いエロスて感じでしょうか。
バターを使った絡みシーンに悶絶し、雪の上で赤ずきん(マント)とブーツだけ身に纏ったリルとの野外エッチにこれまた悶絶。
これは白と赤のコントラストが素晴らしかろうと言う事で、カラーで見たかったよ!!(白黒イラストはあります)
あと、カラーと言えば、口絵カラーが凄い事になってます。
店頭でカバーはかけて貰わない方がよろしいかと!!

ラストの二人の、やけにほのぼの甘々さにあたたかい気持ちになりました。
こうゆうラストは、とても素敵ですね。
作中にちりばめられた「赤ずきん」ネタも良い味を出してました。

*追記です。
カラーで野外エッチを見たかったと書きましたが、口絵カラーがこの野外エッチでした。
失礼しました。
赤と白と褐色のコントラストと、すんごい所からのアングルが素晴らしいです。

16

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