オールドファッションカップケーキ

old-fashioned cupcake

オールドファッションカップケーキ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神543
  • 萌×2125
  • 萌60
  • 中立20
  • しゅみじゃない25

204

レビュー数
89
得点
3415
評価数
773
平均
4.5 / 5
神率
70.2%
著者
佐岸左岸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784813032472

あらすじ

寝て、起きて、仕事をする──それだけの毎日、それだけを好きで選んでいる自分に最近少し憂鬱な39歳・野末。
ちょっと無愛想だけど信頼厚い部下29歳・外川は、そんな野末が気になる。
ひょんなことから、女子で賑わうパンケーキのお店に2人で行くことに。
ここから、外川による野末のためのアンチエイジング大作戦が始まった。
休日まで野末のために時間を割く外川に「なぜ」?が募っていく野末だが…!?

表題作オールドファッションカップケーキ

外川,29歳,仕事の出来る部下
野末,39歳,愛され系上司

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下 漫画2P

レビュー投稿数89

脳ミソの老眼…すごいガツンとくる言葉。

部下と上司のリーマンBLだけではない、
二度目の成人を目前にして人生を悩みだした39歳の独身男が、
29歳の優秀な部下に愛のあるダメ出しを喰らいながらリードされ、
臆病な自分と向き合い”生”を感じる人生を取り戻すお話ですが、なぜかラブリーテイスト。
中年のシビアな現実に乙女心が絶妙に混じり合うバランス感覚の良さ、このセンスにやられました。

そして、じんわりとくる人生の名言が、此処彼処に散りばめられていて、
世代によって刺さる言葉や感じ方が変わるだろうなぁと、思わせる描写の数々にも感心。
どれだけ有難い言葉や差し出された手でも、掴んで価値あるものにできるかは自分次第。
軽めの説教臭さが心地よくて、じんわり心に残る言葉が深い。
恋だけでなく、新たな一歩を踏み出すのに背中を押して貰えるような、そんな温かい作品です。

それにしても作家さんは何歳なんだろう。
心に残る名言、ワード本を読み漁っているとしか思えない名言揃いで、
目の前しか見えてなかった脳ミソの老眼が治った…この言葉の強さに頭をはたかれた感じ。
いいですねぇ~好きです、こういうの。


野末は独身上司ですが、とにかく可愛いくて、会社で人気の癒し的存在。
デキル部下の外川は、尊敬以上の感情を持ってずっと側で野末を見てきたからこそ、
野末の更年期障害のような精神状態を見抜き、ズバズバ褐を入れる。

中年男が”女の子ごっこ”でアンチエイジング…これは斬新だった。
若い女の子には”箸が転んでもおかしい年頃”という表現がある位、周囲から見ると幸せそうに感じる。
若くても男にはできない事と言う野末ですが、
残念なことに女子であってもキャピキャピできなかった私は、野末に共感してしまう。

10歳年下部下にイジラレてる、野末のリアクションが堪らん可愛さなんですが、
恥じらいなんかも混ざってて更に可愛くなっていく。
外川は野末に元気になって欲しいのはもちろんですが、
恐ろしい野末の魔性に一線を超えそうな外川、見ててヤバいのがわかる。
解らないのは当の野末だけなんですが、これも本当は臆病で眼を逸らせていただけ…。

脳ミソの老眼が治った野末が、女の子ごっこに興味を失い、
初スマフォで手こずったり、外川に興味を持って関心が変化して活性化していく姿に、
見ているこちらも気持ちが若返って、人生を取り戻す活力を分けて貰える気がする。

鈍すぎる野末に翻弄されている外川ですが、
自分の恋心に気付いた野末から見る外川がまた新鮮で、
両片想いのピリピリ、ドキドキ感は、女の子ごっこなんて目じゃない脳活性…羨まし~~~!

