ateさんのマイページ

萌×2作品

女性ateさん

レビュー数14

ポイント数85

今年度141位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

3カクカンケイ コミック

靴川 

甘苦い

三角関係だけど三角じゃない。矢印が行ったり来たり、あらすじ読まなかったから予測外でした。強面不器用な清野と人気者森下が徐々に距離を深めてく過程が甘酸っぱい♡コミュ障柏木と森下が対面してからは三者三様、複雑に絡んで…苦味が増す!結末は賛否両論みたいだけど、じわじわきました。 3人ともピュアで必死なとこ、素直なぶつかり合いが可愛かった。柏木がコミュ障自己中とこが可愛くてみえるか、ムカつくかでこの作品の評価が分かれてるかも。斜め上すぎて、オモロ可愛かったよ。3カクのことを自分達は新婚でもう1人は姑って言うのとか。

3カクと言っても1辺はキャットファイトファイト。攻め1×受け2の3P、興味深かった!今はこっちの時間って待たせちゃうのもいいですね。ゆくゆくは2人一気に可愛がれたり、ネコちゃん達が絡むこともあるんだろうか…チャラくみえる森下は常識人だろうから苦労するだろうな…上手く言えないけど、ふわふわとどんよりと独特な読了感。Kindle、tnk修正が大きな〇にドット柄だったのも衝撃でいろんな意味で印象に残る作品でした。

重厚壮大な物語

花嫁、子ども、体格差、避けがち三要素だけどもフォロワさんのヤバBLということで読んでみたら!ちょっとワケありな花嫁がちょっとどころじゃなくて上の上の上の展開!人情、日常、異国の風情、策略、温かみと血生臭さ、心の在り方、壮大すぎて深くて重くて優しくて!どすんです。 ふわふわファンタジーかと思ったら骨太だった!
無骨なローランと健気なサガルが何年も時間をかけて心を通わせるのがね、もどかし~2人の人柄が端々に感じられて、お互いを思うからこそ出てくる言葉、出てこない言葉にギュッとなる。受け入れる準備をこっそりするサガルちゃん、可愛すぎ~二人とも潔くて守るもののためにはすごい行動しちゃうのとかカッコイイ!!!

濃くて濃くて

始めから終わりまで濃厚とろとろ♡魔女研究第一人者の准教授が魔女の血筋の司の力を引き出すためと責める責める!本人は優しく可愛がってるつもりだからタチが悪い♡司が魔女だからと思い悩んだり、力と向き合ったりするとこもグッとくる。何かにつけてえっちなのはもっとクル!淫靡!淫靡すぎる!!たまりません!!責め方ひとつひとつが執拗でねっとりな背徳感と多幸感満載。尿道責めもすんごいぐっりぐりでとんでもないわけですが、木馬ですよ!木馬!!!先生お手製ってのがまた!!木馬~~~笠井あゆみ先生のイラストもあり、木馬とんでもなかったです。やっばい。先生の責め方、甘美で奥の奥の快楽を引き摺り出す感じがとてつもなくて、悪い笑顔でひどいことなんて何もしてないでしょ?って責めてくるの狡すぎでした。そんなことしても溺愛なのが良いですね!!

腹の底のさぐり合い!

爽やか議員の兄(門明)、汚れ仕事担当の義弟(明菜)、頭がキレる冷徹な秘書(九重)、歪な3人の執着に兄の特別な友人(カル)も関わって、政治会の思惑もドロドロ!守っているはずだったのに、汚れてる指先は…本心を知った時のあーと堕ちる気持ちとスッキリした気持ちと不思議な感覚。

全体的に重めなのに日本人のせー液はソイソース味だとか、挟まれるユーモア、駆け引きや相手を思う気持ちに吸い寄せられた。兄を守るため汚れ仕事を率先する明菜が1番擦れてないっていうのがなんとま言えません。それを本人が気づいてないとこに、門明も九重もカルも好ましく思ってたのかな。

九重みたいな冷徹な人の本音、それをさらっと重要なこと言っちゃうのが良い。かわいく見える~ラブ全面じゃないけど、奥底に隠れた感じが染みる。兄の影、汚れてると思いこんでた明菜にはストレートな九重の押しは効いたのでは!
門明も最後まで爽やか過ぎて怖くて怖くて好き。不敵でえげつなくて黒いのにまっさら雰囲気がすごい。その後が知りたいキャラナンバー1!

門明の童貞と処女を誰に捧げるかってミーティングを3人で理路整然と行ってるのもシュールだった。そこで、明菜の人間性、3人の関係が見えるのも面白く印象的なシーン。ただ、時系列ちょっと違うような?話し合いは門明が大学1年だけど、門明と九重が出会ったのは門明が2年生だった?と気になった。読み込めてないだけかもしれませんが…そんなこと言いつつ、とても好きなシーン!

キャラ同士、腹を探り探り本心を見せないところ、じっとりと伸し掛るとこ、軽やかなとこといろんな面が面白かったです。

友達をやめる日 電子 コミック

英子 

思い込みがすごい

pixivで連載されてた作品が商業電子配信!!英子さんの描く関係性はキュンとユーモアが詰まってて大好きです。

今作は大学の同級生の拗らせ両片思い!!!惚れっぽい親友のことを諦めるために、嫌われるようと抱かせちゃった英嗣が切ない切ない…英嗣にされるがままだったの晴臣が形成逆転、優しく責め立てちゃうのが♡諦めようとする英嗣を大きな心で受け止める晴臣がカッコよかった!!2人がどう思ってたか、どう友達になったかという過程の描き方も、あーーこうやって想いを募らせちゃったのね…ときゅんきゅんしちゃいました!

もう1つの短編は台詞と心の声で二度楽しい!端から見たら一発触発な関係と思われてたのに…2人の世界が面白すぎです。

思い込み激しい人々がとてもとてもいとおしく思えます。

溺愛攻め

「お尻とろとろにしてくれる?」
甘く攻める吉見くん!優しくて 深い包容力で、どんどん凛一が感情や表情豊かになり、素直になっていくのがとてもとても可愛い。
凛一はαだけど祖父の抑圧する教育のせいで自己肯定感なし…とても生きにくそうだったのが、吉見くんと出会って、恋する感情のぐるぐると共に成長していくのも微笑ましかったです。凛一は銀ギツネの半獣なので無表情でいるつもりでも耳や尻尾ダダ漏れなのがなんとも~ケモ耳に興味はないけど、尻尾のとこ撫でると蕩けるのは、きゃんわいい! と思いました。