黒豹の顔を持つ獣人王×捨てられた愛玩Ωの溺愛執着オメガバース!

獣人王の愛玩オメガ

jujinou no aigan omega

獣人王の愛玩オメガ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×211
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない10

87

レビュー数
4
得点
100
評価数
37
平均
3 / 5
神率
10.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784041074596

あらすじ

伯爵家の「飼い猫」として愛玩されていたΩのサーシャは、パーティで黒豹の顔を持つ獣人王・レドワルドの姿を目にした途端、初めての発情に見舞われる。そのせいで伯爵家に捨てられたサーシャを拾ってくれたのは、なんと王のレドワルドだった。昂ぶる躰を甘い快楽で満たし、温かい居場所をくれる彼に次第に惹かれていくサーシャだが、ある時、自身が獣人の子を産める「特別なΩ」であると知る。必要とされているのはΩの性で、自分ではないのではと不安になったサーシャは…!?

表題作獣人王の愛玩オメガ

レドワルド、黒豹の外見を持つ獣人王、30
サーシャ、伯爵家の飼い猫として愛玩されていたΩ17

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

犬猫好きは涙がちょちょ切れると思います

かわい恋さん、初読みです。
確かにエロエロなんですけれど、ちょっとそっち方面じゃないところで「うわぁ~っ!何てことしてくれるの!切ねぇ……」という部分がありまして。
ごめんなさい。
ちょっと斜め上を突っ走るレビューになっちゃうんですけれども。

私『リアル犬馬鹿』なんです。
犬の何が私をこれほど引きつけるかといえば『飼い主を従順に見つめる目』なんですね。
サーシャはこの『目』を持っているのよっ。
自分よりも強く伯爵夫婦を愛しているのに、こいつらの勝手の所為で捨てられちゃうのっ。

……ああ、もうダメ。
もうこれだけで、大泣きしちゃった。

レドワルドに対するサーシャの言動も、飼い犬(猫なんだけどね。でも猫もこんな感じだって猫派の友人から聞きました)そのもの。
全てを捧げてくれるのよ。
ああなんて幼気ないのでしょう。
こんなん、もう、無条件に愛するよ。

BLをBLとして読まないレビューで申し訳ない。

追記
人に変身する獣人じゃなくて、頭部は黒豹のままというのも萌えました。
『グ○ン・○ー○』じゃーん!

2

我、続きを欲す

北沢先生の挿絵狙いで購入したのですが、ツボに入りました!神でもいいわと思うぐらいでしたが、王道だったから、萌2にしました。すごく続きが読みたいと思う獣人ファンタジー、「本編210Pほど+先生のあとがき」です。さらっと書かれていますがオメガがなかなか惨い設定になっているのでご留意ください。

お話は、サーシャが商人から伯爵家に引き取られるシーンから始まります。プラチナブロンドにキトンブルーの瞳、おとなしく美しいサーシャは、子供のできなかった伯爵夫妻から愛され、誕生日には大きなダイヤモンドのぶらさがるプラチナの首輪をもらえて幸せそう。年1回の貴族の飼い猫品評会でいつも1等を取る自慢のサーシャを磨き上げることに余念のない夫妻でしたが、ある日、獣人王が催したパーティで王に出会った後、初めてサーシャは発情してしまい・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
攻めの側仕え、前王、育ての親である伯爵夫妻、攻めの従兄弟(黒豹)とその妃(♂)、後宮にいらっしゃる姫様ぐらいかな。少なくもなく多くもなくという印象。
ひょええな設定。オメガバースといっていいのか?と思うのですが、アルファが出てきません。男女ともに子をなすことができるオメガは、人ではなく、愛玩物として飼われるか、下働きや奴隷になるかという世界。そして愛玩用の場合は、幼い時期を長く楽しむために成長抑制剤を飲まされる・・・書いてるだけできっついわ、この世界。