臆病な人生雁字搦めのアラフォーおじさんが、臆病だから尚の事踏み出せた瞬間が愛おしい。
丁寧に描かれた細やかな心情とステキなセリフ。
そして、三十路と四十路が軽口でじゃれ合う、80歳までこうやって…という言葉に満たされる。

この感覚を楽しむためにBLを読んでるんだと実感する私。
BLこそアンチエイジングですよ。

描き下ろしのエッチ描写では、四十路が焦らす理由に悶絶の三十路。
最後まで可愛いキャラがブレない野末に私も悶絶、クソ可愛いとはこの事です。

そして、最後まで至宝の日常描写が詰め込まれた素晴らしい一冊でした。

※Renta:見えない絡み描写です。
電子先行配信で特典はなく、カバー下漫画もついてなかった…紙本にしたら良かったわ残念。

27

明日の自分が楽しみになる

食べ物大好き、スイーツ大好き人間としては、この表紙を見逃すわけには行かず。
プリンアラモードも、クリームがかかったパンケーキもおいしそう…。
パンケーキに添えられたアイスクリームが若干大きすぎる気がするけれど、たまりません。

pixivで1話を読んで、気になっていました。
買ってよかった!読めてよかった!

40を手前に、変化のない生活を送ることを良しとしていた野末。
そんな彼の更年期を心配した部下の外川との「女子ごっこ」が始まって…。

最初は「言うほど可愛いかなあ?」って思ってたんです、野末のこと。
周囲に「可愛い」「母性本能をくすぐる」と言わせて、そういう風に思い込ませる戦法だな!?と思って身構えたのに…、身構えてたのに…。

しっかり可愛い。
なんだ、この39才は。

外川との会話のテンポも良くて、ほんとに掛け合い漫才みたいなんですよ。
そういうときに野末がムキになったり、へそ曲げたり、開き直ったりするのが可愛くて。
部下に「アンチエイジングに付き合ってくれてありがとね」って言っちゃう39才。
ほんとに何でしょうね、この可愛さは。

2人で出かけて、女子みたいにいっぱい話して、甘いものを食べて、きゃっきゃする。
一歩踏み出してみたら楽しいことは世の中にたくさんあって、毎日がキラキラし始める。
新しいことをするのが面倒じゃなくて、次は何をしようかって考えるのも嬉しくて。
そういう野末のうきうきした気持ちがぜーーーーんぶ伝わってくるんですよ。
可愛い。わたしも一緒にうきうきしたい。

だからこそ、外川が気持ちを抑えきれずに告げた後の落差が切ないんです。
一個ずつ確認するように、「ふつうの上司と部下は〜しない」と並べ立てる野末の気持ちが分かるから。
そうやって一個ずつ否定していくことで、自分の中にあった楽しいという気持ちも、嬉しかった気持ちも、外川が全部くれたものだという感謝も、芽生えていた想いもひとつずつ潰していって、元に戻ろうとするけれど、戻った後に残るものは?
何もないんだって気付く。
何もないよりももっとひどくて、芽生えた想いだけが失う楽しさの分余計に大きくなって残る。
この辺りのモノローグ、読んでください。本当に良いです。

言葉選びも良いし、センスも良くて。
趣味としての料理と自炊好きのところ、「分かるー!」って大きく頷きました。
「後悔は幸福になる糧で、人生の燃料」という言葉は、ノートにメモしました。
結構この1冊でいっぱいメモを取ったので、今回電子版を購入したのですが、俄然紙も欲しくなりました。

野末の住む平屋の一軒家は文化住宅と米軍ハウスを混ぜたような雰囲気が素敵。
外川のリノベ済みの古いアパートも味があって素敵。
野末の家がちょっと我が家に似ているせいもあって、大嫌いだった庭掃除が好きになれそうな予感までしてます。

何だかものすごくワクワクした気持ちが、読み終わってからも続いてます。
わたしも心のアンチエイジングをしよう。
明日、何かいつもと違うことをしてみよう。
家族にいつもの3倍くらい優しくなれそうな気分です。

