p子ちんさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性p子ちんさん

レビュー数0

ポイント数3

今年度311位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

夢がいっぱい!何でもありな世界

前作に引き続き、凪に溺愛されている琴音。ちゃんと恋している姿を、愛されている凪によかったねえと声をかけたくなります。
今作では、更に濃厚に詰め込まれたBLな何でもありな世界を堪能できます。人外は序の口。ちょっと!それもありなんですか?ってのもあって、苦手な人もいるかもしれなあと思いました。
やっと見られた二輪刺しが、真っ白なのがザンネン…でも、愛はたくさん詰め込まれていました。詰め込まれた結果、新たな命も。次巻がたのしみです。

拗らせ両片思い

モテモテの闇カジノオーナー哲司(攻め)と幼なじみの頭は良いのにド天然な太一郎(受け)とのラブコメディ。
太一郎にぞっこんな哲司はある時、愛人になりたいと言われます。散々振り回され続けていますが(哲司が思っているだけ)、お互いがお互いを振り回しています。テンポよく笑いが散りばめられていて、さらりと読めました。表情は、艶っぽくなにより絵が綺麗です。
個人的には、妹さんとマイクのキャラが好きですが、モブさんたちもいいキャラです。
拗らせてるなー、すれ違ってるなーーーって思いましたが、くっついてないときも甘々なので…
哲司の太一郎への敬語でさん付けがめっちゃ好きです。
欲を言えば、くっついたあとのふたりをもう少し見たかったです。、

ほっこり温かい気持ち

紳士な綾間とビンボー高校生 直己とのほっこりしたお話でした。家計を助けるために頑張っている直己くんが、とっても健気です。しかし、そんな時「IT企業社長の綾間」を知り、ちょっと困らせてやろうみたいな軽い気持ちで関わったことから始まります。高校生の子供っぽさと浅はかな考え、綾間の紳士で大人な対応に萌えました。
綾間の側近の佐久間に色々仕掛けられてしまいますが…ここがちょっぴり胸が痛かった。二人は、もちろんほっこりいいカップルなんですけど、どんな情にしろ綾間を大切に思っていた佐久間を思うと…

私にとっては、ちょっぴり胸が痛く、ほっこりした1冊でした。

えっちでかわいいおじさん

地上100メートル〜、メタラーさんが大好きで購入。
作風ががらりと違って、とってもえっちでした。
おじさんの女装なんか…と思っていましたが、とってもかわいいおじさんでした。年下部下くんの表情もかわいくて、受け攻め共に好きになりました。
ましろちゃんを可愛い可愛いって溺愛する攻めのイケメンぷりもよかったです。
えっちなんですけど、可愛いが勝っていました。

個人的に、病院でのあれこれがと〜〜〜っても可愛かったです。

まるで絵本の様な美しさ

初読みの方でしたが、美しい絵とストーリーに引き込まれました。大人になったら食べてもらえる、美味しくなると信じていた生贄の太郎。太郎をでろでろに甘やかすオオカミ男のウル。他にも妖精や人魚などまるでおとぎ話。ピュアな太郎は、それはもう大切に育てられます。足の先から頭のてっぺんまで手入れをされ、可愛くて丸呑みしたいほど溺愛。そして、ウルが大好きなとっても良い子。読めば心があたたかくなります。この二人のこれからをもっと見たいです。

可愛いくて愛らしい

純血種は、人間のペット。保護という名目で迫害され管理区で過ごしている雑種の獣人。希少種の白は親に、外に出ては行けないと言われていましたが、その親を亡くし管理区の外へ。そこで、人間の瑛一と出会います。

いきなり生活が一変して、あたふたと戸惑う白が可愛いです。何もわからず、1から教える瑛一と使用人の池ノ内。褒められたのが嬉しくて、また褒めてもらおうとしますがそれも空回りで失敗。そこがまた愛らしいです。
ペットと飼い主との距離を保とうとする瑛一が、天然でピュアっピュアな白に振り回されています。あと、ハーネスがとってもえっち!!
王道なシンデレラストーリーですが、白がとっても可愛くていじらしい!

