四人のにびいろ(1)

yonin no nibiiro

四人のにびいろ(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神87
  • 萌×239
  • 萌31
  • 中立10
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
26
得点
694
評価数
174
平均
4.1 / 5
神率
50%
著者
akabeko 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784396784409

あらすじ

俺を蹂躙しながら兄貴は
あてのない愛を欲して叫んでいる

ヤクザ一家の息子、誠と相は異父兄弟。

母親に愛されなかった誠は、
癇癪のような性欲を相にぶつける。
相は、兄のたぎる熱を穴で受け入れたのだった。

異様なつながりを経て、
主従関係を結んだ二人はヤクザとなった。
誠が囲い始めた愛人・ベティの逃亡をきっかけに、
ベティに惚れたヤンキー・勇が
十川兄弟の歪な関係に引きずり込まれ…!?

表題作四人のにびいろ(1)

十川誠,ヤクザ山之辺組の若頭
ベティ,誠の愛人

同時収録作品四人のにびいろ(1)

十川誠,異父兄
十川相,異父弟

同時収録作品四人のにびいろ(1)

勇,巻き込まれ型ヤンキー
ベティ,ヤクザの愛人

その他の収録作品

  • Bonus track

レビュー投稿数26

ヤクザ×愛人、兄×弟、不良×ヤクザの愛人 4人が織りなすストーリー

ヤクザの兄・誠と愛人ベティが一番カップリングに近いかな。
この話の本質は兄の誠×弟の相だと思うんですけど、まだ一巻なので薄い。兄弟の濡れ場描写は過去の回想(高校時代~ヤクザなりたてまで?)に出てきます。現在はお役御免とのことで、夜の相手はもっぱらベティちゃんのようですが、2巻では現在軸での兄弟の濡れ場があると良いな~と思ってます!兄×弟推しなので!
相さんは毎回ボコられてます。不憫受け。彼が勇くん(ベティに惚れてる巻き込まれヤンキー)をことあるごとに庇っているのは、優しいからというのもあると思いますが、一般人をヤクザの世界に巻き込みたくないからでしょうね。一般人に、自分と同じ道をたどってほしくないという思い。そこらへん丁寧で良いなと思いました。

ベティちゃんが何を考えてるかよくわからない淫乱キャラ。次巻で誠との出会いとか、過去とかやるのかな?ますます巻き込まれヤンキー勇くんが空気になりそう。勇くん優しくて可愛いから、私的には好きな相手(ベティちゃん)とくっついて欲しいので、応援していますが…。今のままだと不毛な恋の予感。

一巻は波乱な感じで終わりました。ますます兄弟のスレ違いというか、溝が深まりそうな感じです。
誠を可愛がっているけど内心ちょっと疎んでいる山之辺組長、相のことが嫌いな本部長の美馬さんがどう動くか、サブキャラにも注目です。

好きなシーンは、誠が相を無理矢理抱いたとき
頭を掴んで自分の方に向かせてキスしようとするんですが、気恥ずかしいのか一瞬躊躇って、唾液飲ませることでなんとか堪えたあそこです。文章で説明しずらいので買って実際に見てほしいです。きゅんとしました。

とりあえず、早く二巻が見たいなぁ…。一年後になるんでしょうか。

そしてこれだけは言いたい。
作者さん、相を受けにしてくれて有難うございました!!

12

1巻はまだ序章。一刻も早く続きを……………

大好きなakabeko先生の新刊、しかもヤクザものという事で即購入。そして安定のakabekoワールド全開でした…!素晴らしすぎて性癖ど真ん中すぎて語彙力を失っていて今日までレビューを書く事が出来ませんでした。

母親に愛されず育った兄・その兄に負い目を感じ共にヤクザになった弟・兄の謎の愛人・その愛人に惚れてしまった不良少年、この四人の物語です。

親に愛されず育った子供はここまで歪んでしまうのか…と兄の誠を見ていると虚しくなり、そんな兄に理不尽に扱われても受け入れる弟の相を見ていると悲しくなります。

この雁字搦めの兄弟に誠の愛人のベティ・巻き込まれたカタギの勇くん・兄弟の父親的存在の山之辺さんなど…他の登場人物達がどのように絡んでくるのか…気になります。

帯に「全員、横恋慕」と記載されていたので、この先誰が誰を想うのか、最終的に誰と誰がくっつくのかなど、1巻はまだまだ序章といった感じなので全然予想ができません!一刻も早く2巻が読みたいです!!続きが気になりすぎて夜も眠れません!

