俺達は新婚さんかもしれない(3)

oretachi wa shinkonsan kamo shirenai

俺達は新婚さんかもしれない(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

200

レビュー数
5
得点
202
評価数
42
平均
4.8 / 5
神率
83.3%
著者
ちしゃの実 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801974616

あらすじ

パートナーとなって一年、新婚旅行でハワイを訪れたかぶなす。
今回は新婚旅行だけでなく茄子川の両親への挨拶も兼ねた"合理的"な旅。
機内で作業する茄子川に欲情して精子をスタンバイさせる蕪木、
南の島の太陽よりも蕪木の方が眩しく感じてしまう茄子川。
いちゃいちゃ&ムラムラ全開でふたりの気持ちは加速するばかり。

ハワイを満喫する中で感じる蕪木の優しさに、
想いが通じ合った頃よりも更に愛されていると実感した茄子川は
蕪木を意識するあまり挙動不審になってしまう。
一方、そんな茄子川の様子を優しく見守る蕪木も
茄子川の両親との対面を控え、なんだか落ち着かない様子。
異国の地でちょっぴりすれ違うふたりだったが、
突然、茄子川父から蕪木には会えないと言われ――!?

世話焼きエリート×ゆるぽわ理系院生
新婚旅行の聖地、ハワイにかぶなす上陸!
最高にえっちで愛が溢れるハネムーン★

表題作俺達は新婚さんかもしれない(3)

蕪木真白,26歳,大手メーカー開発職
茄子川 紫,26歳,工学部博士課程

その他の収録作品

  • 番外編-新婚さんお宅訪問-
  • カバー下漫画

レビュー投稿数5

二人の8年間に感動

こんなに甘くて素敵な新婚さんがいるでしょうか?
毎日大好き値を更新して、大切で大切で。

3巻はルームシェアを回想したり、新婚旅行に行ったり、茄子川のご両親に挨拶したりですね。

1巻から復習したのですが蕪木は複雑な家庭と性格なのですね。誰とも結婚する気はなかったみたいで。
それが茄子川に出会って合理的にルームシェアして結婚して、どんどん茄子川を好きになって。

ハワイにハネムーンでは蕪木のキラキラに茄子川がドキドキしてしまい、どうしていいのかわからない状態に。
好きすぎて壊れちゃって。
自分の挙動不審さを釈明したくてしたのが拘束エッチで…。うーん茄子川はやはり茄子川だな。

四六時中ムラムラで、ハネムーン効果かな?

そして茄子川の父がやっぱり蕪木に会わないと言い出して…。
怒る茄子川が新鮮でした。それなら自分は親に会わずに蕪木とハネムーン続行するって。

でも蕪木は茄子川がどれだけ愛されて育ったか、忙しい両親に寂しかったか知ってしまって…。

茄子川パパと蕪木の茄子川の好きなところや可愛い写真合戦に二人の愛を感じました。
特に蕪木が語った茄子川との8年間。感動しました!

自分が思ってもなかったような良い変化?人間になれる、そこまで大切で大好きな愛せる人に出会えて幸せですね。

ただ蕪木は茄子川を自分に依存させたいようで、両親との挨拶も利用?手段だったのかな?
BLで出てきがちな相手を自分に依存させたい欲は、今までなら萌えたんですが。
それで本当にいいの?面倒くさくなったらどうするの?依存してくる相手って重いし楽しい?と身も蓋もないことを考えるようになってしまって。

まあラブラブな二人が読めて幸せでした。
精子がスタンバイ(笑)

0

いちゃらぶハネムーン

3巻は蕪木に焦点の当たった話が多かったです。

最初は過去に戻ってルームシェア時代の蕪木の話です。
茄子川を意識し始めて、でもこんな気持ちを持ってはいけないと葛藤して、でもドロドロの独占欲が抑えられなくなってきて、これが1巻に繋がっていくのかと納得しました。
ルームシェア時代から茄子川は天然煽りがすごくて、蕪木も気の毒にと思いつつ、視点が蕪木だからか独占欲の凄さにびっくりしました。
1~2巻は茄子川視点が多かったから、蕪木の執着すごいなと思いつつもカッコイイ蕪木だったんでしょうね。

過去編が終わると、ハネムーンでハワイにいる2人が見られます。
ハネムーンですからね、始終イチャイチャしまくりでした。
暴走してどす黒くなっている蕪木と、火に油を注ぎまくって大変な事になっている茄子川がた〜っぷりです。
蕪木が暴走しても茄子川が受け止めてくれるからか、欲望を隠さなくなっている蕪木の、余裕のない顔やギラギラした顔がたっぷり拝めます。
はー凄い物を見たとドキドキしました。

