恋をするにはイケメンすぎる

koi wo suruniwa ikemen sugiru

恋をするにはイケメンすぎる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神28
  • 萌×228
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

250

レビュー数
9
得点
275
評価数
65
平均
4.3 / 5
神率
43.1%
著者
リオナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784344844032

あらすじ

西園寺遼河はイケメンでパーフェクトすぎる容姿ゆえ幼少期の頃から意にそぐわぬ悲惨な目に遭ってきた。(自分を巡って女性が争い犯罪者になりかけたり、隣に座っただけでストーカー被害に遭ったり、スカウトされまくりで目的地に辿りつけなかったり)自分が誰か一人のものになったら戦が起きる! と休日は引きこもり気味だった遼河だが、親友に勧められた料理教室で人生の転機が訪れる。自分を特別視しない講師の昴(男)にまさかの初恋! でも、完膚なきまでに振られてしまい…?

表題作恋をするにはイケメンすぎる

西園寺 遼河(25歳・イケメンすぎるリーマン)
高橋 昴(29歳・料理教室の講師)

その他の収録作品

  • 西園寺遼河のすきなとこ
  • カバー下 あとがき漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

ほんっとに萌えた!恋ってこういうことだよね!

あー面白かった!
恋のトキメキに溢れた素敵な作品です。
たくさんの方にオススメしたーい!
既に素敵なレビューが上がっているのに、萌えどころが多すぎて長文になってしまい失礼致しますm(_ _)m

主人公の西園寺は超絶イケメンゆえに、周囲が勝手に争奪戦を繰り広げたりと、トラブルに巻き込まれる人生を送ってきたため、自分の容姿が好きになれない。
そんな西園寺が親友に勧められたカルチャースクールにて、料理の先生〔昴先生〕と出会うところから始まるストーリー。

行く先々で男女問わず注目を浴び、すぐに一目惚れされてしまう西園寺に対し、昴先生はそのことには一切触れず、至って普通に接してくれます。
そんな風に人から接してもらったことのない西園寺は、昴先生会いたさに料理教室に通い詰め、ほのかな恋心を抱くように。
そしてとうとう、親友の新吾からの後押しもあり告白するも、見事に大・撃・沈!!!
初恋と失恋を一気に経験してしまうのです。

まず、西園寺くんのキャラがいい!
超絶イケメンなのにどこか天然で、その美味しい容姿を利用して遊びまくるわけでもなく、周囲が勝手に起こすトラブルに胸を痛めるような優しく純粋な男。

そんな西園寺くんに対して、一見笑顔で人当たりのいい昴先生は、教室外では冷たい裏の顔を覗かせたりと、少々ワケありな屈折したところのあるキャラクターです。

真っ直ぐな西園寺の想いは、昴先生の心を溶かすことが出来るのか!?

付き合っていない段階での初デート。
めっちゃくちゃ萌えました♡
夜のベンチに座り「手…握ってもいいですか?」
と西園寺に誘われて手を繋ぐ2人。
「10分だけ…」10分経ったら、
「あと5分…」5分経ったらまた、
「あと5分…」
何度も続く「あと5分」の時間。

そして、
「帰したくない場合はど、どうしたらいいんですか?」
と真剣な顔で聞く西園寺。
はぁ〜〜恋だなぁぁぁ♡
下心じゃないんです。
純粋にただ手を繋いで一緒にいたい…という想いに溢れた表情に、途轍もなく萌えました(〃ω〃)
ホント真っ直ぐなのよ…

くっつくまでの展開がゆっくりと自然で、登場人物もみんないい人。
でもすべてのキャラがちゃんと立っているので、単調にならず楽しくラブストーリーを追うことが出来ました♡
サブタイトルもユーモアがあって好き。

試読時の余談ですが、最初、冒頭に出てくる幼馴染の新吾がお相手なのかな?と思ったんです。
えー、ちょっと違う…なんか恋のお相手としてピンとこないなぁ…華がないなぁ〜〜(新吾、ごめん!君は友達思いのいい奴だぁ!)と思ったら、ちゃんと恋のお相手っぽい人物が現れたのでホッとしてポチりました(^-^)
結果大正解でよかったです♪

