座敷牢に咲く花は

zashikirou ni saku hana ha

座敷牢に咲く花は
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
28
評価数
7
平均
4.1 / 5
神率
57.1%
著者
かわい恋 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
紺色ルナ 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイデジタルノベルズ
電子発売日
ISBN

あらすじ

肌も髪も真っ白な美貌の座敷童ハクビ。ハクビは海棠家に繁栄をもたらす守り神として座敷牢に閉じ込められ代々当主に抱かれてきた。当主が訪れるまで眠るだけの日々を過ごすハクビだったが、ある日太陽のような少年・海棠圭が座敷牢に洋菓子を持って遊びに来るようになる。格子戸越しで会話をしていくうちに彼に恋心を抱くハクビだったが、圭と会っていることを当主に知られ彼の前で当主に抱かれてしまい…!?

表題作座敷牢に咲く花は

海棠圭,幼少→26歳,商家の跡取り
白美(ハクビ),見た目15〜6,座敷童子

レビュー投稿数2

180P以下だけれども、激押し作品

2018激押しBLアワードノミネートのため、推薦文を書いていたのですが、レビューをしていなかったことに気付きこちらに投稿することにしました。

電子限定のため、現時点(2018.10.25)で評価者二人と少ないながら二人とも神評価です。
この作品の素晴らしさは、受けのハクビの健気さそして、エロスにあります。
ハクビが攻めの圭に惹かれていく描写が自然で、読者の私たちも同じように圭に惹かれてしまいます。

胸がキューと締め付けられるような切ない恋心。
でも、状況がそれを許さない。
引き裂かれる二人。
プラトニックな二人とは対照的にこれでもか?っというくらい詳細な敵役との性描写。
気持ちとは裏腹に溺れる体。
うーん、エロスですね。
さすが、かわい恋さんです。

攻め以外との性描写があり痛さ満載ですが、それが大丈夫であればオススメです。

4

好きな人だから与えられるものと素朴で愛おしいエピソード

長く細い糸のように紡ぐ恋心が美しい作品でした。
幼少期出会った時の洋菓子の包み紙、次に見た時に指で触れられた唇の感触、大人になってから与えられる生花や足袋。和風で素朴で愛おしいエピソードがとてもキュンです。

ハクビが圭を好きな気持ちがこれでもかと伝わるので、その分旦那(圭の父)からの行為や言葉責めが効いています。
やっと代が替わってからは、圭とのすれ違いがなかなか解されずムズムズが続きました。瓶詰めの飴が綺麗で食べずにとっておいたのが、子供っぽいから食べないのだと勘違いされるとか、いじらしくてもうもう…

ハクビを想い部屋内の清潔さと物を管理し鍵を開け、桜を見せる圭。座敷童子としてではなく一人の相手として好きで大切に思うからこその行為が沁みます。ハクビも好きな圭だからこそドキドキして感じるし、想いが伝わらずうまくいかない。
想いが通じてからの幸せムードが短くて少し残念でした。もっと続き読みたい。
座敷童子×淫魔(的)BLで設定はふんわりだけど短編で楽しく読ませていただきました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う