9

人間ドラマを描くのがうますぎる

2巻発売も近いということで、おさらい読みを。
私はBL歴が浅いひよっこなため、発売当時はスパダリ×美人による王道BLを好んで読んでいました。
そしてそのときはakabeko先生の描く世界観にイマイチついていけなかった。魅力がわからなかった。
とりあえずレビューも評価もせず、この作品は一旦眠らせていたのです。

今はそれが功を奏したとしか言えない!
あの当時適当な評価をしなくて本当に良かった!と心から思います。
改めて見るとこの表紙からしてかっこよすぎて震えてくるわ〜!
この表紙を見て、4人の人物の人間性、関係性、ストーリーが想像つくでしょうか。
本当にいい意味で予想を裏切られた。最高の気分。

異父兄弟の誠と相の関係性が主軸にあり、そこに誠の愛人ベティと、ベティに心惹かれる少年・勇が複雑に絡み合います。
ラストに向けて、ヤクザものとしてのストーリーも色濃くなり「続きが気になるーー!!」と叫びたくなった瞬間、
「続 To Be Continued」の無情な文字列が。

ストーリーはまだまだどう転ぶかわからない段階ですが、人間ドラマとして非常に見応えがあるので、2巻が楽しみすぎる!という理由で評価をつけさせていただきます。

Bonus trackの幼少期のエピソードには胸が苦しくなって凍りついてしまった。
可愛い寝息をたてる小さな弟の指を握り、その可愛らしさに顔を赤らめる兄。
そこへ「相に何するつもりやアンタ」と言いながら現れる実母。
「ごめんなさい。おかーさん…」と謝る寂しげな表情の兄。

大人になり、小さな頃と同じように、眠る相の指に触れる誠。
愛されず疎まれながら育った彼の中には、一体どんな感情があるのだろう…

7

10個ぐらい神付けたい!!!お兄ちゃんにどうか愛を…

ヤクザに、刺青に、兄弟に、先の見えない四つ巴のドロ沼ラブ!
もし仮にakabekoさんのこれまでの作品をすべて見過ごしていたとしても本作で確実にこの作者には辿り着けただろなってくらい、私の好きなモノがド直球にこれでもかと詰め込まれていて、あれもこれもな勢いで萌え滾りまくりの1冊でした!
ストーリーがこの後どう展開するか分からなくたって、これはもう迷わず即断で「神」付けちゃう!
テンション上がりすぎてちょっと文章がウザいけど見過ごして><

まず真っ先に、刺青萌え読者として、同じく刺青萌え属性の皆様にこれを言っておきたい。
オンブルーの電子版は裏表紙が収録されません!
紙本買いましょう!
裏表紙のイラストが公開された瞬間、あ、これ電子じゃダメだ!って紙本予約しに走りました。
帯込みで横デザインされた装丁も技アリで目を惹きます。
ちなみに本作に登場する刺青は本職の彫り師さんがデザインをしているとのこと。
誠は首から足首までガッツリ墨入りなんですが、まだ全貌は公開されていません。
彫り師さんのツイアカのもったいぶったチラ見せが憎いぜよ、、、
刺青キャラ2人(相と誠)の全裸エッチを見れる日が楽しみすぎます!

