秀良子さんのレビュー一覧

学園天国 それは恋です小泉くん コミック

秀良子 

「ダッシュ星」

明らかに秀良子先生の作品群から浮いています。表紙が既に浮いている。それで読むのを相当ためらっていたわけですが、読んでみると、王道ストーリーを秀良子先生が描くと王道ではなくなって、秀良子先生の色が逆に色濃く出て、やはり大好きだと認識させられました。
相変わらずBLへの女子の介入のさせ方がお上手で好き。なんの取り柄もないなんて悲しい事言わないでC子!!君は最高だ

表題作と、短編1作が収録されて…

0

年々彩々(表題作 デラシネの花~落語「寿限夢」より~) コミック

秀良子 

デラシネ/根無し草

秀良子先生の作品が好き過ぎて偏っている自覚のあるレビューです。

落語が元ネタの「金魚すくい」(1話)、「デラシネの花」(3話)に繋がりがあって、ファンタジーではない別の作品「小向家の事情」(1話)も収録されています。

レビューで何度か書いてますが、やはり秀良子先生の作品は寂しさを抱えてるんですよね。露骨なお涙頂戴ではなく誰でも持ってそうな寂しさ。
寂しさを抱えながらもハッピーエンド…

0

優男とサディスティック コミック

秀良子 

新鮮な切り口のSMモノ

秀良子先生の作品が兎に角好きな人間の偏ってるかもしれないレビューです。

先生お得意の相対する2人のBL漫画ですが、他の作品より軽いノリが少な目で、マジっぽさというかエグさが強め。相変わらず作品全体に寂しさも漂う。
2人が大人ですしね。吉野は社会人ではないけれど。そこがまた吉野の歪さを際立たせている。秀良子先生はストーリーの途中で過不足無くキャラの素性を明かす作品が多くて、それがまた絶妙なリ…

0

宇田川町で待っててよ。 コミック

秀良子 

女装BLの金字塔

秀良子先生の作品が好き過ぎて、冷静な判断力を欠きがちですが、やっぱり神作品。

百瀬(攻め)が、八代(表紙)の女装趣味を見かけてから、バカにするとか晒すとかではなく、ハラハラしたり心配したりしているのがいい。そこからはお約束のBL展開なのですが、秀良子先生が描く間とか、展開とか、やっぱり唯一無二です。
似合ってるって言葉に照れる八代が可愛い。八代に対する百瀬の「可愛い」が真に本心を言っている…

1

ネガティブ君とポジティブ君 コミック

秀良子 

スタートから全力バカップル

橘(ポジティブくん)の器がとにかくでかい。藤原(純ちゃん メガネ)に心配をかけたことを、すっと謝る。ただの自己完結ポジティブくんでも、元気の押し付けでもないところが大好き。
藤原もネガティブくんだけど笑うと可愛いし、勉強のできるロボットではなくてめちゃくちゃ自我がある。君に心配をかけないためならなんだってできる。
本当に素敵なキャラ達。互いが互いの世界を持っている描写に、秀良子先生への好きが募…

0

イケメン君とさえない君 コミック

秀良子 

愛おしさを感じる

秀良子先生の作品の、柔らかな悲しさがとても好きです。バッドエンドではないのに、寂しさが漂う。愛おしい。絵も(好き過ぎて最早冷静には見られませんが、おそらく)華やかではないけれど、ストーリーに合っていて大好きです。

初単行本とは思えない熟した作品だと思います。BL的な萌は薄いし、女性がたくさん出てくるし、ファンタジーでクセがあるお話。
描き下ろし、光(イケメンくん)が幼稚園の頃から変わらず花…

0

宇田川町で待っててよ。 コミック

秀良子 

揺れて揺られて、惹かれ合う心がふたつ

〖DMM電子書籍〗
修正:なし
カバー折り返し:なし
カバー下:なし
帯:なし
裏表紙:なし
備考:

〖紙媒体〗
未読

0

金持ち君と貧乏君 コミック

秀良子 

人間賛歌

秀良子先生の作品は、悲しい事件が起こるわけでなくとも、無性に胸が詰まる作品が多い気がします。

性格というか性質が違う2人が互いを尊重したり、理解しきれなかったり、ぶつかったり、埋めあったりしながら物語が進むのが、言葉であらわせない…萌えとかエモいってやつです。

シリアスになりすぎないところもいいですね!この作品もあからさまに金持ちとか貧乏って言っちゃってますし、主役の祖父母のストーリー…

0

学園天国 それは恋です小泉くん コミック

秀良子 

蓋を開ければ文句なしの神だった

秀良子さんがこれを描く必要ある?
って思ってしまいサラサラと読み流していた今作。

可愛い顔した人気者の裏の顔は襲い受けのゲスいヤツって話、保健室で手縛って無理矢理とかそういうのです。正直よく見るしあまり好きな題材でもない。
秀良子さんにはもっとならでは、みたいな秀良子さんしか描けないものを描いて欲しいって思いもありまして。

でも今回真面目に読んでみた所、
女子の使い方、隣のクズお…

0

やがて恋を知る 小説

葵居ゆゆ  秀良子 

三角関係の新境地!濃厚すぎる濡れ場❤️

いわゆる三角関係、3Pのお話かな…?と思って読み始めたら、凄まじい人間関係の濃厚さに絶句しました。
すごい。愛憎渦巻く愛の物語です。

秀良子先生の淡々とした挿絵がまた、この作品の濃厚な世界観を映えさせます。

読んだ感覚としては、濡れ場が8割…といった印象。なのに、決して物語に薄さを感じさせません。
むしろ濡れ場を重ねるほどに人間関係はより複雑に、作品がより重厚になっていく感じがしま…

0
PAGE TOP