茄子川も素直に愛情を伝えるようになってきて、蕪木も安心ですね。
そして茄子川視点の蕪木がキラキラで、カッコイイ!
茄子川フィルターかかっている蕪木は、これぞスパダリ!みたいなかっこよさでした。
いつもトロトロで可愛い茄子川が、カッコイイ顔を見せてくれたのも嬉しい驚きでした。茄子川両親と会うことが出来ず、弱気になった蕪木にビシッと言い返す時の顔!カッコイイんですよ!ぜひ見て欲しいです。

0

3巻が1番好きでした

攻めの独占欲が今までで1番強く汚く正直に描かれていて、攻めの悪い顔がいっぱい出てきてよかった。

以下、私見と私感です。
この作品はぽわぽわ頭で天然で鈍感な受けと、大きな独占欲と執着を隠して穏やか紳士に見えるスパダリ攻めに魅力を感じてきてたのですが、、
3巻では攻めの狂気じみた想いと思惑と表情がバッチリ描写されていて面白かったです!

攻めの怖いほどの愛と狡猾さが、キラキラスパダリの皮を被ってる裏にこんなにどろっと渦巻いてるなんて。こういうの見たかったからよかった…。

受けもとっても愛が深くて、ずっとギュンギュンしっぱなし、変わらず斜め上の思考だし、天然空回りでかわいかったです。

1巻はおいおい、そんな事ないでしょ?って嫌な感じがするほど攻めも受けも言葉足らずで読んでる側が悶々としそうな危うさを感じていたのですが。たぶんそこで読むのをやめる人もいたんじゃないかと。
巻が進むにつれ良い感じに意思疎通できてきて読みやすくなってます。
とにかく3巻が1番よかった。前巻を読んでからをおすすめします。

1

過去のお話も♪

新婚さんも3冊目になったんですね~(*´▽`*)

今回はルームシェアが始まった頃のお話から始まります。
何故蕪木が茄子川のことを好きになったのか
その心の変化が読めてすごく嬉しかったです。
茄子川に対する気持ちに戸惑いを覚えている蕪木。
そんな過去のお話から現在のお話になった時に
蕪木がすっっっっごく茄子川を甘やかしていて
甘々で最高としか言いようがなかったです。
カッパ着ている蕪木の想像上の茄子川がとても可愛かった…。


そして今回はハネムーン編と言うことで
ハワイに二人は新婚旅行に行きます。
ハネムーンだからねと浮かれている蕪木が本当に可愛いです。
茄子川は元々可愛いのですが3巻で蕪木まで可愛くなっています。

二人ともエッチな時に下の名前で呼び合うのもすごく好きで
「真白」と呼んでいる茄子川を見ると
本を読みながらついニヤニヤしちゃいました。

蕪木の執着心も相変わらず(むしろ増してる)なのですが
今回は蕪木の心の成長も感じることが出来ました。
ちゃんと茄子川のことを考えて行動することが出来ており
あぁ…大人になったなぁ…真白…。と思いました。
もはや誰目線なのか自分でもよくわかりません。


茄子川の父と母も登場して波乱!?もあるのですが
基本的にはお互いがお互いを思いあっていて
お互いを思いあうからこそのすれ違いもあります。
でも、とても幸せな気持ちにしてくれる1冊でした。

はー!幸せです~(*´▽`*)

2

幸せイチャイチャいっぱいハネムーン!

やったー!!!3巻だ!!!
大好きなシリーズなので楽しみに待ってました♡♡

読み始めると捲っても捲っても全然終わらないッ!
めーーちゃくちゃボリューミーですヾ(*´∀`*)ノ
(ページ数確認したら1巻より2巻・2巻より3巻とページ数がどんどん増えてるw)

3巻の内容は大きく3つに分けられるかな…?

