失恋ジャンキー

shitsuren junkie

失恋ジャンキー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神164
  • 萌×292
  • 萌40
  • 中立5
  • しゅみじゃない5

66

レビュー数
41
得点
1313
評価数
306
平均
4.3 / 5
神率
53.6%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
KiR comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784815530242

あらすじ

あ~ぁ… これが本当のセックスならいいのになぁ……。

親友の龍次郎にこっそり片想いをしている彗太は、
彼の面影を追い求め、今日もノンケに恋をする。
毎回上手くいかずに終わってしまうが、失恋の傷を癒やしてくれるのもまた龍次郎。
しかも、傷心中の彗太を恋人のように抱くという方法で…!!
高校時代、クラスで浮いていた彗太を唯一気にかけてくれた龍次郎は
たしかに超イイ奴だけどーーその気がねぇなら、そんなに優しくすんな!!!!

表題作失恋ジャンキー

橘 龍次郎,24歳,会社員
真白彗太,24歳,コンビニ店員

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数41

失恋ジャンキー

帯に惹かれて購入しました。
読後めちゃくちゃにんまり笑顔!
めちゃくちゃ良かったです…!
まさかそうきたか〜!ってリアル頭抱えしてしまい、ふたりの行き先を見届けるべく目をギラつかせ一気読みも一気読み…本当に楽しかったです。初コミックスだと知り、すごく驚きました、これからの作品も楽しみです。

(100%)良い意味で1ページ1ページがうるさいです、読みやすいし喜怒哀楽で表情豊かな登場人物たち(主に2人)。帯の文言を頭に入れてネタバレなしで是非読んでください!

15

好きッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

まず絵がすっっごい好き!!!ヾ(*´∀`*)ノ
タイトルもそそられるな~、あらすじ確認しましょ。
ふむふむ。…………うん!めっっちゃ好き!!!!!

の流れで購入したんですが、
個人的に想像してなかった更なる萌えがぶっ込まれて
うわ~うわ~~買って良かった!最高~!!(ジタバタ)
ーーーーで、悶えながら読みました(∩´///`∩)♪

ドタバタなラブコメ&恋人未満セックス&拗らせがお好きな方は是非♪

(地雷が無ければネタバレナシがオススメです!)
(以下ネタバレ含む感想になりますのでご注意下さい)


受け:彗太は、友人の龍次郎に片想い中。
けれど龍次郎はノンケなので最初から諦めています。
龍次郎への恋心を封印するために新たな恋を求めて生きてるせいか惚れっぽい印象です。
ヤンキー気質ですが割と泣き虫な一面も。。。
(表紙もよく見ると目に涙ためてる!可愛い~!)

攻め:龍次郎は、寡黙でクールな印象。(でした。)
書きたいことがいっぱいありすぎて個人的に萌えの宝庫な攻めです(∩´///`∩)スキ!


お話は彗太が失恋して龍次郎に泣きつくところから始まります。
龍次郎は傷らだけの彗太の手当てをして、手料理を食べさせ、淋しいと泣く彗太を抱く。

これがも~~~~めっちゃ萌えるのです////
彗太は龍次郎に片想いしているので「身体だけでも繋がりたい」っていう切なさがイイ!
身体だけでも…と思いつつ、心のどこかがちょっと淋しいのとかもキュンキュンする!!
だけどエッチは気持ちよくて喜んじゃうのとかね!
あああああ~~~ほんま萌える~~~~(///Д///)

あとね。エッチの最中の龍次郎のセリフに萌えた。
「泣いてる?」「まだ淋しい?」(ガッツリ挿入中)
「彗、きもちぃ?」「がんばれ」(ガッツリ挿入中)

余裕のある攻めって感じでめっちゃいいんですよ!
余裕な龍次郎の下で喘ぎまくってる彗太が可愛い!
龍次郎“が”彗太の手をギュッと握ってるのも悶えた…///
(逆じゃないのよ…龍次郎が握るのよ…(∩´///`∩))

そんなこんなでね。龍次郎は慰めエッチしてるだけで
彗太のことは友人としか思ってなさそうな雰囲気をバシバシ放っているんですが…。

少しずつ少しずつメッキが剥がれるのが最高!!!