10

【イケメン】の扱いが秀逸すぎて、めっちゃビタミン補充してもらえたーっ♪

『恋する美男』が『恋をするにはイケメンすぎる』にタイトルが変わりました。

素敵メンズの恋なのかなって期待しましたが、【イケメン】の取扱い方が秀逸すぎる~っっっ!!!
これはタイトルを変えて正解!
おもしろすぎて笑っちゃったし、かわいさにジーンとしちゃったし、二重の意味で涙が出てきました~^^

この本、気分が落ち込んだ時に読んだら絶対に元気にしてもらえる♪


西園寺遼河は、名前にまったく見劣りしない超絶イケメンリーマンです。
でも、、、小さい頃からモテすぎてバトルに巻き込まれたから女子が苦手…
それで男子校に行ったのに、入学式早々に先輩にロックオンされ、鍛えたら鍛えたでまたモテるし、下心有りで近づいてくる人間に辟易…
容姿を褒められることもウンザリしていて、25歳だっていうのに恋もしたことがない男です。

とーぜん【童貞】です!
(魔法が使えるようになるまであとちょっとw)

そんな男が出会っちゃったんですよ、
自分の容姿にまったく興味を示さない人に!

コンビニ弁当食べてるだけで女性社員の弁当バトルが勃発しそうで、偽装彼女弁当を作るため、西園寺はお料理教室に通うことに。
講師の高橋先生は、ほかの生徒が西園寺のイケメンぶりに色めきたっても、楽しく流れを変えてくれるし、西園寺が思わず「俺の顔見えてます?」と質問しちゃうくらい西園寺の容姿に無関心!
無関心どころか「目と鼻と口がついてます」ってすごい表現w

それが西園寺には嬉しくて、高橋先生会いたさに、週二回も同じレッスンを受けてます。

そして親友に ”恋” だと指摘され、西園寺は初めてイケメンパワーを最大発揮して、高橋先生に告るも、「生徒さんはじゃがいも、諭吉。誰かを特別扱いすることはない」と振られてしまう…
それでも西園寺は高橋先生に会いたいから料理教室はやめない。


この高橋先生、見た目は爽やかにこやかなんだけど、けっこうな腹黒。
西園寺をデートに誘い、わざと嫌がることをするけれど、西園寺は高橋の上辺以外も見れてもっと好きになったと言ってくる…

別れ際に10分だけって言って公園のベンチに座り、手を握って、あと5分、あと5分、「帰したくない場合どうしたらいいんですか?」って…
もーう西園寺の純情がかわいすぎてキューンとしました!
(笑いもしましたけどw)


でもね、西園寺は気付いちゃったんです。
高橋先生にとって自分は特別じゃないって。
自分を特別扱いしないから高橋先生を好きになったのに、今は特別扱いしてほしい。
それで苦しくなって料理教室に来れなくなってしまって…


イケメンすぎることに悩んでるって嫌味にとられがちだけど、西園寺は本気で悩んでいて、類まれなる容姿を負の遺伝子扱いしているのが最高におもしろい!
リオナ先生があとがきで西園寺を【ネガティブイケメン童貞】扱いしていて、なんて端的に西園寺を表してる言葉なんだ!と笑っちゃいました。

そして恋をするのが初めてな西園寺。
高橋先生の一挙手一投足に振り回されてドキドキして、高橋先生に冷たくされて思わず泣いちゃったり、ネガティブ童貞くんのピュアさにキューンとしました!

高橋先生は自業自得な過去を背負っていて、それゆえの西園寺への距離感だったんだなっていうのがわかりますが、そこも重さを感じさせずに、ほだされ愛を楽しませてくれます♪


ネガティブイケメンが脱♥童貞するまでも必見です!
なにしろチューするのも初めてですからね^^
おあずけ食らうのもゲイセックスを学んで実践に備えるための大事なステップです。
私はお姫様抱っこにテンション上がりました~♪

描き下ろし「西園寺遼河のすきなトコ」は、西園寺を ”恋” に導いてくれた親友・新吾を、高橋先生に紹介する話。
高橋先生の大人げない嫉妬がかわいい♪


いやー、本当におもしろかった!
読んでる間中ずーっと顔がニマニマしていた気がします。
私の心のビタミン本棚にストックします!

