【大注目】次に来る新ジャンルBL!Dom/Subユニバース

おすわり、よくできました

osuwari yokudekimashita

おすわり、よくできました
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神43
  • 萌×236
  • 萌26
  • 中立4
  • しゅみじゃない11

--

レビュー数
16
得点
441
評価数
120
平均
3.8 / 5
神率
35.8%
著者
三栖よこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
電子発売日
ISBN
9784801972773

あらすじ

犬猿の仲なのに、本能レベルで求め合う!
<攻×攻! Dom/Subユニバース>
溺愛系インテリDom×俺様遊び人Sub

サッカー選手の最上と医師の支倉は、ゲイバーで人気のバリタチ同士だが、恋愛スタンスが正反対ゆえに喧嘩ばかり。
ある日、バーで悪酔いしてしまった最上を介抱することになった支倉。
座って休ませようと、冗談半分で「おすわり」と言うと、最上は突然、腰が抜けたようにぺたりと座り込んでしまう。

今までに経験したことがないような強い浮遊感に包まれた最上は、なぜか「もっと命令してほしい」という衝動に支配されてしまい――…!?

描き下ろし9ページ収録!

表題作おすわり、よくできました

支倉秀士,28歳,医師
最上一輝,26歳,サッカー選手

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下イラスト

レビュー投稿数16

とても気持ちの良い性格のSub

出会いから喧嘩ばかりだった、Domで攻な支倉と、Subで攻→受の最上のお話。

二人の初対面のエピソードからもわかるとおり、基本的に最上がめちゃくちゃ気持ちのいい性格してます。
本当にヒーローみたい!

最上は、お尻で攻めを抱くタイプの受けだったので、よくあるこの人本当に元攻めか…??という不安もぶっ飛びました。
元攻めの振る舞いとして、大優勝です。
Dom/Subとして、タチネコの概念までは一致しないという伊丹先生の説明をきいても、結局は最上が受ポジションであることからも、最上の方が結構変わったんだなぁ、受け入れる器が大きいんだなぁと感じました。
元々性格の気持ちよい男なので、うじうじすることもあまりなく(Subと離れてしまった時の不安定な時期除く)、めちゃくちゃ男前です。
こういう受ちゃん待ってました、最高です。

トイレで突然石鹸咥え始めたところは謎すぎましたが、それ以外はえっちシーンも大満足で、最上も支倉も可愛かったです。
足で下着越しに扱くところ、扱かれるところ最高に可愛かったです。リピ確です。

続編も連載最終話を迎えているそうなので、続編の二人も早く単行本で読みたいですー!!!

0

Dom/Sub初心者より中級者向け


帯にもあるように「攻め×攻め」のDom/Sub。
ただ、ドムサブということを除けば王道の攻め×攻めでした。

攻め本といえばケンカップル多めのイメージですが、大人な二人でDomは紳士系。
代わりに受けが強気で上手く宥める感じでした。
エロは少なめ。

仮のパートナーになってからはお互いに同じ熱量で惹かれ、くっ付きそうなのにそうもいかないのは攻めのことが好きな当て馬の男の子が介入したから。
それから、なんやかんやあって無事にゴールインからのハピエン。
今までタチだった男が可愛くネコに堕ちていく様が最高でした。

けれど一方でDom/Subならではの良さが目立たっておらず、かつDom/Subについての解説があまりなかったような印象を受けたので、初心者よりも結構Dom/Subを読んできた中級者向けかもしれません。

0

ドムサブです

タイトルとカバーからドムサブだと分かります。そのつもりで買って読みました。
お話は割と想像がつく感じで、ちょっとけんかップルっぽい二人ですが、主にサブ目線で描かれており、俺様な主人公が実はサブだったという設定です。

実は、カバーのサブが、茶色い紙できれいめな顔なので、本編で最初に登場したドムの方だと勘違いしていました。
そのせいで、あれ、いかにもなキャラが実はサブ的な話?という先入観で読んでしまい、なんかしっくりこないまま読んでしまいました。
受け攻めとドムサブは本来独立なようですが、ここでは攻めが実はサブだった、というギャップが用意されているのに、ドムがサブだったと勘違い。。

