うそつきは恋のはじまり

usotsuki wa koi no hajimari

うそつきは恋のはじまり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×215
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
120
評価数
34
平均
3.6 / 5
神率
14.7%
著者
ハルモト紺 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784865895285

あらすじ

美青年エリートサラリーマンの及川(おいかわ)は隠れ腐男子。 行きつけの小さな書店にはお気に入りのスタッフ・大島(おおしま)がいる。 及川は爽やか好青年な大島を「受け」として妄想を捗らせていた。 ある日、オススメの漫画があると言われ大島の家に行くことになった。 すると腐男子だと暴かれた挙句、突然キスを迫られる! 優しげな眼差しは豹変しBL漫画のような展開に…。 胸の高鳴りなしでは読めないキュンが詰まったデビュー作。

表題作うそつきは恋のはじまり

大島(書店員)
及川(会社員)

同時収録作品そんなのきいてないっ‼︎

エミール(ドイツ人)29歳
凌太(ショップ店員)25歳

その他の収録作品

  • うそつき君の恋のはじまり

レビュー投稿数9

平成最後の年末年始にどうぞ

帯にあるように、「じんわり沁みる萌え」BLでした。美形エリートサラリーマンの及川さんについつい「わかる〜」と共感したり、年下の大島くんが頑張って理想の攻様を模索していたり、ゆっくり物語が楽しめました。
同時収録の短編も面白かったです!
そして、絵柄がいい!!!及川さんの「きゅん」もわかるし、大島くんの「ドキッ」も、ですよね〜〜〜ってニヤニヤしちゃいます。
ぜひぜひ読んでみてください!!

5

年下攻めカワイ————ッ!!!!

イケメンエリートの及川は、ビジネス書から少女漫画まで何でも読む本の虫。偶然表紙買いした漫画がBLだったことがきっかけで、隠れ腐男子をやっています。
そんな及川の行きつけの本屋で働くイケメン大学生・大島は、及川がBL好きであるということだけではなく、ドS攻めが好きなことにも気付いていて…。

及川はちょっと天然が入ったおおらかな男。最初、大島のことを受だと思っていたのに、攻っぽく強引にキスしてきたので「解釈違いッ!!!」と叫んで大島に平手打ちしたシーンは爆笑しました。それにしても「解釈違い」という言葉選びとか、付き合い始める前の大島とのデートを「推しに一日密着イベント」と捉えるあたり、こやつ…マジモンのオタクですぜ…!!

大島は及川の好みになろうとSっぽく振る舞ったり、かと思えば少女漫画っぽいことを一日中仕掛け続けたり…この年下、かわいすぎる(泣)。飄々としてるけど、健気ですよね。あと、いきなりキスされた側の及川が、相変わらず自分に対して危機感がないことにイラッとして、「ムカつく」と言い放つシーン、年下かわいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!と悶えさせていただきました。
なお、大島が及川を好きになったきっかけは、描き下ろしで明かされています。

一旦すれ違ってしまう二人ですが、及川のBL仲間・高木(♀)の体を張ったサポートの甲斐あって、晴れて両思いに。及川は思考回路が乙女すぎて、自分から恋愛のアクションを起こすのが苦手だったのですが、高木に諭され勇気を出して大島に告白し、大島もこれまで及川のために必死にいろいろ演じてきたことを打ち明けます。
ここで見事カップルになった二人に安心していちゃいちゃさせるために、高木が取った行動が笑えます。体張りすぎ(笑)。高木はすごく良いキャラしてますね。及川と大島が付き合い始めた後、まだ体の関係はないと言う及川に「隠してないですよね!?」と疑うコマでは、ポケ◯ンのパ◯シェンみたいな顔して凄んでますが(笑)、わかる〜腐女子心を刺激されたら、普段は可憐な私たちもついつい血気盛んになっちゃうよね〜。わかるわかる。

同時収録作は、ドイツ出身のイケメン×恋人と長続きしないゲイ。王子様みたいだと思っていた攻が実はめちゃくちゃオカンで、受は思わず「期待してたのと全然違う!」と叫んでしまいますが、最後はハッピーエンドです。1話だけなので、受の子どもっぽいところを好きになりきれないまま話が終わってしまったかも。

とはいえ1冊のほとんどが表題作ですし、かわいい年下攻めもオタクあるあるもたくさん楽しませていただいたので、神評価で!