7

キュンキュンが止まんねぇー!!

かわいかった。。。アホ可愛かった。

イケメン過ぎて女にも男にもモテてトラブルばかりに見舞われてきた西園寺が拗らせすぎて童貞卒業はおろか恋さえしたことない・・・それを自覚してるのが笑ったぁぁ!
普通なら嫌味なセリフだけど唯一の相談相手の幼馴染がちゃんと真剣にそれを受け入れてるからもぉ二人の会話がカオス!

先生も先生で過去に恋愛トラブルやらかしててそちら方面の感覚ズレてて、、、そんな二人の会話ややり取りが可愛いのなんのって!!

恋に夢も希望もなく一生童貞覚悟くらいだった西園寺が先生に恋して一生懸命な姿は萌の塊でした!!

2

イケメンすぎた!

いやあ〜、皆様のレビューがイケメン祭り(笑)
これはもう『西園寺 遼河』=『イケメンすぎる』
がゆえですね!!

とどまることを知らないイケメンエピソードの数々。
ついでにあたりめくわえててもイケメン。
男女問わず虜にしてしまい、当人は望まぬモテ人生を爆進中。

そんなスーパーイケメン、西園寺の初めての恋。
25歳の成人男性とは思えぬ様々な甘酸っぱい反応に
こちらまで赤面して萌え悶えてしまいました。

恋のお相手、料理教室の昴先生が西園寺の見た目に
無関心で、あしらい方がちょっといじわるで。
はじめはやきもきしてしまったんですが、自分の過去の
やらかしからの予防線だったのがわかり、
西園寺のピュアな言動行動に次第に惹かれていく様子が
かわいすぎて…!!
それぞれの理由で人間不信になっていたふたりの
不器用な恋にめちゃくちゃ萌えました!

一生恋をすることも、誰かと繋がることも諦めていた西園寺。
そんな西園寺の大好きな昴先生との初めてのえっちは、
恋をして、好きな人と繋がれた幸せな感じが
溢れていて胸熱でした〜…

最後まで西園寺の顔面が凶器でしかないので(笑)
どうか昴先生の心臓がいつまでも無事でありますように…!

2

純粋な恋にドキドキ。

連載中から大好きで、毎回楽しみに読ませていただいておりました。コミックでタイトル変更されたんですね。

超絶イケメン童貞という西園寺。もうこの設定だけでうふふなんですが、わたしは幼なじみのフツメン新吾くんとの掛け合いが大好きで(笑)立派な社会人なのに、昴先生との恋を逐一報告、相談してるなんて、ほんと可愛らしいです。皆様のレビューでも新吾くんの注目度が高くて嬉しくなってしまいました。
昴先生との恋は山あり谷あり。でもこれが恋だよね、と…トキメキをありがとうございました!

1

イケメンがコミカルに描かれてます。

リオナさんは作家買いしている作家さまなのですが、今作品は雑誌『リンクス』で何話か読んでいて、コミックス化されたら絶対買う!と決めていました。

で、『リンクス』で掲載されていた時は「恋せよ美男」というタイトルだったので、今作品のタイトルを拝見した時にンン?となったのですが、その経緯はコミックスのカバー下に描かれていました。

この漫画が非常にコミカルで面白かった!
購入後、忘れずに読んでほしいです。

という事でレビューを。






主人公は西園寺さん。
イケメンで、高身長、大手企業に勤めるというハイスペック男子。
それゆえに子どものころから非常によくモテる。が、彼自身はそのことをネガティブにとらえている。なぜなら、彼をめぐって女同士の戦が勃発するからだ。

コンビニ弁当を食べていたある日、「お弁当」をめぐって再び女の争いがおこる予感が。自分でお弁当を作って職場に持っていこうと考えた西園寺さんは、カルチャースクールの料理教室に通うことに。