彗太が新しい恋を始めようとするや相手チェック。
ん?ヤキモチ焼いてるぞ…?おおぉぉ??(激萌)
彗太がフラフラ~とよそへ行こうとすれば、こっちに戻ってこいと言わんばかりのエッチ。

そのくせ彗太のことは「大切な友達」と言う。
セックスの後にこのセリフを吐いた時にゃ~彗太が可哀想で切なキュンキュン(;///;)
(受けが傷つくのに萌える質なので…すみません)

両片想いっぽいのに煮え切らないなぁ~と読んでたら
後半は龍次郎視点に切り替わるんですね。これがま~…

どちゃくそに萌えた+゚。*(*´∀`*)*。゚+ (昇天)
視点切り替わった瞬間にグルンって印象変わるの好き!

龍次郎、大好き拗らせてる天然じゃぁないですか。
クールなイケメンかと思ってたらただのヘタレおバカだったw(褒め言葉ですよ!)
楽しい!楽しすぎるぞ!龍次郎ターンヾ(*´∀`*)ノ
1話目と4話以降の顔が違いすぎて笑っちゃう(スキ!!)

長年の誤解。
互いに隠し続けた気持ちを言葉してキュンキュンし、
彗太がボロボロに泣いてるのが可愛くて可愛くて…!!
友達から恋人に変わる瞬間ってどうしてこう悶えるような萌えが襲ってくるんでしょうね。
やりとりが甘酸っぱくて萌えで息切れしちゃう(ハァハァ)

個人的に大好きな萌えが詰まってて最高でした♡♡
そんでイケメンが眼福。笑った顔の描写がすごい好き!
デフォルメ顔の振り切ったコミカルギャップもキュン!

好きばかり詰まった本の威力はすげーですね。元気出たーーーー!ヾ(*´∀`*)ノ

10

片想いの健気ヤンキーの可愛さたるや

ノンケに惚れっぽい彗太とその高校からの友人龍次郎が、少し間をおいて再会してからの話。

ノンケに恋して失恋する度に、龍次郎のところへ押しかけて抱いてもらう彗太ですが、大本命はその龍次郎なんですよね。
もうこの設定時点で、隠れ感情大好きマンな私としては最高だったのですが、
基本的に語りが受けの彗太の一人称なので、もう龍次郎への想いが読者にはだだ漏れ!
伝えられないけど大好き、な気持ちにキュンキュンし通しでした。
切ない、のはもちろん、一見ヤンキーな彗太が想像以上に健気で本当に可愛いです。
感情が溢れると泣いてしまうこの子を幸せにしてあげて欲しいよ、龍次郎!

お話自体は、一人称の語り口のおかげで、かなりコミカルかつテンポよく進みます。
だからこそ折々の切なさも際立ち、終始楽しく読むことができました。

それ以外の個人的な推しポイントとしては、ゴツゴツした男らしい手と、記事のキャッチコピーにもなっていましたが、クソデカ感情ですね!
節立った手が、感情に応じて繊細に描かれているのが最高に萌えます。
クソデカ感情に関しては、、、とにかくそのクソデカさをぜひ読んで確かめていただきたいです。
私は二人への愛おしさが倍増しました笑

二人のこの先をもっと見守っていたい!
きれいに一冊でお話は纏まっているので、続きはないかもしれませんが、出たら絶対に欲しいと思う作品です。
片想いや、感情にフォーカスを当てたお話が好きな方にはぜひおすすめです。

8

ツボにハマれば、全コマ萌える

カバー折り返しにある作者からのひとことで、「え?浜崎あ◯み…?」と思ったのは、わたしだけではないはず。
初読みの作家さんです。デビューコミックス?
だとしたら、ものっすごい新人さんが現れたものです。

高校時代、浮いていた自分にしつこいほど声をかけてきてくれた同級生・龍次郎と罰ゲームでキスをして以来、片思いをしていた彗太。
大学進学で上京した龍次郎とは疎遠になったものの、面影を追ってノンケばかり好きになってしまう慧太だったが…。

ひとことで言ってしまうと、お互いに勘違いしすぎた両片思いです。
切なさよりも笑い。
ときめきもあるけど、それ以上に笑えました。

ストーリーも人物設定も台詞もモノローグも表情も何もかも楽しい。
最初、「あ、結構モノローグ多めなんだ」と思って読み始めましたが、多めどころじゃない。
台詞を1つ言うのに対して、心の声が倍以上。
1ページを占める文字の数が相当多いけど、全然邪魔じゃない。
龍太郎も彗太もイケメン、彗太が一目惚れする2人もイケメン。
作画も上手くて、デフォルメ画も可愛い。
人物設定も、おばかで愛せる2人。
彗太が働くコンビニの店長がカーネ◯・サンダースと安◯先生を足して2で割って、可愛さのふりかけをかけまくったような見た目なのも可愛い。
褒め言葉しか出て来ない。