素晴らしい作品に出会えました。
この気持ち、少しでも多くの方に味わってほしいなあ。

24

年の差やマイノリティとかそんなのは

あまりに神作品だったので初レビューです。

言いたいことはたくさんあるのですが、名言なんて山ほどあるんですが、外川のこの言葉だけ置いておきます。

「年の差とか、マイノリティとかそんなのは、生まれた故郷の違いとか応援する球団の違いとか、その程度のことです。」

いいこと言うなあ・・・

23

大人になって。恋をするのは怖い。

一読して。あまりにも胸が詰まってしまったので。
しばらく放置してしまいました。「春と夏となっちゃんと 秋と冬と僕」の様に。物語の冒頭は何となく4コマ風にスタートするので、一瞬不安になったのだが、いつしかそれはきちんと長編となって行く。

大人になって。恋をするのは怖い。
恋だけでは無い。新しい事に挑戦するのさえ、億劫になって。いつの間にか。
仕事と家のルーティンになっている。多かれ少なかれ、そんな大人は多いんじゃなかろうか。
作者は女性だと思うので。これはBLというファンタジーなので。ファンシーさを追求出来得る女性にとって。男性のその億劫さは想像に難い。女性の方が、男性よりももっと。それは怖くないと思うし。何ならいい歳をしたおばさんのが、女の子ごっこに躊躇しないんじゃなかろうか。いい歳をした大人の女が平気で自分たちの事を「女子」と言い、新しい土地に「女子旅」をし、豪奢なホテルでアフタヌーンティーを楽しみ、スイーツの写真をパシャパシャ撮り、年甲斐もなく恋バナをする。
だから、外川が野末さんを連れてパンケーキを食べに行くシーンが痛過ぎて。我が身を顧みて痛すぎて。直視出来なかった。
大人になって。恋をするのは怖い。
けれど。握力の強い女たちは、また恋をすれば、恋を終わらせ、また恋をする。という強者たちも居る。
恋は相手のある事だから、お相手は男達だったりするので、何も女性だけが強いわけでは無いだろうけれども。それでも。
大人になって、恋をするのは怖いのだ。

『本当はもう気付いていた。
 最近少しも憂鬱じゃない理由にも。
 苛々してメールを待った理由にも。
 預けた鍵が気恥ずかしい理由にも。
 後ろめたく可愛いなという理由にも。
 
 拒まなかった理由にも。
 殴らなかった理由にも。』

外川の気持ちは読み手側にはダダ漏れだったので。野末さんの悪意ない天然さに煽られている様はくすぐったくて。可愛くて。そんな風に真摯な気持ちを諦めずにぶつけられたなら。
気持ちはきっと届くのだと。信じてみたい気もしてくるけれど。
やっぱり胸が痛くなってしまうのだ。
日常に潜むと信じたい、これはリアルなファンタジー。だから泣かされてしまう。
ただ可愛い、と読めない大人になってしまったから。
これを素直に神作だと認めたくない自分がここに居て。また私は涙する。
大人になって。恋をするのは怖いのだ。

16

最高だな…好みのシーンを反芻してしまう作品

発売日に買ってから、何故か積んでしまいました。積んでいるうちに、どんどん評価が上がっていてびっくりしてました!
が、やっと…ゆっくり読めました。
これは、ゆっくり読まなきゃもったいない!

一コマ目から、世界観に引き込まれる…
ほんとにじっくり、描き込まれたひとつひとつのコマから目が離せない、スゴい吸引力がある作品です。

野末さんの、男女問わない人タラシっぷりも然ることながら、外川のじっとり、じっくりと野末さんに近づく感じが堪らないのです!