①巻き戻しルームシェア(蕪木視点回想)
②let's♡ムラムラドキドキ新婚旅行
③新婚旅行第二の目的・茄子川両親へ結婚のご挨拶
+描き下ろしが加わっている構成になっていました。

相も変わらずずーっとラブラブな1冊なんですが
茄子川の意識の変化とか、
新婚イベント目白押しのニヤニヤとか、
親元を離れて新たな家族を築く幸せな切なさとか、
思わず涙腺が緩むシーンもあってすっごく良かったです(;///;)

あと元々茄子川に対してド甘々な蕪木だったけれど、
3巻は輪を掛けるようなトロトロに甘い表情で…ッ/////
と同時に今も尚、どす黒い感情を持ち続けている裏表も萌えました(∩///∩)ピギャ-

エロはもうね、安定のちしゃの実さんなので…♡♡
蕪木のS気×茄子川のM気がキレイに嵌まってましたw
新婚マニア(蓮根)による新婚ポイント解説(?)も面白かったですヾ(*´∀`*)ノ


というわけで以下ネタバレ含む感想を。。。

①巻き戻しルームシェア(蕪木視点の過去話)

結婚の挨拶のシーンで明らかになるんですが、
蕪木と茄子川が初めて会話した時から8年もの歳月が…!
このお話は出会って5~6年目辺り(ルームシェア1~2年目)辺りに遡った回想です。

恋愛的な意味で意識していないけれど、
一緒にいると心地よい不思議な気分を抱えていた頃。
茄子川の一挙手一投足をジッと見てる蕪木の目がww
既に小動物を狙う捕食者の片鱗が見えて笑いましたw

変な気を起こしそうで我慢している顔がすごく良くて!
シリアスな表情でグッと口を結んでるのすっごい好き!
茄子川はいつものポヤポヤで空気の違いにニヤニヤしちゃいます(∩´///`∩)

②let's♡ムラムラドキドキ新婚旅行

中盤はハネムーン中のラッブラブ♡
砂糖に砂糖をコーティングしたような甘さが堪らない。
そうそう。新婚さんシリーズはこの甘さが良い~!!!

茄子川は蕪木のパートナーというより
ファン化して写真撮りまくってるのに笑いましたww
(モブが蕪木と写真撮りたくて列を作っているところに並ぶ茄子川が可愛すぎる~!)

このお話は蕪木の「目」がキーになっていて、
気合いの入った「目」の作画にギュンときます////
(巻き戻しルームシェア編の捕食者の目もそうですが今回は目の描写に多々心奪われる)

で。このお話でグッときたのは茄子川の変化。
ドキドキしすぎて蕪木と目を合わせたり手を繋いだりが出来なくなるんですね。
茄子川は自分をコントロール出来ない状態に理解が追いつかなくてパニックで。

ムラムラばかりしてエロに積極的な茄子川が
ムラムラ由来の愛情以外の境地に辿り着いた感じがしてすごく良かったです。
茄子川のパニック状態に対する蕪木のアンサーもキュンキュンしました(;///;)
(聡い蕪木×天然の茄子川では恋愛の意識差が根底にあったのかなっていうね…!)

日々進化している新婚さんカップル最高キュンです♡♡
蕪木が優しいお顔しててめっちゃ幸せそうだ~!!!

③茄子川両親へ結婚のご挨拶

新婚旅行をハワイにしたのは茄子川両親がいるから。
こちらも合理的考えで計画を立てていたんですが、
あらすじに書いてあるように父からドタキャンされちゃいます。

大好きな父親から不義理な扱いをされて憤る茄子川。
ここから見えてくる蕪木のどす黒い執着まみれの本音。

(´;ω;`)ブワッ
そ…そんなこと考えてたんかい…;;
蕪木は根本が歪んでるとこ永遠変わらないのやも…。

茄子川に出会って愛されてすっごい丸くなったけど、
茄子川に出会って愛されて執着心も深くなっちゃって。
そう思うと茄子川の天然さと根が純粋なところに救われるなぁとシミジミ実感。

そんなこんなで茄子川父との対面。
蕪木が語る8年の軌跡にグッとくるし、
挨拶が終わったあとの茄子川の様子に泣けてしまう。

親が作った家庭から抜ける寂寥感と
蕪木と作る未来への期待が入り交じった感じが
あーーー結婚だなぁ~~~~~っていう(;///;)
多幸感に少し切なさが乗ってすっごい良かったです…!

描き下ろしは、新婚家庭in蓮根w
蓮根は新婚家庭の匂いを堪能し、
蕪木&茄子川は声を殺したエッチで盛り上がり、
win-win…?かな?たぶん。win-winでしょう。きっと。

はーーーーー!!(∩´///`∩)
続刊も幸せイチャイチャいっぱいを堪能出来ました♡
このシリーズ大好きなので続いてくれるの大歓迎…!
(個人的には『新婚さん!』も大好きで京介×宝も期待して待ってる…)

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う