初恋が牙をむく

hatsukoi ga kiba wo muku

初恋が牙をむく
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神81
  • 萌×246
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
626
評価数
141
平均
4.5 / 5
神率
57.4%
著者
はなぶさ数字 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
ISBN
9784813032090

あらすじ

弟と二人暮らしの晃生には、忘れられない人がいる。
高校時代の同級生の嵯峨だ。

高校生の時に晃生は嵯峨とのキスを弟に見られてしまう。
罪悪感から晃生は嵯峨を遠ざけ、そのまま疎遠になった。

だが、それから十年以上経ったある日、嵯峨は弟の仕事関係者として再び晃生の前に現れて…!?

表題作初恋が牙をむく

嵯峨玲治・芸能事務所マネージャー・28
家田晃生・在宅プログラマー・28

その他の収録作品

  • 弟が家を出る

レビュー投稿数14

這種風味的受也不錯~~

有點病,有點不坦率,有點懦弱,氮素很米,偶爾流露出來的那些小細節也好,氣質也好,很蠱人www攻也是我喜歡的那種強勢男(?)啊喜歡,破鏡重圓,很好

好喜歡作者這種感覺的作畫與敘事,喜歡喜歡wwww

0

わたしの神本

私の神本です。人生No.1漫画です。
人とは違うセクシュアリティに
悩んでいる主人公とそれを初めて受け入れてくれた同級生との出会いと別離とさらに再会を
はなぶさ数字先生の美しい絵柄で
丁寧に描かれていているのが最高に素敵です!
目線や表情と台詞がコマを追いかけるたびに
何度も心を鷲掴みされました。
どちらかと言えば映像のドラマや映画を見ているような感覚!!
グズグスと泣きながら読みました。

はーっ良い本に出会えました。
何度も定期的に読み返しています。

4

初恋の相手と結ばれる尊さ

初めて読んだ はなぶさ数字先生の作品です。

芸能事務所マネージャー 嵯峨 玲治と在宅プログラマー 家田 晃生のお話。

両親が海外勤務のため、晃生くんは年の離れた弟の面倒を見ています。
ある日、芸能事務所にスカウトされた弟の南が俳優になると言い出しました。
両親に頼まれた晃生は仕方なく芸能事務所に顔合わせに行くことなります。
数日後、芸能事務所を訪れた晃生くんが南の担当として顔を合わせたのは…「初恋」の人でした。

高校生の時、晃生くんは嵯峨くんとキスしているところを幼稚園から帰った南に見られてしまいました。
その出来事から、様子がおかしくなり人見知りになった南。
晃生くんは自分の責任だと感じ、嵯峨くんを避けるようになります。
しかし、親の転勤で転校した晃生くんは、ずっと「初恋」の嵯峨くんを忘れられないままでした。
幼い南には同性同士が理解できなくても、兄のいつもと違う雰囲気に不安だったのでしょう。
そして、高校生の晃生くんは弟に対する罪悪感を持ち、自分のセクシャリティに向き合う覚悟は持てなかった。
…誰も悪くないんですよ。

一方、嵯峨くんもずっと晃生くんを忘れられませんでした。
だから、晃生くんに似ている子をスカウトしたのですが、まさか晃生くんの弟なんて…人生は捨てたもんじゃないですね。
「弟」がきっかけで疎遠になり、「弟」がきっかけでまた巡り合う。
しかも、南くんは人見知りをほとんどしなくなり、俳優の夢に向かって頑張っています。
兄離れをするために1人暮らしをすると言い出して、晃生くんが考えていたより成長しているんだな~。

自分も前に進むために初恋を「終わり」にしようと思った晃生くんですが、逆に嵯峨くんの気持ちを突き動かします。
両片想いの2人だから、気持が通じたら後はもう止まりません (*ノェ`)っ))タシタシ
お互い10年以上も「初恋」の人を想い、後悔したからこそ踏み出せる一歩。
南くんも兄のセクシャリティには気が付いていたらしく、すんなりと2人を受け入れる柔軟さ。
厳しい芸能界を生きていくためには大事だね(笑)

