新婚さん!

shinkonsan

新婚さん!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神135
  • 萌×271
  • 萌32
  • 中立15
  • しゅみじゃない14

--

レビュー数
23
得点
1070
評価数
267
平均
4.1 / 5
神率
50.6%
著者
ちしゃの実 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784801957107

あらすじ

出会いは6歳、宝の平穏な日々をブチ壊したのは都会からの転校生。
たくさんケンカしながらあれよあれよと20年が経ち、
26歳になった俺達は気づいたら、結婚していた――! ?! ?

相方の西園寺京介は、人間嫌いで堅物な俺様。
しかも「憎い」が口癖の残念系イケメン。
そんな面倒な京介を、日々苦労しながらも手なずけて(?)いる宝は、
強情で意地っ張りだけど、実は純情で世話焼き体質。

そんな元ヤンふたりは新婚さんにも関わらず言い合いが絶えない毎日で、
浮気してやる(エロ本と)! と言い放ち家を飛び出す京介に宝は──?

宝の友人、冬未のお話「おクズの恋愛」も同時収録!

表題作新婚さん!

西園寺 京介 26歳 エリートサラリーマン
西園寺 宝(旧姓:田中) 26歳 介護福祉士

同時収録作品おクズの恋愛

蓮田 洋一郎 人気俳優
鳴瀬 冬未 26歳 ゲイバー店員

その他の収録作品

  • 描き下ろし「新婚さん!番外編」ー焼きそばとアイスの話ー
  • 描き下ろし「おクズの恋愛番外編」ー童貞じゃなくなった蓮田洋一郎ー
  • カバー下「牧場での会話劇」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数23

拗らせカップル


・新婚さん!
攻め受けどちらも拗らせてるバカップルのお話です。
攻めはすぐに嫉妬するし独占欲強くて面倒くさいし、受けも受けでとにかく素直じゃないので、一見するとこの二人なんで結婚したんだ…?と思ったりもするのですが、それでも随所随所にお互いのことほんと大好きで仕方ないんだろうなっていうのがコメディに紛れて散りばめられていて、良かったです。

・おクズの恋愛
こちらも攻め受け共に拗らせてるカップルのお話でした。表題作よりもこちらの方が長くて読み応えもあり、個人的にはこちらの方が好きでした。執着攻めが好きな方におすすめです。

0

痴話喧嘩ラブコメ

絵もストーリーも、ちしゃの実先生の個性が強かったです。流行りに安易に乗らないというか。一昔前のBL感はあるのですが、逆に新鮮でした。コメディのテンポが良い!

◾︎新婚さん!
京介(攻め)のキャラ、SNS使った表現が面白い。何だかんだ互いが大好きなんだな〜と安心できる痴話喧嘩を繰り広げてくれます。過去のシーンが断片的に出てくるので、そのストーリーも詳しく知りたい…と飢餓感が出てきます。橋の上でのプロポーズとか、初エッチとか〜!

◾︎おクズの恋愛
芸能界モノはやり尽くされてて難しいと思うのですが、楽しめました。ビッチ受けが好きなのもあり。お風呂シーンで冬美が欲情してるのが可愛かった。

以下もやっと点
もう少し絵が見やすいと嬉しい。ちしゃの実先生の個性を失わない程度に。キメゴマの洋一郎は丁寧でカッコいいです!冬未の身体がどんどん小さくなっていった気がする。

※電子書籍
白抜き カバー裏有り
限定おまけ漫画作品各2頁・計4頁

0

ストーリーは面白いです

ですが、残念ながら
絵柄がちょっと画面上ごちゃごちゃしすぎているような気がします
もうちょっとスッキリとした仕上がりになっていたら評価が神☆だったかな〜
惜しいです

作者さんのその他の作者も読みましたがやっぱりごちゃごちゃしてました
ストーリーは面白いので、本当に残念です
目が疲れてきます
トーンの貼る率が高いのかな?
素人なのであまり詳しくは言えないですが

ストーリーはカプに萌えてしまいました
ツンデレの宝の受けの素直になれない所がどうしようもなく可愛いく感じます

0

2組ともキャラの組み合わせが素晴らしい

 ちしゃの実先生作品の中で一番好きです。CPが2組登場しますがどちらの受けもビジュアルと性格共に女々しくなく、時折攻めを喰うほどの余裕を見せてくれるところが最高。攻めのキャラも斬新で、ストーリー展開が独特なところも気に入っています。

◆新婚さん!(表題作)
 幼馴染から恋人に発展、挙句に結婚にまで至った2人。攻めの京介が「憎い」が口癖で、たくさんフォロワーのいるSNSで受けの宝について悪口を吐き出しまくっているところが面白いです。口では京介が罵ってばかりだけれど、惚れた弱みで精神的には常に宝の方が優位。浮気してやると言い放って出て行きながら、グラビア誌を読む発想しかなく、しかも結局抜けずに帰って来る京介が愛おしかったです。普段強気で威圧的なオーラを出しつつも、宝を一番に想っている京介と、そんな彼を包み込むように抱かれる宝という関係性が魅力的でした。

