あどけない日々はめぐり

adokenai hibi wa meguri

あどけない日々はめぐり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
56
評価数
16
平均
3.7 / 5
神率
43.8%
著者
崎谷はるひ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
蓮川愛 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
発売日
価格
¥1,500(税抜)  
ISBN
9784344829954

あらすじ

慈英&臣、照映&未紘、碧&朱斗、そして三組の恋人たちを見守る久遠--。大人気シリーズ最新書き下ろし作品集! !

表題作あどけない日々はめぐり

秀島慈英、強烈な天才肌の画家
小山臣、超絶美形の長野の刑事

同時収録作品なまめく夏の逃げ水は遠く

弓削碧、アーテイスト集団のリーダー格
志水朱斗、御崎画廊の総務アシスタント

同時収録作品冬の蝶はまどろみのなか

秀島照映、ジュエリー工房社長でデザイナー
早坂未紘、照映の恋人で出版社の編集者

同時収録作品一位の実が爆ぜるまえに

秀島慈英
小山臣

同時収録作品遅日、あどけない日々はめぐり

秀島慈英、秀島照映、弓削碧
小山臣、早坂未絋、志水朱斗

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

それぞれの、季節で。

いつの日か絶対発売される…と信じて待ち続けてました!
長かった…待ったわ…(;ω;)
じえおみだけでなく碧×朱斗、そして大好きな照映×未紘のお話がある嬉しい短編集でした。
ざっくりとしたあらすじとレビューで失礼します。

「なまめく夏の逃げ水は遠く」
夏の湘南のイベントで、ゲストとして参加する碧に誘われ付いてきた朱斗。
そこで何故か雑用をさせられるはめになるが、それは碧の依頼で潜入捜査的な意味合いがあり…。

理由があるとはいえ回りくどいわ…と思わなくもない潜入捜査でした(^^;;
ちょっとしたトラブルありながらも解決したのでそれはさておき、碧が何だか丸くなった気が!!
それでいて朱斗への独占欲も健在で、以前より安心できるCPになってました(*´ω`*)

「冬の蝶はまどろみのなか」
照映の会社関係のクリスマスパーティーに、今は職業的に無関係とはいえ参加させて貰った未紘。
華やかな雰囲気に気後れしながらも開き直り食事を楽しみ、そしてベランダで休憩していると照映がやってきて…。

このシリーズで一番好きなCPなんです。
それなのに、このCPだけエロ無しとは…!
可愛いミッフィーの博多弁が交じるエロが見たかったです(;ω;)

「一位の実が爆ぜるまえに」
第二の故郷ともいえる長野の田舎町にやって来た慈英と臣。
祭りの賑やかな中、まったりとした時間を過ごす…。

本編では事件だらけだったじえおみ。
離れて暮らしているため貴重な二人の時間を、二人っきりになれないけど大切に思う地で過ごすのが、二人らしいというか何というか。
アインに嫉妬する臣は可愛いし、慈英は泰然としながらも臣への愛情は揺るがなくて素敵で。
今、その瞬間の幸せを噛み締めて涙する臣の姿が胸にしみました。

「遅日、あどけない日々はめぐり」
3CP+久遠+アイン+佐藤君(碧と朱斗の友人)でお花見の話。
何やかんやありながらも平和な光景でした(´∀`*)
「なまめく〜」と「遅日〜」で、しっかり存在感アピールしてた佐藤君が次作主役で新刊出るそうで(*゚∀゚*)
これまた楽しみ!!

待ちに待って期待が大きすぎた感が少々あったのですが、それぞれのCPの幸せな様子が見られたのが嬉しかったです。
あと、口絵は久遠かな?格好良かった!
ちなみに挿絵は、それぞれのタイトルのページ(計4つ)のみになります。
欲を言えば、蓮川先生の美麗絵がもっと見たかったです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