ストーリーについては「全員、横恋慕。」の四つ巴ラブの行方が気になるのはもちろんのこと、そのうちの兄弟2人(相と誠)の歪な結び付きがやはり気になるところ。
母親に愛してもらえなかった兄と、母親に愛されない兄を「可哀想」だと思って生きてきた弟。
兄の危うさ、弟の強かさ。
初めて弟に突っ込んだ時、「あったけぇ………めちゃくちゃあったけ──…」と愛情と体温に飢えてきた兄は心が満たされ、「俺の胎でよけりゃいれてやるよ」と弟は心で思う。
弟がいれてやると言う場所は、“腹”じゃなくて“胎”なんですよね。
そのまま受け止めるなら、嗚呼この関係は───
弟に自分の唾液を飲ませて笑いながら涙を溢れさせる兄があまりに切なく危うく痛い。
兄弟萌えメーターが振り切れすぎて戻らなくなってしまったので一旦ここで本を閉じ。笑
akabekoさんヤベェ…なんだこれどんだけ神だよ…としばらく語彙力を完全に無くしておりました。
もはやこの十川兄弟だけで私としては十分なんですが…!
それを四角関係にしちゃうとか、akabekoさんどんだけ欲張りよ?!?!
休憩挟みながらじゃないと萌え過ぎてほんと体力の限界…!
萌えツボにヒットしまくる作品の威力やばい。

休憩を挟んで落ち着いたところで第5話に戻るも、なにやら今度はあやしい雲行きに…!
待って待って待ってこの兄弟を引き剥がすの絶対やめて!!!
akabekoさん!!マジで!!!!!

極めつけにこのボーナストラック(描き下ろし)とか、ああもう泣きそう。
兄が切なすぎる……………
読み始めはベティと勇視点から始まるので兄ジャマーって思ってたけど、1冊読み終わった今は、ベティちゃんだけでも今はどうかお兄ちゃんの側に…と願ってやみません…!

つ、続き早くください……!><

あとがきに、相と誠の刺青デザインに本職の彫り師さんを採用された思いが書かれていました。
作品とキャラに対する作家さんの愛情と意気込みが素敵です。


あ、そうそう、兄が弟を犯しながら言う「上の口からトコロテン」ってセリフが、想像したくないけどインパクトだけはとんでもねーなと思ったのは私だけでしょうかw
(結構非道いシーンなので笑っちゃうのも不謹慎なんですけどね…)

6

akabeko先生の描く裏社会BL

akabeko先生の描くヤクザものということで、発売当日に書店へ向かいました。
「全員横恋慕」良いですね……!!
誠さん(表紙 左から2人目)と相さん(表紙 1番左)は異父兄弟のようです。
母に愛された相と、愛されなかった誠……
「贖罪」と裏社会に身を落とし、兄を「可哀想」という相さんに胸が苦しくなりました。
もっと別の生き方だって出来ただろうに……と。
また、愛されなかったが故に、愛し方も愛され方も知らない誠さんが、ひどく不器用な存在に見えました。
今後の展開が楽しみで仕方がありません。

5

お話の先がわからないとこもいいけど、それより、何より、絵がいいの

ヤクザの異父兄弟を中心に、兄の方の愛人と、その愛人とかかわりを持ってしまったが故に巻き込まれてしまった一般人、この4人の間の愛憎にヤクザの内部抗争が絡んで進んでいくお話。
メインの4人の間には、恋愛的な相思相愛なカップルが全く成立していなくて、どれがどれを、誰が誰をって、関係の先が全く読めない所に、凄くワクワクする。
ヤクザ物としてもこの先どう展開するのかも気になる。
と、このストーリーも面白さだけでも神寄りの萌2だけど、それにも増して絵がすき。
本のサイズに対しての、絵の大きさや背景の描き込み具合やトーンの濃さが絶妙ですごく読みやすい。
ここまでノンストレスで読みやすい絵に出合えてうれしかったので「神」で。

3

続きに期待です!!!

