ナニガシさんのマイページ

レビューした作品

女性ナニガシさん

レビュー数6

ポイント数51

今年度253位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

デートリッヒ

まさかBLでマレーネ・デートリッヒに出会うとは。

座裏屋先生の世界観は独特で、いつもス○ッツの「♪昔あった国の映画で〜」の詩を思い出してしまうのですが、なるほどあのメランコリックな空気は、古き良きハリウッド(アメリカ)が描くヨーロッパ(異国)の醸し出す香りなのだな(ハリウッド初期は、欧州から沢山の監督俳優を招いていた)と妙に納得し、それを現代に変換出来る座裏屋先生の力量にまずは感服致しました。
中でもこの「コヨーテ」は冒頭から出色で、異国情緒溢れる演出の中、マレーネ(ヨシュ)とリリー(コヨーテ)の、恋の鞘当てから始まります。そこからのサスペンスフルな展開、二人の甘くも苦い愛のシチュエーション、、、とまあ物語の賛辞は他レビュアーさんが書き尽くして、他に言葉が見つからないので、変化球として私が愛した(多分座裏屋先生も?)マレーネ・デートリッヒの話でも。

デートリッヒはドイツ生まれの女優で、ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督「嘆きの天使」での演技(と脚線美)で注目され、監督と共に30年代のハリウッドに招かれました。「モロッコ」(市川崑監督の「悪魔の手毬唄」のも出てきましたねぇ。日本初のトーキー映画)がヒットし、数々の主演作「上海特急」(上海リリー!)「間諜27」「恋のページェント」経て、大女優となります。当時は、これも後世に名を残す大女優グレタ・ガルボと人気を二分していました。時代が変化し、引退してもなおその人気は衰えることはなく、90年代にはマドンナの「Vogue」でもオマージュされており、マレーネの伝記映画が企画された時は(途中で立ち消えになったけど)マドンナが熱烈にマレーネ役に立候補したそうです。
数々のポートレートでも妖艶な眼差しでレンズの奥を見据えていますが、あの時代のお目々クリクリなハリウッド美人というよりは、まさに「麗人」(笑)。代表的な「モロッコ」のシルクハット姿が有名で、細い眉と、陰影を駆使したポートレートは、男・女の性を超越した退廃的な美を焼き付けております。数々の浮名を流し、バイセクシャルの噂もありましたが、あの麗人ぶりはさも有りん、確かに女も惚れてしまうほどの美しさ。大戦中は母国ドイツ(ヒトラーのお気に入りだった)の独裁主義に反対し、有名な楽曲「リリー・マルレーン」を引っさげてアメリカ軍の慰問に回りました(特徴的なしゃがれ声がまた渋い)。…と長々書きましたが、「コヨーテ」でマレーネを冒頭にあげた座裏屋先生も、きっと彼女の力強い美に魅入られたのかと、、、なーんて勝手に妄想してしまったり。
ちなみに、私のお気に入りはスタンバーグ監督「間諜27」の男前っぷりと、ビリー・ワイルダー監督「情婦」。特に「情婦」はアガサ・クリスティの戯曲、ワイルダーの手腕、マレーネの演技力が合わさった秀逸!な作品です。

来年(2020年)2月には待望の第3巻が出ますね。座裏屋先生の物語作りには雑念がないので、期待を裏切らない作品であることは確信しております、、、早くヨシュとコヨーテに会いたい!

クッソ面白い!

勢いのある画力と、全力で快感を貪るWネコ主人公の疾走感に、あっぱれ!です。愛すべきクズとカス、ここに爆誕。
「ワンルームエンジェル」でBL臨界点と帯にありましたが、私的にはこちらの作品の方がその謳い文句に値するなぁ、と。読み終わった後に、これBLだっけ?と思い返すくらい面白いんですよ。スンゴいエロいのに!リバとか攻×受とか萌えとか、そんなのもう関係ない(笑)ノンケのアナニストの何が悪い!くらいの清々しさがある。
脇もクセが強いんです。強面のレオくんとエロ可愛い牡丹ちゃん、今言う⁉︎ってヤジマ父さん(笑)カッスーの黒歴史もネタにする上司の田上さんのおおらかさ(?)笑い飛ばす、そしてカッ飛ばされて明後日の方向に行くカッスー、、、と、何気に愛らしいクズ谷の、どんなドン底でもエロを探求する2人のその姿勢に脱帽です。
そうなんですよね、BL特有の「2人の世界」でなく、まったり(いやいや過激だわ)田舎の人々が居なけりゃこの面白さは醸し出せないかも。はらだ先生巧いわぁ。

モチロンBがLするのが本懐なんでしょうが、このアホエロ路線は失速せずに続いてほしいなぁ。この町のハッピークソライフを一緒に楽しみたいです。
神よりの萌2。神よりの萌2。。。2回言った!!

