ぶぶぶさんのマイページ

レビューした作品

女性ぶぶぶさん

レビュー数0

ポイント数18

今年度563位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

健気なトカゲのアオイが魅力的

「ながべさんの絵柄、どこかで見たことがある…」と思っていたら、『とつくにの少女』の作者さんだと知ってスッキリしました。

以前見かけたときはとても緻密な絵で不思議なストーリーが魅力的だと感じましたが、今作も素敵です。

特にトカゲのアオイは健気で何処となく儚くて、とても魅力的なキャラクターでした。
トカゲ好きも相まってなかなか刺さる登場人物(生物?)ですね…。
ながべさんの作品の魅力の一つが生物の個性をキャラクターに反映させている点だと思います。
結構細かいので読んでいて楽しかったです。

この作品が電子書籍で発売されるのを待つ間にながべさんの作品をもう一つ拝読しましたが、今作同様に動物の元々の特性を活かしたキャラクター像がとても面白いです。

もともともふもふ獣人が登場するお話が好きなのですが、可愛いだけじゃない、その種独特の色んな性質もつ獣人たちのお話の魅力を教えてもらいました。
そして爬虫類のキャラクターの良さも知りました。

ストーリーはゆったり・ほのぼのもありながら、ちょっと触れれば割れてしまいそうな繊細な造りで、その落ち着いた雰囲気も良かったです。

静かながらも感情に訴えかけてくる物語なので、たくさんの方に読んでいただきたいです。

おすすめ作家さんの一人としてこれから追いかけていきたいです。

二人のなりそめにキュンキュン


前作「よつもじ。〜今日も、明日も〜」からずっと楽しみにしていた続編!
とても嬉しいです!!

今回は二人の若かりし頃、なれそめ編がメインとなっています。

先生がゲイだというのは前作から分かっていましたが、おそらくノンケである中井さんとどうやって結ばれたのかがずっと気になっていました。
先生の心の中に中居さんの優しさがゆっくりと積もっていく様子や、中井さんがあたふたしながら先生に寄り添うと決める展開がすごく………良かったです!!

中井さんはかわいいし、先生は優男に見せかけて繊細で、でもどちらにも頼れる部分があって…素敵な二人たちだなあと感じます。

まだ連載は続くということなので、3冊目が待ち遠しいです!

ほのぼのストーリー、おじさまカップルが好きな方におすすめです。
drapホームページでのweb連載は無料で閲覧できるので、読んだことないという方はぜひご覧ください。

絵も物語も丁寧、攻×攻+ドムサブ=最高

初めて三栖先生の作品を読みました。
一コマひとコマがとても丁寧に描かれていて、大切に紡がれた物語だなと感じました。

Dom/Subユニバースが好きなので、pixivで予告を見たときからコミック発売を楽しみにしていました。
紙書籍で購入しましたが、期待以上の絵と物語の丁寧さにとても満足しています。

Dom/Subユニバースに攻×攻が加えられたことで、成長しつつあるジャンルに王道要素も組み込まれた作品となっていました。
Dom/Subユニバースに馴染みのない方でも、攻×攻がお好きなら楽しめると思います。

個人的には、攻めである支倉くんの性格というか表情が可愛くて、スポーツ系の爽やか男前な受けの最上くんとのバランスがとてもよかったと思います。

瞳の描写など細かいところにこだわりを感じて、ストーリーとともに絵の細かさも楽しめました。

紙書籍で読んだので、その分ひとコマずつじっくり味わえて満足です。

Dom/Subユニバースがお好きな方はもちろん、攻×攻がお好きな方、Dom/Sub初心者の方にも読んでいただきたいです!

ピュアな学園モノにDom/Subというスパイス

もともとDom/Subユニバースが好きなのと、登場人物の目の描き方が好きだなーと思い購入しました!

Dom/Subユニバース=SMというイメージが、主人公2人のピュアなやりとりのスパイスとなっていて、とても面白かったです。

シリアスな展開があるのでは…と手を出しにくいイメージのあるDom/Subユニバースですが、今作は学園モノが好きだったりちょっとDom/Subユニバースが気になる!という方におすすめしやすいものだと思いました。

10DANCE(6) コミック

井上佐藤 

消えないように、途切れないように


待ってました第6巻!
5巻がとても気になるところで終わっていたのでその後の展開を楽しみにしていました。

2人の間に横たわる事実は同じものでも、それを2人がどう噛み砕き歩んでいくのか、そこにそれぞれの人間性が見うけられたのがとても良かったです。

いちばん心に残ったのは、2人がそれぞれの間の細い糸を感じるシーンでした。
もう相手とのつながりを失ったと思ったときに見えたその細い糸を、消えないように、途切れないようにという2人の心情に胸を打たれました。

そして本編では、正反対な2人それぞれにクセのある人物が関わってきました。
当て馬?のような存在になるのかどうなのか…。
今後の展開も楽しみです。

そしてこの最新巻を読むために改めて1巻から読み返しましたが、人体の描き方に妥協がなく、どんだけ時間をかけて作り上げてるのか…と今さらですが感動しました。

2022年の7巻発売(予定)が今から待ち遠しいです。

STAYGOLD (6) コミック

秀良子 

色々と、失って気づくこと

ネタバレです!

個人的に!個人的に!!
受けが弱るのが性癖なのでめちゃくちゃ萌えました!!!
家族が傍にいないと孤独に押しつぶされる…そんな弱った優士がとても良かったです。
失ってから気づくものってあるよね、という。

最終巻おめでたい!でもさびしい…と思ったけど番外編が続くということでやっぱりおめでたい!