野末さん、色気が凄いんですよね。
言葉遣い、スーツの着こなし、体型。外川と
あれこれ外出する前の、諦めている感じも良い。
だけど、外川と出かけて距離が縮まって、気持ちの変化に戸惑って。
野末さんの、年の差や性別や、上司と部下そして何年も過ごしてきた「大人の男」としての自分と向き合っていくと外川に踏み込めない心境が、心底伝わってくる。
だからこそ、外川と向き合って、自分の気持ちの変化「外川がすき」と云う気持ちを受け入れていく過程は、ホントに秀逸❗️
コレ…最高って思いました。
告白の路地裏シーンが、スゴい良い。
好みのシーンでした~

付き合ってからの2人が、また良き良き❤️
外川の雄っぷりが、また…大変よろしくて。
描き下ろしの野末さんの、喘ぐ姿はエロく可愛い。
外川、いつまでも堪らない気持ちで過ごすんでしょうね。

発売日に買ってから、何で積んでいたのか不思議。
ですが、繰り返して読みたくなって、好みのシーンを反芻してしまう…
私の、ベストに入る作品になりました!
佐岸左岸先生、ありがとうございます❤️

14

「中年の危機」の乗り越え方はコレですね。

めちゃくちゃ評判が良かったのですが、生来の天邪鬼が出てなかなか読めずにいました。
しかし信頼している腐友に絶対に刺さる!と太鼓判を押していただき手に取りましたら
案の定刺さりました…簡単です。

この作品は色々と素晴らしい点が多く、皆さんが書いていらっしゃる通り名言や丁寧な細部の描写
映画のようなカメラワーク、あえて見せない演出、細やかな表情などなど、特筆すべき才能だと感じました。私が言うのもなんですが。

冒頭、時計が6:05を指し、歯を磨いている野末の後ろ姿
着替えている姿と机の上の小物(ミントタブレット、デオドラント、コップ、酒、たばこ、灰皿)
野末がキッチンへ。お洒落なオープンキッチン。片手で卵を割り、一汁三菜の充実した朝ごはんから野末の料理の腕が分かる。
6:30TVを見ながら朝食
「年下の彼女がいたら…面倒臭いな」という野末。ものすごく気持ちが分かる。

その後出社した野末を取り巻く会社の人たちを見て、野末がとても人気ものであることが分かります。
野末は心の中が空っぽなのですが、それを埋めるために若い女の子と恋愛しようとは思わない。

そんな彼がすごくイマドキの『中年の危機』だなぁと思いました。
「四十路は恋する年齢じゃない」という野末さんの格言に思わず納得。

女子のようにキャピキャピしたいとスィーツ巡りをする二人を見ていて
心が枯れたら全員やったら良いなこれ。と思いました。
そしてふわふわのパンケーキを挟み、年下イケメンわんこから「もっと情熱を持ってください」
なんて叱られたい。

外川と野末の馴れ初めがまた良い…外川が面接で「何もしてこなかった」「何がしたいかもわからない」というNGワードを連発し、大失敗して飲んだくれていた帰り道、野末と出会ってフォローされる…こんな暖かく背中を押される言葉をかけたられたら惚れてまうやろ…です。
(野末さんがなんて声をかけたかは読んで下さい)
この時点では外川の方が空っぽだったんですよね。
後に過去より100倍今の自分を好きになった外川が、野末さんを救い返すの最高すぎる‥二人は互いに支え合って80まで生きると確信できました。

ところで、パフェ待っている間に「すげー可愛い」というモノローグが入るのですが、これってどっちの言葉なんでしょうかね。。どっちもですかね!?




14

何度読んでもニヤニヤが止まらない萌える作品

前作『春と夏と‥』でお名前だけは知っていたものの初めて買った作家さん、表紙を拝見してほのぼのしていいなぁとジャケ買いした自分を褒めてあげたい神作品でした。

お話の基軸としてはサラリーマンのよくある感じの‥よく出来た年下攻&ちょっと可愛さもある年上受、ではありますがキャラクターだけでなく背景や小物の一つ一つに至るまでの作画がとても丁寧で緻密。その描写を拝見するだけでまず眼福で楽しさがあり、そういう説得力に満ちた日常的な描写の中で繰り広げられる登場人物、部下外川と上司野末の揺れ動く表情、反して仮面の下に押し留めていて漏れこぼさないように苦労苦悩している表情がとても印象的でした。
そんな彼らの心情を知っているのは読者である自分だけ、というもだもだする感情が頁を読み進めたいのに勿体ないと何度も葛藤を繰り返し、行きつ戻りつもう一回読み直し‥、という動作を繰り返させた素晴らしい作品です。
とにかく作画が丁寧、背景も人物描写もコマ割も工夫を凝らされているのか物語に入りこみやすくそしてお話に真実味が増して‥そのせいか二人にとても感情移入をしてしまい胸苦しくなる萌える作品かなと。

