四人を飲み込む、貴道会動乱篇!

四人のにびいろ(2)

yonin no nibiiro

四人のにびいろ(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×212
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
14
得点
259
評価数
63
平均
4.2 / 5
神率
55.6%
著者
akabeko 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784396784737

あらすじ

愛人のベティに惚れたヤンキー・勇(ゆう)を利用し、異父弟の相(あい)を組の裏切り者に仕立て上げた誠(まこと)。

勇とともに逃亡する途中、誠の渇求を自分だけに向けたかったのだとさもしい想いに気づいた相。

明かされるベティの正体が、四人を争いの核心に誘い出しーー…?

表題作四人のにびいろ(2)

十川 誠(ヤクザ若頭)
ベティ、六(誠の愛人)

同時収録作品四人のにびいろ(2)

十川 誠(異父兄・ヤクザの若頭)
十川 相(異父弟・元ヤクザ若頭補佐)

その他の収録作品

  • Bonus track
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

愛されたことがなかった者がやっと見つけた信じられる明かり…

『四人のにびいろ』は1巻も2巻も表紙に見惚れます。
1巻は群像劇の始まりに相応しいキャラ四人の集合絵、そして2巻は誠と相の和彫りを堪能できる美しい絵!
1巻のあとがきによると、誠と相の彫り物は、本物の彫り師がデザインされたとのこと。
この美しい和彫りをカラーで堪能できるのが嬉しい♪


1巻で、ヤクザどもの陰謀にハメられ、相は組の裏切り者として、巻き込まれた一般人の勇を連れて逃げるしかなかった。
誠は、慕っている山野辺に頼りにされている誠が疎ましく、勇を使って相を陥れる片棒をかついだのに、いざ相が居なくなると、まるで片翼をもがれたかのように頼りなく見える…

メンツを潰された山野辺に、誠は女を抱くように強要される。
まったく受け付けず、痛めつけられて、ベティに抱きしめられて「よし、よし」と撫でられる誠…
誠の心は愛を求めて飢えた子供のままなのが苦しくて辛い。

母に愛されなかった飢えを相にぶつけても満たされず、母にソックリなベティを見つけて、母の愛を求めるようにベティを求めずにはいられない。

父にも母にも愛されたことがない誠には、愛なんて何かがわからない。
歪んでいるかもしれないけれど、「誠と一緒に生きる」って覚悟を決めていた相こそが、誠にとって唯一の信じて縋っていいものだったのに。
誠はすべてを間違えた…


ベティが歩いている修羅の道も辛い…
生きるのがやっとだったベティが関西ヤクザに拾われ、兵隊として都合よく殺されそうだったのを逃げ延びて、出会ったのが誠。
そして関西ヤクザから、誠たちの組を探る内偵として再び利用されている。
ベティに逃げるところなんてない。

1巻で、ベティは誠の執着を「愛とか…そんなんじゃないよ…」とつぶやいていた。
掴みどころがないように見えたベティは、居場所も、信じられるものも何も持ってなくて、いつ命を亡くすかもわからない。
生存していくことに精一杯だから、愛なんて信じられるわけがないし、自分の命も含めて第三者的に達観しているように見えます。


ベティが勇に「一緒に逃げて」と懇願した時は、恐怖に囚われながらも、逃げる=生きるって選択をしたかに見えたのに、それは勇を、誠・相兄弟をつぶすコマとして利用するための芝居…

ベティは殺されないだけマシ、人間らしく生きるなんて無理だって諦めてる。
でも、騙されていたとわかっても勇は「ベティを逃がす」って約束を捨てようとしない。
ただのガキの勇に、ヤクザ抗争の中からベティを助け出すなんて不可能に思えるけれど、恐怖の中でも信念の光を消さない勇はベティの救いになるのかもしれない。


そしてベティは誠を捕えるためのコマになる。
でも誠はベティに当たるかもしれないのに、銃を撃つことを厭わない…
「おまえに殺されんなら俺がうっかり殺った方がマシだ」
誠は大事なものが壊れたら辛くて仕方がないのに、それさえもわからない、壊して初めて辛さを知る、本当に何もわかってない!

