k0791kさんのマイページ

レビューした作品

女性k0791kさん

レビュー数1

ポイント数13

今年度29位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

この原作にこの神キャスティングありの大絶賛作

原作既読。随分前にCDを購入していたのですがあまりにも素晴らしい作品過ぎて逆にどうレビューしても良いか語彙力を失う有様でしたが是非とも原作ファン声優さんファンそしてちるちるさんをご利用の皆様には聞いて頂きたく‥!

とにかく原作に忠実なCD化です。一部カットしてある所もある事はあるのですが元々原作がクールモテモテ男実は隠れゲイの飯田(CV古川慎さん)と天真爛漫な性的なものに興味津々ピュアな紺(CV村瀬歩さん)の両サイドから描かれている両片思いめいた作品であり両者のモノローグが非常に多く‥そのモノローグも含め第三者である自分は【早くくっつけよ‥】とモダモダしながら見聞きするという構成。
そのモノローグも含めこの芸達者な共演回数も多い古川さん村瀬さんコンビが演じるとこんなにもパワーがある良作になるのだなと実感した素晴らしい作品です。

対談などで村瀬さんが古川さんを【キングイケボ】だと評したり古川さんが‥自分が面白いと思って持ってきたプランを受け止めてくれる村瀬さんを褒め称えたりと‥役者同士の試行錯誤や挑戦、お互いの芝居への信頼感がこのCDに現れていてセリフの言い回しや語尾や何もかもがそこにあの漫画の飯田と紺がいる‥、そう感じるしかないまさに期待通り作。

古川さんが例の「ゲイです」という言い回しに一番力を入れて面白く表現をしているのですが、他にも紺が自室に飯田を呼び入れてちゃんと真実をばらした時の謝る様を見ての飯田のモノローグ「可愛いなクソッ」とか「アッブネ-」とか飯田が恋に目覚めた時の屋上でのモノローグ等は聴き応え十分ニヤニヤが止まりませんし極めつけはやはり古川さんの本領発揮の紺に‥した時の「可愛い‥」とい囁きでしょうか。つくづくキャラクターの解釈とそれに応える為の芝居力が凄いなと思う有様でした。見た目と中身のギャップを絵や動画がなく声で表現出来るって凄い事なのでは。

村瀬さんはとにかくちょっとネジが緩めな言動が多い紺をとても愛らしく魅力的に演じていて‥言い回しとか語尾とかが本当に可愛い‥純粋無垢に飯田の性癖探しを一生懸命して上げる所から飯田への気持ちに気づき葛藤してその気持を一人封じ込んだり吐露したりする‥ポジティブだけど繊細でとてもピュアな演技がうまい声優さんだなぁと感心しかありません。

とにかく原作が好きな人にはひとり残らず聞いて頂きたい‥作品のテンポ感あるコメディなやり取りを100%以上発揮しているこのCD、どうせならフリートークも込みで‥とお願いしたい作品です。宜しくお願い致します!

原作を片手に聞いて頂きたい情緒とコメディ溢れる素敵な作品

原作既読済‥。キャストさんの仰るように原作を片手に聞いてほしい情緒とコメディ感あふれるドラマCDです。
お話の展開やTrack毎のオススメは他の方が書かれているので全体としての感想を‥。

前回で長年の蓄積された思いを成就させた警官・晋と太っ腹にも彼の思いを受け入れた年上の元警官・誠治との同棲生活からお話が始まるのですが‥原作のちょっとした部分のセリフの回収、セリフやト書きにない部分も小気味良いBGMと共にうまくシナリオと役者さんの芝居に組み入れてたりして‥とてもハートフルで濃いお芝居のCDにパワーアップ!

一見チャラそうに見えながら人としての暖かみや優しさを滲み出すそして晋を大いなる愛で包んであげる誠治くんを新垣樽助さんが、無口で朴訥、誠治に対し一途な‥時として情熱的な青年晋を古川慎さんが、ベストキャスティングとしか言えない芝居を繰り広げています。どちらのキャラも普段の日常生活と二人同士で過ごしている時間のギャップがあり、その差異を二人の声優さんがうまく演じているので聴き応えしかないです。そして前回同様、誠治の同級生である八木さんと赤坂くんも再登場し‥誠治と晋の二人が家の外でも自然にちょっとした恋人生活を過ごせているのがわかり‥お話の幅が広がっている感じ。

エロとコメディのバランスも前回同様バッチリで‥『あなたのオカズ只今戻りました!』のあたりの新垣さんのやり取りとか晋ちゃんの「‥」に含まれる大いなる思いを古川さんがどんな感情を込めてセリフに乗せているか、とか‥原作ファンも声優さんファンも聞かない選択肢はないかなと。
原作はまだまだ続くようなのでまたCDが出ればいいな‥期待してしまいます。

古川さんのファンにオススメするとすれば‥晋の声はかなり低く‥他作品で聞かれるような色気や艶や響きを排除し朴訥とした大柄な体型を意識したであろう声‥で‥ちょっとここでしか聞けない部類の低音なのでぜひオススメしたいです!