1

萌えっぱなし!

はわ〜
萌えた♡

及川さんは、仕事もできるイケメンリーマン。
本の虫でジャンルは問わず、
純文学から少女漫画……そして、BLまで!
そう、及川さんは立派な腐男子‼︎

及川さんの妄想が面白く、
とっても純情なのが非常にいい!

行きつけ本屋の美形・大島をネタに妄想していたのに、
その大島に迫られます。
大島を完全に受けとしてみていた及川さんでしたが、
大島は意外にも余裕に満ちた攻め様で……

及川さんの妄想の中の大島が、
学ランからバスローブに変化していて笑いました!

大島は実態が掴めませんでした^^;
及川さんの好みに寄せてくるんですよね。
強引な攻め様だったり、ツンデレだったり、好青年だったり……

デートでも、及川さんが喜びそうなシチュを選んでる風で、
挙げ句の果てには体の関係を要求するとか⁉︎
多分、本当の大島は普通の青年なんでしょうね。
及川さんに好かれたい気持ちが空回りしちゃったのかな。

乙女思考な及川さんですが、
友人に背中を押されて自分から告白します。
その姿のカッコいいこと♡

体目当てかと思われた大島も純粋に及川さんが好きだったので、
二人は両想いになれました。
その影には、及川さんの友人・高木の存在がありです!
腐女子の高木、いい味出してました(GJ!)

面白くて可愛かったなぁー
及川さんには、終始萌え転がされましたよ^^

2

可愛い乙女脳、及川さん。

ハルモト紺先生の他の作品がよくて。作家買いです!

腐男子のリーマン及川さんが、可愛いにつきます。

書店のバイトの大島くん。
彼は、及川さんの中で理想的な受けキャラ。勝手に、学ラン着せて強引に処女奪われちゃう設定も有るくらいにお気に入り。
だったのに~大島くんは攻めだった!
しかも攻められるのは自分とか。
及川さんが、『解釈違い~』と拒絶するのは楽しかったです。
とはいえ、BL好きだけど乙女脳の及川さんが悩んだりしつつ、大島くんを好きになっちゃう過程がほんとに可愛いのです。
腐仲間の高木さんに恋愛相談しちゃったり。及川さんの素直なキャラが良かった。

大島くんが及川さんの理想の攻めになろうとしていた事も、乙女脳の及川さんのため。愛されていますね…
ちゃんとえっちもしてますし、大島くんは立派な攻めに成長してました。

どうかお幸せに。と、そっと目を閉じた私です。

1

少女マンガのようなストーリー

学生×サラリーマンの年の差が良いです。
隠れドSながらに愛ある攻めは割と定番ではありますが、やっぱり良さがあります。
攻めの泣きぼくろが物凄く自分のツボに刺さりました。
腐男子受けは最近の流行なのかもしれませんが、その設定が活きてたと思いました。
少女マンガのような糖度高めストーリーは読後の幸福感が高いです。ありがちといえばありがちかもしれませんが、それでも楽しめました。
同時収録の作品も可愛らしくてつい笑みがもれてしまうような作品でした。
丁寧な絵は読みやすかったです。デビュー作ということで、これからが楽しみです。

