愛されててよ

aisareteteyo

愛されててよ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×29
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

47

レビュー数
4
得点
81
評価数
20
平均
4.1 / 5
神率
35%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344835542

あらすじ

区役所勤務の佐藤は、トラブルを抱えた美青年・伊吹の相談に乗るうち、惹かれていくが…。大人気慈英&臣シリーズスピンオフ!!

表題作愛されててよ

佐藤一朗、東京都下某区役所戸籍謄本課勤務の公務員
大仏伊吹、トラブルを抱える駆け出しのダンサー

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

自称地味なイケメン公務員×派手な見た目の訳ありダンサー

「あなたは怠惰で優雅」を読んだときにはそれほど強い印象には残りませんでしたが、ドラマCDで安元さんの声で聴いたら人物描写が急に印象深くなりその後が気になった珍しいキャラです。

「あどけない日々はめぐり」で久々にその名前を見たとき、真面目できっちりしてて相変わらず碧にいいように使われちゃってると懐かしくなりましたが、そんな彼にもやっと彼にもいい出会いがあり嬉しくなりました。

佐藤くんは誰にでも優しくて面倒見がいいおおらかな人柄ですが、恋人には「私にだけ特別」感がないせいで長続きしないと言う不憫な性格だったんですね。
でもそれはきっと、特別にしたい相手に出会ってなかったんじゃないか思いました。

そんな佐藤くんが出会った相手は駆け出しのダンサー。
大きくて踊っている時にはセクシーでキラッキラしてるのに、素のときは結構ヘタレで天然さん。
そういうギャップに佐藤くんは萌えたとか。

無意識で惚気るセリフが面白かった。
碧・朱斗も呆れるやら笑うやら。

伊吹の妹の気持ちが全くわからなかったです。
兄がゲイだと知って以来ずっと罵詈雑言を浴びせ続ける偏狭で自己中な女性です。
言い過ぎちゃってごめんなさいで済ませられるほど軽いものじゃないでしょうに。
それが元兄の恋人と結婚するとはどのような心境の変化か。
夫になる人が兄に抱かれてたのはいいの、だって彼が抱くのは私だけだからっていうのも、なんだかその方がずっと嫌な気がしてしまったのですが人それぞれですかね。

これからも佐藤くんは夢に向かっていく恋人を見守って穏やかで優しい時を送っていくんじゃないかと思いました。

1

佐藤くんが幸せになった…

「あどけない日々はめぐり」に引き続き、久しぶりの崎谷先生のご本!
ページ数も多くて読みごたえありました。
エッチシーンはそんなに多くなくて、出会って、ゆっくり歩み寄って、結ばれるところまで、優しく丁寧に紡がれていた印象です。
読了後、物語を読んだという満足感がありました。

攻め様は「あなたは怠惰で優雅」に出てくる佐藤くん。
慈英&臣シリーズのスピンオフのスピンオフになりますが、慈英&臣は登場しません。碧と朱斗は出てきます。
受け様は新キャラで、ダンサーの伊吹。
イケメンで高身長で、ダンサーだからセクシーな身体つきしてて、でも性格がかわいい。
派手な外見に反して、真面目で素直で、ちょっとヘタレでほっとけないタイプなのです。