出会いと再生の素敵な物語

以前から作品は知っていたものの‥ちるちるアワード2020にノミネートされていて気になって読んでしまいました‥!結果‥早く読んでおけばよかった笑!

誰とでも仲良くなれる才能の持ち主、宍戸順平が大学で出会った無愛想で喧嘩越しの同級生鬼塚礼央。容貌を変えている礼央に一瞬惑わされるが彼が同じ高校で「裏番」と名を轟かせていた青年だと知る順平。持ち前の前向きさと優しさから礼央の真実を聞き友達になろうと順平が礼央の孤独だった世界に風穴を開ける事により物語がはじまります。
孤独だった礼央の世界を変え礼央を深く知る事で友人が他者にも認められる喜びと、反して彼への独占欲との板挟みに苦しむ順平。そんな順平の気持ちを察し自分の気持ちに向き合った礼央が出した結末は‥という話なのですが‥。

誤解が生む哀しい孤独やその現実から脱し自分を変えたいと願う心、礼央の持つ『強さと優しさ』彼が渇望していた『対等』でありたいと思う気持ち‥それを汲み取り肯定して寄り添おうとする順平の心の広さに胸打たれてしまいラストのとあるページで不覚にも涙が‥

とても素敵な人間ドラマです。是非お勧めしたい‥です!

何度読んでもニヤニヤが止まらない萌える作品

前作『春と夏と‥』でお名前だけは知っていたものの初めて買った作家さん、表紙を拝見してほのぼのしていいなぁとジャケ買いした自分を褒めてあげたい神作品でした。

お話の基軸としてはサラリーマンのよくある感じの‥よく出来た年下攻&ちょっと可愛さもある年上受、ではありますがキャラクターだけでなく背景や小物の一つ一つに至るまでの作画がとても丁寧で緻密。その描写を拝見するだけでまず眼福で楽しさがあり、そういう説得力に満ちた日常的な描写の中で繰り広げられる登場人物、部下外川と上司野末の揺れ動く表情、反して仮面の下に押し留めていて漏れこぼさないように苦労苦悩している表情がとても印象的でした。
そんな彼らの心情を知っているのは読者である自分だけ、というもだもだする感情が頁を読み進めたいのに勿体ないと何度も葛藤を繰り返し、行きつ戻りつもう一回読み直し‥、という動作を繰り返させた素晴らしい作品です。
とにかく作画が丁寧、背景も人物描写もコマ割も工夫を凝らされているのか物語に入りこみやすくそしてお話に真実味が増して‥そのせいか二人にとても感情移入をしてしまい胸苦しくなる萌える作品かなと。

攻である外川はずっと野末に対する思いをひた隠しして良き部下として接してきてひょんな事から二人は平日日中も夜もそして休日も一緒に過ごすようになる。最初は女子っぽく甘いものを食べてみたい、停滞する自分自身に蹴りをつけて自分の殻を破りたいという望みを外川が叶えてやる。そしてそこからどんどんと世界を広げていく野末がどうやって内面を変えていくのか、‥そして自覚する外川への思い。そこから彼はその気持ちを世間的には普通でないと諦めてしまうのかそれともやはり突き進むのか‥そのあたりの描写が読み応えがあってとても読後感がいい作品です。できればもう少し続編があれば‥と思います。ご検討いただきたい!
そしてドラマCDになればいいなぁと‥。切に思います!

魅力的なキャラとお仕事BL

作家買いとは言え山田ユギさんの作品を読むのは久しぶりなのでどんな感じかなとは思っていたのですが変わらずキャラが魅力的でしかもお話の舞台でもある職場選びの魅力的な事と言ったら‥やっぱり他に類を見ない楽しさが味わえる作品です。

メインは独立したばかりのイケメンデザイナーと彼が仕事で立ち寄った小さな活版印刷所で働く元ヤンで元気な男前青年との恋と仕事をめぐる話なのですが脇を固めるゲイバーのマスター夫婦や活版印刷所の社長(初老)とその社長に惚れ込んでる大会社社長(初老スキンヘッド)といいキャラの造形からしてあまりにも特異でハマっていてさすが山田ユギさんという感じがします。
(まさか初老BLが拝めるとは笑、しかも相手がスキンヘッド!)

