香雛さんのマイページ

レビューした作品

女性香雛さん

レビュー数0

ポイント数15

今年度506位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

全てがツボにはまった!


これが初コミックスとは思えないほどのクオリティで文句なしの神評価です!
アイドルもの、クールな年下攻め×天然おバカな年上受け、攻めの嫉妬などなど自分の大好物ばかりが詰め込まれていて本当に最高でした!

受けの累は、年上だけど本当に明るくて可愛らしい子で正に好みの受けだったし、一見クールに見えて実は受けへの愛が重い年下攻めも本当に好みドンピシャで最高のカップリングでした。
デビュー5年でかつ中学の頃からずっと一緒、というニコイチ感もアイドルもの好きには本当に堪らないし、可愛らしいお話に反してエロも中々にエロいのもかなりポイント高いです。

ユンくんや榛名さんなどの脇キャラも光っていたので、続編ではこの二人の近況も知りたいなあ、なんて思ったり…。

拗らせカップル


・新婚さん!
攻め受けどちらも拗らせてるバカップルのお話です。
攻めはすぐに嫉妬するし独占欲強くて面倒くさいし、受けも受けでとにかく素直じゃないので、一見するとこの二人なんで結婚したんだ…?と思ったりもするのですが、それでも随所随所にお互いのことほんと大好きで仕方ないんだろうなっていうのがコメディに紛れて散りばめられていて、良かったです。

・おクズの恋愛
こちらも攻め受け共に拗らせてるカップルのお話でした。表題作よりもこちらの方が長くて読み応えもあり、個人的にはこちらの方が好きでした。執着攻めが好きな方におすすめです。

物足りなさが残る

上巻のみのレビューは既にしたのですが、上下巻読了したのでそのレビューを。

とりあえず、読了後は上下巻の割になんか割とあっさりとしてるなーと感じました。当て馬である雨津木が、受けの勤めてる会社にハメ撮りばら撒いて起きながらも割りかしあっさりと身を引いてしまって、あんまり受けに執着してるのを感じられなかったし、メインカップルの二人も下巻ではそれほどの葛藤もなくあっさりとラブラブになるしで、三角関係もの特有のドロドロさを求めていた私にとってはとにかく物足りなかったです。けれど、ラブラブなメインカップルは可愛かったし、雨津木との問題を自分の力で解決する受けの成長とかはよく描かれていたので、辛めのレビューですが決して楽しめるところが全くなかったと言うわけではないです!

ただ、番外編の雨津木の話はリバが苦手な私には刺さらなかったです…。

割とあっさりめ

とりあえず上巻のみのレビューをさせていただきます。

初読みの作家さんだったのですが、こちらでの評価が高いのと、三角関係ものが好きなこともあって気になって購入しました。

上巻の途中で、受けがどうして雨津木に囲われていたのかが明らかになるシーンがあり、そこのシーンは好きなのですが、それ以外は今のところあまり刺さってこないなーという印象を受けました。
特に攻めは受けのことをひたすらに好きだ、というキャラクターなはずなのに何故受けのことをそんなに好きになったのかがいまいち伝わってこないのがなんとも惜しい。

調教されたエロい身体を持つ受けという設定だからエロシーンが多いのはわかるんですけど、それよりももう少し攻めが受けを本気で好きになるまでの過程を書いてくれた方がもっと上巻最後のシーンがグッと来るのになあ…と思います。

下巻読了後にはまた感じ方も変わってくると思うので、これはあくまで上巻のみの感想ということにはなりますが。

百と卍 コミック

紗久楽さわ 

刺さる人には刺さる作品

時代ものはあまり得意では無いのですが、こちらでの評価が良かったので読んでみました。ただ、やっぱり私にはちょっと合わなかったかな、というのが読了後の感想です。
二人の日常や過去を切り取ったショートストーリー仕立てのお話が中心だったのも、個人的には入り込みづらい要素の一つだったのかな、と思います。
私にはあまり合いませんでしたが、作者さんの江戸時代設定へのこだわりとかはとても伝わって来るので、時代ものが好きな方にはむしろお勧めできる作品だな、と思います。評価は辛めになってしまいましたが、刺さる人には必ず刺さる作品だと思います。

タイトル通りに理解不能だけど可愛い

おわるさんはエロエロな作風が特徴だと思うのですが、今回の作品はいつにも増してエロ増量な内容となっておりました。

最初はパリピ受け好きな私にとっても受けが中々に理解不能で宇宙人だな!?と身構えてしまったのですが、読み進めていく内に、それだけじゃない彼の夢に対する直向きさや、攻めに対する一途で健気な一面を見る事が出来てどんどん受けが可愛く感じるようになっていきました。

そして攻めはとにかくカッコいい。窮地に陥っていた受けをどこまでも大人な対応で救ってくれます。そりゃ、受けもメロメロになっちゃうわ。

欲を言えば攻めの過去に関してもう少し深く掘り下げて欲しかったかなあ、と思わなくもないですが、この作品の好きなところは二人の掛け合いなので、まあいいのかな、と思います。

ナツマチ コミック

ぴい 

良いところはあるはずなのに…

ここでの評価が良かったため、購入したのですが、自分にはあまり合わなかったのかなーと思いました。二人のキャラクターの純粋さだったり、疎遠になってからまた再会するロマンチックさだったり、作品の良いところもたくさんあるはずなんですけど、何故か読んでいてすごい退屈だったというか…。自分でも理由はよくわからないのですが、たぶんストーリーがあまり私には刺さらなかったのかな、と思います。たまたまその時の気分でそう感じてしまっただけなのかもしれないので、また機会があれば読み返してみようとおもいます。

攻めのナチュラルな彼氏力!

一話目で思った以上に攻めがあっさりと受けの告白をオッケーするので、えっ、そんなあっさり!?と思わず拍子抜けしてしまったのですが、読んだ後には、この作品は2人が付き合い始めた後の攻めのナチュラルな彼氏力と受けのもだもだする可愛い姿を楽しむ作品なんだな、と納得しました。

触れられるだけで嬉しくて顔に出ちゃうほど攻めが好きな受けが可愛いのはもちろんなんですが、それよりも攻めのナチュラルな彼氏力がすごくて、いや本当に男前!っと思わず叫びたくなりました。

特に受けが手繋ぎたいんだろうなってことを自然に察知して人目のつかないところで手繋いであげるところとか、本当にキュンキュンします。

DKカップルがとっても可愛いおすすめ作品です!

んー甘酸っぱい!

文川先生のポップでキュートで、でもHシーンはエロい作風が大好きなので、いつも作家買いしてるのですが、今回も期待通りの素敵な作品でした!
あと、文川先生は攻めのキャラも受けのキャラも私のドツボをついてくるんですけど、今回の攻めも受けも私の好みドンピシャで最高です。
クールな顔して悶々と色々考えてる攻めとおバカでエッチなことに興味津々の受けがとにかくどっちも可愛いー!

少しすれ違いながらも、ピュアな2人がようやく両思いになったところは思わずよかったねーと言ってあげたくなりました。

よくある"エロだけの作品"じゃない!

こう言ってしまうと聞こえが悪いのですが、エロ目当てで買ったこの作品、思った以上にストーリーもしっかり練られていて、たっぷり楽しませていただきました!いや、エロももちろんたっぷりあるし、お話も明るくコメディーチックに進むんで、さくっと読めてとっても良いんですけど、この作品の1番の魅力は実はこの2人の関係性にあると思います。親友がセフレになってそのあとくっつく話が大好きな私の性癖にグサっとささる作品でした!