Hシーンは、エロさはないですが晃生くんの初々しさが伝わります。
晃生くんの「やめないで」が可愛すぎた(笑)

描き下ろし『弟が家を出る』
南くんが1人暮らしするために引越しをするお話。
晃生くんは南くんに「明日も嵯峨さんも休みだってさ 頑張ってね」と応援されますが…。

はなぶさ数字先生の丁寧な絵柄と心理描写で感情移入できる作品です。
「初恋」の人と結ばれた2人。
この先はもう手を離さないで欲しい
タイトルのイメージからは想像できない純情なラブストーリー。
ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。

1

大事なものを見つけたよ

切なくて胸が苦しくて、なのに甘酸っぱくて・・・本当に大好きな作品です。
物語の冒頭は嵯峨(攻め)と晃生(受け)の過去のシーン。この時点で二人の体格差に静かに悶える。
まだ幼かったみーくん(弟)の心に傷を負わせてしまったと、晃生はずっと負い目を感じて生きてきました。
共働きの両親に代わって自分のことは二の次に、みーくんの面倒を見てきてもその罪悪感を消し去ることは出来なくて。
そんなある日晃生は、引っ込み思案で内弁慶と思っていたみーくんから『俳優になる』と打ち明けられます。そして彼をスカウトした事務所の関係者としての嵯峨と、十年以上振りに再会するのです。

・・・初恋、初めての恋なんです。それだけではなく嵯峨は、同性愛者としての自分を肯定してくれて、そばに居てくれた初めての人でもある。そんなの忘れられるはずがない。お互いの初めてをゆっくりと埋めていくような穏やかだけど心がそわそわする日々の中、二人を疎遠にしてしまう出来事は起こります。
第一話~第四話が晃生視点、第五話は嵯峨のターン。
再会してからの二人がもうもどかしくて、もどかしくて。でもね「一からやり直していく」様を丁寧に追っていける喜びをこの作品は教えてくれます。
あと個人的に嵯峨が晃生のことを『家ちゃん』て呼ぶのに最大の萌を感じてしまうのです。

5

初恋が牙をむくまでの切なさ、牙を向いてからの幸せ

切ないシーンを読んでいるときの心臓の速さといったら凄まじくて、でもそれが幸せによる心臓の速さに切り替わった瞬間の快感と言ったらそれこれ凄まじくて…
そんなすれ違い乗り越えての幸せを存分に味わえる作品でした!

ある日の出来事ですれ違ってしまいそのまま関係が修復できずじまいで離れ離れ。そんな2人がひょんなことから10年以上経った今再会するお話です。
ずっと忘れなれなかった人との再会は嬉しい、でもそれは幸せな現実が待っているならの話。
受が当時の話をした途端、案の定攻は「よくその話出せるな」「やっと忘れられたと思ったのに」と、挙げ句の果てには「その話はもう出さないでくれ」と言われる始末。切ない。
そこからの2人は現実での関係を取り繕う。でもどうしたってお互い引きずってるし、お互い好きあってるし、お互い一歩踏み出したいんだろうなと…私にはめっちゃ伝わってくるのにお互いには伝わらない切なさ…すれ違いの切なさ描くのが最高で私の心臓は喜びまくりでした…!
読者には伝わってくるけど受には何を考えているか伝わらないだろうなって思える攻の描き方されていて、とてもお上手だと思いました…