職業が、サッカー選手と医者というのが変わっていて面白いなと思いました。
特にお医者さんってなんかいい。実際には激務だろうと思いますが。。

絵がきれいです。口に少し特徴があるかな。サンプルを読んで気に入れば最後まで楽しく読めると思います。

ケンカップル好きなので、強い絆で結ばれたパートナーが普段はけんかばかり、というおいしい設定ではありました。
もう少しドムサブならではのHシーンが見たかったかも。

0

優しめ

Dom/Subユニバース
初めて読みます。
なんとなく、ハードなのかな?と思ってましたが
甘めで読みやすかったです。

2

表紙に引かれたけど

最初からつまづきました。
表紙の人、どれ??主人公の最上なんですけど、表紙は茶髪、本編は黒ベタ塗り、Subに目覚める前、後での雰囲気の違いもあってなのか、誰?この人?別人じゃない?と、戸惑いました…

Dom/Subは苦手なんですが、こちらはソフトだから苦手な人にも…ということで、読んでみました。
が!私は酷い目に合うのが駄目なんじゃなく、好きな人以外であってもDomの命令(コマンド)は絶対、逆らえないのが理不尽に感じて…セーフワードもあるし、信頼できる相手、好きな相手だからプレイも気持ち良くなるのかもしれませんが、命令ならすんなり従ってしまうのが面白みにかけると言いますか
本能に逆らえない振り回されてるだけでしょ…そこに葛藤や気持ちは?と冷めてしまうのです。

突然Subに目覚めて戸惑う姿やそれでも潔く、セフレの関係に苦しくなったりするとこや、Domだけど優しく満たしてあげたい、Domの手腕でSubもトロトロ~なのは見どころ!!
ですが、Dom/Subの性差を超えた関係性なのかと言われると…??オメガバの運命の番って何?って思っちゃう人間にはモヤモヤする設定です。

強気な受けがDomの前では本来のSubの面が出て…ケンカップルがお互いの良さを見つけあってとか萌えポイントもたくさんあるんですけどね。明るく元気前に出る正統派主人公みたいな受けがちょっと好みじゃないのもありDom/Sub良いじゃんとはなれませんでした…

0

気持ち良く読めるDom/Subユニバース

 Dom/Subは食わず嫌いでずっと避けていたのですが……「もっと早く読んでおけば良かった!」っていうくらい良かったです。
 
 まず、続編が出たのでそれを先に読んで、面白かったのでこちらを読んだのですが、元々は“攻め×攻め”の二人がDom/Subとして“どう愛を育んでいくか”みたいなお話だったんですね……。

 Domの支倉先生もSubの最上もそれぞれに己の第二性について悩んでいるんだけれど、そこまで重たい雰囲気はなく、ありがちな暴力描写や虐げられているような表現もなかったので私には良かったのだと思います。
 最上もセックスやプレイで支倉に支配されていくっていうよりは、恋愛感情が先にきてその上で“受け”になることを選択したのだと思うので、そういう点では本能である第二性よりも恋愛感情が勝ったのだと私は理解しました。

 支倉先生はもっと自意識過剰の性格悪いヤツだと思ったら、すごい人間臭い優しい人だったし、最上も感情先行型のバカっぽいヤツかと思ったら健気な大型犬みたいな可愛いコだった……。
 誰も悪い人がいないから最後まで気持ち良く読めました、面白かった♪( ´▽`)
 続編は色々伏線張られてたので、続きがすっごく楽しみです♡

 だけど、イケるかと思って他のDom/Sub作品も購入したのですが、それはやっぱり途中で読めなくなってしまったので、三栖先生のこの作品だから読めたんだなと……。
 多分この先Dom/Sub作品を積極的に読むことはないと思う……。

 



0

平和なDomSub

DomSubものってまだまだ少なくて、「SMでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、ストーリーによるなぁという感じ。こちらはDomのお医者さんが相手が痛いのダメなタイプなので、ソフトなプレイで初心者にもお勧めです。また、社会的地位が!みたいなのもなく、平等な感じが良いです(そもそもDomSubはオメガバみたいにそういうのはないのかな…?勉強不足です)

受の元攻ヤンチャサッカー選手(ゲイ公表済)が攻め顔(一瞬ニンニンみたい)なのに可愛くなっていく姿もいいなぁ。お互いを、そして陽くんを思いやって、遠慮しあうところもなんだかリアル(?)で愛しい

最初のイメージより波乱/刺激は少なく人によっては物足りないかも?しれませんが、安心して読めるDomSubです

0

初物で福呼び込む?

