@るるこさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2022

女性@るるこさん

レビュー数147

ポイント数618

今年度56位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

絵が好みすぎて涙出た

絵が超絶好み。好きすぎて出会えて感謝の涙出た。

ストーリーも優しくて、切なくて、甘くて、青春で最高でした。片思いの時間も幸せだと思える。

そしてエロのギャップでノックアウトされた。強い。
出会えてよかった呼んでよかった。

続編のいいところ山盛り

続編のいいところ。2人の更なるイチャイチャ。受けor攻めの嫉妬。更なるエロ。ふたりの成長。
全部詰まっててごちそうさまでした。

強引な攻めが好き

きっと、ちあき先生も強引な俺様のグイグイ攻めが好きなんだと思うんだ。私も好きです。

そういう攻めにグイグイされてそのまま食べられちゃうお話なのだけど、魅せ方が上手で最後までとってもワクワク楽しく幸せに読めました。

エロもやはりお強い。
攻めオブ攻めが好きな方はおすすめ。

色気がとんでもない

絵の色気がすごくて、どのページ読んでもドキドキしました。綺麗。

仕事の鬼で厳しくて強くて、そしてあの頃の自分にとっての・・・な人とまた一緒に仕事をすることになるお話。アニメ制作について結構詳しく描いてくれているので少し内側を知れた気になりました嬉しい。

年下攻め(最高〜)なのですが、受け君が最高に色気溢れまくりでそういう攻めを余裕なく抱く年下攻めで飯を食うんだ、オレは。つまりエロも最高。

たまんねぇ年下攻め

この攻め、しっかり年下してるのに一言一言が重くて、強くて、冷めてるのに熱くて、最高。

この世界から出られないんだと自分を閉じ込めていた美人ヤクザの元に現れた年下元ボクサーの熱が、美人ヤクザの心を少しずつあたためていく様がとても良かった。

やっぱりakabeko先生なので、エロも超良い。
エロの時に龍が天馬のことを超見てるというか観察してるというか・・・良い・・・
エロの時の目線の描き方がお上手でほんと好き。

甘い再会BL

再会して「あの時から好きだったんだ」とめちゃくちゃ燃え上がってしまうわけでもなく、「こいつ苦手だったんだよな・・・」でもなく、ただゆっくりのあの時の続きを始める再会BL。めちゃくちゃ良かった。好き。

抱きしめたり、身体に触れる絵が好きすぎてじっと見ちゃう。まず絵が綺麗し。
2人ともいい子で読んでて気持ちがいい。エロも素晴らしいです。

甘くない

大きな気持ちと夢を抱えた漫才コンビの話。

ずっと胸が痛かった。表情の描き方が本当に上手で
ふたりが笑っている時嬉しくて、泣いている時悲しくて、凹んでしまった時は私まで落ち込んでしまいました。

"一緒に漫才をやる為"に告白を受けた福砂と、そのまま恋心を抱えている六花。甘くない世界でのふたりの葛藤を読めてよかった。

名前のセンスが毎回ぶっちぎりで好き。
なんにせよ今作も絵もストーリーも最高でした。

強気受け、たまらん

素直じゃない強気受けが、グイグイくる攻めに少しずつ押されていくのはやっぱり最高。

再会して初恋の再熱。強気な受けくんの二面性がめちゃくちゃ刺さりました。ギャップで殴られる。

絵も綺麗し、エロも強いし、表情がまじで可愛い。

2作品入っていてもう一つのDKものも優しいお話でよきでした。。

これが救いか

3人にしか分からない救い救われがある。
重めだし痛めだし暗めだしキツめ。
だが、それに救われる私。刺さった。好きでした。

桔梗という桜には受けでカズマには攻めな性癖ブッ刺さり男が出てくるのですが、最高に最高でした。

かゆいところに手が届く攻め

なかなか素直になれないヒカル(受)と元遊び人の忍(攻)が結ばれてからの2巻。

ヒカルのなかなか素直になれない部分に100点満点の対応をする忍があまりにいい男で、攻めの頂点見たかという気持ち。
甘く甘く包むでもない、素直じゃねぇなと茶化すでも責めるでもない。ヒカルの素直じゃないところを丸っと全部理解し受け止めた上で、ただスッと手を差し出すような対応。とんでもない男だ。

言葉でなく心で愛を伝える究極のBL。
BL読むなら、これを読まずしてなにを読もうというのか。