>
新着レビュー

犬飼ののさんのレビュー一覧

媒体
ぴんかエキスパートレビューアー2018 19/02/17/ 07:54
相変わらずその発想に脱帽!

この『官能童話BLシリーズ』、
毎回犬飼さんの発想とアレンジに驚かされます。
大胆にアレンジされつつ、しかし元の童話からは決して外れない。

今回の「赤ずきん王子」も、元の童話とは全く違うお話なのに、
ちゃんと「赤ずきんちゃん」なんですよね。
更に官能もてんこ盛り!
敢えて『エロ』とは言わず、『官能』と言いたくなる絡みのシーンv

頼りなく色々と分別のつかないリル王子。
謎だら…

  • 3
けもけもぱぷ 19/02/12/ 10:29

※このレビューはネタバレ有です

家系図をください

シリーズを一気に読破中です。
ちょっと待った、攻めは受けが取り替えられた他の家の子供だとわかってたんですか? しかも若頭なんですか? 初耳です。植物状態の人も二人目? 攻めも受けも誰も好きになれないし、話が進めば進むほどご都合主義というか、意味ありげに引っぱるわりには、実は・・・・という繰り返しなので、数日見なくてもストーリーが伝わる朝ドラを見ているようなきもちに。キャラ紹介のイラストよりも家系…

  • 2
けもけもぱぷ 19/02/12/ 10:21

※このレビューはネタバレ有です

表紙はきれいですが

シリーズを一気に読破中。
さらっと主人公の出生、正体が出てくるんですが、とつぜんすぎて・・・・・・1冊目ラストにあった椿視点のモノローグって、もしかしたら誰でも知ってることだったんですか? ついでに茜は椿の手作り和菓子で薬でも盛られてたんですか? 前振りもなくキャラが出てきて、さっさと退場していくし、イラストはきれいだけど描き分けがないので、なにがなんだか・・・・・・いまだに好感が持てるキャラが…

  • 2
けもけもぱぷ 19/02/11/ 10:30
だましだまされ、という流ればかり

シリーズ1冊目から、続けて読了。
設定があれこれあって、いささかやりすぎと思える点も多いが、これだけ作り込んだ世界を主人公がどう壊すのか(壊すんだよね? 外の世界に出たがってるし)、それが気になる。ただ、二冊よみおわっても、まだ好みのタイプのキャラクターがいない・・・・・さらに視点人物が学園の謎をさらりと明かす展開が多くて少々辟易。この作家さんは、こういう書き手なのか? だましだまされ、という流…

  • 2
けもけもぱぷ 19/02/10/ 11:23
受けも攻めも、どちらも好きになれない

この作家さんを読むのは初めて。
フレブラの挿絵の人だし、シリーズ物を追うのが苦痛にならないなら、という友人のおすすめ。
大昔のJuneでも通用しそうな耽美な設定ですが、古くさいのが一周回ってレトロおしゃれ? ラストがクリフハンガーで、続きが気になります。ただ、おしむらくは、萌えがなかった・・・・・受けも攻めも、どちらも好きになれない。脇キャラがいっぱいいるので、読み進めたら好みのタイプがみつか…

  • 1
まぎぃエキスパートレビューアー2018 19/01/19/ 00:37

※このレビューはネタバレ有です

ファンタジー三部作

うむ。やはり犬飼さんは筆達者だなあと思いました。
おとぎ話にモチーフをとったファンタジー中編が3つ。

男娼だったユリアスは弟のテオを守り育てるが、耐えられず二人で逃げ出す。鬼が棲んでいると噂されていた家にたどり着くが、家人は留守でこっそり入った家にはおいしそうな料理が並び。。
家主は鬼ではなく青々とした髪の農作物研究者。隆々としたフェルナンとユリアスはやがて恋仲となって幸せに。というお話…

  • 0
fandesuエキスパートレビューアー2018 19/01/16/ 01:22

※このレビューはネタバレ有です

愛の魔法

いやー、ハラハラした。
かなり滾りました(色んな意味で)。
ガッツリネタバレしますので、ちょっとブランクを空けます。





味方をしてくれていた人達に危害が加えられ始め、忍のメンタルはかなりやられてしまいます。
「自分が死ねば眷属である妖刀鬼も現れなくなる」という解決方法を忍が考え始めた時、これはヤバイと思いましたですよ。「あれ?悲劇?悲劇で終わっちゃうの?」と、結構本気で覚…

  • 0
fandesuエキスパートレビューアー2018 19/01/16/ 00:37

※このレビューはネタバレ有です

萌えのてんこ盛り

この作品、ずっと気になっていたのですけれどやっと読みました。
……『読者大サービス!』とでも言う様なお話じゃないですか!
萌え要素のてんこ盛りです。凄い。

主人公の紫乃は奥吉原(陰間の吉原です)の御職太夫。今日の客を大門まで送っていった際に、帝都を震撼させる妖刀鬼の出現に遭遇します。妖刀鬼は魂魄を体内に取り込む為に人を斬ります。
逃げ惑う人達に逆らい鬼に近づく紫乃がそこで出会うのは、同…

  • 0
ぴんかエキスパートレビューアー2018 19/01/10/ 10:06
褥の世界まで雅な御伽噺v

犬飼さんの童話話シリーズ。
今回は日本の童話。

とにかく最初から最後までその世界に深く浸れる文体。
雅で優雅な夢の世界に、ホンの時折混じる腐乱した鬼の異臭。
それさえも凌駕して、最後には全て芳しいものに変えてしまう輝夜様v

基本的に悪い人はいないお話で、
物語としてはボーイミーツガールならぬ皇子ミーツ半鬼なのですが、
犬飼さんの筆力にぐいぐい世界観に引き込まれ、
気がついた…

  • 1
fandesuエキスパートレビューアー2018 19/01/05/ 18:34

※このレビューはネタバレ有です

ちんちんぴーぴー

……って「ちちんぷいぷい」なんですけどね。
潤と可畏の間に産まれた2人の子ども、慈雨と倖にとんでもない能力があることが解ったところが前作の終わりでした。今作ではこの赤ちゃんたち、おしゃべりしています。舌が回っていませんが。
これがカワイイ!
何て言っているかが解らないところも含めて、すごくカワイイ!

今までの皆さんも書かれていますが、可畏の変化と言うか成長がとんでもないです。で、パパの…

  • 1