特殊設定があるお話に苦戦する性格です
1つ「ん?」って思うとなかなかお話をうまく飲み込めない質がたたってます

だがしかし 自分の難儀で良作読み損ねるのはイヤなので雑食癖は治せません

全くもって厄介なヤツです


はじめましての作家さん
しかもお初の Dom/Sub 不安しかなかったです ←なら読まなきゃいいじゃん!


ビックリするほど その特殊設定ってのが気にならなくて
もっとBDSM色が強いもんだと思ってたんですよね


確かに支配欲や嗜虐の部分は強調されてるし その第二性ってところに悩みはしてるけど その部分って多少なり誰の中にでもあるようなもので 特殊設定として存在してる訳じゃないだろ?と思ってるからなのか 抵抗なく[普通の恋愛]として読めたのは超ラッキーだった

内容的にも淡々を互いを求めあっていくすすみ 発情や強姦・凌辱がないぶんオメガバよりすんなりいけたし


特殊設定承知だったけど 最初に読んだのがこの本でよかったな って素直に思えたし
こっから先 Dom/Sub設定で足踏みする事もないなって思えた作品だったかな ?

でも 設定に若干構えた分 肩透かし ってのは正直あったかな?

0

良いこのためのよくわかるよく萌えるDom Subストーリー

ずーと、単話で追いつつ、単行本も買いました!

SMぽい関係に近くて遠い新しいBLジャンル。
他の作家さんが描かれたもの読みましたが、三栖よこ先生のこちらの作品が設定やおろしろみがよーーーくわかりました。

キャラクター設定のバランスもよくて、
Subの支倉さんがお医者さまで、何事もそつなくこなし、尽くすのが好きなとこ、
Domの最上くんがイケイケのサッカー選手で、ヤンチャだけど筋が通った生き方をしてるのがすごくよいです。

支倉さんが受け持ってる陽くんという高校生の男の子が彼に恋していて、2人の関係を掻き回すのですが、陽くんがいじらしくて、いつか幸せになってほしいと思うくらい憎めないかわいいかわいいな当て馬?です。

BLってエッチなシーンを見るのも大好きですが、同じくらいキャラクターのファッションを見るのが大好きで、支倉さんの洗練されていて、でも、襟にとても高さがあったり、書生ぽい白衣の着こなしだったり、独特なエッジーさがあって何度もみてしまいます。

よこ先生の写実を少し混ぜた絵柄がとても素敵で、且つ、線が強いので男の体のという感じがして、BLを描くために生まれてきてくださったのではないかと思いました。

ファーストDom Subはこれで決まりだ!

2

絵も物語も丁寧、攻×攻+ドムサブ=最高

初めて三栖先生の作品を読みました。
一コマひとコマがとても丁寧に描かれていて、大切に紡がれた物語だなと感じました。

Dom/Subユニバースが好きなので、pixivで予告を見たときからコミック発売を楽しみにしていました。
紙書籍で購入しましたが、期待以上の絵と物語の丁寧さにとても満足しています。

Dom/Subユニバースに攻×攻が加えられたことで、成長しつつあるジャンルに王道要素も組み込まれた作品となっていました。
Dom/Subユニバースに馴染みのない方でも、攻×攻がお好きなら楽しめると思います。

個人的には、攻めである支倉くんの性格というか表情が可愛くて、スポーツ系の爽やか男前な受けの最上くんとのバランスがとてもよかったと思います。

瞳の描写など細かいところにこだわりを感じて、ストーリーとともに絵の細かさも楽しめました。

紙書籍で読んだので、その分ひとコマずつじっくり味わえて満足です。

Dom/Subユニバースがお好きな方はもちろん、攻×攻がお好きな方、Dom/Sub初心者の方にも読んでいただきたいです!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う