ハムスンさんのマイページ

レビューした作品

女性ハムスンさん

レビュー数0

ポイント数5

今年度1426位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

かわいいヤミ金物語

にやま先生の作品に登場する人物は、みんなかわいらしいですね。容姿もだけど、性格が憎めない人ばかり。「僕のおまわりさん」のテキトーおじさん、田島さんもでしたが、この作品の五代さんも相当です。
五代さん、借金取りなんだけど、現金返せないならエッチ一発3万円として、身体で払ってと自分の好みの男子、金蔵くんに迫ります。そのくせ金蔵くんがダブルワークで疲れてるなら、ムリしてないか気遣ってやったり、金蔵くんのおばあちゃんや弟にもお寿司食べさせてあげたりと、こんなんで惚れない方がどうかしてるよ!この人タラシめ!

初めは借金のために嫌々付き合っていた金蔵くんも、こんな五代さんにほだされていくのですが、金蔵くんも、とってもいい子。働き者だし家族思いだし、五代さんのことも気遣うし。
五代さんの舎弟の哲くんも、口では五代さんのこと
しょうもないなー、と言いつつもおばあちゃんに優しかったりと、いいヤツだらけでホッコリします。

肝心のエロ(笑)ですが、標準的だと思います。にやま先生の描く男子のおっぱいが可愛くて好きですねー。表紙の五代さんの半勃ちのパンツ姿もかわいいですねー。本編と関係ない、美麗な扉のカラーイラストがあるのですが、それも白いシャツの透けたおっぱいが良いですねー。
かわいいものがいっぱい詰まった作品なので、ホンワカしたいときに、ぜひ読んで頂きたいです。

瀧田宗司という男…はひたすらイケメンだった

松基先生の新作、お待ちしておりました!先生の描く男子の、ニコーッとする笑顔が大好きなんです。今回も顔いっぱいに笑うかわいらしい子が!さらにヘンタイさんも!

表題作の「瀧田宗司という男」とスピンオフの「雁字搦め」
不良高校生と、同学年の男子のお話「ほどける視線」とそのスピンオフ「君の証明論」
腐男子高校生とやる気のないDK君の「君の秘密を見せてくれ」の5本立て。
もとのお話よりもスピンオフの方が拗らせ度が高いですので、順番に読むことをオススメします。

表題作の瀧田宗司さんは、会社では笑顔もなく、ハッキリした物言いでウザい、ということで煙たがられています。その瀧田さんが主人公で新入社員の松尾くんの教育係りに任じられます。第一印象は怖そうと思っていた松尾くんですが、わんこキャラとしての天賦の才か、瀧田さんの良いところを見抜いていきます。仕事もできて、ホントは優しいところもあるカッコいい人なんだよ、ということで気になりだしたある日、次のスピンオフで主人公となる酒井先輩から、瀧田さんて実は絶倫でバイなんだよという噂を聞いてしまいます。そこから仕事上のトラブルが起こり、松尾くんと先輩の瀧田さんの二人で対応するのですが、そこから進展は?瀧田さんはほんとに絶倫でヤリチン?ということです。

最初の方で瀧田さんがウザがられている設定なんですけど、イヤー無理があるでしょ。だって見た目カッコ良すぎですもん。私服OKなのに、スーツで通勤かつ、メガネ男子で仕事できるって、怒られてもいいって思ってしまいますよ。喜んで怒られます!

表題作も良いですが、自分がいちばん好きなのは瀧田さんからのスピンオフの「雁字搦め」です。自分が好きな男の身代りに、弟と関係を持つ酒井さんのお話。「瀧田宗司…」に比べ、重いお話になっています。実の兄弟なんで、背徳感もありますし。エロはやや強めです。前のお話では、お気楽な感じの酒井さんでしたが、こちらでは色々鬱屈しており、同じ人間とは思えません。弟君のお兄ちゃんへの執着も強すぎ。でも弟君のほうはカラッとしていて、そんなのあたり前っていう感じが、ちょっと怖いです。

他3本もそれぞれに個性がある作品なので、お得感がありますよー。お好みの作品を探してくださいね。

社長、貴方についていきます!

眉目秀麗で仕事熱心な、男性用アンダーウェア会社の社長・豊坂さんと、これまたイケメン設定の、元キックの世界チャンプ・岩瀬さんのお仕事BL小説。

お仕事BLって、自分では覗けない世界が見えて楽しいですよね。男性用アンダーウェアって、これってどういう構造なわけ?みたいなのもありますよね。ちんこの形まんまのパンツってマキシマイザー付きっていうんだ、へぇ、とか、『ケツ割れ』って作中で表現されてるパンツは尻丸出しの謎パンツ、ジョックストラップっていうのか、フーン。そういうパンツってネットで圧倒的に売れてるのかと思いきや、作中で営業をかけに行く場面もあり、色々な販路があるのね、なんて思ったりして興味津々です。

そしてこの会社、起業して年数が浅く小規模だけど、働いている人達がみんな明るくて仲が良く、仕事熱心で、とても居心地がよさそうです。社長がすごく熱意溢れる人で、それに引っ張られるように社員達は仕事をしているし、岩瀬も力及ばないながら会社のために役に立ちたい!と思うようになっていくのは、ええなぁ、と思いました。役に立ちたいけど、違うところも立ったりします。
物語の展開上、イヤな奴も出てくるし、ピンチもありますが、この人たちなら大丈夫と思わせてくれます。

エロさはそれほどではありませんけど、キックばっかりやっていて、色恋とは遠いところにいた岩瀬の初々しさはかわいらしいですよ。

小山田あみさんのイラストは、今回も美麗!扉のイラスト素敵です。

Punch↑(5) コミック

鹿乃しうこ 

ラブ度上昇中!