こちらのサイトのツイッターで電子版が出たと知って、絵柄が好みで購入してみました。

ヤクザものとは書いてありましたが、けっこうガチなヤクザさん達です。1巻ではそれぞれの関係性が少しずつ分かってきて、これからどう動いていくのか…?って所で終わってしまい…続きが非常に気になります。

誰が誰をホントに好きなのかも曖昧だし、どう転がってどうくっつくのか、楽しみです。

メインの4人以外にも色々なキャラクターが登場しますが、総じてキャラが立っているし、分かりやすいのでどんどんお話に入り込んで一気に読んじゃいました。

続きに期待して神!にさせていただきます。

3

3つのお願い(>人<;)

本作品のようなあらかじめ次巻があるとわかってると、
「続き見てみないと"'"神"'"かどうかまだまだわからんよ〜」
と思ってしまうタチなのですが、
もう1巻読んでこれだけワクワク、ゾクゾクさせてもらって2巻が待ち遠しいっ!と久々に心の底から思ったのでサーセンm(_ _)m評価を"'"神"'"にさせてくださいませ。

しかし、異父兄弟ねぇ。
異母兄弟のほうがBL設定としては多そう…私読み間違えてる?なんて思ったら!
そういう事ね!この点が本作品のキモになっていくのねぇ。
先生はどこからこの作品を思いついたんでしょうねー。

フフフ、でもね、あらすじにもあるようにヤクザものね。
そしたら表紙から見ても毛皮のベティちゃんの役どころはだいたいわかっちゃった。
でも、表紙の写真2人は今後どう動きだすか全くわからない。
良い子の勇くんもどうなんのよ。
他の3人次第でベティもどう動くか違ってくるよね?

そして山之辺の叔父貴がヤクザパートを受け持ってくれるんだろうけど彼奴も食わせ物っぽいからなぁ〜。

先生ナマ言って申し訳ないっス!
やっぱり2巻、どうなるか凡人のアッシにはわかりません。
m(_ _)mで待っております。

あと先生には
「少年の境界」の2巻を
無理は申しませが、出来るだけ早くお願いしたいのと、
「タケトトコタトアオト」の続きでもいいし、他のホワホワ系も今後ぜひお願いしまきです!作品もぜひお願いしたいです!

全然に3つのお願い。
どうかかなえてっっっ。
・゜・(ノД`)・゜・。

3

エンドマーク見届けるまで死ねない。

何度も読み返した作品なので、初めて読んだ時の感想をひっぱり出して書きます。

akabeko先生の作品は電子版で買えるものは当時コンプリートしていましたが、最後に買ったコレでまたガツーーンとやられました。魂持っていかれて抜け殻になりました。

相(弟)と誠(兄)を軸に話が進んでいきます。「これは『愛と誠』ではないのか?」というレビューを読んで、なるほどと思い、何か参考になるかと梶原一騎大先生の「愛と誠」のあらずじだけなぞってきたりしました。

というのも、正直この「にびいろ」の話が私には分かりにくかったから…。(面白いですが!!)
分からないのにめちゃくちゃ面白い、という天才の作品です。

「愛と誠」は、幼い頃 愛を助けた王子様なのに手の付けられない荒くれものになってしまった誠を、愛が愛と金の力で更生させようとする物語だそうです。
そこを踏まえると、クズでゲイで荒くれものの兄、誠を、弟の相が全てささげて更生(?)させようとする話なのかなぁとふんわり思うくらいで良いのかもしれません・・・。

この兄弟、弟の相が兄のごとくしっかりしていてゲイでもないのに、堅気として生きて行けたのに、なぜクズの兄に一蓮托生(性的関係含む)しているのか、1巻では詳しい心情まで読み取れません。
その先を考えるだけで血が躍る感じにはなります。

akabeko先生は受と攻のパターンを裏切ってくれるので面白いです。
誠と相も相の方がしっかりした兄のような雰囲気。
私はこの相の夢女になりそうなくらいノックアウトされました。雄っぽいのにセクシーすぎる。

読み終えた時の「え?もう終わり?マジで?2巻までどう生きればいいの?」みたいな喪失感がすごかったです。

追伸:誠183センチ(攻)、相186センチ(受)で、お互いが初めての相手です。こんな萌えるシチュエーションありますか・・・?

3

とにかく推したい

ヤクザものは正直苦手ですが、この作品ほど萌えて萌えて仕方がない漫画はない!心臓えぐり取られるほど萌えます。akabeko先生の魅力がぎっちり詰まったすごい作品です。四人の関係性に萌える、愛し合う必然性が見事に描かれている!刺青の美しさも見ものです。読んで損はないかと思います。ぜひ!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う