攻である外川はずっと野末に対する思いをひた隠しして良き部下として接してきてひょんな事から二人は平日日中も夜もそして休日も一緒に過ごすようになる。最初は女子っぽく甘いものを食べてみたい、停滞する自分自身に蹴りをつけて自分の殻を破りたいという望みを外川が叶えてやる。そしてそこからどんどんと世界を広げていく野末がどうやって内面を変えていくのか、‥そして自覚する外川への思い。そこから彼はその気持ちを世間的には普通でないと諦めてしまうのかそれともやはり突き進むのか‥そのあたりの描写が読み応えがあってとても読後感がいい作品です。できればもう少し続編があれば‥と思います。ご検討いただきたい!
そしてドラマCDになればいいなぁと‥。切に思います!

13

可愛すぎる野末さん(39)

歳を取ると新しいことに挑戦したり、新しい人間関係を構築するのも面倒になり、家と職場の往復に週末は家から出ない繰り返しの生活。そんな野末さんの毎日を輝かせてくれた外川。野末さんが感じていた虚無感がすごく共感できました。BL漫画ではありますが、働くこと、歳を取ることについて考えさせられました。

そして野末さんがかわいい!かわいすぎる!
スマホのメール機能使いこなせないとことか、老眼眼鏡なとことか最高!!!!

2人が結ばれるまでがたっぷり描かれていますが、その後のラブラブな2人がさらにいい!!
キス止まりかと思いましたが描き下ろしが♡♡
ぜひ、たくさんの人に見ていただきたい作品でした。

13

丁寧に綴られる、優しくて少しほろ苦い日常系BL

アラサーの頼りになる部下×アラフォーの愛され上司による、日常系BLです。

前作の「春と夏となっちゃんと秋と冬と僕」でファンになりましたが、四コマでは無く普通のコマ割りの漫画も読んでみたいと強く思ってたんですよね。
で、今回はその普通の漫画なワケですが、想像以上に可愛くて優しくて、その上心にしみじみ沁みる、素敵な作品でした。
いや、ちょっぴりほろ苦い所まで、心に沁みましたよ。

で、ザックリした内容です。
代わり映えのしない毎日に、少し憂鬱な39歳の野末。
頼りになる部下・外川(29歳)と、ひょんなキッカケでパンケーキを食べに行く事になりー・・・と言うものです。

まずこちら、主人公である野末ですが、仕事が出来て部下からの信頼も厚い愛され系上司。
ただ、寝て、起きて、仕事をするだけの自分に、少し憂鬱な今日この頃って感じのリーマンになります。
えーと、同じ毎日に飽きがきてるものの、変化が起こるのは面倒くさいみたいな。

で、そんな野末の毎日に変化を与える事になるのが、しっかりもので頼りになる部下・外川。
えーと、野末を好きな年下ワンコですが、ワンコはワンコでも番犬系の無愛想な尽くしタイプでしょうか。

こんな二人が、野末の「女の子どうしって(ハッピーそうで)いいよな」と言う言葉をキッカケに、パンケーキを食べに行ったり、パフェを食べに行ったりと、新しい事に挑戦して「野末のアンチエイジング大作戦」を始める。
と言うのが大筋になります。

これ、部下×上司なワケですが、二人のやりとりや日常と言うのが、とにかく萌えるのです。
外川ですが、上司である野末に対して、わりとズバズバ言っちゃうんですよね。
「四十路の全力疾走はほぼ徒歩でした・・・」と野末が言えば、「野末さんが運動不足なだけです」みたいな。
で、もう四十路で恋なんかする年じゃないと言う野末に対して「面倒臭いんじゃなくて、怖いんでしょう?」みたいな。
いやもう、切り込んでくる、切り込んでくる。