**続きが欲しいと思う理由

受けが素直で前向きで、王様からゲロ甘に愛されるようになるのですが、その過程が大変嬉しかったからです。ちょこちょこ入っている受けさんのエピが好きで感情移入しやすかったのかな。字と言葉の意味を覚えるべく自分で単語カード作ったり、膝枕が好きだから逆に王様に膝枕してあげたり・・・控えめながら頑張るし、優しいんだよな。
「愛してる」という言葉を知らず、その意味を実感した時に王様に告げるシーンでは、幸せ感たっぷり・・・そして終わり方も、余韻たっぷり。私は子豹を見たいのに。

危ない目にあったりオメガが惨い仕打ちにあっている世界ですが、それを上回る幸せさわやかな読後感なので、最後までクロヒョウ頭の攻めさんでも大丈夫な方にはお勧めしたいです。
これ余裕で続き出るでしょ、と思うのですが、どうだろ、楽しみです。

2

エロいし、甘い。

かわいさん×大人のルビー文庫フェア、さらに北沢さんの挿絵。という事でエロエロなんだろうなあ、と思いつつ読み始めましたが。

はい。
予想をはるかに超えるエロさでした。

かわいさんの新刊はオメガバースもの。
オメガバースものって作家さまによって解釈は様々ですが、この作品のΩは、人として扱われておらずペットのような扱いを受けています。という事で、そういった痛い設定が苦手な方もいらっしゃるかなと思いますが、そこはかわい作品なので。

とってもエロ甘でした。

エロいだけじゃなくて、甘々。
糖度たっぶりな作品です。

主人公はΩのサーシャ。
金髪碧眼の美しいビジュアルを持つ。ゆえに、伯爵夫人に気に入られ、買われ、そして飼われた彼。
初めはその美しいビジュアルゆえに贅沢に、そして箱入りで育てらるものの、とあるアクシデントに見舞われたことで捨てられることに。

そんな彼を拾ってくれたのは、獣人で国王のレドワルド。
世間知らずで、性的にもまっさらさんなサーシャに、文字を教え、本を読ませ、そして色事を教え込む。
今までペットのように扱われてきたサーシャが、人として生き始めるが―。

オメガバースものという事もあってか、常に事を致しているレド×サーシャの二人。
レドは獣人、という事でtnkに棘がついてるし(柔らかくて痛くはないらしい)。
サーシャは発情期を迎えたΩだし。
という事で、エロいのなんのって。

お妃選びでのごたごたに巻き込まれたり、サーシャを捨てたはずの伯爵夫婦がサーシャを奪い返そうとしたり、モブレに遭いそうになったり。

と、若干痛いシーンもあったりするのですが、そのすべてでもれなくレドが助けに来てくれるのでお約束と思いつつ萌えました。

サーシャに悪意を向ける人もそれなりにいるのですが、基本的には甘くて優しい雰囲気に満ちている作品なので、安心して読めるかと思います。

ただしいて言えば、男に欲望を向けられた時に気持ち悪いと拒絶反応を示したのに、レドに対しては初めから恐怖心がなくあっさり抱かれてしまったのが若干甘い気がしたのが残念でした。

もう少し彼らの「恋愛感情」が育ってから、の濡れ場のほうがしっくりきた気はします。

が、甘くてエロ満載の作品が読みたいときにはぴったりの、エロ甘なお話でした。

1

大人のルビー文庫フェアですから!!

かわい先生と言うと、エロがとにかく濃厚。
ちょっと仄暗くて淫靡な、エロエロしいエロがお得意なんですよ。
で、今回は更に「大人のルビー文庫フェア」。
もうびっくりするほどエロエロでございました。

で、今作は獣人ものでもあります。
かわい先生は獣人スキーとの事ですが、私も負けず劣らず獣人スキーだったりします。
で、更に更にオメガバース。
個人的にですね、獣人+オメガバースと言う組み合わせは神だと思ってます。
最初に思いついた方を、心から尊敬しています。
獣人攻めに溺愛執着される健気な受け。
ホント、最高じゃないかよ。