ただ1つ大きな問題が。
基本的に「笑い」に特化した作品なので、笑いのツボが合わないと厳しい。
わたしはガッチリハマったので、コマ単位でツボでしたが、合わないと文字の多さと反比例するかのごとく、作品との距離が開いていってしまうかも。

その代わり、合ったらやばいです。
自分の言葉にセルフツッコミ、龍次郎に片思いしながらも惚れっぽい彗太が一目惚れするシーンはギャグ漫画テイストだし、彗太に好きなひとができるとへそ曲げる龍次郎の「ツーン」も可愛すぎる。
最初は彗太目線だから、「龍次郎、ノンケなのに男も抱けるなんてすごいなー」って思うものの、読者には「これって…」というポイントがバンバン提示されていくので、早い段階で両片思いに気付けます。
いや、むしろ勘の良い方は、龍次郎の家に自分は飲まないビールが彗太のためにストックされているという4ページ目の情報で「はい!両片思いです!」ってなるかも。
なのであとはお互いが気付く瞬間を待つだけなのですが、それぞれ思い込みに年季が入っているからそう簡単には気付けない。
むしろ気付きそうな瞬間が来ても、龍次郎の謎の念押しで気付けない。
そして拗れる。
拗れてからも面白い。
龍次郎目線の回想もあるので、1冊でしっかりと2度美味しい気持ちになれました。

面白かったです。
1冊目でここまでのクオリティ。
次回作にも期待が高まる作家さんに出会えて、大満足です。

7

泣き顔にきゅん

近所の本屋に置いてなくて、探し回っちゃいました。
初コミックスのようですが、これで?すっごく良かったんですけど!
絵もとても綺麗です。普段の絵はとってもカッコいいし、デフォルメは可愛いです。
あまあまが好きな人に目一杯おすすめしたい1冊です。
王道なすれ違い両片思いですが、大好きです。

あらすじは皆さん書いて下さっているので、個人的なおすすめポイントを!
まず、慧太の泣き顔が可愛いんです。慧太は泣き虫でよく泣いてるシーンがあるのですが、涙がポロポロではなくボロッボロとこぼれ落ちる感じで、きゅんとしました。
表紙の絵でも泣いてますが、あの大粒の涙がそのままこぼれ落ちるのがたまらん!です。

龍次郎も、慧太視点の時から隠れてない恋心がいいんですよね。なんで慧太気付かないの?ってくらいだだ漏れで、分かり易くヤキモチを焼き、慧太の恋愛の妨害をし、不貞腐れるのですよ。
4話で龍次郎視点になったらもうひどいwボロボログズグズになった龍次郎がすっごく可愛かった!1話の頃はクールに決めてたのに、ダメダメっぷりを見せられて、萌えころげました!

最後は慧太が暴れながら脅して、龍次郎の気持ちを聞き出してましたが、そういえば元ヤンでしたねwちょいちょいヤンキーだった描写が入るのですが、泣き顔で上書きされるたびにヤンキー設定を忘れてしまって、暴れだした時にやっと思い出しました。
泣き虫元ヤン受けって控え目に言って最高でしたw
あの泣き顔に惚れてしまう気持ちが分かり過ぎましたw

少しでも刺さる所があったのなら是非読んでもらいたいです。


7

そら発売日から5日で重版かかるて!!(訳:即重版が当然だと思う位良作)


試し読みで見た1話の彗の「今日も…」「俺さみしい…」の可愛さにやられて、書籍の発売をずっと待っていました。
1話(途中まで?)を読んで、好みのタイプのお話だなと思ったなら、購入をオススメしたいです!

デフォルメ絵が可愛くて、ゆるくて、ギャップが最高に良いです。彗がおもしろくて、スン…って顔をしている龍次郎(クソりゅうじろ)も面白くて、エッチで両片想い拗らせてキュンキュンする中でもフフ…って笑っちゃいます。

最終話までちゃんとこの感じなので、本当に、オススメしたいです。


個人的に好きなポイントなのですが、コマ割りが、大きいコマが多め(特に顔のアップとか)で 、読んでいて、可愛い~!!・かっこい~!!・キュンキュンする~!!!となりました。
Hもすっごくエッチですし!!