でもヤクザ達に犯され、抗争の火種のために殺される寸前のところに、誠が助けに飛び込んでくる。
「俺と生きてくれるんじゃ…ねぇのかよ…俺を一人にするな…」って相の言葉に、誠は「…うん」と頷く。
あぁ、誠にもやっと自分を愛してくれる存在がいるんだってことがわかったのかもしれない。
ぶっこわれた痛さの中に、小さいけれど確かな明かりが差しこんできたように見えました。

そして相が誠にキス、舌を入れると、誠はビックリしたかのように相を跳ね除ける。
ベティのことをあんなに激しく抱いていたのにキスはしたことがなかったなんて!
そのあとの相はキスしかしてないのに、誠を抱きつぶしているような激しさを感じます。


痛くて、辛い描写ばっかりだし、たいした力を持ってない彼らが、ヤクザの抗争に巻き込まれて、まだまだ悲惨なことは続くと思います。
それでも気持ちが昂るのは、勇とベティ、相と誠、それぞれに信じていいかもしれない光が見えてきたから。
信じられるものができただけで、心に強さが湧いてくる。
この先の展開は怖い、でも読者にとっても光が見えてきたので、楽しみに続きを待てます。

6

動き出す物語!受けに見えるけど誠は攻めです。

1巻から1年!
2巻が出るのを楽しみにしてました~。普段買わない雑誌まで追うほど…。待ってました!

2巻では、ベティの過去と山之辺の誠に対する思いが明かされます。
ベティは敵組織のスパイでした。しかも十川兄弟の母親の弟。つまり誠相の叔父さん…。
ベティは何で誠の愛人やっているのか1巻からずっと気になっていたので秘密が明かされてすっきりしました。ミステリアスな淫乱に見えて、かなり苦労している人でした。
そんな人に惚れてしまった勇が、ヤクザにビビリながらも守ってあげようとするところが可愛くてけなげでよかった。

美馬と誠にハメられ、勇を連れて逃げる相。
相と勇はラブホで一泊するけど何もありませんでした。
この二人はもうそういう関係にならないんだな~。
勇→ベティと相→誠の気持ちが強すぎて。

あと何で相が毎回あんなに誠を煽っているのか、その理由も明かされます。
常識人に見えて、相もかなり拗れた感情を持っているみたいです。

今度は美馬にハメられて誠がピンチに陥ります。
モブヤクザに攻めである誠がレイプされます。攻めが犯されるのが好きな人にはおすすめです!!苦手な人はちょっと注意。
めちゃくちゃ痛そう。
拷問で水中に沈められてる最中に、スパダリ受けである相が助けに来ます。
救出した後、いろいろ拗れきった気持ちを告白。
Hシーンよりエロいキスシーンは見ものです。

また続きが気になる終わり方でした。
早く読みたい!!

あとこの兄弟昔のセックス思い出しすぎ。
かわいいな。




あ、あとがきにもありましたが、
誠は受けに見える攻め・相は攻めに見える受けなので、リバはないです。
(誠はモブに掘られましたが)

本編のエッチシーンは非常に少ないのですが、エロいの見たい方はとらのあなで購入できる特典同人誌に誠×相の描写がありますよ!

6

神萌えのラスト12ページに全私が萌え死んだ……!

出版社アカが事前に煽ってたけど、ラスト12pがもうね、好きすぎて震えましたよ!!
死ぬほど萌えた。(次の段落で触れますね。知りたくない方は読み飛ばしてください。)
私はやっぱりこの兄弟(誠&相)が好きだ。
痛すぎる関係。性癖ド真ん中すぎる。
四つ巴ラブと言いつつも、残りの2人は私の中じゃもう完全に霞んじゃってる。
この兄弟の関係性だけを見ていたいよ。

母親に愛してもらえなかった兄と、母親に愛されない兄を「可哀想」だと思って生きてきた弟。
1巻を読んだ時は兄が危ういと思ってたんです。
でもそうじゃなかった。
弟こそ危うい。
兄を失いかけた時の弟の焦り、キリキリとする緊迫感。
感情のダムが一気に決壊して・・・・
そこから7ページにも及ぶ2人のキスシーンがすごい!!!!!
萌えて萌えて、なんかもうたまんなかった。
糖度のない、失いたくないものを離しちゃなるものかと繋ぎ止めるような弟のキスは痛々しくて、強引さとは裏腹に心許なくて泣けた。
弟の弱い言葉と涙顔は、兄の心をここからどう変えていくだろうか。

神萌えのラストにそれまでがぶっ飛んでしまったけど、この2巻、メインはヤクザサイドです。
登場人物がわらわらと増えるわ、マジかーΣ(゚д゚lll)な事実も明かされるわで、かなり読み手を振り回す展開になっています。
1巻で抱いた印象がガラッと変わるふうに色んなキャラ達の違う顔が描かれていくのがすごく面白くて、どれがそのキャラの本当の顔なんだろうかとのめり込みながら読みました。
ヤクザBLはこれだから面白い!
誰がどうなっていくのかなこれ。3巻が楽しみです。


しかし今回の表紙は包み隠さない姿勢で刺青萌え読者を釣りに来ましたな!
思わず3冊買っちゃったよ。
いちおう理性で歯止めをかけての3冊なんだけど、本心としてはうちのディスプレイ本棚にズラーっと並べたい(狂)
誠の全身を早く見たくて仕方ないんだが、まだしっかりとは見れませぬな。
見るなら絶対カラーで見たいね!次巻以降に期待!
どうぞもったいぶって。焦らして。好きなものに対しては超ドMなのでじっと待ちます♡

※紙本カバー下なし

6

私には難しい話。でも猛烈に惹きつけられる!!!

