うそつきは恋のはじまり

usotsuki wa koi no hajimari

うそつきは恋のはじまり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
7
平均
3.6 / 5
神率
14.3%
著者
ハルモト紺 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥700(税抜)  ¥756(税込)
ISBN
9784865895285

あらすじ

美青年エリートサラリーマンの及川(おいかわ)は隠れ腐男子。 行きつけの小さな書店にはお気に入りのスタッフ・大島(おおしま)がいる。 及川は爽やか好青年な大島を「受け」として妄想を捗らせていた。 ある日、オススメの漫画があると言われ大島の家に行くことになった。 すると腐男子だと暴かれた挙句、突然キスを迫られる! 優しげな眼差しは豹変しBL漫画のような展開に…。 胸の高鳴りなしでは読めないキュンが詰まったデビュー作。

表題作うそつきは恋のはじまり

大島(書店員)
及川(会社員)

同時収録作品そんなのきいてないっ‼︎

エミール(ドイツ人)29歳
凌太(ショップ店員)25歳

その他の収録作品

  • うそつき君の恋のはじまり

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

別に『うそつき』ってわけじゃ無いかも。

あの、良い意味でクセが強い森世先生が『大絶賛』したとあっては、おのずとハードルは上がる。
読了したら、「そうかな?大絶賛する程かな?」ってやっぱり思ってしまう。帯は良くも悪くも注意して貰いたい。
まずタイトルがまぁまぁ謎である。何度か読み直したんだけど。多分、誰も嘘はついてない。
いわゆる腐男子の及川さんは、腐男子であることを会社の同僚の同じく腐女子の高木さんにしかカムアウトしていないので、残念なイケメンなんだけど、腐バレしてないので、ただのイケメンだ。
本が好きで、あらゆるジャンルを、というより、女性向けといわれるBLも好きなので。
書店員の綺麗な男の子、バイトの大島くんを勝手な妄想の糧にしている。
及川さんの妄想では、大島くんは完全なる「受け」で。私としては、及川さんの妄想通りに事が運んでみても良かったのに…、と少し残念にも思っている。
それでも成り立つと思うし。
ところが、物語はそうは行かない。妄想の中で、自分を大島くんの「攻め」に設定してしまうほど。
及川さんは「乙女」思考なのだ。
そして、及川さんの買う本のお会計や、取り寄せや、予約注文をしてきた大島くんとしては、及川さんの乙女思考を理解しきっていて。及川さんが好きそうなちょっと強引なS攻めを演じて来るのだ。
「受け」だと思っていた大島くんの「攻め」っぷりに翻弄されつつ、きゅんとしてしまう及川さん。
完全なる「解釈違い」なのに、それもいい‼︎ みたいな。
腐女子の高木さんが常に応援してくれるので、常に相談しているのですが、
ここはフツー、女子と居る現場を見られて、誤解され、嫉妬され、お仕置きされたいところなんだけど。そんな事も無く。何の波乱も無く。めでたし! と、なります。

及川さんが普段カジュアルで、ニットキャップをかぶってるんですが、被り方が変‼︎ というか、似合っていない。せっかくのイケメンが台無しに。これはワザとダサいという演出でも無さそうなので、ただただ謎めいています。最初はBLを買う為の変装のつもりだったみたいなんだけど、大島くんとデートの時もかぶっているので、気に入ってはいるみたいな。
描き下ろしでは、大島くんが及川さんにときめいた最初の頃を思い出している描写もあるので、大島くん目線も補完されてはいますが、やっぱり『うそつき』って言葉が強すぎるのかな、その気持ちに嘘はこれっぽっちも無いよって思ってしまう。「恋のはじまりはうそつき?」くらいな方がストンと落ちる気もします。
乙女思考の及川さんが自分の気持ちに素直になれる、っていうのが主題だね。

同時収録はドイツ人のエミールがキラキラの王子さま☆ みたいだと思ってたら、まさかのオカン気質。 「そんなのきいてないっ‼︎」口うるさくアレコレ言うのは愛すればこそ。自分がどんなに大切に愛されているのかを凌太はやっと気付く。というショートストーリー。
とにかくドイツ人というエミールが王子過ぎるイケメン♡
表題作の及川さんも白人ぽいイケメンですし、次回は外国人王子さま系ロマンスを描いて欲しいかも。そしてグズグズに甘やかされる「受け」というのも見てみたい。なんて思いました。

あとがきの著者自画像が怖すぎる‼︎ちょっとしたホラーでした。

0

平成最後の年末年始にどうぞ

帯にあるように、「じんわり沁みる萌え」BLでした。美形エリートサラリーマンの及川さんについつい「わかる〜」と共感したり、年下の大島くんが頑張って理想の攻様を模索していたり、ゆっくり物語が楽しめました。
同時収録の短編も面白かったです!
そして、絵柄がいい!!!及川さんの「きゅん」もわかるし、大島くんの「ドキッ」も、ですよね〜〜〜ってニヤニヤしちゃいます。
ぜひぜひ読んでみてください!!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