ユウヒさんのマイページ

レビューした作品

女性ユウヒさん

レビュー数0

ポイント数2

今年度1152位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

感無量

後半から繰り広げる一進一退の攻防戦(なお片方は無自覚)が凄まじかったです。手に汗を握りながら聴いてました。
声優同士の壮絶な演技力対決でもあります。まさに恋は戦いですね。
その分二人が結ばれてラブラブえっちに辿り着いた時の達成感といったらもう...!ぜひ続きも宜しくお願いします。

恋愛物に限らず共感できるテーマ

話自体は王道でありがちな展開だけど、他人から必要とされたいが為に自分を偽って生きることの痛々しさが細やかに表現されていて、とても共感しやすい。
そんな人間味溢れる眞白とは対比的に、大地の少女漫画顔負けの王子様っぷりは逆に掴みづらいところがある。熊谷さんのインタビューによると役作りにかなり苦戦したらしいが、「ひとつボタンの掛け違いで病む方向に行ってしまいそうな危うさ」という解釈とその演技が素晴らしい。
攻めと受けどちらも距離の近い会話感を出すのが上手い声優さんなので、甘々イチャイチャなエロシーンが聴き心地良くて最高にエロかった。ストレスフリーでリピートできる一枚。

このお店に行ってみたい

料理をする男たちが自分の仕事に誇りと情熱を持って極めてる姿が格好良くて輝かしい。
特に明味さんの漢気溢れる爽快な性格が最高!どこまでも男前受けの鑑で大変魅力的です。
ラーメンには特に興味なかったけど読んでて食べたくなりました。

聴き所が多すぎて逆に感想が上手く出てこない

もはやBLという枠を超えた芸術と言っても良いかもしれない。
街のざわめき、物売りの声、篠笛の音色。目を閉じると、江戸情緒と下町の厚い人情が織り込まれた風景が鮮やかに思い浮かんでくる。
色んな細部の音まで丁寧に作られたおかげで、様々な職業の町人の息遣いや生活感の温もりがすごく伝わってきて、まるで江戸に旅をしてるような気分が味わえる。

一番心打たれたのは声の芝居の素晴らしさ。声優さんは凄いんだな…って思わず呟いてしまったくらい。
無邪気にはしゃぐ天真爛漫な百樹も、淫らに乱れて甘く喘いで求める百樹も、そこに「生きてる」。壮馬くんの演技の切り替わりがとてつもなく自然。
樽助さんの卍兄さん、程よい気だるさが壮絶に色っぽい。垣間見える可愛らしいヘタレ感が更に色気を増幅させていく。

百樹の悲惨な過去が描かれた「或陰間一期」に始終心臓をえぐられっぱなしだった。
個人的に女性声優さんが幼少期を演じるBLCDが大の苦手だけど、この作品に関してはそんなことが全く気にならないくらい完成度が高い。特に遊佐さんの切ないモノローグは必聴。

『百と卍』で改めて実感したのは新垣斉藤コンビの相性の良さ。臨場感たっぷりの濡れ場は言うまでもなく、舟の上で喧嘩するシーンの掛け合いはこれぞ本領発揮!って感じ。フリートークで熱く語ってくださった二人の作品愛に感動。

いつまでも幸せな笑顔で寄り添う百と卍を見守っていたい物語、「声」と「音」が紡ぎ出す時間をたっぷりと堪能できて幸せ!

なかなかの高次元ハイセンスギャグ

作者様の頭の中がどうなってるのか覗いてみたくなる作品です。とりあえず動物大好きなのは伝わってきました。小太郎君とクリストファー君がかわいい。

にいちゃん コミック

はらだ 

もはやBLではない

まいこ父が受けてたような法的な制裁から逃げたものの、自らの手で作り出してしまった「ゆい」という名の地獄から結局逃げられなかったにいちゃん。
BL作品として楽しめないかもしれないが、一本の物語としてはあまりにも素晴らしい完成度なので、「神」で!

新旧融合の集大成

故インターさん時代を思い出させる音楽や演出が脇で華を添えるベテラン二人の存在感と相俟って、どことなく懐かしい雰囲気を醸し出していると思ったら、スタッフ表記を見て納得。
ひたむきで真っ直ぐな虎と赤子のような脆さを持ってるシロ。そんなほっとけない二人の危うさと純粋さを見事に表現した若手二人のチョイスが素晴らしい。
壮馬くんの演技力と色気がここに来てまた進化するとは思ってなくて、久々に度肝を抜かれた。15歳と25歳のシロ、客に抱かれる時と虎に抱かれる時の反応の違いなど、絶妙な演じ分けも必聴です。

シリーズ化希望

不器用だけど優しい堅物と天然だけど真面目な不思議ちゃんのボケ×ボケカップリング、何気に新鮮でとても可愛い。
二人のツッコミ不在なやりとりは読んでて思わずニヤニヤしてしまう。
全体的にはBL作品というより童話風の異世界ファンタジーに近い感じというべきだろうか。
緻密に練られた設定や壮大な世界観がすごく魅力的で、散りばめられた伏線もきちんと回収されてすっきりした。
錬金術師や竜の話の比重が多い分ラブラブ要素は控えめだけど、それを抜きにしても転生物語としては最高におもしろい。
終盤の三つ編みを編む場面での「会えた、会えた」は鳥肌だった。

細やかな芝居が活きる

種族や階級、薬物、家族関係など色んな人間ドラマ要素が凝縮されている虫の世界。
ドキドキハラハラしながら聴き入ってしまうほど世界観もストーリーも完成度が高い。
やさぐれた攻めが受けの純粋な愛情に触れて、戸惑いつつも惹かれてしまい、人間(?)として成長していく更生物語の描写に、メイン二人の好演が更に説得力を持たせている。
特に心に刺さったのが筆談やモノローグがない会話シーンでの郁の演技。
映像や絵もなく文字もない状況においても、息遣いと母音だけでここまで表情の可愛さを出せる壮馬くんの表現力に感動。
音声しかないのに、郁の泣く顔も、焦る顔も、安堵する顔も、恐怖に怯える顔も、期待に輝く顔も、恥ずかしがる顔も、幸せそうに微笑む顔も、目の前に鮮やかに浮かんでくる。
口がきけない受けの設定といえば、『牛泥棒』でも思ったんだが、
ドラマCDで喋れない役って、実は叫びや泣きなど派手な演技よりも声優の力量が試されるのではないかと。

気軽にリピできる

内容はタイトルやあらすじからほぼ想像できる通り特筆すべきことはとくにないが、テンポ良くてさらっと聴ける話で楽しかった。
キャストのお二人は付き合いの長い仲良しなだけあって息ぴったり。
全体的に色気をあまり感じなかったけど、江口くんのお馬鹿キャラはただただ可愛くてリピート率高くなりそうな予感。