◆おクズの恋愛
 好きな子への接し方が不器用で、昔から父の愛人の息子だった冬未を下僕化していた洋一郎。すっかり彼からの気持ちを誤解している冬未は、突然再会し迫ってきた洋一郎に「付き合わないセフレになるか、セックスしない恋人になるか」という2択を突き付けるんですが、後者を選んでその条件を守り抜く昔からは考えられない洋一郎の健気さに戸惑います。冬未の誘惑にも屈さず、俳優として偉大だった父の2世という肩書きから脱するまで、けっして約束を破らなかった洋一郎がかっこよかった。ようやく洋一郎の想いが通じ、満を持して濡れ場に辿り着いた時は本当に嬉しかったです。

0

テンションが独特

ずっと気になってたので、竹のセールを機に購入。

表題作は正直好みじゃなかったです。
ストーリー開始以前にくっついてるカップルのお話は大好きなので期待してたんですが、攻めの性格が受け付けませんでした。
こういう口が悪いこじらせ系?っていうんでしょうか、読んでてちょっとストレスを感じました…。
ケンカップルなのでとにかく受けと攻めがずっと口喧嘩してるわけですが、作者さんの独特な画面作りと台詞回しでかなり読みづらいしやかましくて、途中で疲れて休憩しつつ読んだりしてました。
このやかましさは魅力でもあるかもしれないんですが、私は苦手でした。
攻めの片思い時代のエピソードがもう少し入っていれば、可愛いなあと思って読めたかもしれない。
このカップルで丸々一冊だったらまた感じ方が違ったかもなあと思いました。

同時収録は面白かったです!
受けがちょっと好みじゃなかったんですが、攻めが一途で可愛くてよかった。
両片思いすれ違い系が好きなのでかなり満足でした。

個人的に前半後半でかなり好みが分かれたので、全体的に見るとう〜ん…。何回か読めばもう少し作者さんの世界観に慣れられるかも…。
ペットのわんちゃんとウーパールーパーのゆるさはとても好きでした。かわいい。

0

結婚してもまだこじれてる

イヤ、これ面白い!
「面白い」って言っても色んな「面白い」があると思うけど、設定のオリジナリティーがいいですね。
BLの文脈では「ケンカップル」の分類なんだと思うけど、現実の夫婦でこういうタイプのCPいますね……なんで結婚してるの?と疑問みたいな。
性格も合わない。ライフスタイル、合わない。好み、合わない。
合わないづくしのくせに、ねぇ〜。みたいな二人連れ。
一応、文句ばかりの俺様・京介の方が元ヤンで軽そうな宝に執着してて、それを宝がしょうがねーな、と引きずられて包んでる、ように見える。
宝の方は…なんで「京介」なんだろうね。
すがってくるからほっとけない、「求められる」事に痺れる、っていう部分があるのかな。
でも、実は京介の方も宝のツボを知ってる、ていうのがミソ。それは「独り占め」。それは宝の急所を握ってるようなもんで。
愛情、ってのは複雑だなぁ…

「おクズの恋愛」
ボリューム的にはこちらの話の方が多いんですね。
京介x宝の同級生、ゲイのバーテン鳴瀬冬未のお話。
こちらも一筋縄じゃいかないストーリーで、なかなか興味深い。
ただ、
私の個人的好みからいうと、諸手を挙げてハッピーエンド良かった〜と言えない。
というのも、ビッチが初恋の人(童貞)と結ばれる、という話なんだけど、でもビッチになったきっかけは初恋のこじれで、その後色々ヤりまくって、今やっと初恋が実る時にヴァージンじゃない事を後悔する…
その流れって苦手だな〜。
「減るもんじゃない」っていう言い回しありますよね。アレ間違い。減るんですよ。
「尊厳」とかが。
冬未はその辺のすり切れて弱った感じが出てて納得できる描き方でした。

0

可愛いラブコメ

人外ものにはまりまして、まほろばディズからの新婚さんにたどりつきました。

絵が上手い作家さんですよね~。
というかアニメに近い感じの作画ですね。。

京介さんは、私好みの黒髪、メガネ、寡黙な攻め…スーツ姿はかっこいいし、めちゃくちゃツボでした…外見は!
中身は受の宝さんの方が男前です。

最初からくっついてるCPのお話はとても新鮮で面白かったです。

「まほろば…」でも思ったんですが、ただただもったないのは短いこと!
上下巻くらいになっても十分な存在感を持っている本ではないかと。
最近、私が長編もの好きのせいかとは思いますが、これだけキャラが魅力的でストーリー設定もしっかりしてる。
エピソードも豊富。
京さん宝さんの過去のどのお話もいくらでも詳しく読みたいと思うもの多かったです。

洋さんと冬未さんのお話も同じで、洋さんの芸能活動の生活の方の姿ももっと読みたかったなと…。
傲慢、俺様なだけではない洋さんの良い一面がもっと見れたかも。

どのキャラもとても好感がもて、読んでいて楽しかったです。
今まで知らなかったんですけど、評価が高いだけありますね。
この作品、もしまだ読んでない方がいらしゃったら、読んでハズレのないお薦め作品だと思います。

2

「好みじゃない」とか全く問題じゃない!

