ラムレーズンさんのマイページ

レビューした作品

女性ラムレーズンさん

レビュー数0

ポイント数5

今年度748位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

不憫設定詰め込み過ぎ

まず本のサイズが微妙に小さめです。(この出版社はこのサイズなのかな?いつもは電書ばかりなのでわかりませんが…)
健気受け、不憫受け、すれ違い、誤解、再会、どれもこれも自分好みの設定が盛りだくさんだったこの作品。しかもイラストはyoco先生ときた日には!もうっもうっ!って感じだったのですが…
ストーリーの方は、なんだろう?あまり心に響かないというか、頭に入ってこない?みたいな。多分…不憫設定をいろいろ詰め込み過ぎて現実味がなくなってしまったかな。(BLがファンタジーということはわかっているのですが)
攻め側の御曹司設定もなんとなく無理矢理感が否めない。ハッピーエンドなのに何故かモヤモヤ…
でも攻めが受けに対してやっちまった失態に関して反省をし謝罪したシーンは印象に残りました。

愛情が溢れるほっこり巻

神評価であふれてるのに、評価を落としてしまって申し訳ないです…
今までがバトルありのハラハラドキドキの展開だっただけに、今作はただただ癒し系のストーリーで安心して読めました。
甘々と言うよりは、家族愛、夫夫愛がぎっしり詰まってる感じです。その分間違いなく次作からハードな展開になりそうで、その伏線もしっかりとストーリーに組み込まれてます。
双子ちゃんの未知なる能力にも期待が高まるばかり。(未知なる能力は前作のラストより少し成長してます。)何よりもカバーからもわかるように見悶えるほど可愛くて挿絵でもその可愛さにメロメロになります。
ただね、その双子ちゃん達の言葉がね、私には受け付けなかった…ものすごく分かりづらい及び読みづらい…
理解できる可畏も潤も読者の皆さんもスゴイとしか(;^_^A
この赤ちゃん言葉を可愛いと言えたなら、間違いなく神評価だったと思います。

主人公がビミョーすぎる。

少し辛めの評価かもしれません。
辛めの理由→ズバリ攻めの公平も受けの要にも、なんの魅力も感じなかった。
公平の押し付けがましい優しさ、自分から不幸を選んでる受けの要はまさに「お涙頂戴」の構ってちゃんにしか思えなかった。
この作品を際立たせたのは、要のDV彼氏の加瀬。加瀬の存在がなければ間違いなくしゅみじゃない評価でした。DVはダメ、どんな過去があったとしても人を殴ったり蹴ったりするのは間違ってるけれど、それでも加瀬の苦しさや優しさがじわじわと胸に沁みてくる。
好きなのに優しくしたいのに暴力ふるっちゃうくせして、相手を思って自殺未遂しちゃったり、最終的には要を公平に送り出すことができる。
公平と要がカップルになるのにあたり、加瀬の存在は必然だったんじゃないかな。
公平のお陰で夜が明けたようなストーリーですが、私には加瀬のお陰で夜が明けたような気がしました。夜明けに優しいキスをしてほしかったのは加瀬じゃないの?(←酷いことしたから仕方ないけれど…)
加瀬にも幸せに訪れて欲しいと願いつつ!加瀬がメインの「お菓子の家」を読もうと思います!

評価のわかれみち

優しかった攻めが記憶喪失になって傲慢攻めになっちゃうストーリーです。
たくさん読んできたBL小説の中で初めて受けざまぁ…などと一瞬でも思ってしまった作品でもありました。
攻めの勝倉に甘やかされ過ぎて、攻めを下僕扱いして傲慢不遜な受けの相馬。攻めが記憶喪失になって偉そうな態度になってしまった状態でも喧嘩腰のしゃべり口調で心配する様子もなく自分のことばかり。
でも時間が経つにつれて、愛情に胡坐をかいていた自分を反省していって、記憶が戻るために自分にできることをやっていきます。で、偉そうな攻めも優しかった攻めも同じ勝倉だーって気付いていくわけです。
記憶は戻りますが、記憶喪失状態だった時の記憶は残りません。
結構、簡単に記憶喪失状態から戻った気がしました。(そんなものかな?)
記憶が戻ってから、受けが攻めに対して下僕扱いしなくなったことに不安を感じるようになる攻め。ここで、受けへの印象に良さを感じられるかどうかで評価が変わってくるんじゃないかなぁ。って思いました。私は残念なことに、下僕扱いしてなくても、なんとなく受けの印象に嫌な感じは拭いきれず、眉間にしわが寄ったままの状態で読み切りました。

時間をあけてから、また読みかえしてみようと思います。

刺さった。

まさかの展開で、自分の中に眠ってた新しい性癖をこじ開けられた作品でした。
ものすごく楽しめました。

ストーリーは復讐?のつもりだったのが、いつの間にか恋におちちゃってた。みたいな展開なんだけど。よくある展開だと思ったら大間違いです。
受けが攻めに着衣のままイかせちゃう。受けが攻めに尿道攻め。受けが攻めに公共の場でアソコをサワサワ。受け側にされるがままの攻め(笑)
いや、実に萌えました。逆パターンはたくさん読んできましたが、攻めに対しての尿道攻めなんて…なんていうか、もうっもうっ!
タイトルの泥舟… 泥舟を作ったのは誰か、泥舟に乗ったのは誰か、そして泥舟はどうなったのか。読んで確かめるのが良いかと思います。
私の中では泥舟は、いつの間にか泥ではなく普通の小舟に変わったように思いました。