雑誌も追っていました。
akabeko先生に関しては、私の好みがどうこうとか、モラルがどうこうとか、BLのセオリーがどうこうとか(セオリーはあまり知りませんが)、とにかく自我が入り込む余地がない、ただ拝見するだけ、というスタンスで向き合っています。

onBLUEの特集インタビューを読んでも、2巻のあとがきを読んでも、akabeko先生のチャレンジ精神や内省、創造と破壊の末このような世界を生み出して下さっているんだなぁと伝わってきます。

毎回担当さんとバトルして、ギリギリの攻防戦を繰り広げて描きたいものを追求して下さる・・・
ストイックで頭が下がります。

「ケツで抱く受け」あまり意味は分かりませんが強烈です。
私ごときが理解できるレベルではない・・・賜るだけ。

あまりにも時間が無さ過ぎて、自分の作品(というか今作品)をパロって遊んでいるなどという話もインタビューに書かれていて、大変そうで心配になりますが面白くて笑ってしまいます。

私はとにかく相が好きで、見た目も内面も、哀愁と色気も…この先これ以上のキャラクターに出会えるのか不安に思う程刺さりました。
逆にまことの良さがあまり…わからない…すみません!!!
でも繰り返しますが私が理解できるとか、好みだ好みじゃないとか、どうでも良いのです。

また混乱(戦乱?)で終わっていますが、二つのカップルの行方から目が離せません。

追伸:onBLUE vol.34の表紙の相のイラストが国宝級なのでぜひ見てください~!!水も滴る良い男を体現しています。




3

『タイトルの意味』が色濃く出始める2巻

これは…鳥肌モノの2巻でした…
この表紙!かっこよすぎて痺れる。

誠と相、2人の関係が大きく動きだします。
複雑な環境で育った2人。
母の愛を受けずに育ち、存在を無視され否定されて生きてきた誠の歪み。
そんな誠を哀れみながら側にいるかに見えた相の、凄まじい誠への執着が描かれたこの2巻には、本当に背中がゾクゾクして止まらなかった!

組内部の不穏な動き。身内の裏切り。
誰を信じればいいのかわからないような状況の中、深い執着を持って誠を抱きしめ、熱いキスを繰り返す相。
あぁ!2人はこの先どうなるの!?と興奮してページをめくったら、再び、
「続 To be continued」の文字が〜!

はぁ…わかってた…
1巻のときも最高潮のときにそうなった(^-^;

このキスシーンは必見です!
ここに鳥肌立ちまくりでした…
今までの2人の関係性や今現在置かれた状況が、さらに萌えと興奮を倍増させる!そんなとんでもないキスでした。
表情がいいのよ…たまんない。

謎に包まれていたベティの生い立ちや本性も暴かれていくこの2巻。
ベティと誠は支配する側とされる側で立場もタイプも違うのだけど、〔憐情を誘う〕という意味で何かが似ている2人だな…と思っていました。
するとそこにはやはり、愛を知らず、生きる為にゴミ箱の残飯を漁り食ってきたベティの過酷な生い立ちがありました。

さらにもう1人。
驚くべきは勇の見せる男気です。
ヤクザ相手に無鉄砲極まりない、考えが浅いにも程がある、危険な勇の行動の数々。
そう言ってしまえばそれまでなんだけど、彼は「ベティを救い出したい」という思いがとにかく強い。
ヤクザを前にしても、何度も捕まって危ない目にあっても、震えながら怯えながら、絶対にベティを諦めない姿勢には本当に驚かされました。
ベティを誠から奪いたいわけではなく、ベティを支配するすべての境遇から救い出したいという想い。
唯一カタギという立場からの、勇のその感覚がベティを救うことになるのか?
そちらの展開も気になります。

『四人のにびいろ』というタイトルの意味がハッキリと浮かび上がってくる2巻でした。
四人の人格や行動原理がしっかりと描かれて、キャラが一斉に歩き出した感があります。
3巻が楽しみでなりません!