こんにちは。
ケンカップル苦手です。
すべての台詞の最後にビックリマークがついていたり、吹き出しがギザギザだったりすると精気を吸い取られてげんなりします。
主従関係も苦手です。
「愛し愛される関係は常に平等でなければならない!」とキング牧師の横で演説する勢いで上下関係のあるCPは無理です。All men are equal.

珍しく評価だけを先に見て、絵も好きだし、ちしゃの実さんの作品って前に読んだことあったなーと思って購入したこちら。
89名もの方が神と評価している作品、素晴らしくないわけがないと二重否定を使ってしまうほど高揚した気分で読み始めたのですが…。まじか…。これはケンカップルではないか。
テンションだだ下がりしつつ、過去話が前提になってるけどチラ見せしかしないし、もしかして何かの続編?と思って、こちらのページを見に来ました。続編ではないようで。ということは全員が同じ条件で読んでいるのに、わたしだけが「情報不足!」と思っている…。読解力、どこかに落として来たかな?と思いつつ、次に読む作品のことを頭の半分で考えながら1話目を読み終わりました。
…。
あれ。
何かがわたしのこころに灯った気がしつつ、2話目を読了。
…。
これは…。
描き下ろしの焼きそばとアイス辺りは完全に没頭してました。小出しに過去エピ挟むスタイルもイイね!とか思いながら。最初はヤンキーにしか見えなかった宝がだんだん可愛く見えてまいりました!とか、思考の中で全部ビックリマークついてる自分…。

おかしい。
わたしはこういういつも罵り合いながら素直になれないツンデレとか偉そうな攻めとか大嫌いだったはずでは。
なのにこのCPとのお別れが心底寂しい。

寂しさを抱いたまま同時収録へ。
おっと、ビッチ。銀河系ビッチ撲滅委員会としては、これを容認することはできませんよ、と身構える。ビッチのどんな攻撃にも絆されないぞ!と読み進め…。
あれ。
どうしてわたし、泣いてるのでしょうか。
洋一郎が冬未に指輪をはめたシーンの前後、画面がぼやけて何度も見返してしまいました。小さい部屋で陽だまりの中で、ひとつのソファに身を寄せ合って笑い合う2人…。おしあわせに…。

大感動に胸を打ち震わせながら思いました。
好きじゃないとか苦手とか、そういうものを軽く飛び越えてくる作品ってあるんですね。
設定で先に「よし、来い!」とガードを固めている読者って相当手強いと思うのですが、全くガードの意味がない。気付けば結婚式の友人席で一番泣いてる親友状態。いつの間にこんな深いところまで入り込まれていたのか分からないのに、嫌じゃない。むしろこの本を読み終わるのが嫌でした。

余談ですが、鳴瀬は宝のことが好きなんだと思ってました。
さらに余談ですが、「冬未」が「未冬」になってる箇所がありました。

本当は神評価でも良いのです。
なのに「萌2」にしたのは、わたしが意地っ張りの負けず嫌いだからです。
やられたー。好きだー!!

2

こじらせないで素直になろうよ!

新婚さん!とおクズの恋愛の2本。お話はリンクしてます。

新婚さん!は6歳で出会った京介と宝のお話。26歳で結婚してます。式も挙げて籍も入れて。

京介には宝しか見えてません。
ケンカしても腹いせはエロ本買ってきて抜いてやるって2時間家を空けること。

ケンカばかりであれ?無理やり結婚したの?って感じでしたがお互いがお互いの事を一番理解していて大好きなんですね。デレる時が萌えます。

おクズの恋愛の方が話は長いです。二人の共通の友達冬未と母の再婚相手の息子でずっと冬未に下僕をさせていた洋一郎です。

なんやかんや色々あって冬未はビッチで洋一郎は童貞ですがお互いが原因なんですね。
洋一郎も冬未もずっと求めあっていたんですね。
離れてからの洋一郎の努力もグッと来ます。

もっと素直になればよかったのでは?と一言言いたいです。
まあ最後は結ばれてハッピーエンドです。

初読みの作家さんで表紙を見たときはどうかなと思いましたが楽しかったです。ただ実はこうだったって表現が多くてちょっと。後出しが繰り返されてちょっとくどかったかも。

0

絵、上手だけじゃない

絵が上手いだけでなく(受け可愛い、攻めかっこいい・・・)、カップル間の揉め事、幼少期の事、イザコザがあったりと、内容がしっかりあったのが良かった・・・。ただの、俺達新婚だぜイエー、という内容ではなかった(特に2つ目のお話)。とても楽しめたので、読み返しもするし、他の作品も気になります。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