ただ、彼が「殴られる覚悟で言いました」と言いながら、そこまで踏み込んでくる理由ー。
それが、すごく萌える。
何てってたって、超真顔で「好きだからです」ですよ。
その後に、視線を逸らせて「野末さんと仕事するのが」ですよ!
えーと、なんだろう。
セリフの一つ一つ、モノローグの一つ一つがすごく印象的で心に響くんですけど、ちょっとした表情、仕草、そういうものでもすごくキャラの心情を伝えてくるんですよね。
で、外川が「好きだからです」と言った後に目線を逸らせて付け加える所なんかに、本心なんかが伝わってきてキュンキュンしちゃうと言いますか。


休日に共に出かけ、美味しいものを食べる。
外川の家に行き、料理を作って家飲みする。

いや、しつこいですが、二人の何気ない日常が、とにかく萌えるんですよ。
なんかこう、野末は自分の事をよく「おじさん」と言うんですけど、
やたら可愛くもありまして。
何だろう・・・。
無自覚の天然煽り系とでも言いますか。
仕事が出来る大人のくせに、くしゃっと笑う笑顔が犯罪級に可愛かったり、妙に無防備だったりするのです。
また、外川は外川で普段無愛想なのに、ご飯を食べる時は口いっぱいに食べ物を頬張って頬をパンパンにして食べる癖があったりと、見てるだけで微笑ましくなっちゃうと言いますか。
年下番犬系ワンコ、妙な所で可愛すぎる・・・!

ここから、こんな「日常」を共に過ごすうち、少しずつ変化して行く野末。
そして、変化して行く二人の関係。

実は野末ですが、外川から想いを伝えられます。
すると、嬉しさより怖さを感じて、怖じ気づいてしまう・・・。

う~ん・・・。
これな、何で好きなのに逃げてしまうかなんですけど。
大人でも、いや大人だからこそ、傷つくのが怖いんですよね。
傷の治りはすごく遅いし、ダメージもでかくて立ち直るのに時間がかかる。
これまでたくさんの経験をしてるからこそ、負の予想と言うのが一番にきてしまうのです。
39歳って、すごく微妙な年だと思うんですよ。
若さ故の勢いは失ってしまっているし、全てをあるがまま受け入れられるほどに達観してもない。

傷つくのは怖いし、これまでの二人の関係を失う事も怖い。
そんな野末の心の揺れがとても丁寧に綴られ、すっごく共感しちゃうんですよ。
また、だからこそ、それでも衝動に突き動かされるようにして行動を起こすシーンでは、深く感動する。
いや、読んでいてグッときちゃうのです。

ちなみに、本編終了後の番外編と、描き下ろしがとても素敵でした。
野末が初エッチを躊躇う理由。
そして、二人の為の食事だから、自炊では無く手料理だと語る野末の言葉。
なんだかとってもあたたかくて幸せな気持ちになりますよ。

ついでに、描き下ろしは最初からエッチ。
外川がワンコ丸出しで、結構ムッツリですな!って感じで。

と、あたたかくて優しくて、ちょっぴりほろ苦い、とても素敵な作品でした。

12

最高

40手前の上司と30手前の部下。
人柄がよく「えへへ」と笑う可愛い野末に社内みんなが虜♪
そんな上司にずっと片想いをしている外川が、日々の生活を憂鬱に感じている野末をランチや休日お出かけに誘い心をデトックス♡
スーツリーマン二人でパンケーキ食べたりパフェ食べたり♪

心のアンチエイジングが効きマイナスな思考に変化の出てくる野末が可愛かったですし、イケメン外川がたまに見せる「かわいい部下」的な笑顔は破壊力抜群でした。

何よりゆっくり近づいていく二人の距離感や、可愛い女子の様なお出かけチョイス、すべてがなんともあたたかくほっこりでした。

我慢できなくなって告白してしまった外川の手が震えるシーンはたまらなく胸キュンでした。

12

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う