ノーノーネームさんのマイページ

レビューした作品

女性ノーノーネームさん

レビュー数1

ポイント数9

今年度969位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

漫画が上手い

漫画としての完成度が非常に高い作品でした。
少年たちがきれいでかわいいのはもちろん、舞台である陰鬱な田舎の雰囲気が画面全体で表現されていてシンプルに漫画が上手いな〜と感動させられます。

ストーリーは廃校を防ぐために売春する少年たちのオムニバス。
個人的には兄弟のお話が良かったです。
弟ミツキは兄キヨと恋人同士になりたいのですが、毒キノコの幻覚でキヨから紡がれた言葉がとてもきれいでした。
「恋人より兄の方が美しい言葉だと思う」
「恋人より弟の方がずっと甘い響きだと思う」
「恋人よりずっと贅沢だ」
ただ、これは描写的にミツキの幻覚だと思われます。
恋人になれないから兄弟の方が尊い物だと思い込もうとしてるのかな……という切ないシーンでもあります。

一度読んだだけでは読み解けない文学的な深い作品でした。
何度も読み返したくなります。
作家さんの他の作品もぜひ読みたくなりました。

上官副官軍服とパルチザン、ミリタリー欲が満たされる

舞台であるww2時代の歴史が大好きなので一気に読んでしまいました。

当時の民族的アイデンティティ、アプヴェーア上層部が反体制派だったことまで絡められており、創作物として扱いづらいであろう時代にもかかわらず細かな描写が光っています。
軍服は各々で仕立てていたというのも史実ですので、間男さんの毛皮のコートというディテールの細かさにもぐっときました。
金髪美人と軍服の組み合わせも最高です……

パルチザンのサーシャと国防軍人イリヤのハッピーエンドでしたが、どうにも食えない間男クラウスの存在感が際立っていてそれもまた良かったです。
上官と副官の密な関係性が大好きなので、本命二人と同じくらい心惹かれる組み合わせでした。
通行証を与えたクラウスの憎めないキャラもとても好きです。

後書きで「歴史ファンタジーとして書いた」と述べられていたように、歴史物要素は詳しくなくても楽しめるようになっていて、物語の本筋はハッピーエンドで終わります。
しかし、M/M作品のような重苦しさのある歴史物としてのBLもぜひ読んでみたいです。
軍服、軍人、ミリタリー欲が存分に満たされると前置きした上で、この作者様によるさらなる歴史物BLに期待してしまいます。

余談ですが、参考文献で有名タイトルが挙げられておりしっかりと調べられた作品であることにも感動しました。

軍服・ミリ萌には神作品

軍服、歴史、ミリタリー好きですが、なかなか現実世界を舞台とした作品と出会えなかった中、やっと見つけた一冊です。
敗戦を目前とした1945年のルフトヴァッフェと大好きな要素が詰まっていて、短編ながら夢中になって読みました。

消耗していくパイロットと、彼らを乗せる機体を守る整備兵は、それだけで運命共同体といった熱い関係性です。
整備兵のフェリックスが祈るような気持ちでバルドゥルの機体を見送り、出迎えるシーンに何よりも胸を打たれました。
全体的にあっさりした雰囲気ではありますが、根底には深い絆で結ばれていることがしみじみ伝わってきます。

実際二人は惹かれ合っているわけですが、それだけではない「軍隊的な関係性」に改めて特別なものを感じさせられました。

説得力のある世界観に脱帽

イェフェム族とアジム族それぞれの部族の文化といった世界観に、圧倒的な説得力があります。
ファンタジー作品ですが、すんなりと舞台設定を受け入れられました。
アジム族の男性であるカヤが花嫁とされること、そしてイェフェム族族長三男のユティと結ばれるまでの物語に違和感がまったくありません。
本作で野原耳子先生の作品にどっぷりハマってしまいました。

カヤの壮絶な過去を受け止めるユーティは一見おおらかで柔和な青年ですが、一筋縄ではいかないところも魅力的です。
愛するカヤのためなら手を汚すこともいとわないギャップに、読んでいてハラハラするほどでした。
このユーティの一面を縁者であるヨヨから見た短編も収録されているのですが、併せてユーティという人物の掘り下げができるお気に入りのエピソードです。

先にも述べたとおり、本編が素晴らしいのはもちろん番外編も非常に良いところがたまりません。
二人のその後の生活を垣間見てほっこりした気持ちになりました。

この一冊でもとても完成度の高い作品でしたが、この世界観で二人の続きの物語をさらに読みたくなります。
何度も読み返しているお気に入りの一冊です。

思春期の心情を豊かに表現した文体

映画を先に観て、本書を読みました。
映画版がいかに原作へ忠実につくられていたのか感服させられました。
本作の映画版が良かったという方はぜひ原作も読まれてほしいです。