猫の可愛いはやっぱり正義!のキャットバース

BLに再ハマりしてから、オメガバースジャンルを初めて知りまして。「ツガイ」や「運命」なんて好みかも、と思って有名どころは読んでみたものの、全然刺さってこなくて、一番面白いと思ったのは田中圭一センセの「オメガバース音頭」(マジで)。寿たらこセンセの斑目は神なのでなんでかな〜と考えたら、やっぱり制約された世界観と、BL特有のハピエン主義が、どうも自分自身、斜に構えてしまうという結果に至りました。
同時に「人外」も刺さらない。ってか動物に申し訳ない。まんま姿かたちだったりしたらもう心がざわざわする。狼男とか昔から大好き(平井和正センセの犬神明は一時期恋い焦がれていた)なのに、BLになったらなんでだろう?(多分セックスがお約束だから)。でもケモ耳は好き。そんな自分を後ろめたく思ったり。

さて、前置きが長くなってしまったのですが、そんな私の気持ちを取っ払ってくれたのがこの作品でございます。
嫌なのに発情期でフェロモンが出る、、、→家族増やすの大好き!フェロモンも自分で出しちゃうよ!だって猫だもん!
みたいに、オメガバースのネガティブさを、全部ポジティブに変換出来たのは(主に自分の中でですが)ある意味目からウロコというか、なんだよ自分の目線変えりゃあよかったんだ!と小さく悟らせて頂きました。

舞台はモデル事務所→えーなんか現実味ない→猫は純血もmixも可愛いから問題無し!
すぐエッチ→えー、人間性をもっとさぁ→猫は外でもガンガン発情しちゃってるから問題無し!
孫の代まで恋愛→えー何十年描くねん→猫はすぐ育つから問題無し!しかも歳をとっても可愛い!

という風です。それを根っこから明るくエロく、そしてライトに描く事に、つた子センセはすごく長けてる作家さんだと思います。品種も人物にしたらよりキャラ設定が想像出来て可愛さ倍増。キャラが多くなるとどんな上手い作家さんでもこんがらがることがあるんですが、それも品種設定で分かりやすく、性格さえ補える。スゴイよ猫さん!

という事で、見事に設定で「してやられました〜」と個人的に思ったシリーズでございます。ちなみに好きなCPはノア×カズイです。

一番共感出来たのは本多先生

この物語で一番共感出来たのが真珠・本多先生。的を得たお言葉をいただきましたので。

一気に4巻読みましたが、もう少しスピーディに話を進めても良いんじゃないかと。育郎が思ったより(社会的に)無能で、ハラハラ感がない。典彦の企みだけがさくさく進んでいく(実行犯がよく失敗しちゃうんですけどね)。堕ちていく美学を丁寧に描きすぎてるのかな?

横溝正史や手塚治虫の「奇子」など、戦後を描いた秀作は少なくなく、「幽閉」「白痴」「没落」は、あの時代独特の、開放感と閉塞感が同時に入り混じった淫靡・耽美の世界を構築する挑発的な装置の一部で、田舎の家長制度がまたいびつな執着性を生むのだけど、、、それだけじゃドラマというか面白い漫画という訳じゃない。そこに上手く狂言回しとしてブン屋の飯田が登場したので、うーん、丁度4巻出た時点で始めから読んだ私には、これまでが冗長なプロローグで、何かが始まる前兆の様な気がするのです。。。気がしたいのです。まだ育郎と蘭蔵、典彦の物語はこれからだと。

