STAYGOLD 新装版 (1)

STAYGOLD 新装版 (1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
127
評価数
28
平均
4.5 / 5
神率
64.3%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
onBLUE comics
発売日
価格
¥700(税抜)  ¥756(税込)
ISBN
9784396784089

あらすじ

甥っ子→叔父
ひとつ屋根の下で、暴走する片想い。

「隙みせたら容赦しねーから覚悟しとけ」

両親不在、血は繋がっていたり、いなかったり。
ちょっとフクザツなお家事情の中山家は
叔父兄弟と甥姪の4人ぐらし。
それでも歪な「家族」は、なんとかうまくやってきた。

――駿人(甥っ子)が優士(叔父)に好きと告げ、キスをするまでは。

13歳のままならない恋心は、
大人と子供の境目で、ついに暴走をはじめる。

秀良子がおくる、ひとつ屋根の下BL、新装版1巻で再始動!
待望の第2巻も同時発売中!

◆同時収録
宇田川町で待っててよ。特別編
[八代智哉には悩みがある。]

表題作STAYGOLD 新装版 (1)

?中山駿人・中学生 甥・13才
?中山優士・叔父 保護者

同時収録作品八代智哉には悩みがある。『宇田川町で待っててよ。』番外編

百瀬・高校生
八代・高校生

その他の収録作品

  • オマケ漫画
  • line drwings
  • カバー下・オマケ漫画:カバー案ラフ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

「宇田川町で待っててよ。」の番外編狙いのはずが…。

表題作のほうは13歳という文字が目に飛び込んで以来、自分には向いていないだろう…と思っていたのでずっと手を出していなかったのですが、「宇田川町で待っててよ。」の番外編【八代智哉には悩みがある。】の18Pがどうしても読みたくて、入手しました。
ということで、「宇田川町で待っててよ。」の番外編【八代智哉には悩みがある。】のレビューから先に。

本編で「組み敷かれてあえぐあっち側に」なりたい願望に気づいた八代。
しかし一切手を出してこない百瀬に悶々やきもき…。
そしてついに…!ところが初挿入は痛くて、過去抱いた女は適当に突っ込んでもたいてい気持ち良さそうだったのに、どうして…?というところで、自分は女とは違うのだということを思い出した八代。
百瀬が大事に扱ってくれるからそういったことも忘れていたという八代と、痛がる八代を軽々とお姫様だっこしてトイレへ運んであげる百瀬。

いやー良かった。宇田川町〜を読んで感じた八代には百瀬が、百瀬には八代しかいないといった特別感を相変わらず感じることができたし、百瀬不器用だし童貞感まるだしなんだけど、八代を大事に大事に…って思う気持ちが伝わってきて萌えたー。
たかが18P、されど18P。これだけでSTAYGOLD買う価値はあった、表題作は読んでないけど…と満足。
そして、せっかくなので表題作も読んでみました。

正直題材としては、叔父にずっと秘めたる思いを抱いていた13歳の甥っ子がある日堰を切ったかのようにその思いをキスという形で表す、という、やはり年齢的な点からうーむ…と腰が引けてしまうものではあるのですが、色々な登場人物、時にはクラスの女子視点なども描くことによって浮かび上がってくる二人の関係とか心情とか立ち位置の描きかたがやっぱりお見事だなぁと思いました。
叔父と甥っ子という近親関係については叔父が甥っ子の赤ん坊だった頃オムツを替えた時のことを思い出す描写があって、血の繋がっていない甥だけど血云々ではなくそういう対象ではないということが感覚的に伝わってきました。
そして叔父は、血の繋がっていない姉(甥っ子の母)に長年思いを寄せていて、甥っ子は世界中で誰よりも疎んでいた存在…ってうわぁ!
でも叔父甥っ子の関係だけではなく、叔父の弟に恋する同級生なども登場してその行き先が気になる。

宇田川町〜は神、表題作も題材は好みの範囲外だけど続きが気になるし面白いと思ったので、総合して萌萌です。
そして、結局STAYGOLDも続きが気になるので2巻買いました。

1

『STAYGOLD 新装版1』

駿人のどこか泣き出しそうな表情が印象的だった旧装版表紙に対し、こちらは色っぽくも見える気がします。でも本の中の彼はちゃんと等身大の中学生で、その部分の描かれ方に私は引きつけられました。彼の恋を見守りたいけれど、成長して今後見た目が変化していっても、きっとそのままの君でいてねと願ってしまう。ひとつ屋根の下「血は繋がっていたりいなかったりする」という4人ひとりひとりに、よい加減のスポットが当たっています。複雑であっても"家族"としてのつながりや、登場人物そのものを、そして彼らのこの恋やあの恋のゆくえをじっくり追っていきたいお話の第1巻。ほのぼのとしていますがタイトルだけで泣けてくる作品でもあります。