3

別に『うそつき』ってわけじゃ無いかも。

あの、良い意味でクセが強い森世先生が『大絶賛』したとあっては、おのずとハードルは上がる。
読了したら、「そうかな?大絶賛する程かな?」ってやっぱり思ってしまう。帯は良くも悪くも注意して貰いたい。
まずタイトルがまぁまぁ謎である。何度か読み直したんだけど。多分、誰も嘘はついてない。
いわゆる腐男子の及川さんは、腐男子であることを会社の同僚の同じく腐女子の高木さんにしかカムアウトしていないので、残念なイケメンなんだけど、腐バレしてないので、ただのイケメンだ。
本が好きで、あらゆるジャンルを、というより、女性向けといわれるBLも好きなので。
書店員の綺麗な男の子、バイトの大島くんを勝手な妄想の糧にしている。
及川さんの妄想では、大島くんは完全なる「受け」で。私としては、及川さんの妄想通りに事が運んでみても良かったのに…、と少し残念にも思っている。
それでも成り立つと思うし。
ところが、物語はそうは行かない。妄想の中で、自分を大島くんの「攻め」に設定してしまうほど。
及川さんは「乙女」思考なのだ。
そして、及川さんの買う本のお会計や、取り寄せや、予約注文をしてきた大島くんとしては、及川さんの乙女思考を理解しきっていて。及川さんが好きそうなちょっと強引なS攻めを演じて来るのだ。
「受け」だと思っていた大島くんの「攻め」っぷりに翻弄されつつ、きゅんとしてしまう及川さん。
完全なる「解釈違い」なのに、それもいい‼︎ みたいな。
腐女子の高木さんが常に応援してくれるので、常に相談しているのですが、
ここはフツー、女子と居る現場を見られて、誤解され、嫉妬され、お仕置きされたいところなんだけど。そんな事も無く。何の波乱も無く。めでたし! と、なります。

及川さんが普段カジュアルで、ニットキャップをかぶってるんですが、被り方が変‼︎ というか、似合っていない。せっかくのイケメンが台無しに。これはワザとダサいという演出でも無さそうなので、ただただ謎めいています。最初はBLを買う為の変装のつもりだったみたいなんだけど、大島くんとデートの時もかぶっているので、気に入ってはいるみたいな。
描き下ろしでは、大島くんが及川さんにときめいた最初の頃を思い出している描写もあるので、大島くん目線も補完されてはいますが、やっぱり『うそつき』って言葉が強すぎるのかな、その気持ちに嘘はこれっぽっちも無いよって思ってしまう。「恋のはじまりはうそつき?」くらいな方がストンと落ちる気もします。
乙女思考の及川さんが自分の気持ちに素直になれる、っていうのが主題だね。

同時収録はドイツ人のエミールがキラキラの王子さま☆ みたいだと思ってたら、まさかのオカン気質。 「そんなのきいてないっ‼︎」口うるさくアレコレ言うのは愛すればこそ。自分がどんなに大切に愛されているのかを凌太はやっと気付く。というショートストーリー。
とにかくドイツ人というエミールが王子過ぎるイケメン♡
表題作の及川さんも白人ぽいイケメンですし、次回は外国人王子さま系ロマンスを描いて欲しいかも。そしてグズグズに甘やかされる「受け」というのも見てみたい。なんて思いました。

あとがきの著者自画像が怖すぎる‼︎ちょっとしたホラーでした。

1

腐男子の生態を垣間見れる??

主人公の及川さんは、BL沼にがっつりはまった腐男子。
そのためBL漫画にありがちなシチュエーションが起きるものの、及川さんの反応は完全に斜め上をいってます(笑)
大島くんがバイト先の長身男子と仲良さげに並んでるのを見かけても、
体格差萌え...♡ とかいって全然嫉妬する様子はありません。

そんなクスッと笑えるシーンがちょいちょいあるのが面白い。


ただ、大島くんの多重人格っぷりに混乱しました^^;
及川さんの言う通り、「盛り過ぎだろ」。
タイトルにも「うそつき」って入ってるし、ころころ変わる態度が見どころのひとつなんでしょうけど...
あまりにも本心が見えないと、感情移入が出来なくて応援したいって気持ちになれません。

終盤、正直になった大島くんは、年下らしい可愛らしさ全開で。
わたしはその姿をもっと早く見たかったよ…
できれば素のままでアプローチしてみて欲しかったよ…

まぁでも、BL好きとはいえノンケの及川さんを落とすには、まさかのギャップが必要だったのかな?


受けネタにされてる攻め×腐男子
って設定が面白いだけに、なんか物足りなさが残っちゃいました。

1

腐男子がBLすると萌えがいっぱい!

初めて読んだハルモト紺先生の作品です。
ハルモト紺先生のデビューコミックスになります。

こちらは、表題作の他に『そんなのきいてないっ‼︎』が同時収録されています。

大学生の大島くんと会社員の及川さんのお話。

社内でも人気の及川さんは合コンのお誘いも断り、足しげく通う場所があります。
それは…本屋なのです。
純文学から少女漫画まで幅広く嗜む及川さんですが、じつはBL大好き「腐男子」なのでした。
及川さんの御用達「地球堂本屋」には、お気に入りのアルバイト書店員がいます。
その名前は大島くん。
爽やかで優しそうな黒髪男子…絶対に「受け!」と妄想する日々だったけど?