2

誠とベティの憐れさがたまらなく魅力的

 相と勇の印象は1巻からそう変わりませんでしたが、誠とベティの掘り下げが凄まじく、この2人に心奪われた2巻となりました。まだ続く予定で、気になるところで終わっているにも関わらず、読み終えた後の満足感がすごかったです。思わず唸ってしまいました。

 絶対に何か腹に一物あるだろうと予想していたベティは、案の定関西の組織の犬だったようで。ゲイでもないのに生きるために男に従順に脚を開き、頭の弱いふりさえし続けていた彼のサバイバル精神には頭が上がりません。でも、彼はけっして主人に心酔した犬ではない。主人が自分を捨て駒にしか思っていないことも分かった上で、諦めて従っている男です。誠と勇と自分の愚かさを重ね、自分と周囲の思惑を冷静に分析できる彼は、きっと自由を手に入れられると信じたいですね。少なくとも九鬼に命を捧げる人生で終わって欲しくはない。唯一作品の光である勇の活躍にも期待しています。

 そして、母親から愛されなかった過去を引きずり続け、相のことも突っぱねてしまい、ベティと満たされない行為に浸ってふらふらしてきた誠。本当は、彼を愛してくれる人は一番身近にいる。母親のことさえ清算できれば、彼も十分愛し愛される資格のある人間。最後の相とのキスで、彼は気付くことができたでしょうか。正直、誠を受けにしたいなぁという願望はありますが、akabeko先生は尻で抱く受けである相に拘っているようなので、最後まで誠×相のままなんでしょうかね。ただこの異父兄弟の、狂気と憎悪と執着を経て辿り着いた愛は本当に美しかったので、受け攻めにはとやかく言うつもりはありません。3巻も楽しみです。

2

愛とは何なのか――

『四人のにびいろ』待望の2巻です。
愛とは何なのか――
苦しい程に考えさせられる1冊です。

誠さんは、子供のまま大人になってしまったような「可哀想な人」というイメージが、一層強くなりました。
相さんから誠さんへの、キス……
こんなに素敵なキスを、この作品で見ることが出来るなんて ……
描き下ろしで、ボロボロ泣きました……

誠さんと相さんの関係性を適切に言い表す言葉を、自分は見つけることが出来ません……
2人の互いに対する想いは「愛」や「恋」などといった ありふれた言葉では、語れないのです……

また、この2巻を読んでから akabeko先生の同人誌『山之辺とまこと』を読むと、一層感慨深いような感じが致します。

ベティの関西弁には意外性を感じつつも、彼の立場(立ち位置??)的な部分には「やっぱりかぁ……」という想いも強いです。

これからの展開に、目が離せません。

0

つ、続きを、、、

前の巻では主要なキャラの四人が顔見世しただけの、ほんの導入に過ぎなかったと実感させる第2巻。
ヤクザの内部抗争にかかわる話が加わって、更に4人の関係は複雑に交錯していきます。

誰が誰に執着して、誰が誰に依存していたのか、
誰が誰を陥れようとして、誰が誰を守りたかったのか、
もう、これって、小説で一気に読みたい。
マンガにはマンガの良さがあるのは重々承知、オッサンが沢山出てきてくれてオヤジ好きとしては絵的にすごく嬉しいのも確かなんだけど、この先が気になるから、もう、これ、小説で一気に読ませて。

3

続きが気になります

電子版が出たので購入しました。一巻を読み直してから二巻に突入しました。

抗争が激しくて、登場人物や展開を理解しなきゃ、と頑張って読んだ感があります。「四人の」状況はみな生きるか死ぬかみたいな崖っぷちで、その中で自分の想いや大切なものに気づいていく過程なのかな、と。相も誠も、ベティ(六)もかなり過酷な境遇で生きてきたんですよね。勇くんはそこまでとは言えないかもしれないけど、ずっとおじいさんと二人、と言っていたし…みな潜在的に愛情に飢えている男の子で、どういうエンディングになるのか、非常に興味あります。
あと、電子版にはラブシーンネームが特典でついてきました。

0

愛と誠

1巻では、気質のいたいけな少年と相がどうにかなったらいいな、という気分で読んでいましたが、表紙の極彩色が語るように、2巻では兄弟の関係が本題としてクローズアップされてきます。

生い立ちから、兄が弟の相に依存するのは理解できますが、相が兄の誠になぜ執着するのか、はよく分からず。

ヤクザの権力争い、陰謀など少し分かりにくい話運びがありつつも、謎のベティの正体が分かってきたりとずいぶんお話が進みました。

唯一、気質として愛する人を守ろうとする少年が、お話の希望になっていますね。対して、ドロドロの兄弟の絆が今後どうなっていくのか、続きます。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