この変態ヤリチン、こっちが童貞だと思ってなめやがって…!!

冴えない童貞の俺が年下のヤリチンに懐かれたんだが

saenai doutei no ore ga toshishita no yarihin ni natsukaretandaga

冴えない童貞の俺が年下のヤリチンに懐かれたんだが
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×235
  • 萌17
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

228

レビュー数
12
得点
346
評価数
90
平均
3.9 / 5
神率
33.3%
著者
はなぶさ数字 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
arca comics
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784866692746

あらすじ

童貞をこじらせているせいで、リア充が大嫌いな大学生の秋葉智己。小説家になるという夢を叶えるため割の良い家庭教師のバイトを始めるも、生徒の兄であるチャラい高校生・将吾が男とセックスしている現場に遭遇してしまう。セフレとやりまくっている上、智己のことまで誘ってくる将吾に、智己は…!?
強引な年下ヤリチン×冴えない童貞家庭教師、キャラ違い過ぎなふたりの恋、前途多難!

表題作冴えない童貞の俺が年下のヤリチンに懐かれたんだが

井波将吾,16歳,高校1年生
秋葉智己,20歳,大学生,家庭教師バイト

その他の収録作品

  • 4年も経てばほだされる(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数12

大人と子供の間のよう

小説家になりたい秋葉は
自分が書く小説の描写に厚みをもたせるため
苦手なタイプの将吾と積極的に関わろうとする。
すべては小説のためにしていたつもりが
次第にそれ以上の存在になっていって‥。
(ざっくりあらすじ)

将吾の冷めた眼差しや言動は
家族からの自分の対する壁を感じてそうなってしまっていただけで、実はすごく良い子でした。
自分から求める術を知らなくて
不器用になってしまっていたのかな。

他の誰にも打ち明けられない胸のうちを吐き出させてくれる秋葉は、将吾にとっては唯一の存在なんだろうなと思います。
悪そうにしているけど、なんだかんだ可愛らしい一面のある将吾と
なよなよしていそうで意外に行動力のある秋葉。すごく良いカップルでした。

0

どうして気弱メガネ君が刺さらないんだろう。

ライトノベルみたいな「俺が‥○○なんだが」なタイトルが新鮮でした。
意外とこの方式のタイトルってBLでは少ないのでは。
表紙もイケてる。この攻めに受けがグズグズにされちゃうんですか?はい読みます!!て感じで手に取りました。

BL王道のストーリーの1つ、ヤンチヤでハイスペの年下が、冴えないメガネ男性に惹かれる話ですね。
このストーリー、潜在的に大好きなんです。
が、実際どうにも刺さらないこと多いという‥

今回も受けの子が、ただただ受け身なのが読んでいてしんどかった‥
あと何故このヤリチンの攻めが、この受けにこんなにも、惹かれたのか。

ここにもう少し説得力を感じたかったです。
説得力‥私が感じられなかっただけなのですが。
こういうグイグイ攻め×ひたすら受け身の受け
のカップルで説得力を感じることはなかなかに少なくて‥

この閉塞感に風穴を開けられる作品に出逢いたい。

私にはちょっと刺さらなかった‥ごめんなさい。



3

タイトル長いな!(笑)

最近やたらと年下攻めの作品を読んでいる気がする…本当は年上攻めの作品が好きなはずなのに…なぜ?でも、読んだ結果大好きな作品になったので気にしない(^^)

最初は、年下でしかもチャラい攻め…この攻め苦手~なんて、思っていたけど…
最終的には可愛くてカッコいい攻め君でした。
家族との距離の取り方が分からず、爛れた高校生活を送っていた将吾くん。秋葉先生との出会いでどんどん変わっていって、素直な良い子に!

描き下ろしの二人の同棲話がキュンときて、とても好き~

0

タイトルつけたやつ出てこい

まず、タイトルのとおりだ。
タイトルつけたやつ出てこい。先生怒らないから。

普通にいい話だったよ!!でも、タイトルからして1話完結型の中身のペラいやつだと思っちゃうでしょ!!
「アンタ童貞なんだ」からの「へえ、触っただけでその反応w」からの「嫌がってた割にドロドロじゃんw」からの「からかってやるだけのつもりだったのに、案外かわいいじゃん…こっちがハマりそう」みたいな!みたいな!!
ちがった!普通に純愛だったわ!