腐男子が主人公ということもあり感情移入が出来たのですごく面白かったです。
自分のテリトリーに「推し」がいる幸せな毎日。
それだけで羨ましい~。
しかも、社内にBL好き仲間がいるなんて素晴らしすぎる(笑)

自分の妄想で「受け」だと思っていた推しが、もしかしたら「攻め」かも知れない…。
大島くんにグイグイ迫られて逃げだしてしまった及川さん。
一方、及川さんの購入するハード系なBLのキャラを演じていた大島くん。
いろいろ誤解やすれ違いはあるのですが、最後は年上の及川さんが頑張ります!
それにしても、及川さんが可愛いんですよ。
年下に振り回されてモダモダしているところなんて完全に乙女思考です(笑)
そんな及川さんのお尻を叩くのがBL好き仲間の高木さん。
モブと言うにはあまりにも重要な脇キャラで登場します。
あぁ、一緒にお酒を飲みながら語りたい (*・ω・) ノ□☆□ヽ(・ω・*) カンパーイ♪

Hシーンは、イケメン2人のセックスに萌えました。
ハルモト紺先生の綺麗な絵柄で乳首責めも見たかった(笑)
「心も体も繋がれるって こんなに幸せな気持ちになれるんだね」
及川さんの言葉に大島くんもキュン死に寸前です。

同時収録『そんなのきいてないっ‼︎』
外国人×日本人CP
ドイツ人 エミールとアパレルショップ店員の凌太くんのお話。
サプライズ大好きな凌太くんの一目惚れで始まったエミールとの恋。
でも、半年も経つと理想と現実のギャップに苛まれます。
「恰好いい彼氏が欲しかったのに」
凌太くん!相手がエミールじゃなければ、もう別れていたかも知れないぞ!
エミールはスパダリなんだろうな~。
交際1周年の記念にはお揃いの指輪を購入して欲しい。

描き下ろし『うそつき君の恋のはじまり』
大島くんが及川さんに恋するきっかけになったお話。
寝ている及川さんに意地悪したくなるなんて、やっぱり大島くんはSなのかも?

萌え要素がたくさんあって最後まで楽しく読めました。
この先の2人がとても気になります(笑)
漫画のようには上手くいかないけれど、BLをバイブルにずっと幸せでいて欲しい。
個人的には、及川さんの腐男子っぷりをもっと見たかった!
あと、甘栗むい太先生のコミックスが気になる(笑)

1

相手好みも大事かもしれないけど

年下書店員・大島くん×腐男子リーマン・及川さん(どちらもイケメン)、
設定としてくすぐられるものがあったのですが
及川さん乙女心をお持ちでいらっしゃった…。
個人的に及川さんが攻めならそちらの方が良かったかもしれません。
そして大島くん、親切な書店員さんで色んな人の目と心を潤しているんだろうなぁと思いましたが
及川さんも戸惑っていたようにどれが本当の大島くんなんだ??と混乱しました。
好きな人の好きそうな言動というのも
もちろん喜ばせたい一心からなのはわかるんですが
大島くんが「こういうの好きでしょ?」って言う度
君は本当はどうしたかったんだい…??となってしまうのです。
人には多面性があって当たり前ですけども
なんだか掴みどころが無くてモヤりました。
及川さんをときめかせる為ならなんだってやってくれそうで
ある意味素晴らしい彼氏なんでしょうね。
腐仲間の高木さんは……そうですね、ちょっと出張り過ぎたかな……。
いえ、仲間がいると楽しさ倍増どころじゃないのはわかるんですよ。

読み切りの『そんなのきいてないっ‼』は
かっこいい彼氏が欲しくてイケメンのドイツ人と付き合ったら想像と違ったなんて
受けが勝手過ぎて引きました…。
なぜエミールは凌太を好きなのか疑問です。
二人がいいならいいんでしょうけどミーハーでわがままな受けは好ましくなかったです…。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う