空回りみっちーさんのマイページ

レビューした作品

女性空回りみっちーさん

レビュー数0

ポイント数1

今年度2119位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

溺愛攻めです

溺愛スパダリ攻め、健気受けが好きな方は読んでみてはいかがでしょうか。
受けの育てる子どもから見て叔父と伯父でカプになります。
2人の歩み寄り、事件、堪えられなくなる好意、そしてエロと、楽しめます。
攻め様のエッチときの台詞がダサい(個人的に感じることです)のと、受けの受け応えが若干癇に障るところが減点ポイントでした。
うらら先生は一冊に2カ所くらいは言葉選びが寒いと感じます。
自分でも恥ずかしいと思うのですが、攻め様が事に及ぶときに興奮MAX様がボクサーパンツからはみ出すんですがそこがこの作品の一番いいところです(すみません)。
外国の方のスパダリ攻め様がはみ出すなんて…。


あっさり読めました

榎田先生の作品にしては心情の推移がやや はしょられたような印象を受けました。
攻めが受けを好きになったのはいつなんだろ。
え、あの時そんなに気に入ってた?
と、攻めが好きだと明かした時に思ってしまいました。
へぇーって。
感動でへぇ…(ウルっ)とくれば自分の中でいい評価に変わりましたが消化不良です。
おそらく交互視点で書かれていないから私には分かりにくかったということだと思います。個人的にどちらの心情も分かって読み進めたいので。他の作品はそんなに交互視点でなくてものめり込んで読んでいたんだけどな…。
あと、個人的に女の人を愛して結婚していて子供もいるという設定で、ゲイになった経緯が分からないのは引っかかってしまいました。
知り合った日に、攻めが女の人を抱いてる時に受けが居合わせてしまうシーンがありましたが、そこも大した衝撃もなくスルリと流れていきます。
意識してない時だとしても、AVや乱行の経験ごない限り結構尾を引くことじゃないかなと想像するのですが全く問題に上がりません。
個人的にneの1/3、息もできないの1/2、夏の子供の1/5の評価になります。

仕草、表情萌え

佐久本先生の目の大っきい受けはとても萌えキャラです‼︎
「若葉寮〜」のボンボンも萌えキャラでした。
計算して無さそうなのに仕草が可愛いのです。
そして、1話目で酔った勢いでエッチしたのを思い出した時の受けの顔がド・ストライクでした。
攻めも本当に好感のもてるイケメンです。
佐久本先生の作品は、切ないのと甘いのが雰囲気がとても違って、甘々の方のお話が好みです。

深くハマります

紙で購入しました。装丁が美しかったので、手元で楽しみたいと思い、書店で取り寄せました。これまでのシリーズが大好きだったので、スピンオフという情報で、あのキャラクターが!と妄想して興奮していましたが、その後の全く別の学生の話でした。主人公のケイトは日本人ハーフでレイと同じですが、レイのように聖女ではなく、社会の底辺を見たサバイバル経験のある子です。だけど、愛に恵まれず、レイプされてトラウマもある苦しい子です。本書は貴族優位、同性愛の他に性的虐待の要素が含まれます。一度読んでみて、健気で痛々しくて、でも強い子な主人公に複雑な感想で何日か置いてみたのですが、読見返したらもう、毎日読み返している始末です。打ちのめされる瞬間の感情の移り変わり、自分に言い聞かせる冷静な声、何度読んでも涙が出てしまいます。ただ、カバーイラストが抜群ですが、挿絵はまずまずでした。パブリックスクールの設定が好きだと、生徒のパターンで無限に楽しめるシリーズになると思うので、樋口先生にギルバート、ゴドウィンなど強者のスピンオフを書いてもらえたらと個人的に願っています。