まるごとさんのマイページ

レビューした作品

女性まるごとさん

レビュー数2

ポイント数68

今年度266位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

甘く切ない

先生の創作される物語はすべて大好きです。

優しく丁寧なお話運びは流石としか言えません。
苦さもあり、切なさもあり、愛しさもあり、引き込まれます。
まるで童話を読んでいるかのような没入感と、読後の爽やかさ。

失礼を承知で一言言わせて頂ければ、けだま、おおかみさん、今作品と健気受けが続いていますので、先生のまた違った雰囲気の作品も読ませていただければ嬉しいです。
それと同時に、前作やそれ以前のお話や今作のお話の続きも読ませていただけたら、とも思います。

間違いなく神作品です。
次の作品も楽しみにしています。

さすがにこれは

作者買いです。

絵は勿論綺麗。
ですが、内容が重すぎて一度読めば良いかなと言う感じがします。
ソフトSMもモブレも大好物ですが、モブから攻めへのカッティングまで出てきてしまうと、萌えるより先に引いてしまいました。しかもボッコボコ。
話の作り方も、以前より行き当たりばったりな感じがしてしまいます。
悲しい、痛い、辛い、が続き、最後はハッピーエンドと信じて読み進めましたが、それも曖昧。

読み返せない作品になってしまいました。
先生の次の作品に期待します。

何とも言えない

私が先生に期待する作品とは少し違いました。

タイトルに野獣は必要だったのか、と思うくらい攻めが緩い。エロは最後の一回だけ。
このタイトルで「でん蔵先生」だったら、もう少しがっつり行ってくれるかなと思いましたが、少し肩透かしを食らった気分です。
ストーリー面でも、スピンオフ要員かなと思うキャラが結構出張っていて、そこでも少し萎えてしまいました。

私の期待値が高かっただけで、線は少々荒いですが、パースは基本的に整っている作品です。

あざとかわいい、まではいかない

電子で続編が出ていたので購入。
しかし、先生の他の作品(おあずけのキス~・既婚者~)の方が魅力があったなと感じました。

ミニキャラ(顔だけ)でのコマ埋めが多いという印象を受けました。
ワンテンポを取る意味でのミニキャラは良いですが、多様し過ぎかと。

また、完全に個人的な趣味ですが、BL作品に女性が深く入り込んでくる作品が余り好みではないのでこの評価とさせていただきます。

友人に、幼馴染BLで良いのある?と聞かれた時に一番にプレゼンできる作品ではありませんでした。

深読みで良くなるであろう作品

キャラクターの表情の動きが少なく、淡々と進んでいきます。
物語の緩急も緩やかで、そこが先生の作品の味なのだと思いますが余りにも穏やか過ぎて。

俳優だった故人の恋人と、故人のマネージャーが今回のメインカプです。
故人にそっくりの俳優さんも出てきますが、余り役割を果たしているとは思えません。
最後の方の台詞を言うためだけに呼ばれたのでしょうか。

私の読解力ではよくわからないな、という印象です。
が、他の先生の作品と同じくスルメ作品なのだと思います。

エロは少なめ評価でも良いんじゃないかな。

穏やかなBL

上下巻なのもありますが、終始ゆっくりしたストーリー運び。
大人の恋愛に余韻を持たせるのが先生の持ち味だと思っています。しかし、今作は少し間延びしている印象を受けました。

ストーリーの冒頭と締め方は素晴らしい。
BL漫画ではなく、テレビで良作の恋愛ドラマを見るような感覚になりました。
ただ、この作品を頻繁に読み返すか、と問われると一度で良いかなと思います。

前作前々作から、同じ様な設定、話の流れで正直お腹いっぱいになりました。
先生の色の違う作品も読んでみたいです。

主従の性 コミック

まくの 

期待していたよりは薄い

題名からエロ特化作品だこれはと思う作品には、そこのところ重点的にお願いしますと期待をして購入しています。
読了して薄いなと感じてしまいました。

メインカプの挿入が最後までない(叔父からはある)のも引っ張り過ぎではないかと思いました。

個人的趣味でメインカプ以外の攻めとの絡みが好き、またスパンキングありがとうございますなのでこの評価ですが、高評価は控えたい。

どこに重きを置いているのかわからない作品でした。

うーん

先生特有の細切れ感が否めない。
作者買いをさせて頂いていますので、他の作品もこの様な作品が多いのは重々承知しています。

それでも好きで購入させて頂いているのに変なレビューを書いてしまい申し訳ありません。
前作のやりすぎ~がありましたので、今作の先生の作品も腰を据えて読めるかなと期待していたのですが。

勿論、そして彼はネコになるの続編を書いていただけたこと、また単行本としてまとめて下さった事はとても嬉しいです。
ですが、各話にもう少しずつページを増やして欲しいとも感じました。

続編をありがとうございます。

前作から読ませて頂いています。
湊の献身(と言うか我慢)に胃がキリキリすると同時に、シークレット~から前作からの緩やかな成長ぶりに嗚咽しかありません。

静真が仕事(というか雑務)に忙殺される中、どんどん恋愛脳になっていく湊が可愛い。
ですが引き際を弁えて静真を立てる姿に、出来た嫁すぎない?と思いました。
静真は静真で、会った時のスパダリ感(意味は違うと思いますが)が相変わらず凄い。

描き下ろしで、静真の幼い頃の写真と部屋着を翔平から貰うシーンがあります。
「兄貴には絶対に言わないでくださいよ!」のフリから、次ページ捲ったら速攻でばらしてるやん可愛いかよと思ったら、翔平にアイツというルビが振ってありました。
湊の成長速度に私が追い付けない。

続編を楽しみにしています。

絵がとても上手い先生

止め絵の話ではありません。
バトルシーン等の動かし方が、これBLで良いのかな勿体ないと思うくらい上手い。
ストーリーも、心情的な部分、エロの部分、動きの部分の割合が素晴らしいと感じました。
(絵は全て綺麗)

アンナが可愛くて仕方がない。
勿論みつるも可愛い。

雑誌掲載時より拝読させて頂いていましたが、それよりも修正が薄く、ギリギリを攻めてきてるなと思いました。

特殊な設定上致し方ないですし、それがあったからこそ二人に感情移入が出来たことを重々承知の上で、もっと二人のふんわりした日常を読みたかった。
(尺的限界まで詰めてくださったとは思っています)
(先生のツイッターに少し漫画が載っています最高かよ)
続編を期待せずにはいられません。