待てない犬の躾け方

matenai inu no shitsukekata

待てない犬の躾け方
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神32
  • 萌×213
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
221
評価数
48
平均
4.6 / 5
神率
66.7%
著者
松本ノダ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
デイジーコミックス
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784815550165

あらすじ

一方的にガッついて果てて自分が満足したら終わり。
マイペースで独り善がりな泰助に対して、
不満を募らせる育実。
愛がない訳じゃない、嫌いな訳じゃない…だけど、
片方だけが満たされないセックスは、嫌だ。

「言って分からん駄犬には…身体に教え込む」
互いに高め合える最高のセックスを目指して今、
過酷な早漏治療が始まる――!!

表題作含め、様々な幸せのカタチを綴った
身も心も満たされる短編4作品を収録

待てない犬の躾け方全2話
ふくらみに揺らぐ
世界の終わりも悪くない
50歳、最初の恋のはじめかた。
描き下ろしあり

表題作待てない犬の躾け方

泰助、早漏絶倫駄犬
育実、セックスに欲求不満

同時収録作品ふくらみに揺らぐ

栄江田、体育教師
里美光、不良生徒

同時収録作品世界の終わりも悪くない

エイタ
シュン

同時収録作品50歳、最初の恋のはじめかた

三田俊之、50歳で童貞、信金勤務
トモ、26歳のダンサー

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • トモ君は◯◯臭がお好き(カバー下漫画)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

満足度の高い短編集。エロいし胸にくる。

4編の短編からなるこの作品。
松本ノダ先生は私の中で大注目の作家様。
うち2編はすでにアンソロジー『調教覚醒BL』と『R40BL』にて既読レビュー済でしたが、アンソロの続きも収められているということで購入しました。

松本先生の絵柄ってすごく男くさいです。
修正は白抜きなんですが、毛の描写とか、すっごくリアルな感じで。
つるつるピカピカすら〜りのファンタジー男体ではなく、体型や筋肉のつき方などがめちゃくちゃリアルなんですよね。
ファンタジーな美しさも好きだけど、こういう肉体美もいいなぁ〜。
つるピカファンタジーばかり見てると、鏡に映った自分の現実が直視出来ないときがあるので(笑)

・表題作
大味セックスしか出来ない早漏の攻めを、大人のセックスが出来る男に調教していくお話。
攻めを調教って新しい!
「俺を満足させろ。このクソ早漏駄犬」
と言い放つ受けの育実のことは一瞬「ストレート過ぎてこわっ!」なんて思ったけど、早漏治療のために一ヶ月、ときに一日数時間、相方にフェラして気持ちよくしては寸止め…を繰り返すなんて、よっぽどの愛情がないと出来ないこと。
別のパートナーを見つけたり浮気するのではなく、長く付き合うために恋人とのセックスの相性を良くしようと根気強く頑張るのって、すごく相手のことを大切に考えた行為だよな〜と感心しちゃった。
早漏云々よりも一番は相手を思いやる気持ち。
そんな大切なことを叩き込むエッチな治療でした♪
アンソロに載っていなかった第2話は、その後の2人。
これまためちゃくちゃエロくてビックリ!
駄犬だった泰助がいい感じのワンコに成長し、甘くて幸せな2人を見ることが出来ました♪


・ふくらみに揺らぐ
松本先生ってわりと素朴な人物を描く作家様だと思うのですが、高校生を描くとこんな感じなんですねー!
めちゃくちゃキレイでカッコいいんですけど!
絵の幅が広いですねぇ…すごい。
先生生徒ってあまり好きな属性のCPではないんですが、クールでカッコいい光のむちむちおっぱいには、私も魅せられてしまったー!
襲い受けの光は、『いい教師』『理想の教師』でありたい栄江田に対して、セックスしながらわざと「先生」「先生…」と先生連呼で煽っていく。
この魅力…先生もたまらんよね、これじゃ。


・世界の終わりも悪くない
うぅ…松本先生、なんてもの読ませてくれるんだ…。
苦しくて泣きそう。
ゾンビが跋扈する世界のお話。
衝撃的だったけど、これ好きだ。


・50歳、最初の恋のはじめかた。
なんと50歳で童貞…どころか、初恋も迎えていない男が、美しい青年トモと出会い恋をする優しい物語。
50歳というより60代くらいに見える三田さん。
同級生の友人は同じ50歳でもイケオジなので、三田さんのビジュアルは「恋も知らずに生きてきた信金勤めの男」を忠実に描いているように思います。
とにかく優しいストーリーと、抜群に美しいトモが見どころ♡

バラエティに富んだ満足度の高い短編集でした!
松本先生がお好きなら、アンソロで1話2話読んでいても、買いだと思います♪

4

死ネタの同時収録がドストライク

表題作は、”回数で稼ぐ早漏”な攻めを受けが躾けたら”回数熟せる遅漏”爆誕で受けあっひあひ!(涎)
しかも、受けがちょっと口数少ない年上なんだけど、拗ねたら口が尖るとかお前何歳だよ!可愛すぎかよ!
攻めの事が大好き過ぎるのもたまらん可愛いだろぉ!!!!!ホント悶えた!
ラッブラブなエロエロカップルで読んでて超絶癒されました!