何度も読み返すと思う作品です。

「365+1」のスピンオフ作品です。
登場人物が多くでてくるので「365+1」を読んでからの方が関係性が分かりやすいと思います。
「365+1」の終わりで久保田と美山はもしかしてーーー!!!!などと思いましたが、想像していた通りの結果になってくれて本当に本当に嬉しかったです。

久保田の人たらしっぷりも素敵だな。と思いつつ、やはり私的には美山の的を射た言葉に痺れまくりました。(「365+1」でも、ものすごく良いキャラを発揮してます)久保田と美山の会話も軽快でポップ(笑)でうっかり声を出して笑ってしまうほどでした。
たくさんの小説を読んできましたが、久保田と美山のカップルが断トツで好きなカップルになりました。

電子で買いました、挿絵はありません。(文庫はあるのかな?)
ラストの久保田がデザインした衣装を着た美山が挿絵で見たかったなぁと思いました。

挿絵の威力。

得意のカバー買いです…
正直なところ少し甘めの評価です。収録作品のステイゴールドと挿絵がなかったら間違いなく「しゅみじゃない」になっていたと思います。
何が駄目なのかと言ったら…受け!!!!女々しすぎる。女々しくてイライラしました。女々しいのを健気と評価するのは違うような。どちらかというと攻めの方が健気なような気がしました。
ステイゴールドは攻め視点のせいか、受けの良さを少しは感じることができましたが…
私には受けの健気さは感じられなかったし、甘々にもかんじられず残念な作品となってしまいました。
電書版での購入ですが挿絵あります。挿絵にはめっちゃ萌えました!

海外のクッキーを食べてるような甘さですっ!

本当は間違いなく神作品なんです。
でもでもどうしても評価を落としたくなってしまいました。
いや、だって、二人があまりにも甘々でラブラブでなんか悔しかったからです。悔しいのに、読みながら癒されるし和むし、ナニコレ(♡)状態になる作品でした。

受けの直登は間違いなく美人受けじゃないのかな?って思いました。攻めのヨシ君に対する感情表現はめちゃくちゃ可愛くてキュンキュンします。直登じゃなくたって「惚れてまうやろー!」って叫びたくなります。ヨシ君の直登に対する愛情も優しくて!!これは…ワンコだなぁ~って初めて思いました。(←ワンコの意味をあまりよくわかっていなかったので)

本当に、お幸せで何よりです!といった感じでした。

読者の私も溺れてます!

前作「愛されててよ」の続編です。
相変わらずカバーイラストの素敵なこと!カバーだけでもめっちゃツボに入りまくりです//
今回の作品は… 佐藤くんと伊吹くんのやりとりは少なめだったなぁ。と、少し残念におもいました。伊吹くんのランニング中に出会う少年…湊斗くんと伊吹くんとのやり取りのほうが多い…DVをテーマにした作品でした。
佐藤くんのおっとりとした会話を楽しみにしていただけに地味にモヤッとしたものの、作品の中の佐藤くんも湊斗くんにヤキモチを焼いたようで、なんとなく親近感?大らかで器のでっかい佐藤くんの意外な独占欲みたいなものを垣間見れて、やっぱりニヤニヤが止まらなくなる作品でした。
タイトルの「溺れてみてよ」は、伊吹くんの言葉かなぁ。と。そしてもっともっと二人の甘い甘いストーリーが読みたい、溺れたいなぁ~と思いました。
来年(時期未定)次回作が出るようなので、そちらもすごく楽しみです。(←あとがきより)

同時作品の日々是好日は、登場人物が多いです。本作を読んでいないので関係性がわかりずらく、これは本作読まなければ駄目だな。と思いましたが、慈英と臣が紆余曲折を経てのラブラブカップルなのかなぁ?と本作にも興味が沸きました。

スピンオフ作品ですが本作読んでなくても楽しめました!

スピンオフ作品とのことでしたが本作は全く読まずに手を出しました。理由→カバーがめちゃめちゃ好みだったからです。
読んでみてカバー通りの素敵なカップルに(なり)久しぶりに読んでてニッヤニヤしてみたり、ホワワワ~~~ンとした気持ちになりました。
トラブルを抱えてた受けの伊吹くんは身長が182㎝という高身長でもともとバリタチだったようですが…(ニヤリ)攻めの佐藤くんは伊吹くんよりもさらに高い192㎝で身長が大きいだけじゃなく懐もデカイデカイデカイ。
受けの伊吹くんはトラブルだけじゃなく妹からのきっつい言葉で傷ついちゃってるわけですが、そういった悩みも辛さも佐藤くんのビッグな心&愛情で少しづつ少しづつ解決していきます。
佐藤くん、ほんっとに素敵です。もちろん伊吹くんもカッコイイです。
体格差のあるカップルに萌えを感じるのですが、でっかいカップルも悪くない!と、なんか刺さった気がしました。

タイトルの「愛されててよ」は佐藤くんの言葉かなぁ~と妄想しながら顔のニヤつきが止まらない作品でした。