でもやっぱり攻は激重執着一途攻でした!やっぱりね!受には感じさせないけどやっぱりね!偶然ではあるものの2人の再会がそんな攻の未練たらたらっぷりからきていたという現実にはまんまと喜ばされました…やっぱりね〜…!
あんなに頑張ってたのに抑えていた感情が溢れだしてしまった瞬間の攻の最高さと言ったら〜……!受のこと迎えに行ってくれてありがとう…一歩踏み出してくれてありがとう…あのとき自分がもっと理性抑えてゆっくり進められてたらって後悔をしてたこと最っ高だったし、「もう逃げないで」の切なさと言ったら……最高でした…!そこからの2人の営み最高に幸せなのに、どうしても取り戻せない現実の切なさもあって、でもそんなの今があるからやっぱり何よりも幸せなんだろうな〜ととても感じられてやっと繋がりあった2人の愛をきちんと感じられるシーンでした!
これからの2人は確実に2人で幸せのレールを歩いていくでしょうね!そんなことを感じられる終わり方で最高最高でした!

切なさの表情がとても魅力的で、ゆっくり丁寧に描かれたストーリーで読んでるこっちも同じ切なさを味わえるそんな作品でした!

切なさ乗り越えての幸せを読むのが何よりも大好きな方にはもってこいの作品だと思います!これからも読み返したい作品でした!本当に良かったです!

6

初恋のあの子

最高も最高でした。登場人物みんな可愛い。

◾︎嵯峨(芸能事務所社員)×家田(家ちゃん 在宅プログラマ) 高校の同級生

序盤の嵯峨と家田の探り合い、家田目線で話が進みますが、嵯峨の気持ちを考えながら読んじゃって、胸が苦しくなります。
家田の自宅でコーヒーを飲みながら「ありがとうございました」と言われた嵯峨の気持ち…家田もそうしたくないながらも、ここで区切りを付けようと決意したわけですが、嵯峨もこれで終わりにされるかと思ったら胸中穏やかではないですよね。だからこそ戻ってきた。
終盤の嵯峨目線が非常によかった。初恋は双方に爪痕をしっかり残していて、この再会がなければどうなっていたのかと震える。嵯峨の「ノーコメント」から察するに、彼氏かどうかは分からないが遊んではいたよな〜〜でも嵯峨の方が執着強めだから今後は安心です。

弟の南が外でみーくん呼びされることを嫌がらないのが可愛い。恥ずかしいからやめて!って言ってもいい年齢なのに、素直に育ったんだろうなぁ。みーくんがずっと、"恋人"作りなよってお兄ちゃんに言ってるのも優しいですよね。気付いてるから"彼女"とは言わない。
家田が抜いてる描写あったけど、DVDは普通に男女モノなのかな?家ちゃんの性格でゲイDVD置いておけると思わない。男女モノで男性のカットが多い作品とかでカモフラしてたのかな?

「みーくんにひどいことしたことある」…のくだりだけ切り取ってBL脳的に読むと、あっくん→みーくんの兄弟ものに見える。みーくんがBL脳じゃなくてよかったよホント。完全に昔イタズラしたお兄ちゃんだよこれじゃ。

描き下ろし、家田が嵯峨のシャツたたむの可愛すぎて、そらそうなる!!!

2

淡くない初恋

幼稚園児の弟にキスしているところを見られて
弟が喋らなくなってしまい初恋を手放さざるを得なかった高校生の晃生、
気の毒でしたね…。
自分のせいだと責任を感じてしまうのは当然だし
嵯峨くんの気持ちを考えるより転校を機に逃げてしまったのは
いたしかたない事だと思います。
でも嵯峨くんにしてみたら好きだったからずっと苦しかっただろうなぁ。
振られた方は振った方が想像するよりもっとキツイはずですから。
再会時に少し意地悪だったのも仕方ないですね。
とはいえ晃生も引きずってたからお互い様かもしれません。

それにしても嵯峨くんは高校の時も優しいし
大人になったらかっこよくなってるー!!
晃生より断然嵯峨くん贔屓になってしまったのはビジュアルが好みだったのと
5話の冒頭で嵯峨くんの心情が切なかったからです。
「家ちゃん、もう逃げないで」
この一言でわぁああ!となってしまいました。
余裕のない嵯峨くんも魅力的でした。

