• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ふくしゅうがとけない 上

桜吉寺,バーテンダー/桔梗総司,大学生
立花カズマ,大学生

同時収録作品ふくしゅうがとけない

桜吉寺,バーテンダー
桔梗総司,大学生

その他の収録作品

  • ばりばり(描き下ろし)
  • あとがき

あらすじ

裏切り、執着、三者三様の贖罪BL、上巻!!
中学時代の苦い思い出を抱え大学生になったカズマは、ずっと謝りたかった友達・桜と桔梗に偶然再会する。昔と変わらずカズマと親しげに接する二人だったが、当時二人の“秘密の関係”をバラしたのは自分だと気づかれていて…。

作品情報

作品名
ふくしゅうがとけない 上
著者
時羽兼成 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801979161
4

(69)

(32)

萌々

(19)

(9)

中立

(7)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
11
得点
270
評価数
69
平均
4 / 5
神率
46.4%

レビュー投稿数11

復讐はとけるのか…⁉︎上級者向け共依存愛

完全に好みが分かれそうですが、めちゃくちゃ性癖にブッ刺さりました。歪んだ愛情で雁字搦めになっている3人の、愛憎渦巻く執着愛BLです。

まず、攻め2人が付き合っている恋人同士で、受けが第三者ポジション。BL界における、メイン2人が付き合い始めて報告を受ける友人ポジションが、今作の受け様です。
そんな受け・カズマの感じる疎外感が実にリアルで、仲間外れにされたような孤独感、1人になる恐怖、2人への嫉妬心など、カズマの悲哀や焦りがヒシヒシと伝わってきて胸が締め付けられました……

華のある2人に対して、少し地味なカズマはモブっぽい雰囲気ですが、泣き顔が最っ高に可愛いんです……!
2人のオモチャにされて「許して」と泣きながら縋る姿が不憫&可哀想で、もう、性癖に刺さりまくる…
特に挿入シーンでのカズマの萎えチンがリアルで、悲壮感を増していてグッときました…!

試し行動を繰り返して愛を実感する人間不信の桜と、責められる事で必要とされていると感じ、孤独さを埋めるカズマ。そして、2人から依存される事で満たされる桔梗。
この3人の関係で1番の頂点は桜なんですが、桜が依存する様に仕向けているのは実は桔梗なんですよね…
そして、カズマが泣いて縋る様子に支配欲が満たされていき、桔梗の嗜虐心が目覚める展開に痺れます!
まぁ、始めからオドオドしているカズマを「可愛い」と言っていたので潜在的にサドだったんでしょうね。

濡れ場は道具を使ったプレイが中心で、ポンプ責めや電流責めなど、中々に上級者向けのエロ満載でした。
中でも、桔梗とカズマの絡みに嫉妬して桔梗を責める桜の三連結がヤバい…!(カズマ←桔梗←桜の図です)
雄顔でカズマを責めていた筈が、桜に責められてトロ顔を晒す桔梗のギャップが最高すぎて堪りません…!

2人に対して憧れと畏怖の念があったカズマですが、終盤でカズマの心境に変化が現れます。
このカズマの変化が、3人の関係にどのように影響するのか……⁉︎下巻へと続きます。

▶︎Renta!/ぐしゃぐしゃ斜線修正

6

復讐

病み展開が続くので、素直に楽しめる作品ではない
ではないんだけど
こういう作品て中々無いんだよなぁと思うのも事実。
そっちが受か、からの調教プレイがね
桔梗さんのラストのセリフじゃないが
そっちの気持ちもわかるって感想が強い
二人だけの時は同じように試されて調教された身体
慣れないタチ、サンドイッチ
そういう面もまた燃えでした(*´艸`*)ふふ
見た目ガッツリ攻なのに受やってたていうの
ベタでも好きです
喘ぎすぎないのがまたイイ


中学時代、クラスに馴染めなかった受を救ってくれた
親友、だったモノ
自分勝手な暴走でやってはいけないことをした
後に、自分も同類であり。後悔もひとしお
忘れられないまま月日はながれた
そしてまた再会する
縋るばかりの関係がうまくまとまるといいな

1

どシリアス執着共依存

「ふくしゅうがとけない」
タイトルからすごく興味をひかれる
めちゃくちゃ麗人なエロエロシリアスです。
もやもやしたラストだったんで
書き下ろしがついた単行本を待っていました。
連載から目が離せなくて
単話を毎回楽しみにしていた作品ですが
時羽兼成先生の作画も含めて
こちらの作品は暗いしひどいしで
読み手の好みが別れそうだなあって
思います。
けど好きな人はめちゃ好きだろうなって
可哀想受け?ってのかぐちゃぐちゃドロドロ
執着愛なんで
私はひどすぎる展開がかなりきて刺さりまくり
1話目からめちゃくちゃつかまれてしまい
好みでたまりませんでした。
中学時代鬼畜な所業で裏切ってしまった
友達と再会して
贖罪のためにどんな責め苦にもたえます…って
お話なんですが
責め苦じゃないんですよね…
カップル+受けの3Pなんですが
真ん中の被害者顔の困り眉な総受けカズマが
もうどんどん
酷い事されるのが気持ちくなっていく…
まさに被害者ヅラ可哀想かわいいヒロインです。
エロ描写はかなり力作で迫力で見応えありです!
私の推しはカップルでは受けのリバ
ガチムチ受けがすてきな桔梗です。
1番まともないいやつに見えますが
まあそうでもないですよねって
書き下ろしで桔梗の
膨らんだラスト下半身にテンションあがりました。
がなんだか神がつけらんないんですよね。
めちゃくちゃ好きなんですが
神よりの萌2です。

5

これが救いか

3人にしか分からない救い救われがある。
重めだし痛めだし暗めだしキツめ。
だが、それに救われる私。刺さった。好きでした。

桔梗という桜には受けでカズマには攻めな性癖ブッ刺さり男が出てくるのですが、最高に最高でした。

5

殺してやるの意味

本のタイトルにも「ふくしゅう」と付くのもあって、殺意は恨みだと安易に思ったのですが、読んでいくと2つの意味があってハッとしました。
言われてみたらそういう感情もある……!
この考え方に至る桜と、それを汲めている桔梗。好きです。

3P、共依存、不安定、執着、SM、シリアスがお好き。
かわいそうにときめく…濡れ場が沢山ほしい。
上記に当てはまる方は是非!
(方言受けをお探しの方へ カズマが方言です。)

すごく好きな本なのですが、評価は揺れています。
上下巻読み終わった後で考えても萌2と神の間にいる感じ…なので、上巻を萌2、下巻を神とさせていただいています。
神よりの萌2だと書いていらっしゃるレビュアーさんがいて同感。
他の感想は下巻の方にまとめて書いたので割愛します。

4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP