幸村殿、艶にて候 3

幸村殿、艶にて候 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199004834

あらすじ

想いを通い合わせた越後領主・上杉景勝(うえすぎかげかつ)と別れ、再び九州を目指す旅へ──。けれど、初めての恋に身を焦がす幸村(ゆきむら)は、ある晩自慰に耽る姿を、猿飛び佐助(さるとびさすけ)に見られてしまう。羞恥に駆られた幸村は、思わず「伽を命じる。慰めよ」と下知!! 佐助の秘めた恋情を煽ることに…。一方、景勝不在の道中、艶を増した幸村の貞操を狙う霧隠れ才三(きりがくれさいぞう)は、主の信頼厚い佐助に激しい嫉妬と羨望を募らせて!?
出版社より

表題作幸村殿、艶にて候 3

幸村くん?才三くん?
佐助くん?幸村くん?

評価・レビューする

レビュー投稿数1

蛇の生殺し・・・・・

あらすじどおりです。
幸村くん、あんまりです。佐助がかわいそうです。

嵐の海を乗り越えて、無人島にたどり着き、船の修理が終わるまでと、九州上陸してからの二つの舞台で展開されます。
真田軍団の本領発揮といったところですが、幸村くん、なかなか思いっきりがいい。ちょっとケセラセラなところもあり、なんだか憎めない。

才三は才三で、結局どうしたかったんですか?って状態で手を引いちゃうし。それは後のお楽しみなんですか?
いちいち今から、最後のオチが気になってしょうがないんです。

佐助・才三・六郎・小助・十蔵・甚八・清海・伊佐・鎌之介・望月で、十人でしたっけ?そろい踏み。

望月と瑠璃丸の関係も気になる気になる。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