みかむりんさんのマイページ

神作品

アドバンスドレビューアー

女性みかむりんさん

レビュー数14

ポイント数75

今年度98位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

全てが繋がっていた

めちゃくちゃ面白かったです。
web版も読んでいたのですが、商業版もとても楽しく拝読させていただきました。

悪役である主人公・ルチアーノがひたすら不憫です。
生まれも、環境も、地位も、全てがルチアーノにとっては優しくはなく、悪役になっても当然だな、と。
むしろ、悪役にならざるを得なくしたのは、世界のほうじゃないのか??という印象でした。

宿敵、自分を死に至らしめる存在であるフレデリク。
煩わしい存在、できれば関わりたくない、という振る舞いを内心しているものの、トータルで振り返ってみれば、なんてことありません。
ルチアーノはツンデレでした。

とにかく、ルチアーノが幸せになってくれて本当によかったです。
末永くラブラブでいて欲しいです。

続きが読みたい

Kindleだと5話までしか配信されてないんですが、続きはどこで読めますか……?

めちゃくちゃ絵柄が美麗です。
むちむち雄っぱいと、お尻と腹筋がすごいです。
あと、アングルが凄まじい。
すごい、こんなところから見ていいんですか!?という感じのアングルから、いろんなえっちなシーンを堪能できます。
三木先生の作品を拝読したのは初めてですが、凄まじい画力です。ポスカにして欲しい。

この作品の一押しポイントは、受の愁が、一匹狼的なところがあるのに、弟分のこととなると自分を犠牲にしてでも過保護になってしまうところです。
そう、可愛い弟分のためなら、お尻をも差し出してしまう、これぞ男気。
ほんとに愁さん、めちゃくちゃえっちでばいんばいんむちむちなので、必見です。

笑って感動、最高の読了感!

最初に言わせていただきたいのが、めちゃくちゃ最高でした、という感想。
こんなに笑って、泣いて、もちろんえちえちなBLに出会えたのは本当に貴重でした。

受・魔族のヴィルヘルムが、とにかく美人。そして、お仕事はできるのに、色恋はど素人でピュアピュアです。
そんなヴィルヘルムが、こちらも色恋にはど素人の攻・勇者のアルベルトに果敢に挑んでいくのが本当に面白いです。
コメディタッチのコマがストーリーを邪魔しない、むしろうまーく張り巡らされていて、流れを邪魔することなく、クスッと笑ってしまう、神がかったストーリー展開です。
ヴィルヘルムが、めちゃ可愛いです。
オフの日のスウェット(?)姿とのギャップがまたいいですね〜。
アルベルトを襲ってしまおうとするヴィルヘルムに平手をかましてからの、泣いてしまうヴィルヘルム、おどおどしてしまうアルベルト、最高です。
拒否られて泣いちゃうのに、頑張って自分で解してまで襲おうとしてたヴィルヘルムの、なんと可愛いことか。
ラストも、幸せいっぱいで、思わずにやけてしまいました。
ずっとずっと幸せでいてほしい、できることなら続編是非お願いします!!!!な最高の作品でした。

涙が止まらない

買ってから、中々読めずにいた一冊でした。
というのも、前作を読んでから、本当に落ち込んでしまい、凄まじく号泣したので、中々本作を読む勇気を持てなかったのです。
が、せっかく新田先生がこうして形にしてくださったお話を、いつまでも読まないなんて、もったいない!と思い、ようやく読み始めることができました。

残された岩城さんの、今の過ごし方を、まさかこんなに丁寧に描いてくださるなんて、とまずここで感動。
春抱きってすごいですよね。
前世からはじまり、現世で二人のなれそめ、そしてパートナーになってからのふたり、そして辛いですが別れまで描き切ってくださるなんて。
こんな壮大な話に出会えた幸運に感謝しまくりです。
でもやっぱり、岩城さんの隣には、香藤くんがいて欲しいな、って思います。
なんだろう、仲間や息子たちに囲まれてても、やっぱり何か足りない。
香藤くん、岩城さんを一人にしちゃだめだよ、と改めて思わせられたエピソード。

からの、未来編。
いやぁ、余程相性がいいんでしょうね。
来世でも、あの二人はお互いに惹かれるんですね。
AIの二人も、末長く、広い宇宙で幸せでいてほしいです。
エンドロールのようなページまで読んだ途端、涙が止まりませんでした。
あぁ、私が大好きだった春抱きは、本当に終わってしまったんだなぁ、と。
物語はいつかは終わりがきて、しかもこんなにも長く描き続けてくださって。
感謝の気持ちでいっぱいのはずなのに、やっぱり寂しいです。
春抱き、ずっと大好きです。