え?あのゲイバーの龍次郎の友達は何なん?龍次郎って彗以外にはそういうのオープンにしてた感じやったっけ?など気になるところも無くはないのですが、それを遥かに上回って神作だと思いました!!!

7

テンポが良い〜!

話のテンポが良くストーリーも面白くてスルスルと読み終えてしまいました。これがデビュー作って凄い…!番外編の執筆が決定しているそうなのでそちらも楽しみです。




↓ネタバレ



極力ネタバレをせずに感想をするならば(序盤)両片思いなんだろうな〜(中盤)友達?!(終盤)龍次郎…wという感じでした。
彗太拗らせてるな〜と思っていたらそれ以上に龍次郎が拗らせていてその拗らせっぷりが面白かったです。全部読んだ後に龍次郎の脳内想像しながら読み返すのも楽しい。お互い振り回してるつもりがないのにお互いに振り回される関係性がツボでした。
面白くてストーリーも良くて絵も好みで定期的に読み返したくなる最高さでした!作品を超え作者様のファンになりました、次回作も楽しみです。

7

デビュー作品とは思えない

すぐに喧嘩をするやんちゃな感じの慧太が実はずっと一途に思ってる相手とセフレになって、無自覚のうちにグズグズに愛されてメロメロになってるのが可愛かった!あと絵がとても好みで普段は顔も体も骨っぽくて目がキリッとしてて唇薄くてかっこいいんだけど、しょっちゅう出てくるギャグ顔が振り切ってて、すぐつーんとするのが可愛かった。普段のシャープな顎とギャグ顔の顎のラインの差に笑った(笑)今作が商業デビューの作家さんらしくお話も絵もとてもよかったので応援したい!

7

ぐぁぁぁ苦しい!

なんだこれは!と、読後は唸りました。
読んでいる途中も、すれ違い具合がもどかしくて苦しくて、ページをめくる手が止まります。

パターンとしてはよくあるものだと思うのですが。
龍次郎と彗太のお互いが好きすぎて、盛大にすれ違っていく過程が面白くテンポも良い。
本人たちはその時の最善で、必死に動いているのですが、どうにもマイナスな方向にしか進んでいかないところは不憫でした。

個人的な萌えは、冷静沈着に見えた龍次郎の崩れ具合。
猫を被るのが上手な、ただの男子だったところが最高でした。
彗太の見た目に反した、泣き虫なところもとても可愛い。

お互いがお互いのことを大好きすぎるので、本人たちはいたって真剣なんですが、描かれ方がコミカルで読みやすいです。

ようやく良い形に収まると、バカップルの片鱗も見え、この先の2人も楽しそうでにやけました。
読むたびいろんな発見があるので、何回でも読みたくなります。

7

甚だしい

彗太:龍次郎に片想い中。告白して友達関係を壊したくないので心は無理ならカラダだけでも…と失恋の度に龍次郎に抱かれる。
龍次郎:失恋した彗太を慰め、抱く。彗太への気持ちは…?
と、いうふたりのお話しです。

龍次郎の慰め方が〜〜〜!!
手ぎゅってしたりとかもうヤバいし、風谷さん以降の嫉妬心を丸出しにした抱き方もヤバい(語彙力)。

いやあ〜、ふたりの気持ちのすれ違いっぷりがとにかく甚だしいし、何とも噛み合わない。

どこまですれ違うのかやきもきしてたら3話ラストでよしキター!!からの龍次郎視点の4話で凹んでいる龍次郎には申し訳ないのですがあまりのキャラの振り幅につい笑ってしまった〜。
はじめのクール龍次郎どこ行ったの?っていうくらいにめまぐるしく変化する情緒と表情が忙し過ぎてさらに楽しいったらない。
彗太もなんですけど龍次郎も相当にクソデカ感情を抱いていて、龍次郎の方が想いが重めというね。
もうそういうの大好物過ぎてたまらん。
彗太も強気なのに泣き虫なのがかわいかったです。

やっと気持ちが通じ合った後の『本当のセックス』はふたりとも余裕なく求め合っているのがなんとも幸せそうで…、思わず顔がほころんじゃいました。

はあ〜、これはいい両片想い。
キャラもよく、絵もかっこよくて首がしっかりしていて手もエロくて、目にも色気があって好きなタイプでした。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う