で、こんなラブラブハッピー表題作の後ろに控えてる同時収録。
表題作終わって、同時収録1作目は体育教師とぷるるんオッパイ男子高生の話。
ラストの同時収録3作目は50歳童貞と26歳の歳の差ラブ。
その間の・・・・同時収録2作目!
心底尊かった。切なかった。
いや本当に「尊かった」としか感想が出てこない自分が情けないけど、とにかく尊かった。

2

愛あるHに勝るものなし!!

アンソロで読ませていただいた短編をコミックスにしていただけて
読み応えあるわえっちだわ甘いわで大満足なのです!

表題作の2話目はWEB配信されたものだったんですね。
情けないことにいまだに電子に手を出せないので
とても助かりました…!
しかも1話よりラブ度が上がっていてヒュー!!!
愛想がなくても可愛いって最高じゃない…。
自分の魅力をわかっていない育美を
心底いとおしそうな泰助が頼もしい!
好き過ぎて最中にちょっと意地悪してもおねだりに負けちゃうのね♡

『ふくらみに揺らぐ』
先生×生徒、倫理的にはアウトでしょうけどフィクションなので!ww
あんな雄っぱいの生徒がいたら目のやり場に困るわ…。
しかもあんな煽られ方したら暴発しちゃいそう。
ナニがとは言いませんが(言ってる)

『世界の終りも悪くない』
まさかのゾンビネタ!?って表紙の爽やかさからは予想できませんでしたが
バッドエンドかに見えて二人が幸せならハピエンですもんね。
もう取り残されるのはまっぴらだったシュンだから
最後はエイタと一緒にいられて良かった…。

『50歳、最初の恋のはじめかた。』
俊之さんがあまりにも優しく穏やかな人なので
今まで恋したことがないのが勿体ないなぁと思ってしまいました。
まさにトモに出会うためだったのかも??
トモの美しさったら……虜になってしまうのもしょうがない。
トモの本業が意外過ぎましたよねww

描き下ろしの泰助×育美もカバー裏の俊之さん×トモも
愛が溢れて止まらない感じが素敵です!!

2

色んな角度からグサグサ来ます!

遅ればせながら購入しました... まず文句無しの神です!!短編全てに、エロと切なさとキュンが詰まっておりました!!私は四作目の年の差のお話がとても響きましたが、読み返す毎に三作目もジワジワ来ます。「やっぱりノダ先生いいなぁ」って再確認した一冊でしたよ!

2

バラエティに富んだ短編集(∩´///`∩)

めっちゃ良かったー!(∩´///`∩)大満足

ガッツリ元気にドエロを楽しみます系から50歳のキュンな初恋、
温かだけど切ないメリバなお話までバラエティに富んだ短編集。

初出で掲載されたアンソロのテーマは
・調教覚醒BL
・雄っぱい・雄尻BL
・R-40BL
他リブレのシトロンで発表された作品も収録されています。

私は最近初めて松本ノダさんの作品に触れまして、
肉感・熱量がドワッと感じられるエロに一目惚れ…!
今作も楽しめてホコホコでした(´///`)♡
(もちろんお話も面白かったです!)

インタビュー記事のサンプルがお好きでしたら
表題作はもっと絡みが濃厚ですので是非是非ヾ(*´∀`*)ノ


◆待てない犬の躾け方(2話+描き下ろし12P)

表題作はあらすじ通り、攻めの早漏治療に励むお話です。
早漏だか回復も早いw
回数で勝負する攻めなんですが問題はそこだけじゃなく前戯もなおざり。
受けは欲求不満の末、この先も長く一緒にいるために治療を始めるのです。

付き合うことはセックスが全てではない。
けれど、そこに不満があるといつかはズレが生じる。
愛だけでオールオッケーといかないのは世の常だよなぁ…。
(長い目でみたら¥も大事だ←)

というわけで、攻めを勃起させ寸止め・勃起させ寸止めを日々繰り返す受け。
攻めがよがりくるってアンアンするからどっちが受けで攻めなんだ状態w
リバっぽいというか百合っぽいというか…;

なんですが…!!!
15日目を過ぎた辺りから、沸々としだす攻め力…!!!
ここまで来るとよがることはありません。
目をギラギラさせながら受けがフェ○してるのをジッと眺めて
脳内で受けを犯している雄顔が~ッッ∑(゚◇゚///)ドキュ-ン
これめちゃくちゃ良かった~~~~/////

果たして1ヶ月の治療の行く末は…!?
ーーーという感じで甘々カップルのアグレッシブなエッチが堪能出来ました♡
2話目では攻めのことが大好きな受けの本音が見られてキュンキュン。
普段はクール系なのに照れて口がとがっちゃうのすっっごく可愛い~ヾ(*´∀`*)ノ

◆ふくらみに揺らぐ(1話)