ファァ〜カワユス!浩太くんのトロ顔、ヤバス!

鹿乃先生も書いておられましたが、punch↑シリーズでは、いちばん自由度が高い巻だと思います。
お化けあり、PBBのカップル、純佑と忍キュンも登場し、牧さんの過去の地雷らしい師匠、渋沢さんが登場したり。それに加え、牧さんの妄想写真集予告カラーとか、とっても楽しい内容です。

その中でも、いつもはツンな浩太くんが、自分から牧さんを求めるところがあって、それが可愛くてしかたありません。余裕がない表情で牧さんを欲しがる所は、牧さんじゃなくても陥落です。
先述の純佑さんと忍キュンのいたしてる場面もありますが、そのときの忍キュンの可愛らしさもプルプルします。純佑のデレ顔も拝めるという、punch↑なのに、それだけじゃない楽しさがビッチリつまってます。あっ、牧さんの変態も健在ですよ。

鹿乃先生、ほんとに牧さんの妄想イラスト集出してくれないかしら。もちろんコータンの特典付きで。

ザ・ボーイズラブ!

王道のストーリーなんですよ、この作品。

主人公の大沢さん、妻子持ちで落ち目のゲームクリエイターで、ほんとただの中年のオッサンです。痩せてるけど、お腹も出ちゃってるし。また嫁が怖いんだ!もうほんと鬼嫁!昔はレイヤーさんで、キレイだったのに、今じゃ子供の前で旦那のことは罵倒しまくり、子供には勉強しろって怒鳴り散らすわ、こんな嫁じゃ誰だって逃げたくなるわ。
しかし嫁が鬼だろうが、子供たちの為にもお父さんは頑張らなくちゃならないんですよ。

そんな子供の学校行事のために、出かけた大沢さんが出会ったのが、同級生のお父さんの香川さん。同世代なのに、リーダー的存在で、優しいしカッコイイ。他の生徒のお父さんたちにも人気がある。お父さんたち皆んなで行った銭湯では、香川さんはサーフィンを現役で楽しんでいるので、スジ筋で身体つきもカッコイイことが判明。ついでに大沢さんのチンコもお父さん会では一番デカイことが判明(余談でした)

そんな香川さんに大沢さんは好意を寄せる。それが恋愛感情だということは自分では否定するのだけど、という王道の流れなんです。

なんだけど、なかなか主人公に興味をそそらないのは、冴えなすぎるオッサンだから!言ってしまった…。眼鏡とるとカッコイイとかさ、あるじゃないですか、でも期待しないで(笑)
嫁も怖すぎて鬼嫁掲示板に上がってそうだし。

でも次が気になる展開にはなってます。攻めになるだろう香川さんとはCPになるのか、香川さんヤリチンビッチみたいだけど、大沢さん遊ばれちゃうだけじゃないかとか、アテウマのデブはどう絡んでくるのかとか気になりますよ。

スジ筋、美尻好きな方にオススメ。

ハァ〜もうカワユス‼︎そしてアホすぎる!
頭からっぽにして楽しんで読める作品ですよ。

先輩のオケツ大好きな攻めの泉谷くんは、たぶん飯伏選手がモデルかな。先輩が好きすぎて色々こじらせてます。イケメンなのに。

そんな泉谷君に普段はイタズラされ放題、視姦されまくりなのが受けの里中選手。たぶん髪型とかで棚橋選手がモデルかと。いいケツです。

またこの里中選手、後輩思いだし、試合も強いのですが、終わるとフィリピンパブに行ってはニヘラ〜となってるんですよ。このギャップもたまらんですが。レスラーなんてそんなもんよねと妙に納得してしまいます。
そんな里中選手がフィリピンパブで泥酔。それを家まで送って帰った泉谷君。前から好きだった先輩があまりに無防備にケツを晒して爆睡しているので、イタズラしちゃうところから、二人のいちゃいちゃが始まります。
途中、里中選手の同期の御手洗選手がアテウマとしてヤキモキさせたり、ビニール製夜の人形の顔をマスクにした南極3号選手とキワキワの試合をしたり、ドラゴンゲートのYAMATO選手そっくりなヒールにやられそうになったりと、ハラハラさせられることもいっぱいあります。
でもそんなときも大好きな里中選手のおケツパワーでなんとかする泉谷君。スケベだし、ヤキモチがひどいけど、大型犬みたいですごくかわいらしい!
ホッコリします。
最近はレスラーも中量級の選手が増え、ガチムチばかりじゃなくて、スジ筋て感じのイケメン選手が活躍しています。作中の選手もスジ筋が中心なので、そういう体型好きな方にもオススメです。