活版印刷所に関しても昨今何かと注目されてる技術でもありちょっとだけその仕事の片鱗が見え隠れして職業BL?が好きな人にはうってつけかなと。攻めがゲイで受がノンケではありますがお互いがお互いの仕事に惚れ込み人間としてその魅力に逆らえないものを感じてから二人の恋は始まり一歩進んだ関係に踏み出すきっかけはノンケの男前青年(受)が決めるというあたりが清々しくて読んでいてとてもあたたかくなります。
山田ユギさんの作品が好きな人には一にもにもなくおすすめです。

我々の夢が現実に

一言で言えば我々女性が一度は夢見る?あのアイドルとあのアイドルがもしも実はデキていたら‥の夢を叶えてくれる小気味良い作品でした笑。

響と累は二人組のアイドルで学生時代からの後輩と先輩の関係であり‥その二人がひょんな事からネットで「エゴサ」をしてしまい自分達をめぐる女性ファンの欲望渦巻く世界を見てしまってからお互いがそういう意味で急接近+しかもマネージャーが所謂腐営業をけしかけ‥という展開であるのですが、実は振り返ってみるとお互いに昔から惹かれ合ってはいたもののその気持が何なのか気づかなかっただけであり‥という感じ。

気持ちが急接近してから互いを引き離す仕事上の別の相棒ができたりすれ違いがあったりと紆余曲折があるのですが2冊かけてゆっくりじっくりほのぼのラブコメをしているのでとても読み応えがあります。続きが決まっているとの事、果たしてこの二人に波乱があるのかどうか疑問ではありますが‥とても楽しみ、お得感がある漫画だと思います!

古川さんの仙崎の芝居に圧巻な挑戦的な作品

古川さんの芝居のファンなのでキャスト発表されてから原作を購入させて頂き、試聴を聞き、ある程度心づもりはしていたのですが予想を遥かに超えた古川さん榎木さんの演技に圧倒されたCDでした。

※感想は仙崎×巽編のみとなります…すみません…

原作を拝読するとエロティックな部分と理不尽かつリスキーなカーストゲームという部分に目が行ってしまうのですが、声優さんの芝居でドラマを追っていくと高校という社会からは隔絶された特殊な場所だからこそ抑圧されたものが吹き溜まりになって危険な遊びに向かっている…そんな一触即発感が感じられたというか…構成的にもバランスが取れた内容だと思います。

★古川さん…エキセントリックで古風な言い回しを用い「劇場型」でクレイジーな唯一無二な高校生を完璧に演じていて、その性質故に孤独と背中合わせであり、理解者となってくれた巽に傾倒している様を芝居で納得させていて驚異的な演技だなと思いました。
他人に対する威圧的な話し方、巽に対しての甘く危険な話し方、時折激情にかられたり巽の裏切りに声を荒げたり…などと様々な芝居を聞いている側に説得力を持って届ける…その憑依ぶりが必聴かなと。また新たな扉を開いた感がします笑。

★榎木さん…原作を拝読した時はいい子であらんと求められその苦しみぬいた反動を仙崎という存在を利用して楽しんでいた感がしたのですが榎木さんのお芝居で聞くと巽が熱を持ってそこに存在していて本当に仙崎を愛していたんだなと、最後の瞬間には母親と仙崎との間で苦渋の選択を迫られてどちらも捨てられず‥結果として袂を分かちながらも仙崎への気持ちを誇りを持って胸に刻みつけ、ずっと待っているという印象が味わえて…とても良かったです。

とにかくやはり圧巻は古川さんの怪演とでも言うべき仙崎の演技かなと…。気になる方はどうか是非是非聞いてみてほしいです。仙崎って本当にいたんだ、そう思えるCDでした。

月村先生ならではの優しい物語

新刊で出ていたので月村先生の作品を久しぶりに拝読しました。天涯孤独薄幸な青年が人生最期の望みに晩餐をとたどり着いたビストロで様々な人と出会い人生をやり直そうとする再起の物語であって月村先生らしい作品だなと思いました。
視点を変えれば幸せそうな人も何かしら悩みや欠点や拭い去れない過去があるという事をビストロシェフとの出会いと優しさで心の余裕が生まれた葉が気づき、自分に良くしてくれた人に恩返しをしようと気持ちを返そうとする様がBLでなくてもちょっと心に染み入るところがあり。
自分を卑下しがちな葉と葉を大事に思うあまり踏み込めないシェフ瑠可の両思いになるまでの両片思い、そして思いを告げてからも続く両片思い状態を読者としてとても楽しみながら読ませて頂きました。安定感のある心にやすらぎを与える物語だと思います。