面倒見のいい佐藤くんと相性ぴったりで、この2人はこの先もラブラブで穏やかな日々を重ねて行くんだろうなとしあわせな気持ちになりました。

3

地味で普通な公務員・佐藤君の恋とは

今回は区役所戸籍謄本課勤務の公務員と
2.5次元劇で注目されたダンサーのお話です。

受様を狙うストーカー騒動を主軸にまとまるまで。

攻様は区役所地域課勤務の公務員です。

いつも朗らかな笑顔を絶やしませんが
大柄な体格故に役所内のクレーマー対応を
よく任されています。

ある日、
戸籍住民課のクレーマー対応に呼ばれ
対した相手が今回の受様でした。

受様はもう夏だというのに
ニット帽に分厚いフレームの色メガネに
マスクといいいかにもな変装姿です。

見るからに不審人物ですが
睨むような目つきに威嚇は見えても
害意は感じられません。

担当者はストーキングを疑っていましたが
受様の話を聞いた攻様の経験則からすると
被害に遭っているのは受様のようです。

今の引っ越し先を知られたくないらしく
個人情報に関して知りたかったようで
ひととおりの説明の後は納得して
手続きの準備に移り
攻様は自分の仕事に戻ります。

2人の出会いは思ったよりも
あっさりしたものでしたが

姉の結婚で自宅を出て
ひとり暮らしを始めた町で
受け様と偶然の再会を果たします。

更に後日、
ちょうど夕飯時にばったり行き会い
2人はメシ友となり
受様の事情を詳しく知る事となります。

受様は駆け出しのダンサーですが
2.5次元のミュージカル演劇に出てから
妙なメールが届くようになったそう。

しかも昔付き合っていた相手が
受様の妹の婚約者として現れて
大パニックに陥った受様は
家族にも内緒で今のアパートに
引っ越しを決行したというのです。

受様を狙うストーカー犯は誰なのか?!

慈英×臣シリーズのスピンオフである
「あなたは怠惰で優雅」のさらにスピンオフという
なかなか込み入った1作になりますが

本作の攻様は本編カプともお知り合いなので
登場自体はお初ではありません。

シリーズ関連作で完全新作で
攻様が主人公でこのタイトルと
予告の段階からかなり期待大♪でした。

お話の主軸になっているのは
受様を付け狙うストーカーの存在ですが

受様の妹との確執、
その妹の婚約者として登場した受様の元彼、

ダンサーである受様の活動に絡めた
受様の顔を広めたミュージカル劇や
ダンスイベント等

かなり色々な人や出来事が絡まる中で
攻様に惚れた受様が告白して
お試しのお付き合いを始めても
まだ肝心のストーカーは
影しか見えずな状況なのです(笑)

ストーカーの存在が露わになる事で
攻様もやっと自分の恋をはっきりと自覚して
ちゃんと恋人通しになるまで

見た目以上に肝が据わっていて
笑顔で押しの強い攻様と
イケメンなのは舞台の上だけ
実生活はけっこうヘタレな受様の
恋物語を楽しく読ませて頂きました♡

本作は攻め視点と受け視点と
交互に進むので相手に対する心情が
吐露されているのも面白いです。

攻様の幼馴染である2人も
攻様パートでちょくちょく絡んでいて
いい味出してます (^_^)v

次は本命・慈英×臣シリーズの続編を
ぜひぜひ読ませて欲しいです♪

今回は職業繋がりで小林典雅さんの
『恋する遺伝子~嘘と誤解は恋のせい~』を
おススメ作とします。
劇団員×公務員のラブコメディです。

3

いい人代表・佐藤君の恋

慈英×臣シリーズスピンオフになりますが、今作だけ読んでも大丈夫かと思います。
主役は「あなたは怠惰で優雅」の碧と朱斗の友人・佐藤君です。

区役所勤務の佐藤は、区役所にやって来た訳ありな人物の相談にのる。
後日その人物・伊吹と再会し、交流を深めていき…というのがざっくりとした流れ。

佐藤は既刊で描かれてるよう、懐も背もでっかいです。
対して伊吹は、ダンサーという華やかな仕事に就いているけど性格は地味。
ストーカーらしき人物に怯え、妹との関係に悩む伊吹が、大らかな佐藤に惹かれていくのも納得です。
佐藤は伊吹の見た目と内面のギャップに惹かれていくといった感じで、視点が佐藤・伊吹と交互に変わるため、それぞれの気持ちがよく分かります。

しかしながら崎谷先生の作品にはよくある事なんですが、女(今作では妹)の性格がきっつい…(;´д`)
分からんでもない状況下ではあるけど、それにしたって伊吹へのあたりがきつかったです。
それに対する伊吹の態度も、グジグジとしててイラッときました。

また元々ゲイでもある伊吹はともかく佐藤が同性へ惹かれるのも、周囲の恋愛事情により偏見も無い大らかな佐藤らしいといえば佐藤らしいけど、葛藤の「か」の字も無かったのがちょっと…。
惹かれ合いすんなりいきすぎる恋愛が物足りなく感じてしまいました。

エロは挿入未満が1回、挿入が一回と、崎谷先生にしたら少なめかな?
淡白そうに見えて、意外に性に貪欲な佐藤が良かった(*´ω`*)

佐藤と伊吹二人の性格がはまらず萌えた…とは言い難いのですが、崎谷先生のBL完全新作は嬉しかったです。
じえおみは登場しなかったけど、碧と朱斗が登場し相変わらずな様子だったのも良い!
シリーズ中大好きなのが「インクルージョン」なので、ミッフィーをまた別の機会で読めますように…(´∀`*)

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