みーくんは昔の事が嘘のように活発な若者になって安心しました。
晃生が過保護だったのも結果的には良かったです。

1

初恋が忘れられない2人

買ったままになっていましたが、やっと読めました。
とても可愛いかったです。

高校の時にダメになった初恋が、大人になった今になって自分たちにのしかかってくるというお話です。
ようするに、ずっと忘れたくても忘れられなかった初恋相手に再会し、恋が再燃したのです。

高校生の時、お互いゲイだと認識していた嵯峨と家田が部屋でキスをしていると、家田の弟・南に見られてしまう。
それから気まずくなったり、家田の引越しがあったりでそのまま疎遠になるが、南の仕事関係者として2人は再開し…

ずっと忘れられなかった者同士なのですが、南に自分の志向を伝えていないこともあり一歩踏み出せない家田。
嵯峨もまたずっと忘れられなかったが、踏み込めずにいた。
しかし、家田が高校時代の思い出に区切りをつけたことで嵯峨も昔の思いに踏ん切りをつけ、また新たな一歩を踏み出す。
抑えていた気持ちがお互いに溢れ出して、求め合う…という感じで初Hになだれ込みます。
実は南は兄の性癖に気付いていました…南、強くなったものです。

いい大人の2人なんだけど純粋で、甘える家田なんてメチャかわでした。
これから楽しい思い出をたくさん作っていってほしい2人です。

3

なりふり構わず振る舞えない大人達

 学生時代、男同士でキスしているところを受けの弟に見られて以来、まったく会わなくなってしまった2人の再会からの物語。実は当時まだ幼かった弟自身は、もう忘れているくらいの出来事なのだけれど、見られた兄の方は当時の気まずさや罪悪感をずっと背負っていて、なかなか前に進めずにいます。相手は何とも思っていなくても、自分はどうしてもずるずると気持ちを引きずってしまうことってありますよね。弟の成長を感じ、自分も変わりたいと望むのに、最初の一歩を踏み出す勇気が出ない家田にはとても共感しました。

 2人の恋が再び動き出すのは終盤になってからなんですが、それだけの時間を要したというところがリアルで良かったと思います。家田が当時のことを振り返って気持ちを晒け出すまで、2人はあくまで家田の弟の南を介して繋がっている関係で、南の兄とマネージャーという存在でしかないんです。間違ってキスしたりハグしたりすることもないし、もちろんラッキースケベ的な展開もなく、最後の最後までお互いいつでも相手を振り切る覚悟をどこかに持っているような雰囲気を感じました。そういうところが、大人同士の恋愛を等身大に描いた作品だったように思います。

2

まさに牙をむく

表題のお話で1巻。
どうかな?と思いながら読み始めたけどとてもよかった。

gateau の「めんどくさいけど~」を先に読んでいて、ヒューマン系いいなあと思った記憶があるのだが、詳細が思い出せない。都度レビューしないとだめですね。

タイトルから再会ものかな、とおもって、余り得意でないので半信半疑というところだったのですが、読み始めてすぐ、これはいいなと。まさに牙をむく初恋で、あふれる恋情がよく表現されてた。

高校生の頃、本屋で、何となくお互いゲイかも、という出会いをした二人。部屋でいい雰囲気のところを幼い弟に見られたことから、疎遠になってしまう。

今は在宅プログラマーで生計をたてるあっくんと、同居して俳優をめざす弟。弟をスカウトしたのは、なんとかつての恋人、嵯峨くんだった。

お互い忘れたはずの恋。けれど爪痕は深く残っていて、終わったといいきかせなくては心乱れてしまう。
昔、恋から逃げてしまったあっくんが、今度こそちゃんとお別れしなくてはと、嵯峨に向き合うシーン。せつなくて涙腺がやられました。

今後も英数字さんの作品をフォローしていきたいと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う