心理描写も魅力的なキャラ+最強の役者陣による超オススメCD

CD化及び配役が発表されたその日に原作を買いその日からずっと期待を抱いていたのですがその期待以上の作品でした。

・人間界に訳あって家出をしてきたちょっと天然やんちゃな悪魔ソラが中島さん、その彼を受け入れ借金と悪魔の能力を形に自身の風俗店パライソで働かせようとするオーナーであり天使のエリルを古川さんが、この二人を中心に繰り広げられるラブコメではあるのですが実はエリルはソラに無体を働かせるわけでもなく彼を大事に側に置きながらそしていつでも魔界に帰れるように手はずも整えていて…それは自身の…という作品の大まかな流れは当然一緒ですが要所要所にドラマCDならではの追加セリフがあったりしてそこがまた萌えどころだったりします。

【中島ヨシキさん】
悪魔とは言え天真爛漫無垢無知の箱入りお坊ちゃまであり愛されて育った故のまっすぐさ、懸命さが感じられるキャラなのですがそれを中島さんが好演していてエリルとのテンポの良い会話をテンション高く可愛らしく引っ張っていってくれます。
後半になりエリルとの関係性が変わり、自身がエリルにとって何なのかを考え自分を見つめ直すあたりの芝居が健気で胸に来るものがあり…無垢無知が故のエリルに響く素直な言葉の表現がうまいなぁと。

【古川慎さん】
胡散臭いそして案外攻撃的な所もありつつ色気を内包する天使エリルを演じられるのは古川さんしかいない!と思えるほどのハマリ役だと思います。
ダミヘマイク収録ではないのに声が響いて聞こえるのは古川さんの独自の発声法なのか…鼓膜を震わす技術と熱のこもった芝居ならソラも陥落するであろうと納得せざるをえない感じです笑。

エリルはソラや客に怒号を浴びせたり萌えギレ笑したりデューラと言い合ったり叫び合ったり…そうかと思うと濃密にソラを口説き囁いたり涙したり…とテンションの差が激しくしかしその声が全て耳に優しくキレイに聞こえるのが古川さんならでは、後半の…ソラを思い親元に帰らせようと自分の思いを封じ込めたりする芝居や過去のエリルとの演じ分けなどとても聴きごたえがあります。古川さんの演技の色々な要素が全て詰まってる感じがするのでファンの方なら是非聞いて損はないかと!

・ディレクションなのか役者さんの理解なのか…そういうイントネーションで話すんだ…みたいな驚きの発見があちこちで聞けますのでお話としても演技としてもセリフ一つ一つを堪能するにも最適で…是非聞いてほしい大オススメCDです宜しくお願いします!

腹黒王子と灰かぶり姫の恋の行方はどうなる?

待望の第2巻が漸く出版されました!

ごくごく普通のサラリーマンSEの智紀が勘違いで出会ってしまった容姿端麗で金持ちでハーフな大会社のCEO直純に恋をして彼との格差に怯えながらもセフレとしての地位を確保した?ところで終わった1巻から続き、智紀の恋を応援したり反対したりと忙しいミチルさんやカナちゃんを巻き込んで二人の歪な恋は進むのですが…2巻では傲岸不遜な直純が段々と智紀のペースに乱されはじめ自分の行動に理由がつけられないまでも智紀のピンチを救うべくいかがわしい店に助けに行ったり自宅に行ったり北海道におっかけたりしはじめます。ただ直純は自分の気持ちにまだ折り合いはつけていないでしょうし智紀もどうして直純がこんな行動をするのか答えを見出していない…1巻では恋に堕ちたほうが負けと言わんばかりの不憫な智紀でしたがその関係性がシーソーのようにゆらぎ始める2巻と言ったところでしょうか笑。

傍から見ると腹黒で意地悪で庶民生活に疎い直純が智紀に振り回されて行く様が痛快ではありますがその実今まで彼は誰かを思って胸が張り裂けそうになったり泣きたくなるような恋をした事がないだけで、そして彼を変えてくれそうな智紀も実は直純の好きなところは「顔」としか言っていない。いずれにしろ直純も智紀も自分の気持ちに向き合いそしてそれをちゃんと相手に伝えるかが大事なのでは、互いが互いでないと駄目な理由を伝えなければいけないのではなどと思ってしまいます。
何にせよ続巻が楽しみすぎる作品です。ハイスペックな腹黒王子が庶民派灰かぶり青年に振り回されて変わっていく…そんなノリが好きな方は是非是非ご一読を!

二人の恋?を案じてるカナちゃんとミチルさんもすごくいいキャラで…何度も読み返してしまう大傑作です。
(あと本作ドラマCDにならないかなぁ…)