そこで、講師として出会ったのが昴先生。

イケメンの自分の顔を見ても動揺することなく普通に接してくれる昴先生に、気づけば恋しちゃってて…。

というお話。

レオナさんはコミカル路線のお話を描かれることが多いイメージがありますが、今作品もそのイメージを損なうことのないコミカルで可愛らしいお話でした。

タイトルにもある「イケメン」がこの作品のキモになっている部分ですが、リオナさんの美麗イラストで紡がれる絵柄が、これまたすんごいイケメンさんなの。

イケメンなのに、嫌みがない。
笑顔が可愛い。
昴先生に恋する男子で超キュート。

と、西園寺さん、パーフェクト男子なのです。

で、対する昴先生。
彼がまた良い感じにゲスくて良い感じ。

ゲスいのに良い感じとは、これいかに。

若かりし頃に女性関係で大失敗した、という経験を持つ彼は、西園寺くんの好意を素直に受け取れない。それゆえにそっけない態度をとったり酷い言葉を投げつけたりもするわけですが、裏を返せば懐に入ってさえしまえばこれほどキューティーな男性もいないな、という可愛さなのです。

とにかく、キャラが立っていて、「イケメン」という設定がフルに生きている。
コミカルでありながら、西園寺さんの切ない恋心もあり、そして何より、絵が綺麗。

レオナさん作品て、エロ度はあまり高くない。
ページ数も多くないし、エロよりも「気持ち」の部分をしっかり描かれる作家さまだからかな。

でも、綺麗な絵柄で描かれる濡れ場はがっつりエロくって、激しく萌えました。

今作品も非常に面白かったです。

5

イケメン過ぎるがゆえに、25歳過ぎても童貞な男のラブコメ

「恋をするにはイケメンすぎる」っていうタイトルが読んでて納得できて、上手いタイトルだなって思います。

イケメンゆえにどれだけ苦労してきたか……という数々のエピソードが、面白かった。
しかも話と話の間に、「平凡な男に生まれ変わりたい」みたいな苦労イケメンゆえの名言集が載っていて、これがまた面白い。

壮絶にモテる入れ食い状態を楽しめるような図太さやしたたかさはなく、争う人々を見て心痛めたり、自分を巡っての死人が出ないか……というのが悩みのタネの凌河。
死人を出したくないから誰かを選んだこともなく、25歳になっても童貞のまま……

ついつい引きこもりがちで無趣味な彼を見て親友が勧めてくれた料理教室に通うことにします。
料理教室の講師・高橋は、快活な男性で凌河の顔について何もコメントせず、特別視もしてこない。
そんなことは生まれて初めてなので、それだけで高橋先生に眩しいものを感じてしまいます。

せっせと週二回の教室に通った末、思い切って告白するんだけど、「自分は客のことをじゃがいも、そして諭吉だと思ってる。だから生徒とどうこうなるつもりもない」と断られてしまうんです。

自分を特別扱いしないところが心地よかったのだけど、でも恋人ってその人の特別な存在にならないとダメだ…ということに気づく凌河。


高橋先生は好男子かと思いきや、なかなかゲスい過去を持ってます。
師匠の料理教室のお気に入りの生徒に手を出し、その上に三股かけてたことがバレて料理界から追放されたことが……。
その時の自分を反省し、もう二度と生徒には手を出さないと誓ってるんです。
だから、生徒である凌河とどうなるつもりはなかったのだけど……。

大の女好きで、しかも生徒とのゴタゴタはもう勘弁と思ってるのに、高橋先生が男の凌河に絆されてしまう過程が思ったよりもあっさりしてるなぁ……とは思うんだけど、やっぱりこれは凌河の誠実さや真っ直ぐなところにやられちゃったんだろうなぁと。

しかも、高橋先生の目には凌河がイケメンには映っていないらしいんですよね。これにはビックリだけど。
ということは、凌河の見た目に惹かれたわけではなく凌河の内面に惹かれたということで、見た目で苦労してきた凌河にとっては一番嬉しいんじゃないかなと思いました。

それにしても泣き虫イケメン、ずるいわー。かわいすぎるーー。
そしてイケメンがちゃんとイケメンに見えるというリオナさんの絵がまた良かったです。


5

♯萌え死寸前…

すごく切なかったー
なかなかに萌えました。

優しくて、ちょっと天然なイケメン西園寺と女遊びで料理業界を干された現カルチャースクール講師の昴のお話。

イケメンハイスペックすぎるが故に、老若男女が勝手に西園寺を巡ってトラブルを起こすことから、西園寺自身は恋愛未経験者。
一生童貞でいいとさえ思っているくらい…。

その西園寺をイケメン認識しない昴先生に初恋フォーリンラブ!
あっさり振られ振り回される西園寺が、泣きながら帰る姿に胸がキュンキュン…。

辛くてカルチャースクールにも足が向かなくなる西園寺がリアルで、でもとっても一途で一生懸命!
こんな人、好きにならないわけがない‼︎

というわけで、両思いハッピーエンドな訳ですが、終始西園寺が可愛かった。
とても癒される作品だし、こんな健気攻め早々いません!