あともうひとつ個人的に!
初心だった受けが失恋きっかけに奔放になるのも性癖なのでめちゃくちゃ萌えました!!
日高くん最高!!

番外編が楽しみです!

描写力、緻密な構成、新しい漫画の描き方に感動

上下巻ともに読了しました。

紫能了先生の前作「出張ホスト NYU BOY」を読んだ時から、先生が描くお話を待ち続けていました。

前作でもそうですが、漫画の新しい描き方に挑戦されているなと感じます。
コマ割り、場面の切り取り方、視点の選び方、心象風景の描き方など……「そんな描き方があったのか!」と何度も驚かされました。

また先生の物語でとても好きなところは、台詞や登場人物たち【以外】に語らせるところです。
今作は特に花言葉に想いが乗せられていますし、またその場面が意味することを風景に託していて、何度見返したら全ての描写を拾えるのか…というくらい、様々な見どころが散りばめられています。

花言葉での描写が好きな方、小説のような描写を読んでみたい方、一度では回収しきれない仕掛けがたくさんあるので是非読んでみてください。
私は山茶花を用いた描写と雀の描写にノックアウトされました。

表紙からも分かる絵の描写力、緻密で入念に練られた構成、緩急のある物語。
そういう要素から言うと(他作品を例に挙げて申し訳ないのですが)、日高ショーコ先生の『憂鬱な朝』や朝田ねむい先生の『マイリトルインフェルノ』、麻生ミツ晃先生の『リバース』がお好きな方はむちゃくちゃ好きだと思います。

そしてとびっきり新鮮な「新しい漫画の描き方」が見たい方も、ぜひ。

もうとにかく、とにかく読んでみてください。
以上、感動のあまり紙書籍の購入を検討している私からでした。

いとおしき日々 コミック

sono.N 

二人の歩みをいっしょに振り返る物語

はじめての商業漫画ということでしたが、とても素敵な作品でした!

「王道的ハッピーエンドを目指してここまで行き着いた」とまえがきに書いていらっしゃっていましたが、心に染み渡る、幸せな物語でした。

二人の人生を行ったり来たりしながら眺めていくオムニバス形式のお話です。
一話目から散りばめられた二人の色んな性格とかエピソードが、お話が進むごとに答え合わせされていくようで、二人の歩みを一緒に振り返る気分でとても楽しめました。
また、答え合わせされた上でもう一度読みたくなる、そんなお話です。

物語も素敵でしたが、心に残る言葉もたくさんありました。
二人の人生をゆっくり眺めさせてもらえてよかったなと思います。

幸せな気分になりたい、ゆったりした物語を楽しみたい、そんな方に強くおすすめしたいです。
ぜひご一読を!
そして気が早いですが次回作も楽しみにしています!

上巻の終わり方にうなってしまった

物語自体の面白さについては他の方のレビューがあると思います。

私は、これこそ漫画だよな〜!という終わり方に思わずうなってしまいました。

最近の私がよんできたBL漫画って、どこか様式美というかお決まりのステップが絶対にある気がします。
もちろんその様式美が読みたいときもあるのですが、内容は面白いのに初読数ページの時点で大体の展開が読めてしまうのがいつも歯痒く思っていました。

「物語の面白さ」と「読者を物語にひきこむ、先の見えない展開」が両立しているお話ってなかなか無いなーと…。


あらすじに書いているように、このお話の導入部はよくあるようなないような…?
でも、そこからは「あ、そうなんですか!」とおもわず膝を打つような展開ばかり。

そして、読者を驚かせる要素を「説明セリフで書かない」ところが素晴らしい。
読者に「…?」「あれ?」「…あーなるほど!」と段階を踏ませる伏線の見せ方がさりげなく、あからさまでないのが良かったと思います。

上巻が気になるところで終わるので、すぐに下巻に手を伸ばすよりも「あーどうなるんだろう」と余韻を楽しんでから読むとさらに物語に入り込めると思います。

下巻もとても楽しめたので、上下巻ともに神評価とさせて頂きました。

もっと色んな方に読んでいただきたいです。

「犬扱い」に読む側もドキドキ…‼︎


表紙のターコイズブルーの目に惹かれて、あらすじも面白そうだったので購入しました!

狼男の入間くんと、犬好きの獣医・湊先生のお話です。

犬扱いしてくる湊先生に「俺は人間だ!!」と怒る入間(犬じゃなくて狼)ですが、
犬だ…と私も思ってしまうような部分が色んなところにあって、とてもかわいい。

その犬っぽさが顕著にあらわれるシーンがとてもよかったです。
湊先生の犬扱いが段々と激しくなるのもドキドキしました。

この描き方を思いつくなんて、作者の志木見先生はきっと犬好きなんだろうな…と思える、目から鱗の描写もありました。
ケモミミやもふもふ漫画は色々みてきましたが、新鮮に感じるシーンがいくつもあったので、もふもふ好きにも堂々とおすすめできます!

初めて読む作家さんでしたが、絵も綺麗でストーリーも「甘さ・切なさ・ハラハラ・キュンキュン」が揃っていて満足です。
また高橋留美子先生のような、表情・動作の描写で笑わせにくるところもあり、かわいい絵柄もあいまって新鮮でした。

私も入間くんの耳を触ってみたい!!