物語はエリオの一人称視点で進行します。
オリヴァーの態度に一喜一憂する様子がときにわかりづらいほど婉曲に描かれており、まさに少年の心そのままを文章に起こしたような美しさに感動しました。
好きだからこそ嫌いになってみたり、それでもやっぱり構われると嬉しかったりと、エリオの揺れ動く心がみずみずしく表現されています。
小説としても非常に完成度が高く、文章の美しさだけでも十分に読む価値があります。

もどかしい期間を経てやっと思いを遂げる二人ですが、時代背景からハッピーエンドとはいきません。
映画のエンドロールを観たときのように、胸が締め付けられるような切なさがあります。
しかし、エリオとオリヴァーを囲む人々の暖かさは彼らが十分痛みを感じられる手助けにもなったのだろうと感じられ、救いがありました。

個人的に映画→原作小説の順番での鑑賞がおすすめです。
映画の映像美は美しい文章によって呼び起こされ、シーンごとのエリオの本心を小説でより深く触れられます。

パブリックスクール、執着、ヤンデレ、双子、要素てんこ盛り

一般文芸なので文体は硬く、きっちりとしています。
そのぶん読み応えもあり、文量の多い作品ながら最後まで一気に読んでしまいました。

成績優秀ながらも一匹狼のリチャードから強い執着心を向けられるいじめられっ子のジョナサン。
だんだんとその執着心が道理を外れた方向に向かっていく様はおそろしくもあります。
それはそれとして、少しずつ二人の距離が縮まりスキンシップが激しくなっていくところにはパブリックスクールモノならではの萌がありました。

本作のメインはリチャードとジョナサンの関係性ですが、サブキャラクターの個性も強く、いろんな要素が詰め込まれています。
もともとジョナサンと仲が良かった友人の嫉妬、双子同士の特別さ、教師と生徒などなど、メイン二人以外にも刺さる要素は多いのでは。

パブリックスクールモノがお好きな方、骨太のストーリーを求めている方には外せない作品です。

かわいくてあったかい

後に執事となるノエルが健気でとてもかわいいです。
自分を助けてくれたルイスへの献身は読んでいて心温まりました。

一方でルイスもノエルの心根の美しさを見逃さない、繊細で心の広い人物です。
二人の距離が少しずつ縮まっていく様子が愛らしく、思わず応援しながら読みました。

途中痛々しい場面もありますが、極端な描写はないので苦手な方でもそこまで気にならずに読めるかと思います。
何より二人が結ばれたあとの生活が優しくて、満ち足りているのでぜひ最後まで読んでいただきたい作品です。

洋画好きには刺さるリアルさ

1巻を読んだとき、洋画のようなストーリーを漫画で読めるとは……!と感動したのを覚えています。
うまくいかないもどかしさにやきもきしつつ、これがリアルな現実なんだとぶっ刺さりました。
コールの不器用さ、劣等感が可哀想だけど可愛い状態でしたが、成長の見られるラストでもっとこの先を見ていたくなります。
本作をきっかけに先生の他の作品も拝読しましたが、洋画・海外ドラマのような雰囲気がたまらなく大好きです。
新しいジャンルを開拓できた一冊でした。

泥中の蓮 コミック

ためこう 

続きが読みたくなる弟×兄

LGBTQが禁忌とされなくなった今でも、インセストタブーは禁断の領域とされています。
そのインセストタブーに踏み込んだ本作からは、多面性のある関係性が繊細に描かれていて引き込まれました。
一見弟の秋生が兄の元春に執着しているようにも見えますが、ときおり「あれ?」と思わされる台詞や表情が垣間見えます。
この伏線はエピローグで回収されるので、ぜひ最後まで読んでいただきたい作品です。
欲を言えば、二人のその後の生活をもっと眺めていたかったです……
本作は二人だけの幸せを選んだ「メリバ」作品ですが、その選択をした二人の将来って一番気になります。

久世×あつむのエピソード

久世×あつむが好きなこともあり、とうとうメイン回が来た!と楽しめました。
一見完璧に見える久世が実は暗いバックボーンを抱えていること、それを健気に受け止めるあつむの関係がとても良かったです。
あつむが久世に籠絡されていく過程やその後狩野梓との関わりにかなりディープな描写があり、この点は好き嫌いが別れるかもしれません……が私にはばっちり刺さりました。
あつむがかわいいのはもちろん、久世の意外と腹黒いところも良かったです。