表紙で騙されないで

これまで村上キャンプ先生の作品を読んで、ニコニコしていた方は、一切忘れてください。
これはミステリーですよ。このコミックスまるごと一冊に、静かに人が壊れていく様子が描かれているのです。

主人公の花城さんは、昼間は爽やか人気アナウンサー。でも夜は、露出趣味のあるヘンタイ淫乱中年。爽やかなお昼の顔を保つために、夜の解放された自分が必要だけどもちろん絶対に秘密。そんな花城さんの大大ファンの男子がいる。通称Tシャツ君。花城さんの顔をプリントしたTシャツを着て、出待ちや握手会にくるから花城本人やスタッフからそう呼ばれている。初めはただのファンだと思って接していたが、ある日の会話をきっかけに、花城の秘密を実は知っているのでは?と疑問がわいてきてそこから物語が動きだします。


自分の性癖や考え方の薄暗い部分を共有して、すべてを赦してくれるTシャツ君に邂逅できたことは、花城さんに癒しをもたらしたと思ったのですが…。そこからは本編をお読みください。

とにかく薄ら寒い!出てくる連中がことごとく得体が知れない。唯一、常識人とよべるのは、番外編に出てくる、受けの蛯原さんという会社員。でもこの人も、本編で主人公の棒役として出てくる、ハル君という得体の知れない人物に侵食されていくんだろうな、という寒さを感じます。
とくに後日談では、本を投げそうになりました。怖くて。
昔見た「クリーンシェーブン」という映画を思い出しました。そんな映画的手法も詰まっているようにも思える、村上先生の異色BL、みなさんに読んでもらいたいです。

ショタでオトナでショタ

朝起きたら男女が入れ替わっていた、という話はいくらでもありますが、起きたら25才の男が少年になっていたと驚き設定。自分のなかではこういうのは見たことなかったので、かなり新鮮。
そしてショタになった攻めのカナデ君は、キュン死にするかと思うほどかわいらしい!でも思考は大人脳なので、こまっしゃくれた子供にみえる。
そして性格も大人になっているときの性格そのままなので、驚きはしたけど、戻らなかったらそのときはそのときという、悟ったみたいな子供。
エッチなこともしたいけど、子供だからダメ。
読みながらそのギャップの修正を自分のなかでするのが面白いです。いかに見た目に引き摺られるか、ということだなと思いました。

そのカナデ君と受けのユーキ君が二人で住んでいるアパートに、ユーキ君の弟がしばらく同居することになってしまいました。この子供はどこの子かは言えない、真実は言えないと秘密を抱えて弟と過ごさなければならないユーキ君の苦しさや、カナデ君が以前好きだった男性と、子供の姿でまた接触することになり一波乱の予感、そしてホントに元の身体に戻れるのかなど、このあとの展開が楽しみな巻でした。

僕と コミック

岸虎次郎 

忘れてた。恋するってこういう感じでした。

かわいらしいDKだらけの世界!
いつも一緒にいる仲間だけど、男同志だし怖くて好きとは言えない。だけど好きな子にはキスもしたいし、もっとエッチなこともしたい。せめてじゃれ合っているフリをして、必要以上に手に触れたり、嫌がる友達のメガネをかけたり外したり。
直接的にチンチンを触ったり、キスするパートもあるにはあるのですが、そうでないパートの妄想が炸裂する前みたいな、一瞬空気がシン…となる部分がとてもエロくて、キュン!となります。
自分が好きな子がいたら、きっとそういう妄想するよね、と共感することがハンパないです。

岸先生の描くDKの瑞々しさ、かわいらしさ、初々しさが全開の、素敵な作品になっています。
あー、みんなに読んでもらいたい!

僕のおまわりさん 電子 コミック

にやま 

商店街をあげて応援します。

なんですか、このかわいらしい二人組は!
町の電気屋さんの店主の田島さんがカワイイ!なんでもかんでもチャランポランですが、君なら仕方ないかって妙に周りからは納得されるタイプ。深刻な話でも、あんまり考えてないでしょ!って突っ込まれそう。

そんな田島さんに10年も片思いし続けている、元ヤンキーで現在お巡りさんの晋くん。身体はでっかいし、表情も変わらないのでなに考えてるのか分からないけど、田島さんへの思いはずっと変わらず持ち続けているのが、田島さんとは違うかわいらしさ。

勢いで晋くんが田島さんにキスしてしまうけど、そこでの晋くんのリミッターの外れ方がドキドキします。
いろいろジャマがはいって、すぐにはそういうことにはならないですが、無表情な晋くんのモダモダした思いとか、テキトー男の田島さんの、だんだんと晋くんへの思いが変わってくるところとか、陰ながら応援してあげたくなっちゃいます。

絵もきれいだし、登場人物の性格もかわいらしいし、ぜひ皆さんに読んでもらいたいです!