ということで、この先を期待して中立とさせていただきます。

爆弾ドクズ

電子版「悪魔を憐れむ歌」で梶本レイカ先生の鬼才ぶりにどっぷりハマってしまい、「コオリオニ」上下巻すぐさま購入。今回電子版はレーベルも変わっていろいろ書き下ろしもあるのかな?BL浦島太郎としては、うへ〜こんな読者を圧倒する作家がここ10年内に生まれていたのか、とただただ感服です。

さて、あらすじは割愛、感想のみですが。
とにかく登場人物ほぼクズです。クズって言うか「社会不適合者」。
警察官鬼戸と、女房気取りのヤクザ八敷の物語。
とくに八敷翔という男は、積極的クズなんですよ。女の臓器だって平気で売る。他人に共感できないのに、依存はする。破滅型と言うには自分に素直過ぎて、生存本能がハンパない。もうね、どんだけ魅惑的だろうと、現実では絶対側にいて欲しくない、一目だって会いたくないキャラクターなんです。同じサイコパスでも、刑事の鬼戸はちょびっとは社会に適合しようと足掻く姿が描かれていますが、八敷にはそれもない。 ロシアの血を引いた美しさに、幼馴染の元旦那役・佐伯いわく「神の子ドクズ」。でも、わたくし的には、勝手に「爆弾ドクズ」と呼びたいです。八敷の身体は導火線みたいで、エンコ切りや輪姦で、傷つきながらもじわじわと、周りの人間を追い詰めていく。それはチキンレースのようで、脱落者には死が待ってるんです。そこにはラブはなく、欲と本能のみ。鬼戸との関係も、始めはラブというにはあまりも欲と共依存にまみれ過ぎて、、、

でも、何故か強烈に惹きつけられてしまったんです。
「BLはファンタジー」を覆す梶本レイカのリアリズムは、大波に襲われる様な感覚で、私は一気に「梶本ワールド」に飲み込まれました。上下巻の、登場人物の視点の変化は流転のようで、でも説得力があり、そして読後は「ペッ」って浜に吐き出されるんですよ。この才能は異端審問レベルです。ハマる人は疲労と恍惚が待ってます。でも嫌悪も漏れなく着いてくるかもです。

最終話、傷を追った鬼戸と八敷は大海に漕ぎ出します。鬼戸は瀕死なのか?血に気づいた時の八敷の表情は嘆きなのか、「ハメやがったな」の悔しさなのか?ピカレスクとしては、最後は死で添い遂げるのがロマンでしょう。その後の書き下ろしは読者サービス?
正直、二人のサイコパスには戻ってきて欲しくないです。だってクズだもん。日本を平和にしたいもん。

でも、満点の星空の下、果てない地平線に進むボートは何故か悲壮感はなく、、、鬼戸と八敷に絶叫したい自分がいたんです。

「愛おしい!!愛おしいっ!!なんでこんなにもいとおしいんだっっ⁉︎」って。

チッチとあっくん、みやもとそんとたのけてー

今年GW中、新旧問わず読み漁った結果、何度も読み返したのがこの作品です。
子供が出てきたり、産んじゃったりする物語は全然好きじゃないんですよ。
でもね、どハマりしました。

題名通り父子家庭同士の、年月を経た愛の物語です。

ハマりどころは、、、BL神がいるのなら「えっ?そこぉ?」と怒られそうですけど、仕方ないよ、父子家庭の息子たち、チッチとあっくんにノックアウトされまちゃいましたもん。「とんとん、あっくんよー」なんてドア叩かれたら、もうね、BLとか関係なく可愛すぎて。大人の男性はあんなに骨太に色っぽく表現できて、子供はあんなに愛らしく描けて、、、井上佐藤先生の画力にメロメロです。

さて、溺愛チッチとあっくんは横に置いても、この作品は本当に大好きです。
劇画タッチの絵柄は一見リアリズム、BLに良く見られる「女性性」はあまり感じられませんが、読めばしっかりBがL(いやguyがLかな?)してるんですよね。線が太い男たちの色っぽさにもう病みつきになりました。子育てBLなのにエロいんですよ〜、さすが井上佐藤先生、「10 dance」も艶っつやなワケだ。
チッチ父の宮本さんは好青年っぽいけどツンデレの甘えん坊。自分でもそれが分かっているだけに、我が子のため(そして子育ての悩み、辛さのため)一度は逃げるように田所と決別します。そして子供も作っちゃう。中小企業ながらもやり手リーマン、家事も育児もこなす(風の)大人の男・田所は、宮本との別れにやさぐれ、酒に溺れながらもあっくんのために再生します。そして年月を経て、、、