白を守っていた父親のことが、もう少し知りたかったです。いつか、見られたらいいなあ。

悪役で出てきた、モブ2人がなんとカバー下でも。こちらも楽しめました!報われてほしい。

ほわほわあたたかくなる1冊

貧乏学生の遣斗は、大雪の日に凍死しかけたところを隣人の壮志に助けられます。真っ黒な服を身に纏い、髪が長くて無口で目付きが悪く近寄り難いけど前髪から覗く瞳は、何かを訴えるように語りかけてきます。その日から、ご飯を作ってもらい一緒に過ごすことが多くなりました。穏やかに1年を過ぎた頃、少しずつ2人の関係が変化して行きます。
ゲイを隠し、壮志への気持ちを隠しながら過ごしてきましたが・・・

遣斗の壮志への対応が本当に良かったです。自分を待ってくれるというのは、なかなか言葉が出てこない壮志にとってすごく重要なこと。鎧の様に黒を身に纏い、メタルを聴きながら威嚇する壮志は繊細で脆い。外界との接触を最小限にする中で、自分が作ったものを美味しそうに食べ、話を聞いてくれる遣斗の存在。ゆっくり進めていく2人がとてもよかったです。
初エッチまでもよかった。焦らず、壮志に合わせようとする遣斗さん!めっちゃイケメンです。
そして、壮志さんが雪似合いすぎるくらい儚い。美しいです。

紙袋と味とはどんなものでしょう

ゲイが集まる掲示板で、最初は、面白可笑しく笑いの種にしようと思っていたのに、そこで出会ったヒロさんに言葉巧みに刺激されどんどん深みにハマっていきます。煽られながら過激になっていく要求は、いつの間にか現実でのSEXに・・・
ラブホテルに現れたのは、紙袋を被ったヒロさん。おかしいはずなのに、イチくんは翻弄されいつの間にか・・・

イチくんの若さ故の好奇心、何度も暴こうとする姿、紙袋越しのキスで紙の味する~と言う姿可愛かったです。現実だと、危ないからやめなさい!!と言いたいですが、そこはフィクション。深みにハマっていくイチくんがよかったです。
ヒロさんの過去を知り、キラキラ輝くイチくんに対し憧れと、情けなくも1歩踏み込めない心情は胸が締め付けられました。

紙袋をはずさなくても、このままでも大丈夫だと言った時の2人の思いはすれ違いますがグッときます。大人だから、経験してきたことがあるからこそ踏み込めないヒロさんと
若いから、経験がないから踏み込んでくるイチくん。インモラルで甘美な快楽に落ちていく2人を何度も読み返してしまう1冊です。

2人だけの世界

クールでかっこいい うーちゃん(受け)は、星(攻め)にだけ甘えん坊になります。幼馴染の初恋イチャラブカップルの甘々エロエロが楽しめる1冊!
2人が可愛くて、愛しくて幸せを願いたくなります。星にしか心を開かない うーちゃん。同級生には冷たいのに、星に向ける笑顔がたまらない。周りも応援しているので、これといって障害はありません。 えっちのときの「せぇ・・・」って呼びながらトロトロのうーちゃん、かわいいです。
同時収録は、2人のバイト先の先輩店員と店長さん。星たちに対抗意識を燃やし、意地悪をして店長さんにお仕置きされたりとこちらもラブラブで大好きなお話でした。

甘えろ

巨根すぎて拒否されるアラサーで喫茶店主の新と純情な大学生淫魔、清夜との甘えろイチャラブ。
店の前で倒れていた清夜に精液を提供する新。快楽に弱く、すぐグズグズになっちゃう清夜が可愛くて仕方なかったです。
巨根のせいで悩んでいた新ですが、清夜と出会い受け入れてもらえたことでメロメロ。
身体から始まった関係ですが、性格や行動でさらにメロメロ。始終甘くてえっちですが、どこか甘酸っぱくてキュンキュンさせられました。
清夜の幼馴染、インキュバスのレオもとっても魅力的。過保護過ぎませんか?って思いましたが、清夜のあの性格ならそうならざるを得ない。