巻末にあったラブラブ同棲編もっとほしい。

7

本当の恋を知らない高校生が童貞大学生に恋する話

タイトルから、中身が薄いのかな?と思って読み始めましたが、話の内容はとても良かったです。

簡単にまとめると、受けの智已がアルバイトで双子の兄妹の家庭教師をすることになります。授業で使う地球儀を借りに攻めの将吾の部屋に行くと、セフレと行為中に出くわして・・・

てな感じの導入です。智已は小説家志望で、小説を添削してもらった際に「嫌いな人の気持ちを知るのも大切」「恋でもしてみたら?」とアドバイスをうけ、自分の嫌いなリア充の将吾を構うようになります。
将吾は将吾で両親が下の子にばかり愛情を注いでいるので、家に居場所がない、家族に嫌われていると感じていてセフレを作り安心感を得ていました。

経験豊富だけど本当の恋を知らない将吾と、ピュアな童貞智已は真逆だけど似ている部分もあり、お似合いカップルでした。
最後に数年後の2人のエピソードがあるのですが、将吾が変わりすぎてて誰かと思いました(笑)

0

良かったです

ヤンキーと童貞のよくみかける設定ですが、面白かった
なんとなく、ストーリーは予想できるのですが安心して読めるし、細かな描写は面白く楽しめました

受けが童貞こじらせてるというかなんというか‥すれてなくて可愛らしかったです

攻めは素直になれないというか、甘え方がわからない甘えん坊
そんな風に見ながら読むと可愛らしさが倍増します

そんな2人がくっつくまで微笑ましく見つめながら、家族が絡んだお話なのに重苦しくなくて、けどリアリティはあってすごくバランスのとれたお話だと思います

最後に先の2人見られたのも嬉しかった

2

作家買い

面白かったです!これからも作家買いします。

「初恋が牙をむく」ではなぶさ先生に落ちたのですが、今作は少々恋になるのが早過ぎて驚きでした。
将吾(攻め/高校生)も智己(大学生)もちょろ過ぎない?
あんなに衝撃な第一印象だったのに、智己が少し言っただけで将吾は弟妹と打ち解けるし、いい子になるスピードが早い!!今まで触れ合ったことのないタイプの人間だったから新鮮で興味深かったのかしら。

将吾が高校生なりの可愛いさがあるのは良かった。特にact5でヤキモチを焼く将吾は可愛い。一方ゴムのサイズ合わない発言あたりのさらっとした「用意してくれてありがとう」は妙にかっこいい。慣れてるからでしょうか笑

本編後に4年後の2人が収録されていますが、これがあるのとないのとではうける印象がだいぶ違うと思います。続いてるっていいな〜

5

ヤリチン改めました

はなぶさ数字先生の作家買いです。
まずは、受けちゃんのビジュアルが良いではないか…
美人受けも、ガチムチ受けも結構平等に好きになる私です。でも、こちらは黒髪短髪眼鏡と三拍子揃ってるぅ…しかも地味めです。
攻めは、ビジュアルからわかりやすい。
はい!ヤリチンっ。みたいな感じです。

始まりこそ、結構衝撃的です。でも、やっぱり健気にはかなわないな。
智己が、意外と気が強い。負けないもんと翔吾に立ち向かう。

ひねてしまうと、真っ直ぐ正攻法な優しさや態度は困惑しつつも嬉しくも有り。
翔吾と智己が、互いの事を話し合いながら知っていったり、キスして触れられて意識するのは良かった。

始まりは、最低。のち、自分の事に一途に愛してくれる彼氏になるとかさあ…
大変よろしいんじゃないでしょうか!

描き下ろしでの甘く甘くえっちする2人が、とても良いですよ。翔吾の気持ちが、冷静なようで違う!熱くて、絡み付く気持ちの強さ。
ヤリチン改め、溺愛彼氏。
智己がほんと感じやすくなっていまして、エロさ増しでした。

4

タイトルで損してるかも!

とても面白かったです。

将吾 は16歳なのに家にセフレを連れ込んでて、最初は不遜な態度でした。
しかし智己と接するうちに素直に変化して、不器用だけどとても可愛いらしく魅力的だと思いました。

智己も恋愛経験も無い童貞くんで小説家志望で、観察する為に将吾に近づきました。でも将吾の幼い時からの寂しさに寄り添って、家族との橋渡しをするのです。

将吾が大学生になって智己と同居生活をしてからのお話も描かれています。お正月に帰省した将吾の家族は智己との関係を知っているようで、お母さんは一緒に連れて来いと言ってるし、お父さんに至っては智己の家族構成を聞き出していました。

読んでみると将吾の家族は素敵で家庭教師の智己との関係も暖かくて、タイトルで損をしていると思いました。
とても素敵で読後感も良い作品でした。

5

ヤリチン攻めがあまえんぼうになっていくのかわいい。

紙本
修正…白短冊
カバー下…あり

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う