むっつり体育教師×むっちり生徒のお話。
教師という仕事を神格化してる節がある体育教師。
素晴らしい教師になるため日々を送っているのですが、
生徒の喧嘩の仲裁に入った時に偶然雄っぱいをみてしまいムラッと…。

良い教師でありたい自分と
生徒に欲情してしまう自分に苛まれーーーと展開します。

煮え切らない教師の顔の下を襲い受けが暴いていく。
"良い教師"の仮面を抉るようにあえて「先生」「先生」と呼びながら犯される受け。
ちょっぴり苦さもありつつ、以降は甘さも感じられる先生×生徒のお話でした♪

◆世界の終わりも悪くない(1話)

2015年にシトロンで発表された作品です。
これは少し年数が古いせいか絵のタッチが違いました。

原因不明のウィルスにより人が人を食い、食われた人間はゾンビ化していく。
ゾンビにより崩壊の一途を辿る世界で2人で生きている高校生のお話です。

ゾンビから身を隠しながら食料を調達してその日その日を生きる高校生。
攻めは受けに片想いをしていて、中学時代に1度告白をしたことがありました。
フラれて以降会えないままだったけれどゾンビが現われ混乱する世の中が再会のキッカケになり。
世界の最後を2人で生きると決めてーーー。


ズンとくる重みを感じます。
どうしても大ネタバレ含む感想になってしまうのでスミマセン;

最中に攻めの表情がいっさい見えなかったんだけど
既に浸食されてたのならやだなぁ…切なすぎる(;ω;)
でも最後のページは身体を繋げた後に書かれたものですよね?
(ぺぺが投げられたときは真っ白だったし…)
だったら幸せな気持ちでいられて良かった。

悲しいけれどきっと本人達にとってはハッピーなエンド。
そうであってほしい。最後の受けの表情がグッときます。

◆50歳、最初の恋のはじめかた。(1話+カバー下)

信金勤めというのがしっくりくる穏やかなおじさまの50歳にしての初恋。
初めて知る"恋する気持ち"を大切に抱きつつ少し甘酸っぱいお話でした。

ちょっぴりたるんだ腹の攻めと美筋ボディの受け。
おじさま攻めはDTなんですが年の功でガツガツというよりねっとり攻める。
それにトロトロにされちゃう青年が非常に良き…!(∩´///`∩)

最初こそ手慣れてる受けがイニシアチブをとるんですが、
攻めの穏やかな人柄と優しい安心感に心を委ねるようになってたのかな。
それが怖くなって1度は逃げ出すのですが、
戻ってきたときに涙目だったのが可愛くて可愛くてキュンキュンしました!

50歳にして初めて恋をしるおじさまも微笑ましくて
恋する気持ちを大切にする姿にほっこりしてとても良かったです。


書くの忘れてた追記:紙購入で修正は白抜きでした…。

7

キャラ設定もストーリーもお見事

 冒頭を飾る表題作がエロもキャラの組み合わせも素晴らしかったので、短編集だと気付いた時は少し残念に思ったのですが、後に収録されている3作もとにかく濃く良質なストーリーで、読み終わる頃には大満足でした。松本先生の短編集は、個人的に箸休め的な作品もないと感じ、いつも最初から最後まで楽しめるので改めて好きだなぁと思いました。

◆待てない犬の躾け方(表題作)
 ワンコだけど絶倫テクなしの攻め・泰助に、受けの育実がちゃんと相手の快楽も考えた上でセックスできるよう、特訓を施します。焦らしに焦らされた泰助が、ようやく自由に育実を抱けるようになった時のテクも伴った激しさは最高でした。相手のことも最大限気持ち良くさせるからこそ、絶倫や変態な攻めにも萌えられる。そして、育実が急に素っ気なくなっても不安になったりせず、彼からの愛には絶対的自信を持ち続ける泰助が、大人の男だなぁと感じました。性格はツンだけど泰助に一途な育実も、とても可愛かったです。

◆世界の終わりも悪くない
 一番好きな作品です。タイトル通り、ウイルス感染でゾンビの急増した世界で、ひっそり2人きりの生活をしているエイタとシュン。そんな非日常的な環境にいることを除けばひたすら爽やかな青春であり、初期の恋人同士のような甘酸っぱさを満喫する2人。でも、エイタの感染により、2人の生活に終わりがやってきます。ゾンビパロはSNSなどでよく見かけますが、商業で読んだことはあまりなかったので新鮮でしたし、この結末は2人の深い愛も伝わってきて、非常に美しく印象的でした。

◆50歳、最初の恋のはじめかた
 50歳にして恋愛経験のない三田と、若いダンサーのトモの話。初めて恋に落ちた三田のきらきらした瞳が素敵で、人はいくつになっても恋をするといい表情をするものだなぁと思いました。蜜月を終えて一旦は離れてしまう2人ですが、きっとトモは戻ってくるだろうという予感はありました。そしてやはり戻ってきてくれたトモが、実は鰹の一本釣り漁師だったというのもダンサーとのギャップがすごくて、萌えましたね。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