かなり「男っぽい」BLです。デリヘル合戦も、男の小さな見栄っ張りと、愛らしくも思えてしまう。そして二人の愛の根本には、父親としての、子供たちへの慈しみに溢れています。うん、だから切ないんだ。(他のレビュアーさんたちのレビューが秀逸過ぎて、私の駄文はここまでということで)

表題作・他2作も良かった!
『ララルー』婀娜っぽい男たち、とは言い得て妙ですが、フェロモン漏れしている男たちは程良くエロくて、リバ上等の方にはおススメです。
『201』これが一番リアルかもね(笑)

そして『オオカミの血族』と続いていくのでした。

1人よしなが先生祭り

「なに食べ」実写化報道により、勝手に盛り上がり、一人よしなが先生祭り中。
感想のみですが、、、

藤堂兄が、1巻よりややオネエにより気味なのがツボで(1巻は色っぽいチャラ男系)、シロさんの元祖か?と思いたくなるくらい。優しさのベクトルは違うけどね、優しいの。
受けの田宮も可愛いけど女々しくない。
1巻では愛を探り合い、2巻では愛を確かめ合う。そこの笑いも含まれているし、新たなCP(フケ専弟がまたステキ)も出て来て面白いです。
書かれたのは随分前のようですが、今読んでも遜色ない、秀作と感じました。
ホントは神にしたいけど、、、神と萌え2の間が1番しっくりきます。

寺沢武一先生をも凌ぐ尻を堪能下さい!

私も電子版待機派で、配信日0時に購入致しました!
帯といいコピーといい、「男根」と言い切るところといい、攻め様のキメ台詞「あんま煽んな…」と呟きたくなるくらいの期待値マックスで待ちに待った池玲文先生の新作、いや〜、やっぱり面白ブッ飛んでました!!!

あらすじは割愛させていただくとして。
池先生の画力というかこだわりのデザインが、今回もふんだんに炸裂しており、鎧やペニスサックは元より、魅惑的な秘境・プラウ・ヤンギンダの全てに凝縮されております。にしてもペニスサックはさすがの一言、それを8本も!!!創作されたなんて感嘆に尽きます。

そして、ヤラレちゃいましたよ、至高の「お尻」に。
元祖Tバック・寺沢武一神に追随する「お尻」の美しさに、見事ハマってしまいました。
プラウ・ヤンギンダの「男らしさ」は引き締まったお尻にあり、という事で、ボトムはお尻部分が丸見えで、Tバックあり、前布のみあり、仁王立ちでチラ見えする時には、あああぁ・・・とため息が出ます。
敬礼はお尻をプリーんっと向けるんですよ!
目上の人には膝をついてぷりーんですよ!!
最敬礼たるや・・・!!!もうブラン様の最敬礼は本書でお楽しみ下さい。

池先生の代名詞でもあるイケオジも健在です。出てくる年長組全員が色気ダダ漏れで、スコールで濡れそぼるロロ様、サーフィア&レジ王、バリネコの太陽の族長(これが結構可愛い)、イケオジ達をこんなに堪能出来るなんて池先生しか描けないと思います。

そして見たいカップルが多すぎて困ります。
私のお気に入りは、あまり人気のないらしい(笑)主人公のハート&マシューCPです。オッチョコチョイのハートと、ある意味1番親近感の湧くマシュー。闘技場で(ぶっちゃけ公開セックス?)がっつり弄られている恋人を、それでも「文化だから…」と受け入れようとするのは、健気攻めというかやっぱりこいつも1本ネジが吹っ飛んでいるというか、もう笑って応援したいです。

そう、テーマがトーナメントの「王蛇合戦」なんで、ある意味全員が攻めで、全員が受けなんですよね。
これはもう広い心で、どエロでど阿呆な(褒め言葉)「天○一武闘会」見るような気持ちで読んで頂けたらと。

あー、早く続きが読みたいな!