さて新装版には、特別収録として下記タイトルも載っています。

■『宇田川町で待っててよ。』番外編 八代智哉には悩みがある。
(初出:『onBLUE vol.18』)
 
雑誌掲載時には今後こちらはコミックスなどに収録されないのかなという印象でしたが、よかった!『宇田川』を読まれた方にはぜひ読んでいただきたい特別番外編です。どうせならバッグの中身も載せてほしかった…単なるワガママですが。メインはこのふたりじゃないですもんね。


メモ「装丁:小林満(GENI A LÒIDE)」
『宇田川町で待っててよ。』や『年々彩々』の装丁もこの方が手がけていらっしゃいます。表紙・背表紙のタイトルロゴはゴールドの箔押し加工。そういえば新装版を手に持ったとき旧版よりかなり分厚く感じました。『宇田川』の番外編(18頁)を除いてもまだ厚い気がする、これはきっと紙質のせいですね。

5

『宇田川町で待っててよ。』の番外編、あります。

2巻の発売を楽しみに待っていたら、2巻と同時に出版社を変えて新装版として出版された『STAY GOLD』の1巻。1巻はすでに購入済みだったので、新装版も買おうかどうしようか悩みましたが本屋さんで表紙を見たら駿人のイケメン具合にKOされてお買い上げ。

内容は旧版とほぼ同じなのでさっくりと。




両親の再婚同士で義兄弟になった優士と、コウとコウのお姉ちゃん。
コウのお姉ちゃんは奔放な人で、子どもを産んでそのままいなくなっちゃって。
お姉ちゃんの産んだ駿人と菊花は優士たちの両親が世話をしていたけれど海外に行くことになり、そのまま優士が、コウ、駿人、菊花の面倒を見る形で4人で住んでいる中山家の面々。

複雑な家庭環境ながらも順調に生活してきた彼らですが、駿人が優士に恋心を告げたことで彼らの生活は今までと一変し…。

というお話。

秀さんらしい複雑な心理描写や細やかな表情の描き方は勿論健在で、性格の異なる彼らの生活が見事に描かれています。

優士のお姉ちゃんに対する恋心。
駿人の、中学生らしい猪突猛進さと、優士に対するまっすぐな想い。
コウと菊花の、自由奔放な性格。

とにかく面白い。そして、彼らの恋心に萌え。


新装版という事で旧版にプラスして描き下ろしが。

見開き2P分の『STAY GOLD』の面々のイラストと、『宇田川町で待っててよ。』のその後を描いた番外編が。『宇田川町で~』の番外編、18Pもあるんですよ~。もうこれだけで新装版を買った価値がありました。

内容をざっくりと。






八代智哉には悩みがある。

という八代くん視点での気持ちから始まります。

あれ以降、一向に自分に手を出してこない百瀬くん。
もしかしたら、男同士でのあれやこれやを知らないんじゃないか。
そもそも、「男同士」という事に怖気づいたんじゃないだろうか。

「家に親がいないから」と誘った日、普段よりもおどおどしている百瀬くんの態度に不安になる八代くんなのですが…。

お互いいろいろしてみたいのに(まあ、お年頃だしね)、相手がOKしてくれるのか不安で手が出せない、という可愛らしいお話でした。

彼らの「初めて」は痛くてうまくいかなかった模様ですが、そもそも身体がそういう造りになっていないわけで。

百瀬くんがあまりに大切にしてくれるから、そういう事すら忘れていた八代くん。
八代くんのことが大好きで、とても大切で。だから八代くんの体も心も大切にしてあげたい百瀬くん。

何なの、この可愛らしいCPは…!
萌えすぎてどうしてくれようかと思ってしまった。

旧版持ってるしなあ、と購入をためらっている腐姐さま方にも、ぜひ読んでいただきたい、可愛らしい描き下ろしでした。



旧版と新装版の違いについてですが。

・旧版の一番最初にあるカラーの扉絵→新装版には無し。
・全てのページをチェックしたわけではありませんが、加筆・修正はないと思います。
・『STAYGOLD line drawings』とタイトルの付いたSTAY GOLDの登場人物たちのイラストが見開き2P。
・『宇田川町で待っててよ。』の番外編ですよ、という秀さんの説明と『宇田川町で~』のざっくりとしたあらすじが1P。
・18P分の『宇田川町で~』の番外編。

です。

紙質が旧版とちょっと違うのも、違いといえば違いかなと思います。


9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