内容ですが、獣人もの+オメガバースになります。
伯爵家の「飼い猫」として愛玩されて育ったサーシャ。
獣人の王・レドワルドと出会った途端、初めての発情をしてしまいます。
発情した事で捨てられてしまったサーシャ。
そんな彼を拾ってくれたのは、王のレドワルドで-・・・と言うものです。

今作でのオメガ設定ですが、オメガは愛玩動物として扱われ、人ですらありません。
因みに彼等は皆、生まれたばかりの子猫が持つキトンブルーと言う青い瞳を持ち、発情期が来ると瞳の色が変わると言う設定。
その様子に当てはめて、オメガは猫に喩えられてます。
サーシャはその容姿の愛らしさから、幼い頃に伯爵家に買われ、ペットとして可愛がられながら育ちました。
これがまた非人道的で、可愛がられるのもあくまで愛玩動物として。
なるべく子猫のままでいるよう成長抑制剤を飲まされ、品評会で良い成績を取れるように音楽等の芸を仕込む。しかし、余分な知恵は付けないように知識を与えない。
そして、発情期が来れば犬等の獣と番わせる。
何も分かっておらず、ひたすら主人である伯爵夫妻に懐いているサーシャを見ていると、かなり心が痛んだりして。

そんな中、連れて行かれたパーティーで黒豹の獣人王・レドワルドと出会うサーシャ。
何故か発情してしまい、更にその様子に当てられた伯爵に襲われてしまう。
で、サーシャが夫を誘惑したと激怒した夫人から捨てられ、そこに現れたレドワルドに拾われると言う流れです。

と、序盤は結構痛々しい展開ですが、レドワルドに拾われてからは超甘々。
レドワルドが何も知らない無垢なサーシャに色々(エロ方面を)教え込みと、ちょっぴり悪い感じの男なのです。
が、基本的にはサーシャをちゃんとした人間として扱い、更に溺愛と言ってもいい可愛がりよう。
二人のシーンは主にエッチばかりしてるのですが(サーシャが発情しちゃうからね)、無邪気に大好きと繰り返すサーシャに対して、「ケーキや本が好きと言うのと同じなんだろうな」と苦笑いするレドワルドが印象的です。

この後、発情期が来たのに、何故か瞳の色が青いまま変わらないサーシャ。
彼が獣人の子を唯一産める、稀少なロイヤルブルーと言う存在だと分かります。
で、レドワルドが自分を抱くのは、子供を産ませたいだけで自分自身が愛されてるワケでは無い-。
と思い込んだサーシャとの間ですれ違い。

サーシャですが、最初は本当に何も知らないのです。
自身がペットとして扱われていても、その事に疑問すら感じていない。
それがレドワルドと過ごし、彼や周囲から「人間」として扱われる事で、少しずつ成長してゆくー。
自分の頭で考え、自分の足で立ちと言った具合に。
彼が自分自身が必要とされているのでは無いと傷付くのも、それだけ自身を「一人の人間」として意識しはじめたからなんですよね。
う~ん・・・。切ない部分ではあるのですが、同時に感慨深くもなってしまう・・・。

まぁ、このすれ違いの結末自体は、レドワルドの溺愛ぶりを知ってる為、そこまでヤキモキせずに見守れちゃったりしましたが。

あとですね、先にも書いたように、こちらエロエロ。
二人のエロシーンがやたら多い上に、モブ姦(未遂です!)もエロいんですよね~。
何てったって、サーシャに性の知識は皆無です。
この行為は恥ずかしいとか、いけないとかの意識もございません。
だから自分の欲望に素直に従う。
そう、無垢なのに淫乱なのです!!
このタイプの受け、最強だと思うんですよね。
レドワルドがわりとちょいワルでエロオヤジなのですが、実はサーシャも全然負けて無いんですよ。
逆に煽りまくり!!
まぁ、この二人のエロにはご期待下さい。

と、甘くてエロエロでちょっぴり切ない。
とても楽しく読めました。




5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