Hinanaさんのマイページ

レビューした作品

女性Hinanaさん

レビュー数2

ポイント数84

今年度180位

通算--位

  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

壮絶で壮大なファンタジー超大作に圧倒される

全巻読んだ感想です。
しばらくBL作品から遠ざかっていたのですが、高レビューが多かったので、まずは1巻と思い購入しました。
BL作品でここまで泣いたのは久しぶりです。
よくある転生物かと思ったら、全く違うアプローチで、ぐいぐいと引き込まれ、一気に読破してしまいました。
私はとにかくイオニアの半生に惹かれ、イオニアが報われてほしいとばかり願っていたので、正直言ってレオニーノにはあまり惹かれませんでした。
元々純粋培養の受けが得意ではないので、なぜレオニーノだったんだろう?という思いもあり、グラヴィスとレオニーノの営みには正直しんどくもなりました。
2人の行く末というより、2人を取り巻く人々やこの世界がどうなるのかをただ最後まで見届けようという気持ちでした。
後半の真実が明るみになる場面ではまさかまさか、という話が次々と出てきて、当事者達の悲劇に胸が痛くなりました。
この壮絶で壮大なストーリーをネット小説で描き切ったという作者様に脱帽です。

最後まで読めて良かった

これまでの鬱々とした展開からどうラストに繋げるのか、ハラハラドキドキしながら読みました。
結局カーストゲームがなぜ行われていたのか、真相が明らかにならないため、モヤっとする部分もありましたが、若者の周りにはいつもたくさんの不条理や縛りがあって、でもそんな中でも自分の道を自分で選んで、歩いていくことなんだと感じました。
それぞれにそれぞれの戦いがあって、誰もが愛されたり自分の居場所が欲しいと思ったり。
正直もっと2人の甘々なところも見たかったですが、あれが2人の愛のカタチなんですね。
萌えというよりはもっと大きなテーマに挑んだ大作だと思います。

ピュアラブだけどエロも◎

王道中の王道ですが、遊び人攻め×平凡受けというのはいつ読んでも萌えるものですね。
EDというのがあんなことで解消するのかは素朴な疑問でしたが、攻めがいきなり受けにガッツリいかずに、段々と惹かれていく様子がなかなか良かったです。
また絵柄はどことなく昭和感が漂っていましたが、それもまた味があって可愛い!
あと、お尻の穴とか意外とちゃんと描写されています。
ピュアラブだけどエロもちゃんとしてるって感じですよ。

心の繋がりがあまり。。

体から入る関係は星の数ほどあるので、それ自体は全く構わないのですが、終始なんだかピンと来ないという感情が付きまとっていました。
単純に私の性癖と異なるのだと思います。
どんなに沸点が低いクールなS攻めでも、やっぱり最後には受けに夢中になってほしい!むしろその落差が大きければ大きいほど萌える!という私としては、攻めの愛より受けからの愛の方が圧倒的に大きかったので、物足りなさを感じてしまいました。
そもそも受けが好きになったのだって単純にHが気持ち良いからだけなんじゃ。。と思わずにいられませんでした。
あと掲示板やらサウナやらゲイ世界の日常?がやたら即物的だったのも合わなかったのかも。

エロエロ獣人ラブ。拗らせ攻めを好きになれるか

エロ目的で読みましたが、思ったより世界観がしっかりしていて、楽しく読みました。
獣人が人間界に来て、動物園でご先祖様の捜査をするとかなかなかシュールで面白かったです。
特に一見悪そうに見えて真っ直ぐで直球なオオカミくんの受けは大好きなタイプです。
対する攻めはというと、ちょっと拗らせ具合が行き過ぎてる気がして、あまり感情移入ができなかったです。
そんな態度していたら誤解されるのが当たり前だし、自分勝手な行動が多いなーと感じてしまいました。
ところどころなんだか腑に落ちない点があったので萌評価にさせて頂きました。

絵柄は好きですが、性癖に刺さらず。。

大大大好きな加藤スス先生の作品ということで、期待度MAXだったのですが、あらすじを見た時点で嫌な予感。
元々おねぇ系はそんなに好きではないのですが、今回は攻めも受けもちょっとハマりきらなかったです。
攻めの包容力は良いけれど、受けの男気や可愛らしさ、魅力がイマイチなので、あまり感情移入ができず。。
個人的な性癖に刺さらなかったのは残念ではありますが、先生の作品は大好きなので、これからもチェックさせていただきます!

可愛い可愛いマウリ

久しぶりに読みたくなって電子で再購入。
いつ読んでも癒されてちょっぴり切なくほっこりした温かい気持ちになります。
短いけれど、やはり表題作のマウリと神様のカップルが好き。
ピュアで健気なマウリのことを神様が守りたいという気持ちになるのは当然ですよね。
他にも季節を呼ぶ巡り神様と人の温かい恋模様が描かれています。
誰かのことを想って、一生懸命恋するって素敵だなと思える作品。
ほっこりしたい時にまた読みたいです。

不死身の命日 コミック

虫歯 

虫歯先生らしいぶっ飛びBL

「神様はたぶん左利き」がツボだった虫歯先生の作品。
今作のスーパー攻めになりたいちょっと空回りで残念イケメンな受けが可愛くて良かったです!
惜しむらくは、攻めがちょっと私の好きなタイプとは異なりましたね。。
虫歯先生のリバ感というか、カップリングが逆なのは愛があってすごく好きなのですが、攻めが素敵ー♡って思えなかったのが、ハマりきれなかった原因です。
恐らく性格がぶっ飛んでる攻めなので、あえて凡庸としたビジュアルにしたのだと思いますが、やっぱり攻めにはイケメンでいてほしいという乙女心です。

タイトルにそぐわない切なさ。。めちゃめちゃ良作です!!

タイトルとあらすじだけ見て、エロエロ目的で読んでみたら、想像と180度違う切ない両片思いのお話でした。
お話がどっしりしっかりしています。
共依存といえばそれはそうなのですが、あんなに過酷な環境で本当にお互いの存在が、いてくれてありがとうというしかないですよね。。
脇を固める双子のキャラも最高でした!
受けがとにかく可愛くて可愛くて仕方ないです。
そんな受けのことが大事すぎる攻めの想像以上の不器用さにツッコミたくなってしまいますが、これまで辛かった分、これからはずーっと幸せでいてほしいなと願うばかりです。
久しぶりに良い作品を読んだなーと胸がいっぱいです。

ラスト間近?ヒリつくこの関係性の結末は?

今回は冒頭からだいぶ甘々な要素も垣間見えて、やっとか?!と思っていたら、最後のすれ違いが一際辛かったです。。
刈野が急に優しさを出してきたのには若干違和感も感じましたが、とはいえそろそろ梓には幸せになってほしい。。
ラストが近いようですが、どんな最後だったら納得できるのだろうかと考えます。
カーストヘヴンの醍醐味はこのヒリつくような関係性なので、このまま甘々で終わってもどこか物足りない気がするし、でもやっぱり幸せになってほしい気持ちもするし。。
続きがただただ気になります!!