西園寺の唯一の友だち、新吾のスピンオフも是非読んでみたいです。

3

ああ、そうか!恋って理不尽で、自分勝手なものだったね♡ なんて気付く。

そうなのだ。
恋ってば、キラキラしていて、楽しい‼︎ ワクワクすることばっかじゃなくて。
理不尽で、自分勝手なものだったよね。って、気付かされる。
それでもピュアっピュアな初恋ストーリー♡

イケメン過ぎて。このイケメン過ぎ‼︎ の表現が、作者曰く、「美男超え」という渾身の描写。
本人的にも自覚しているが、そこはピュアだけに嫌味無く。
周りを騒動に陥れるだけだと知って、彼女も作れず。友達も少なく。
トラウマまみれの青春時代。
そんな中、幼馴染の新吾だけは変わらぬ友情を持っていてくれて。
私も‼︎ そう思ってましたよ‼︎
BLあるある、幼馴染の新吾くんが恋人に格上げされるのかと‼︎
…まぁ、余談ですが。この二人が何故に恋愛に発展しなかったのか⁈ は、BL的には少々謎です。

コンビニ弁当を食べてるたけで、「私がお弁当を作ろうかしら♡」などと、女子社員が色めき立っているのを察知した遼河は、新吾の勧めもあったしで、カルチャースクールへ料理を習いに行きます。
教室の女子達はもちろん、いつもの様に色めき立ちますが、そんな中でも昴先生は特別扱いしない。
自分のイケメンさに、何の関心も示さない(ように見える。)。
初めての経験に、浮き足立つ遼河。
それは恋だと、新吾に指摘され。初めて、自分から告白を試みる遼河。
ところが、初めての告白は、初めての失恋に終わる。
物語は、イケメン遼河視点と、カルチャースクールの昴先生の視点を交互に交えながら、
二人の気持ちがすれ違うさまと、寄り添って行くさまを丁寧に描いていて。
とってもきゅん♡とさせてくれるんです。
昴先生は、毎日沢山の生徒さん達を捌いて行かなくてはならない、お仕事的な側面と。
実は、この先生もイケメンなので。
過去に生徒さん達に手を出して、股をかけていたりと、調子に乗って、業界から締め出されたという
そこそこ苦い経験をしていて。諦めというか、気持ちに蓋をしていたりもする。
ノンケだったし、女にしか手を出して来なかったし。自分もイケメンだったりするので。
最初は、遼河の、男をも魅了するイケメン・キラキラっぷりに動じない、というか気付かない、
ズレっぷり。それが、恋を感じることで。そのキラキラを感じ出すんですよね♡
一方、遼河の方は、最初、分け隔て無く接してくれる昴先生を好きになった筈なのに。
『なのに今は、特別扱いをしてほしい。他の誰よりも。』
そう。独占欲を感じたら。それはもぅ、決定打‼︎
悲しくなって。そんな自分が嫌になって。カルチャースクールを休みだす遼河。
そんな遼河にただ会いたくて、会社にまで、ストーカーみたいになって。
それこそなりふり構わず会いに行っちゃう昴先生。
もう、恋してる時の、めちゃくちゃになってるところがよく分かる、くすぐったいシーンです♡
そして。初めてのキス。初めてのエッチ。初めての姫抱っこ♡
遼河の童貞ならではのガッツき。
それを「かわいい。」と思える昴先生。
ごちそうさま♡な、ハッピィ感でした♬

あ!今気付いたけど、せっかくの料理教室なカルチャースクールなのに‼︎
飯テロ系では無かったね。お料理、もっと出てきても良かったのに〜。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